ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



電動アシスト付き車いすを開発

−ヤマハ、「ヤマハタウニィパス」−

2000/09/29(Fri.)

大人の青汁
 「電動補助付き自転車」発売以来主婦を中心に人気を集めている商品だ。この技術を車いすに応用した製品が登場した。

 開発したのはヤマハ発動機。製品名は「ヤマハタウニィパス」で、自走式ではなく、介助用車いすとなっている。

 高齢者が高齢者の車いすを押すシーンなどが増えている現状を踏まえて開発。電動補助は、介助者が車いすを押す力をセンサーが感知しコンピュータにより制御処理したのちモーターに伝え、押す力の大きさに応じたアシストパワーが働くことにより、介助者の体力的負担を軽減するもの。

 人力とモーターのハイブリッド方式なので、自然で滑らかな走行ができ、坂道や砂利道、傾斜面などでも安全らくらく走行を可能とするんだ。

 介助者も高齢者であることを想定し、安全で簡単な操作を実現するため、細部に親切設計を折り込んである。


タウニィパス

特徴
  • 信頼のパワーアシストシステム
  • 前進時1〜6km/hで最高速度の設定が可能
  • 下り坂で走行中に万が一、介助者の手が離れてしまった場合でも自動車のエンジンブレーキのようなモーター発電ブレーキが働く安心設計
  • 介助者の力を伝えるハンドルは左右グリップ式ではなく、高さの調節や片手操作も可能なバーハンドル式を採用
  • アシスト走行とマニュアル走行を切り替えるクラッチによって、バッテリー切れの際も通常の手押し式車いすと同様の操作が可能
  • バッテリーはカセット装着式のニカドバッテリー。100V〜240V対応の専用充電器で家庭用電源から約1.5時間で充電でき、1回のフル充電で約8kmのアシスト走行が可能別売りの専用ニッケル水素バッテリーの使用で約16kmのアシスト走行が可能
  • 後進はスイッチ操作のモーター駆動で、最高時速2km/hまで調節が可能

軽量、コンパクトで快適な車体設計
  • 専用設計の車体は、屋外や段差での使用にも安心の高剛性設計ながら、車体総重量は18.9kg(バッテリーを除く)と軽量化を達成
  • 自動車への積載、家庭での収納にも便利な「折りたたみ」も可能
  • 乗り降りし易いように、アームレスト、フットレストを着脱式とした
  • 停車時も安心のパーキングブレーキ付き
  • 従来の車いすのイメージを一新するスタイリッシュでカラフルなデザイン
  • シートは取り外しも可能で、蒸れもなく、洗濯もでき、水切りも良いメッシュ地のポリエステルを3D加工した素材を車いすとしては初めて採用

仕様
駆動方式 後輪パワーアシスト直接駆動
寸法(全長x全幅x全高) 1,006mm×560mm×908mm
重量 18.9kg (バッテリー含まず)
操舵方式 手動操舵
制御方式 マイクロコンピューター制御
モーター 30分定格出力 24V 90W×2
走行速度範囲 前進アシスト6km/h未満 後進モーター2km/h未満
バッテリー ニカド(専用) 24V×3.5Ah、重量2.2kg
充電器 電源 AC100V〜240V 50/60Hz
充電方式 完全自動充電方式(リフレッシュ機能付き)
充電時間 約1.5時間(常温25℃)
アシスト航続距離 約8km(バッテリー満充電、常温25℃、室内平坦路、時速4km/h走行時)
最小回転半径 765mm
前座高 450mm
アームレスト 着脱式
フットレスト 着脱式


 製品は同社が持つ技術「電動ハイブリッド自転車パス」や「電動アシスト車いすユニットJW-II」の技術を応用したものだ。発売は2001年3月で価格は25万円。介護保険の対象商品となる。


ヤマハ発動機概要
  • WEBSITE:http://www.yamaha-motor.co.jp/
  • 本社所在地:静岡県磐田市新貝2500
  • 創立:1955年
  • 資本金:23,197百万円(2000年3月末現在)
  • 代表者:代表取締役社長 長谷川武彦
  • 従業員数:
    • ヤマハ発動機グループ合計:32,289人(2000年3月末現在)
    • ヤマハ発動機:8,350人(2000年3月末現在)
  • 売上高
    • 連結決算:877,130百万円(1999年4月1日〜2000年3月31日)
    • 単独決算:592,176百万円(1999年4月1日〜2000年3月31日)
  • 事業内容:
    • モーターサイクル
    • スクーター
    • 電動ハイブリッド自転車
    • ボート
    • ヨット
    • ウォータービークル
    • プール
    • 和船
    • 漁船
    • 船外機
    • ディーゼルエンジン
    • 4輪バギー車
    • レーシングカート
    • ゴルフカー
    • 汎用エンジン
    • 発電機
    • ウォーターポンプ
    • スノーモビル
    • 小型除雪機
    • 自動車用エンジン
    • 産業用ロボット
    • 産業用無人ヘリコプター
    • 車いす用電動補助ユニット
    • 乗用ヘルメット等の製造および販売。各種商品の輸入・販売
    • 観光開発事業およびレジャー
    • レクリエーション施設の経営並びにこれに付帯する事業。
  • 関係会社:
    • 工場9ヵ所
    • 系列会社19社(工場関係)
    • 国内販売会社1社
    • 海外子会社60社
    • 海外関連会社32社


関連記事


(ヤマハ関連)

2000/09/25
高齢者・障害者向けの音楽で遊ぶゲームを発売予定−ヤマハ、ミュージックテーブル「MCT-90」−

2000/03/03
回転シートなどを装備した新電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「JW-III」−


(車いす、車いす補助製品、電動カーつながり♪)

2000/09/27
電動四輪車「エブリデータイプ4」を発売−アラコ、電動三輪車・四輪車としては3タイプ目−

2000/09/19
車いす設計ソフトを発売−松永製作所、「手動式車いす処方支援システム」−

2000/08/18
手元のスイッチでいすの高さを自由に変えられる「昇降式車いす」−テックイチ、バッテリー駆動で椅子部分を上下に調整−

2000/08/10
通気・吸水・放散性を確保したマット使用の新製品4点を発売−山田工業所、「タイカンマット」関連製品−

2000/07/05
車いす車輪用洗浄装置を発売−大洞銅器店、「3R ユニマート」−

2000/07/04
車いす、月産500台を目標に−メーコー工業九州事業所、福祉関連機器生産を拡充−

2000/06/13
共同で車いす専用電動三輪車を開発−日本電動車研究所とアテックス、「COM DID」−

2000/05/10
新技術を応用したケアパッドを発売−森下仁丹、「シリポスケアパッドシリーズ」−

2000/06/13
共同で車いす専用電動三輪車を開発−日本電動車研究所とアテックス、「COM DID」−

2000/06/07
「自走式移動機器」を開発−有薗製作所と九州工業大学情報工学部−

2000/06/06
格安フルオーダー車いすの販売を開始−カワムラサイクル、11万円前後で提供−

2000/05/22
昇降機機能をもつ車いすを開発−金藤工業、リクライニング式車いす「里美さん」−

2000/04/05
新しいタイプの電動車いすを開発−神奈川工科大、段差越えが可能−

2000/03/06
要介護者搬送システムを発売−タカノと米国のバートン・メディカル−

2000/03/03
回転シートなどを装備した新電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「JW-III」−

1999/10/19
日進医療器の電動車いす−1回の充電で21キロ走行可能

1999/08/01
車いすのクレジット販売開始−日進医療器-専業メーカー初



HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。