ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



介護事業向け、ICカードシステムを共同開発

−ディーシーカード、明治生命保険、松下電器産業、三菱電機−

2000/05/26(Fri.)

大人の青汁
 ディーシーカード、明治生命保険、松下電器産業、三菱電機の4社がICカードシステムを共同開発し、2001年春には全国の介護事業者にシステムを貸与する。2001年中には約50万枚のカード発行を目指す。

 明治生命が開発した介護計画作成ソフト「ケアマネくん」とのコンビネーションにより、ケアプランの作成から実績の管理・実施効果までの顧客管理を行う。明治生命は新システム導入により、「ケアマネくん」の導入先を増やし、介護サービスの組織化を進める事ができる。

 本人自己負担請求用データはディーシーカードにデータ伝送され、ディーシーカードの請求処理システムにより請求が行われる。代金の請求・回収作業を大幅に効率化でき、ディーシーカードはこのシステムを使って、全国約2万の介護事業者をカード加盟店として開拓する。

 三菱電機、松下電器産業の2社はシステム全般の開発・取りまとめを担当。将来の先進医療サービスのノウハウを蓄積する。

 要介護者はICカードを使用し、将来、ICカードには血圧、血糖値など健康関連のデータも記録する計画で介護保険以外での用途も視野に入れている。

 また、 ホームヘルパーは携帯情報端末を持ち歩き、要介護者に介護サービスを提供した後に実績を記録。記録したデータは月に1度、事業者のコンピュータに転送。 データとケアプランとを照合し整合性をチェックする。

 サービス提供月の実績管理データを取り出し、介護保険報酬分と自己負担分の請求処理をおこなう。これはホームヘルパーの事務負担の軽減、ケアマネジャーの実績管理業務の効率化に繋がる。要介護者も決済が安心確実に行える。

 今秋より、介護サービス大手の日本福祉サービスとアズミコーポレーションの2社が首都圏で新システム実用実験事業を開始し、今後明治生命グループの明治生命フィナンシュアランス研究所が主催運営する「介護ネットワーク研究会」を通じ、全国の介護サービス事業者・医療機関などの約2500会員を中心にICカードやカードを読み取る携帯端末をディーシーカードが事業者に有償貸与していく。


株式会社ディーシーカード概要
  • 所在地:東京都渋谷区道玄坂1-3-2渋谷三菱ビル
  • TEL:03-3464-6611


松下電器産業株式会社
  • 所在地:大阪府門真市大字門真1006
  • TEL:06-6908-1121


関連記事

2000/03/13
介護保険導入に向けて介護事業を強化−明治生命保険、全国16箇所で展開−

2000/03/29
春ですからねぇ--三菱電機の子会社、菱電不動産が三菱電機ライフサービスに社名変更し福祉サービス事業を展開する--

1999/12/24
明治生命と松下電器産業の連携

1999/11/26
高齢者用クレジットカード発行−関東医研

1999/10/13
日進医療器の電動車いす−1回の充電で21キロ走行可能



HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。