ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



ノート型パソコンにバリアフリー設計を採用

−日本IBM、「シンクパッド」シリーズ−

2000/06/21(Wed.)

大人の青汁
 日本アイ・ビー・エムは、障害者や高齢者に配慮したバリアフリー設計を、個人向けノート型パソコン「シンクパッド」シリーズの新製品に取り入れた。

 同社は情報機器に関してのバリアフリーに早くから取り組んでいる。WEBコンテンツとしては
  • 視覚障害者外出支援ネット
  • アクセシビリティ・センター
  • 障害者に役立つ東京情報
  • 音で聞きやすいホームぺージ作成方法
  • 点字情報ネットワーク
などを運営しており、パッケージソフトウェアではアクセシビリティー製品として
  • 目の不自由な方のためのWebブラウザー(日本語版)
  • 肢体不自由の方のための簡便なワープロソフト
  • 聴覚・言語障害の方のための発声・発音練習ソフト
フリーソフトウエアとして
  • Windows版点字編集システム
などを提供している。

 また、ハードウェアでも特大キーボードや肢体不自由者のためのキー押下を安定させるためのガードなどの特殊機器を取り扱っている。


シンクパッドのバリアフリー設計
  • 片手での開閉を可能にした
  • 一般商品の仕様を変えただけの変更とし、コストを抑えた。
  • 手の不自由な人が口に加えた棒で入力できるよう、入力キーの上部に滑り止めの小さな突起をつけた。
  • 高齢者などに向け、各キー表面の文字に鮮明な白を用い、キーボード上にくっきり浮かび上がるようにし、視認性を向上させた。


 開発部門のデザインチームが「身障者のパソコンユーザーの意見を聞きながらバリアフリー設計を進めた」という点はなんとも「IT企業」。素晴らしいですねぇ。

 同社は今後も同シリーズ全般でこうした改善を進める方針で、情報化に伴う健常者とのデジタルデバイド問題に取り組んでいく。

 現在「共同研究開発プロジェクト」として
  • 対話型障害レベル自動判定処理技術
  • 障害支援アプリケーション配信・適合技術
  • 音声認識ソフトを使った視覚障害者のパソコン利用支援(VRV)
などにも取り組んでいる。んん!IBMは「e-bisiness」で「フランスから日本酒の注文が入ってオヤジが喜ぶ」だけじゃぁないんですねぇ。


日本アイ・ビー・エム株式会社概要
  • 所在地:
    • 〒106-8711
    • 東京都港区六本木3丁目2番12号
    • TEL:03-3586-1111
    • TEL:0120-04-1992
  • 代表取締役社長:大歳卓麻
  • 創立:1937年
  • 資本金:約1,353億円
  • 株主:IBMワールド・トレード・コーポレーション(100%)
  • 社員数:約21,400名
  • 事業所:105ヵ所
  • サテライト・オフィス:13ヵ所
  • 開発製造拠点:
    • 藤沢(神奈川県)
    • 大和(神奈川県)
    • 野洲(滋賀県)
  • システム・プラザ:5ヵ所
  • 研修センター:
    • 幕張(千葉県)
    • 川崎東(神奈川県)
    • 天城ホームステッド(静岡県)
    • カスタマー・サポート・センター:箱崎(東京都)
  • 電算センター:
    • 南港(大阪府)
    • 川崎(神奈川県)
  • 事業内容:
    • 情報処理システム
    • ソフトウェア
    • 通信システム
    • その他の製品・サービスによるソリューション


関連記事

2000/04/03
バリアフリー製品認定マークの導入−通産省が検討開始−

2000/03/14
バリアフリーコンピューティングを開発−日立エンジニアリングと法研が介護情報提供システムで提携−

2000/02/18
在宅勤務で介護支援−日立製作所と日本IBM−

2000/01/31
日本IBMが介護抱える社員と和解



HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。