ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



年金の支給開始を60歳から65歳に引き上げ
−国会で早期成立を目指している年金制度改正関連法案−

2000.02.17

大人の青汁
 今国会で早期成立を目指している年金制度改正関連法案は、年金の支給開始を60歳から65歳に引き上げるという案を含む。2013年に開始し、2025年までに段階的に支給開始年齢を60歳から65歳まで引き上げて行く訳だが、定年退職時の60歳から受給開始の65歳までの、「隙間」が問題視されている。色々な意味での緩和策が必要であるこの案に対し、現行での60歳支給開始で42%の減額率であるところを2001年度から35%程度にしようと言う事だ。

 この案が成立した時の具体的な60歳からの繰り上げ受給例を挙げてみよう。

60歳からの繰り上げ受給例
#単位=万円 現行減額率(42%) 改正減額率(35%)
65歳からの支給額(満額) 100 100
60歳からの支給額(満額-減額率分の減額) 100-42=58 100-35=65
65歳からの支給額(満額) 80 80
60歳からの支給額(満額-減額率分の減額) 80-34=46 80-28=52
65歳からの支給額(満額) 60 60
60歳からの支給額(満額-減額率分の減額) 60-25=35 60-21=39
 高齢者の5年と言う歳月を長いと取るか短いと取るかは、個人差が大きいとは思うが、今回の改正案は非常に慎重を要するものではないだろうか?今回の改正案は主に現在50代〜60歳の方々に関係するものだが、2025年に65歳となる40歳の方々は現在働き盛り、これから65歳定年の会社も増えて来る事だろう、あなたの会社はどうだろうか?



HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。