ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



施設で生活する高齢者の異常や徘徊癖を察知する遠隔監視管理システムを開発

−松下電工、高齢者のプライバシーも考慮−

2000.03.03

大人の青汁
 松下電工は特別養護老人ホームなどの施設で生活する高齢者の異常を察知、徘徊癖にも対応出来る遠隔監視管理システムを開発した。高齢者のプライバシーも考慮したシステムとなっている。

 この遠隔監視管理システムは、2種のシステムを組み合わせ運用する。徘徊癖に対応する「通報システム」と、カメラやセンサーのデータをコンピュータで解析する「ケアモニタ」で構成。「通報システム」は、電磁誘導式の発信装置と専用マットレスを通過した際に介護者に知らせる。「ケアモニタ」は高齢者の状況を自動分析し、文字情報で介護者に知らせるので、要介護者は室内画像を見られることがなくプライバシーの保護に繋がる。

 カメラ画像での監視管理は時として”管理モニタを並べているだけ”になる事もある。しかし、文字情報による情報管理は、迅速かつ的確な判断の材料となり介護者、要介護者の双方に有益なシステム。また、画像情報をデジタル化する事により将来の展開、変更も容易なフレキシブルシステムとなるだろう。

 価格は「通報システム」の発信装置が1万円、専用マットレスが78万円で3月21日の発売。「ケアモニタ」の個室10室を管理できるシステムが約900万円で4月下旬の発売。初年度で3億円の売上を目指すことなっている。


関連記事

1999/12/17 松下電工の子会社が運営する老人施設で ホームページ立ち上げ
1999/09/29 松下電工が介護支援ショップ FC展開


HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。