ふくしチャンネル ビガリス ブースター
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索サイトマップ

情報リスト
介護保険 介護保険
NPO NPO
福祉用具 福祉用具
高齢者の住まい 高齢者の住まい
展示会・セミナー情報 展示会・
セミナー情報
福祉・介護の仕事 福祉・介護の仕事
福祉・介護の本 福祉・介護の本
福祉車両 福祉車両
医療・介護のHP制作 医療・介護の
HP制作


展示会、セミナー情報

介護・福祉に関わる展示会、セミナー情報をお届けします。また展示会、セミナー、勉強会等の催し物の情報をお寄せ下さい。

2018年医療・介護同時改定からのリハビリ大改革セミナー(東京会場)

会期 2018年08月03日(金曜)
時間 10:30~16:15
会場(県) 東京
会場(会場名・住所) 国際ファッションセンター(東京都墨田区横網1-6-1)
主催 日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会
内容 今回の同時改定のメッセージを読み解き地域包括ケア時代を戦略的に生き残る

【開催のねらい】
医療・介護の連携強化!急性期・回復期・生活期リハ各ステージの対策!

今回の同時改定は2015年の介護報酬改定・2016年の診療報酬改定同様に改めて在宅医療の推進と介護連携強化が前面に出た改定となりました。
特に回復期以降のステージでは老健施設や在宅サービスとの連携が非常に重要なものとなりました。そのためには、「病棟」と「老健施設」「通所・訪問」がいかに連携し、在宅への橋渡しができるのかがカギとなります。医療・介護分野共にリハビリテーション部門の機能・医介連携はの今後の事業生き残りには必須の条件となりました。
このセミナーでは、地域医療構想を踏まえて大改革・強化が求められる各ステージごとのリハビリテーション部門の在り方と備えるべき戦略について、3名の講師陣が分かりやすくお伝えいたします。

【参加のポイント】
・急性期リハの拡充促進
・回復期リハのアウトカム指標
・科学的介護の実現を目指した生活期リハビリの抜本改革

【内容】
(1)診療報酬・介護報酬同時改定からみるリハビリ提供大改革
・同時改定後のリハビリによる医療介護連携のポイント
・介護老人保健施設における強化型・加算型算定と高稼働率の具体策
・1-2時間短時間通所リハビリの要支援のみでも高収益シミュレーション
・通所リハビリは、「マネジメント施設」へシフト!リハマネ加算算定のポイント
・通所介護は、自立支援強化!「リハビリテーション颯」における運営モデル
(2)地域包括ケアシステム構築におけるリハビリ職の連携の在り方と具体的実践
・リハビリテーション専門職の“本来の強み” ~多様な社会で活かす方法とは?~
・多業種協働におけるリハビリ職と多職種との連携強化
・地域住民とリハビリ職をどのように連携していくのか
・行政や社会資源 とリハビリ専門職の連携の具体例
・地域包括ケアシステム構築での私たちリハビリ専門職はチャンス到来
(3)保険制度にとらわれず、広く社会に貢献するリハビリテーションとは
・リハビリテーションは「方法論」ではない!概念としてとらえることによる可能性
・「リハビリ難民」を生む要因!保険内リハビリテーションにおける現在地と課題
・組織の「働き方改革」と個々の「キャリアデザイン構築」が変革と可能性をもたらす
・リハビリテーション部門に活性化をもたらす「越境学習」のススメ
・資格や制度に縛られず「広く社会に貢献するリハビリテーション」の実践モデル ほか

【講師】
・三好 貴之氏(株式会社メディックプランニング 代表/作業療法士 )
・細川 寛将氏(医療法人陽明会 在宅緩和ケア住宅まごころの杜 施設長/作業療法士 )
・森田 裕治氏(社会医療法人沼南会 経営管理部/リハビリテーション部副部長 )

【詳細】
https://www.tsuusho.com/skill/reha/
対象者 医療・介護業界に携わる経営者、管理者、リーダー
参加費用 15,000円(税・資料代込)
定員 40人
申込方法・締切・備考など お申し込みページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【お申し込みページ】
https://www.tsuusho.com/skill/reha/

【お問い合わせ先】
日本通所ケア研究会事務局
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641

お問合せ先

団体名 日本通所ケア研究会
担当者 小川 真弘
電話番号 084-971-6686
FAX 084-948-0641
URL https://tsuusho.com/skill/reha/
E-mail info@tsuusho.com
住所 広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内

PT・OT・ST・NSのためのデイで効果を上げるためのリハ・プログラムセミナー(東京会場)

会期 2018年08月18日(土曜)
時間 10:00~15:30
会場(県) 東京
会場(会場名・住所) 国際ファッションセンター(東京都墨田区横網1-6-1)
主催 日本通所ケア研究会
内容 スタッフ一丸となってご利用者が機能の維持・改善を実感できるリハビリテーションを行えていますか

【開催のねらい】
心身機能・身体機能・生活機能の評価・トレーニングだけに偏らない!

平成30年度の介護・診療報酬の改定で、医療・介護それぞれの機能・サービス形態を強化し、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるための仕組みづくりの方針が詳細に示されました。自分らしく、生きがいや役割をもって 生活できる地域の実現を目指すためには、生活機能の低下した高齢者に対して、「心身機能」「活動」「参加」のそれぞれの要素にバランスよく働きかけることが重要となります。
介護現場では、日常生活の活動を高め、家庭や社会への参加を促し、それによって一人ひとりの生きがいや自己実現の支援をしてQOLの向上を目指すことへも注意を向けたリハビリテーションの再整理が必要となっています。しかし、実際には「筋力トレーニングは実践できているけど・・・」「ご利用者に合ったリハビリメニューだろうか・・・」「リハビリの成果が実感してもらえない・・・」「生活動作に意味のあるリハなんだろうか・・・」など現場で働くセラピスト・機能訓練指導員が抱える悩みは尽きません。
このセミナーでは、それらを解決するためのヒントをワークショップ形式で学んでいただきます。

【参加のポイント】
・学ぶべき運動の正しい理解
・効果的なリハビリテーション推進するための指導方法
・運動学と老年医学を踏まえた効果的アプローチの実践

【セミナー内容】
(1)ご利用者が改善を実感できるリハビリテーションとは
(2)効果的なリハビリテーションを提供することが困難な場合とは
(3)集団活動が適応ではないご利用者へのアプローチ
(4)効果を出すための正しいアセスメントと正しいトレーニングの提示
(5)ケアマネ、本人、家族へ説明すべき「資料」
(6)やる気アップにつながる即時効果が出る運動プログラムの紹介
(7)機能訓練、リハ担当以外も目標が分かり、自分の役割が明確になるフローチャート
(8)ご利用者の奥に潜む課題の本質を理解する
(9)マズローの欲求5段階説を応用した心身の評価方法とその活用方法
(10)ご自宅でも継続的に自主トレーニングができる運動方法
(11)痛みの部位別・タイプ別運動方法
(12)これは使える!老年医学に基づいたプログラム作成の工夫
(13)運動学と老年医学を踏まえた効果的リハビリテーションアプローチ
(14)通所サービスの特徴と心身機能の評価 ほか

【講師】
小幡 匡史氏(合同会社Think Body Japan 代表社員/理学療法士 )
対象者 介護、医療、福祉分野に携わるか方
参加費用 12,000円(税・資料代込み)
定員 50名
申込方法・締切・備考など 【その他】
詳細は公式ホームページにてご覧ください
https://www.tsuusho.com/skill/reha_program/

お問合せ先

団体名 日本通所ケア研究会
担当者 小川
電話番号 084-971-6686
FAX 084-948-0641
URL https://www.tsuusho.com/
E-mail info@tsuusho.com
住所 広島県福山市春日町浦上1205

リハビリケア研修会(大阪会場)

会期 2018年08月19日(日曜)
時間 10:00~17:00
会場(県) 大阪
会場(会場名・住所) マイドームおおさか(大阪府大阪市中央区本町橋2-5)
主催 日本通所ケア研究会
内容 【開催する目的】

平成30年度の医療と介護の同時改定では、地域包括ケアシステムの構築に向けて医療と介護の連携推進がキーワードとなり、大きなテーマの一つとして「リハビリテーションにおける医療介護連携の推進」が盛り込まれました。これは医療でのリハビリテーションと介護でのリハビリテーション双方が専門性の高いサービスを提供し高い次元での連携が求められているということを意味しています。そのためには介護現場のリハビリ専門職は介護現場のことだけでなく、医師や医療現場のリハ職と連携し医療から移行してくる利用者に最適なリハビリテーションを提供しなければ何も変わりません。「軽度者の改善ができない」「重症な患者・利用者には対応できない」というリハビリ専門職では事業者が今後淘汰されていきます。この研修会では、医療・介護の現場実践・マネジメントに精通した4名の理学療法士が、地域に必要とされる生活期リハの拠点でのADL・IADLの回復、活動と参加につながる実践的リハビリアプローチ、医療・介護連携のためのマネジメント力を高める人材育成・連携方法などを講義と実技でお伝えいたします。

【選べる12の分科会】
(分科会1)
2018年医療と介護同時改定に対する取り組み
・回復期リハ病棟、老健施設の在宅復帰対応
・アウトカムを高める
・通所リハ、訪問リハ、通所介護での対応の変化と工夫

(分科会2)
デイケア運営 新規利用者確保と加算算定
・新規利用者確保のための工夫
・リハマネ加算2・3算定の工夫
・リハ会議の効率的、効果的な開催

(分科会3)
歩行の限界に挑戦!
・歩行の運動学習メカニズム
・歩行可否の判断のポイント
・歩行困難事例の評価のポイント(実技)

(分科会4)
ADL・IADLを改善する福祉用具、自助具などの工夫
・スクリーニング、優先順位の決定
・在宅アセスメント、実際の動作チェック
・模擬トレーニング、実践的トレーニングにおける道具活用の工夫

(分科会5)
リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携
リハビリ部門のマネジメントと人材育成①
・組織として何を実現するか
・インターナルマーケティングの重要性
・セラピストの残業時間減少対策

(分科会6)
デイケア運営② 短時間デイケアと長時間デイケア
・短時間デイケアと長時間デイケアのメリット・デメリット
・グループワーク
・短時間デイケアへの移行に必要なこと

(分科会7)
慢性片麻痺の方へのアプローチと効果の出し方
・慢性期片麻痺の方における歩行困難事例の特徴
・慢性期片麻痺の方への効果につなげるため脳科学
・慢性期片麻痺の方の効果につなげる評価のポイント(実技)

(分科会8)
慢性疼痛を持つ方へのリハビリアプローチ
・痛みの理解と共感
・痛みの評価(アプローチできる痛みかどうか)
・痛みに固執しやすい方の特徴と対処法

(分科会9)
リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携
リハビリ部門のマネジメントと人材育成②
・モチベーションマネジメントへの取り組み
・目標設定による人材育成
・採用基準と不採用基準

(分科会10)
デイサービス、デイケアのリハ職のあり方
・通所系サービスのリハ職に求められること
・当施設での介護士によるグループリハビリと個別リハビリ
(リハビリテーションマネジメント加算Ⅲのサービスとしての展開)
・目標達成のための自主練習の提案 など

(分科会11)
パーキンソン病症候群へのアプローチ
・パーキンソン病症候群の脳科学
・無動、すくみ足、姿勢制御異常の評価とアプローチのポイント(実技)
・口腔、嚥下、呼吸の評価とアプローチのポイント(実技)

(分科会12)
ワンランク上のシーティング技術
・中重度の方へのシーティング
・認知症のある方へのシーティング
・疾患別シーティング

【講師】
・中道 哲郎氏(ひかりメディカルグループリハビリテーション部門 統括責任者)
・光田 尚代氏(医療法人寿山会 喜馬病院リハビリテーション部 課長)
・生野 達也氏(一般社団法人動きのコツ協会 代表理事)
・野田 和美氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師)

【詳細】
下記RULよりご確認ください
https://www.tsuusho.com/reha-care/
対象者 介護、医療、福祉分野に携わる方
参加費用 12,500円(税・資料代込み)
定員 100名
申込方法・締切・備考など 公式ホームページまたは下記事務局までお問い合わせください

■公式ホームページ
https://www.tsuusho.com/reha-care/

お問合せ先

団体名 日本通所ケア研究会
担当者 小川
電話番号 084-971-6686
FAX 084-948-0641
URL https://www.tsuusho.com/
E-mail info@tsuusho.com
住所 広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内


HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」-福祉と介護の総合サイト-
copyright(C)1998-2012 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。