ふくしチャンネル ビガリス ブースター
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索サイトマップ

情報リスト
介護保険 介護保険
NPO NPO
福祉用具 福祉用具
高齢者の住まい 高齢者の住まい
展示会・セミナー情報 展示会・
セミナー情報
福祉・介護の仕事 福祉・介護の仕事
福祉・介護の本 福祉・介護の本
福祉車両 福祉車両
医療・介護のHP制作 医療・介護の
HP制作


展示会、セミナー情報

介護・福祉に関わる展示会、セミナー情報をお届けします。また展示会、セミナー、勉強会等の催し物の情報をお寄せ下さい。

日本ケアレク研修大会2018(福岡会場)

会期 2018年07月08日(日曜)
時間 10:00~17:00
会場(県) 福岡
会場(会場名・住所) 博多バスターミナル貸しホール(福岡県福岡市博多区博多駅中央街2-1)
主催 日本通所ケア研究会
内容 レクはご利用者の生活行為や意欲を向上するための「手段・ツール」である

【参加して欲しい理由】
参加体験型研修会だから、参加前と参加後の変化が実感できる!

日本ケアレク研修大会は、介護現場で提供するレクリエーション(以下、レク)を「レク=ゲーム」「あ~楽しかった」で終わらせるのではなく、ご利用者の生活行為や意欲を向上するための【生活機能を再創造プログラム】として現場で実践できる提供方法やアプローチを参加・体験し、レクを行うことを目的とするのではなく、レクは「手段・ツール」であるという再認識していただく機会として開催しています。現状のレクから目の前の利用者になぜそのレクを実施するのかという「目的」や「根拠」のあるレクプログラムの提供に変更しませんか?今年で11年目を迎える今回の研修は「楽しい+機能訓練につながるレク・プログラム」「日頃行っているプログラムの評価を行う」「現場で生かせるケアレクの発想の転換」「レクをケアに!ケアにレクを!根拠ある活動の紹介と体験」の4つに焦点を当て、介護現場や地域活動に役立つ実践を具体的にお伝えいただきます。

【タイムスケジュールと内容】※各時間帯で興味のある分科会を自由に選択していただけます
10:00~12:00
「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」
「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」
「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際~認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け~」
「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」

13:00~14:45
「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」
「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」
「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」
「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」

15:00~17:00
「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」
「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」
「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」
「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」

【講師】
・山口 健一氏(白木せいかつのデイ 作業療法士)
・川畑 智氏(株式会社Re学 代表取締役/理学療法士)
・瀨川 綾氏(デイサービス祐 機能訓練指導員)
・直井 誠氏(和が家の古民家デイいぶき 代表)

※詳細は公式ホームページにてご確認ください
https://www.tsuusho.com/care_rec/
対象者 介護、医療、福祉分野に携わる方
参加費用 10,000円(税・全12分科会の資料代込み)
定員 100名
申込方法・締切・備考など お申し込みページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【お申し込みページ】
https://www.tsuusho.com/care_rec/

【お問い合わせ先】
日本通所ケア研究会事務局
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641

お問合せ先

団体名 日本通所ケア研究会
担当者 小川
電話番号 084-971-6686
FAX 084-948-0641
URL https://www.tsuusho.com/care_rec/
E-mail info@tsuusho.com
住所 広島県福山市春日町浦上1205

ケア・サービスの質を向上させるアセスメント・コーチング能力向上セミナー(東京会場)

会期 2018年07月21日(土曜)
時間 10:00~15:30
会場(県) 東京
会場(会場名・住所) 国際ファッションセンター(東京都墨田区横網1-6-1)
主催 日本通所ケア研究会
内容 本来の持っている力を引き出し能力や特性を発見し具体的に指導ができる
高齢者の地域における新たなリハビリテーションの在り方検討会の報告書によると、高齢者を支える医療・介護の現場では、高齢者の「気概」「より楽しく生きたい」「より豊かに生きたい」「より高い生活機能を実現したい」とする高齢者の主体性を引き出し、これを適切に支える取り組みが重要だと認識されているが、このような高齢者自身の思いが把握できていなかったり、高齢者が以前の生活機能と、現在の低下した生活機能との差を受け止め、自身の持つ能力の限界と可能性を理解(受容)するための働きかけが不十分であると報告されている。
また、地域のリハビリテーション活動の普及と地域資源の発掘として、リハビリテーション施設やリハビリ職にはサービスを提供するだけではなく、地域の啓発普及や地域づくりの役割などを担うことが期待されている。
このセミナーでは、高齢者へのリハビリテーションの働きかけで不十分とされている部分を解決するためのアセスメント・動機づけや期待されている啓発・普及づくりの役割などを担うために必要なコーチング技術についてワークショップ形式で学んでいただきます。
リハビリテーション部門で働いている方には、サービスの質を高め、正しく実践していくために必須の内容です。

【参加のポイント】
・アセスメント場面では、レッテル貼りや決めつけをしないこと
・関わり方によって瞬時に信頼関係を築き「その人の本質」に迫る
・コーチングスキルを生かしたアセスメント術

【内容】
(1)ご利用者の計画書づくり、トレーニングで効果が出せるアセスメント・コーチング
(2)信頼関係づくりの極意、真のニーズや思いを引き出す質問のスキル
(3)学校では教えてくれない対象者の残存能力の引き出し方
(4)相手の思考の特徴とは?コミュニケーションタイプ、思い込みに気づき、変換する技術
(5)もっと自分でできる!ADLの自信を高める手法
(6)相手に元気になっていただき、動機づけるためには
(7)ご利用者の課題解決にあたって多職種で円滑に協働するために必要なこと
(8)相手を安心させ、また新たな視点を提供する伝え方、提案の技術でより効果的に伝える
(9)【実践】評価の仕方と工夫
(10)2人組でのワーク、エクササイズ
(11)1日を通して学んだことの整理 ほか

【講師】
鯨岡 栄一郎氏(株式会社メディケアソリューション 代表取締役/理学療法士 )
対象者 介護、医療、福祉分野に携わるか方
参加費用 12,000円(税・資料代込み)
定員 40名
申込方法・締切・備考など お申し込みページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【お申し込みページ】
https://tsuusho.com/skill/coaching/

【お問い合わせ先】
日本通所ケア研究会事務局
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641

お問合せ先

団体名 日本通所ケア研究会
担当者 小川
電話番号 084-971-6686
FAX 084-948-0641
URL https://www.tsuusho.com/
E-mail info@tsuusho.com
住所 広島県福山市春日町浦上1205

ケア・サービスの質を向上させる!アセスメント・コーチング能力向上セミナー(東京会場)

会期 2018年07月21日(土曜)
時間 10:00~15:30
会場(県) 東京
会場(会場名・住所) 国際ファッションセンター(東京都墨田区横網1-6-1)
主催 日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会
内容 より高い効果と満足度を生むための動機づけ・目的意識とコミュニケーション

【開催のねらい】
本来の持っている力を引き出し能力や特性を発見し具体的に指導ができるようになる!

高齢者の地域における新たなリハビリテーションの在り方検討会の報告書によると、高齢者を支える医療・介護の現場では、高齢者の「気概」「より楽しく生きたい」「より豊かに生きたい」「より高い生活機能を実現したい」とする高齢者の主体性を引き出し、これを適切に支える取り組みが重要だと認識されているが、このような高齢者自身の思いが把握できていなかったり、高齢者が以前の生活機能と、現在の低下した生活機能との差を受け止め、自身の持つ能力の限界と可能性を理解(受容)するための働きかけが不十分であると報告されている。
また、地域のリハビリテーション活動の普及と地域資源の発掘として、リハビリテーション施設やリハビリ職にはサービスを提供するだけではなく、地域の啓発普及や地域づくりの役割などを担うことが期待されている。
このセミナーでは、高齢者へのリハビリテーションの働きかけで不十分とされている部分を解決するためのアセスメント・動機づけや期待されている啓発・普及づくりの役割などを担うために必要なコーチング技術についてワークショップ形式で学んでいただきます。
リハビリテーション部門で働いている方には、サービスの質を高め、正しく実践していくために必須の内容です。

【参加のポイント】
・アセスメント場面では、レッテル貼りや決めつけをしないこと
・関わり方によって瞬時に信頼関係を築き「その人の本質」に迫る
・コーチングスキルを生かしたアセスメント術

【内容】
(1)ご利用者の計画書づくり、トレーニングで効果が出せるアセスメント・コーチング
(2)信頼関係づくりの極意、真のニーズや思いを引き出す質問のスキル
(3)学校では教えてくれない対象者の残存能力の引き出し方
(4)相手の思考の特徴とは?コミュニケーションタイプ、思い込みに気づき、変換する技術
(5)もっと自分でできる!ADLの自信を高める手法
(6)相手に元気になっていただき、動機づけるためには
(7)ご利用者の課題解決にあたって多職種で円滑に協働するために必要なこと
(8)相手を安心させ、また新たな視点を提供する伝え方、提案の技術でより効果的に伝える
(9)【実践】評価の仕方と工夫
(10)2人組でのワーク、エクササイズ
(11)1日を通して学んだことの整理 ほか

【講師】
鯨岡 栄一郎氏(株式会社メディケアソリューション 代表取締役/理学療法士 )

【詳細】
https://tsuusho.com/skill/coaching/
対象者 医療・介護業界に携わる経営者、管理者、リーダー
参加費用 12,000円(税・資料代込)
定員 40人
申込方法・締切・備考など お申し込みページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【お申し込みページ】
https://tsuusho.com/skill/coaching/

【お問い合わせ先】
日本通所ケア研究会事務局
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641

お問合せ先

団体名 日本通所ケア研究会
担当者 小川 真弘
電話番号 084-971-6686
FAX 084-948-0641
URL https://tsuusho.com/skill/coaching/
E-mail info@tsuusho.com
住所 広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内

質の高いリハビリテーションを提供するための運営管理とリーダーシップセミナー(東京会場)

会期 2018年07月22日(日曜)
時間 10:00~15:30
会場(県) 東京
会場(会場名・住所) リッチモンドホテル プレミア東京押上(東京都墨田区押上1丁目10-3)
主催 日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会
内容 制度改正・報酬改定などの環境の変化に適応し、結果が出せるリハビリ部門となるためのマネジメント術

【開催のねらい】
効果の出せる質の高いリハビリテーションを提供するためにセラピストが本当にすべき事!

あなたのリハビリ部門は今後の医療や介護の環境変化を乗り切れますか?2018年の同時改定では「リハビリテーションに関する医師の関与の強化」「リハビリテーションにおけるアウトカム評価の拡充」「外部のリハビリ専門職等との連携の推進」などリハビリテーション部門の運営・管理に関する重要事項の大きな改定となりました。
診療報酬・介護報酬改定は医療機関や介護事業所等の経営環境を大きく変え、リハビリ部門の運営に影響を与えます。環境変化に適応できなければ、リハビリ部門の収益は低下し、医療機関や介護事業所の経営の足を引っ張ります。その結果、医療機関や介護事業所の倒産やリハビリ部門の閉鎖が起こる可能性もあります。しかし、世の中には診療報酬・介護報酬改定の影響をうまく乗り越え、より運営を円滑に行うリハビリテーション部門があることも事実です。 なぜ、結果を出すリハビリ部門・出せないリハビリ部門の差が生まれるのでしょうか?
本セミナーは、結果の出るリハビリ部門と結果の出ないリハビリ部門の「差」の正体に明らかにしていきます。あなたの組織・リハビリテーション部門が結果出せるか?結果を出せないか?を知りたい方はぜひ、本セミナーを受けていただくことをお薦めします。

【参加のポイント】
・「結果が出せるリハビリ部門」と「結果が出せないリハビリ部門」の差
・報酬改定の荒波をチャンスに変え、より円滑に運営するためのマネジメント術
・PT・OT・STなどのリハ職が知っておくべき6大マネジメント

【内容】
(1)2018年同時改定は、あなたの組織が結果を出せるか出せないかの分岐点
(2)リハビリテーション関連の診療報酬・介護報酬の増収マネジメント
(3)マネジメントにおける単価アップの具体策(収益を高める工夫と効果を高める工夫)
(4)患者、利用者の満足度を高めるマネジメント
(5)満足度を高める工夫
(6)多職種連携のマネジメント
(7)質の高いリハビリテーションを提供するための多職種連携システム
(8)他職種の信頼を得るための工夫
(9)包括的リハビリテーションのマネジメント
(10)多様な状態に応じたリハビリテーション
(11)早期からのリハビリテーションに介入するための医療連携
(12)人材育成のマネジメント
(13)学んだ知識をどのように臨床の評価や治療に活かすことができるのか
(14)セラピストのキャリアマネジメント
(15)セラピストの働き方改革 ほか

【講師】
高木 綾一氏(株式会社Work Shift 代表取締役/理学療法士 )

【詳細】
https://www.tsuusho.com/skill/management/
対象者 医療・介護業界に携わる経営者、管理者、リーダー
参加費用 15,000円(税・資料代込)
定員 40人
申込方法・締切・備考など お申し込みページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【お申し込みページ】
https://www.tsuusho.com/skill/management/

【お問い合わせ先】
日本通所ケア研究会事務局
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641

お問合せ先

団体名 日本通所ケア研究会
担当者 小川 真弘
電話番号 084-971-6686
FAX 084-948-0641
URL https://tsuusho.com/
E-mail info@tsuusho.com
住所 広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内

日本ケアレク研修大会2018(大阪会場)

会期 2018年07月28日(土曜)
時間 10:00~17:00
会場(県) 大阪
会場(会場名・住所) 大阪科学技術センター(大阪府大阪市西区靱本町1-8-4)
主催 日本通所ケア研究会
内容 レクはご利用者の生活行為や意欲を向上するための「手段・ツール」である

【参加して欲しい理由】
参加体験型研修会だから、参加前と参加後の変化が実感できる!

日本ケアレク研修大会は、介護現場で提供するレクリエーション(以下、レク)を「レク=ゲーム」「あ~楽しかった」で終わらせるのではなく、ご利用者の生活行為や意欲を向上するための【生活機能を再創造プログラム】として現場で実践できる提供方法やアプローチを参加・体験し、レクを行うことを目的とするのではなく、レクは「手段・ツール」であるという再認識していただく機会として開催しています。現状のレクから目の前の利用者になぜそのレクを実施するのかという「目的」や「根拠」のあるレクプログラムの提供に変更しませんか?今年で11年目を迎える今回の研修は「楽しい+機能訓練につながるレク・プログラム」「日頃行っているプログラムの評価を行う」「現場で生かせるケアレクの発想の転換」「レクをケアに!ケアにレクを!根拠ある活動の紹介と体験」の4つに焦点を当て、介護現場や地域活動に役立つ実践を具体的にお伝えいただきます。

【タイムスケジュールと内容】※各時間帯で興味のある分科会を自由に選択していただけます
10:00~12:00
「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」
「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」
「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際~認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け~」
「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」

13:00~14:45
「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」
「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」
「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」
「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」

15:00~17:00
「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」
「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」
「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」
「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」

【講師】
・山口 健一氏(白木せいかつのデイ 作業療法士)
・橋本 佑里江氏(多機能リハビリセンターありがとう 作業療法士)
・川原 つくし氏(多機能リハビリセンターありがとう 介護福祉士)
・直井 誠氏(和が家の古民家デイいぶき 代表)
・前原 幸子氏(小規模多機能型居宅介護いやしの家ケアライフ石津川 ケアワーカー)

※詳細は公式ホームページにてご確認ください
https://www.tsuusho.com/care_rec/
対象者 介護、医療、福祉分野に携わる方
参加費用 10,000円(税・全12分科会の資料代込み)
定員 100名
申込方法・締切・備考など お申し込みページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【お申し込みページ】
https://www.tsuusho.com/care_rec/

【お問い合わせ先】
日本通所ケア研究会事務局
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641

お問合せ先

団体名 日本通所ケア研究会
担当者 小川
電話番号 084-971-6686
FAX 084-948-0641
URL https://www.tsuusho.com/care_rec/
E-mail info@tsuusho.com
住所 広島県福山市春日町浦上1205

質の高いリハビリテーションを提供するための運営管理とリーダーシップセミナー(大阪会場)

会期 2018年07月29日(日曜)
時間 10:00~15:30
会場(県) 大阪
会場(会場名・住所) 天満ガーデン貸会議室(大阪府大阪市北区天神橋3丁目4-14)
主催 日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会
内容 制度改正・報酬改定などの環境の変化に適応し、結果が出せるリハビリ部門となるためのマネジメント術

【開催のねらい】
効果の出せる質の高いリハビリテーションを提供するためにセラピストが本当にすべき事!

あなたのリハビリ部門は今後の医療や介護の環境変化を乗り切れますか?2018年の同時改定では「リハビリテーションに関する医師の関与の強化」「リハビリテーションにおけるアウトカム評価の拡充」「外部のリハビリ専門職等との連携の推進」などリハビリテーション部門の運営・管理に関する重要事項の大きな改定となりました。
診療報酬・介護報酬改定は医療機関や介護事業所等の経営環境を大きく変え、リハビリ部門の運営に影響を与えます。環境変化に適応できなければ、リハビリ部門の収益は低下し、医療機関や介護事業所の経営の足を引っ張ります。その結果、医療機関や介護事業所の倒産やリハビリ部門の閉鎖が起こる可能性もあります。しかし、世の中には診療報酬・介護報酬改定の影響をうまく乗り越え、より運営を円滑に行うリハビリテーション部門があることも事実です。 なぜ、結果を出すリハビリ部門・出せないリハビリ部門の差が生まれるのでしょうか?
本セミナーは、結果の出るリハビリ部門と結果の出ないリハビリ部門の「差」の正体に明らかにしていきます。あなたの組織・リハビリテーション部門が結果出せるか?結果を出せないか?を知りたい方はぜひ、本セミナーを受けていただくことをお薦めします。

【参加のポイント】
・「結果が出せるリハビリ部門」と「結果が出せないリハビリ部門」の差
・報酬改定の荒波をチャンスに変え、より円滑に運営するためのマネジメント術
・PT・OT・STなどのリハ職が知っておくべき6大マネジメント

【内容】
(1)2018年同時改定は、あなたの組織が結果を出せるか出せないかの分岐点
(2)リハビリテーション関連の診療報酬・介護報酬の増収マネジメント
(3)マネジメントにおける単価アップの具体策(収益を高める工夫と効果を高める工夫)
(4)患者、利用者の満足度を高めるマネジメント
(5)満足度を高める工夫
(6)多職種連携のマネジメント
(7)質の高いリハビリテーションを提供するための多職種連携システム
(8)他職種の信頼を得るための工夫
(9)包括的リハビリテーションのマネジメント
(10)多様な状態に応じたリハビリテーション
(11)早期からのリハビリテーションに介入するための医療連携
(12)人材育成のマネジメント
(13)学んだ知識をどのように臨床の評価や治療に活かすことができるのか
(14)セラピストのキャリアマネジメント
(15)セラピストの働き方改革 ほか

【講師】
高木 綾一氏(株式会社Work Shift 代表取締役/理学療法士 )

【詳細】
https://www.tsuusho.com/skill/management/
対象者 医療・介護業界に携わる経営者、管理者、リーダー、セラピスト、介護職員
参加費用 15,000円(税・資料代込)
定員 40人
申込方法・締切・備考など お申し込みページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【お申し込みページ】
https://www.tsuusho.com/skill/management/

【お問い合わせ先】
日本通所ケア研究会事務局
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641

お問合せ先

団体名 日本通所ケア研究会
担当者 小川 真弘
電話番号 084-971-6686
FAX 084-948-0641
URL https://tsuusho.com/
E-mail info@tsuusho.com
住所 広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内


HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」-福祉と介護の総合サイト-
copyright(C)1998-2012 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。