ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



回転シートなどを装備した新電動車いすを発売

−ヤマハ発動機、「JW-III」−

2000.03.03

大人の青汁
 ヤマハ発動機は、電動車いす「JW-III」を4月1日より発売開始する。

 実際に電動車いすユーザー、介護者、事業者によるモニターテストをもとに、乗り降りの楽な回転シート、各ユーザー層に合わせることが出来る車体各部のアジャスタブル機能、最大20km航続距離を実現したニッケル水素バッテリーの2基掛けなど、使い易さを追求した電動車いすだ。

 手動車いすや電動化された手動車いすを操作できない歩行障害者や高齢者でも容易に操作できるような親切設計。 厚生省により、補装具として、介護保険の対象品として、認定されている。

 新設計の駆動モーターにより数センチの微速移動が可能。手元のジョイスティック部分の切替えボタンにより、5段階の速度モード設定が可能だ。シートは36度回転式となっている。細部にわたって改良されたこのシリーズは約4年の歴史をもつ。我々素人には解り辛いが、きっと開発者の方々はバッテリーの重量を1kg減らすのにたいへんな苦労をされたことだろう。感謝感謝。


詳細

・前輪揺動6輪方式の採用で走行安定性、段差乗越え能力を確保。
・車体総重量はバッテリー2個装着時で、50.8Kgと既存の電動車いすより約40%も軽量。
・カセット装着式のバッテリーをはずし折り畳みができる車体設計でワンボックス車等への積載もらくらく。
・36度回転式シートと可動式アームレストの採用。
・シートの高さは4段階(最大4.5cm)、最大16度のリクライニング調節が可能。
・走行操作を行なうジョイスティック部分も、アームレスト部分を含み前後に8cm、上下に6.6cmの範囲 で調節ができる。
・専用のニッケル水素バッテリーは、シートの左右に2個装着でき、フル充電で20km以上の走行が可能。
・5段階の表示ランプによって一目でバッテリー残量が確認できる。充電器は海外旅行にも対応。
・シート下部には収納ボックス、背もたれ後部には小物が入る収納バッグを装備。
・切替えレバーにより、手動車いすと同様に介助者が手押し操作する事も可能。
・介助操作部によ り、自走も介護走行もできる。
(介助操作部は別売り、前進・後進各5段の速度モード切替えができ、ハンドブレーキも装備)
・全長1,105mm全幅640mm全高935mm重量45kg(バッテリーなし)
・走行速度6km/h仕様が390,000円、4.5km/h仕様が375,000円


関連記事

バリアフリー タウンモビリティとは?
福祉用具の広場 株式会社セリオ
福祉用具の広場 遊歩パワーチェア「スナッピー」


HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。