ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



介護保険居宅サービス事業者・訪問看護サービス事業者の現状

−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第2回−

2000/12/07(Thu.)

大人の青汁
 日本能率協会がまとめた「高齢者対応実態調査」。なんとも良く出来たブラボーな調査なので、シリーズ化。今回は第2回です。

 同調査は、9月〜10月にかけて実施。地方自治体、介護・看護サービス事業者、および高齢者対応の製品・サービスの提供に関連する企業を対象に、4つの調査を行い、高齢者対応の現状と高齢者対応産業の将来について総合的に探ったもの。

 官民双方を対象とする調査として秀逸、且つ興味深い結果となっている。さて今回は「介護保険居宅サービス事業者・訪問看護サービス事業者の現状」をおとどけです。

「介護保険居宅サービス事業者・訪問看護サービス事業者の現状」概要
  • 介護保険居宅サービス事業者の今年度の事業見通しは、赤字が半分以上(54.2%)。一方、訪問看護サービス事業者では、赤字見通しは3分の1(34.5%)にとどまっている。
  • 現在抱えている事業上の問題は、「利益がでない」(介護保険居宅サービス事業者53.4%、訪問看護サービス事業者50.9%)と「事務作業の煩雑さによる他業務への支障」(同48.9%、同58.2%)が1位、2位。
  • サービスの質向上や業務標準化の方策は、両事業者とも「CS(顧客満足)経営」(介護保険居宅サービス事業者42.7%、訪問看護サービス事業者50.0%)が最重要と認識。


介護保険居宅サービス事業者・訪問看護サービス事業者の現状


1.介護保険居宅サービス事業者の事業見通しは、5割以上が「赤字」(54.2%)であり、3割が「収支トントン」(31.3%)のレベルにとどまった。

介護保険居宅サービスに関する今年度事業見通し
  (%)
黒字 12.2
収支トントン 31.3
赤字 54.2
無回答 2.3


2.訪問看護サービス事業者のうち介護保険給付の適用となる訪問看護サービスを実施する事業者55件の事業見通しは、5割以上が「収支トントン」(56.4%)であり、3割強が「赤字」(34.5%)と、居宅サービス事業者の事業見通しよりも良い結果となった。

訪問看護サービスに関する今年度事業見通し
  (%)
黒字 7.3
収支トントン 56.4
赤字 34.5
無回答 1.8


3.介護保険居宅サービス事業者の現在抱えている問題・不安点として、「利益がでない」(53.4%)、「事務作業が多すぎて他の業務に支障をきたしている」(48.9%)、「今後の国の方針が見えない」(40.5%)、「介護報酬の請求に手間がかかる」(40.5%)といった点が多く指摘された。

現在抱えている問題・不安点(介護保険居宅サービス)
  (%)
利益が出ない 53.4
事務作業が多すぎて他の業務に支障をきたしている 48.9
今後の国の方針が見えない 40.5
介護報酬の請求に手間がかかる 40.5
新規顧客を獲得できない 30.5
請求どおりに報酬が入らない 25.2
利用者から必要以上のサービスを要求される 24.4
ケアマネジャーが不足している 23.7
優秀な人材が確保できない・ヘルパーの質が向上しない 23.7
今後の事業収支の見込みが立たない 22.1
新規事業を立ち上げたいが需要がどの程度見込めるかわからない 12.2
ヘルパーの教育がうまくいっていない 12.2
効率よいヘルパーの派遣方法がわからない 11.5
他の事業所にいるケアマネジャーとの連携がうまくいかない 9.2
利用者とのトラブル 7.6
新規参入事業所に顧客を奪われている 4.6
新たな事業を手がけるための資金調達方法がわからない 3.8
適当な提携先が見つからない 1.5
その他 5.3
無回答 2.3


4.訪問看護サービス事業者の現在抱えている問題・不安点は居宅サービス事業者と共通点が多いが、「事務作業が多すぎて他の業務に支障をきたしている」(58.2%)点が最も多く、次いで「利益がでない」(50.9%)、「新規顧客を獲得できない」(45.5%)、「介護報酬の請求に手間がかかる」(38.2%)といった点が多く指摘された。

現在抱えている問題・不安点(訪問看護サービス)
  (%)
事務作業が多すぎて他の業務に支障をきたしている 58.2
利益が出ない 50.9
新規顧客を獲得できない 45.5
介護報酬の請求に手間がかかる 38.2
今後の国の方針が見えない 30.9
他の事業所にいるケアマネジャーとの連携がうまくいかない 25.5
請求どおりに報酬が入らない 21.8
ケアマネジャーが不足している 20.0
訪問看護婦の教育がうまくいっていない 18.2
今後の事業収支の見込みが立たない 14.5
効率よい訪問看護婦の派遣方法がわからない 12.7
利用者から必要以上のサービスを要求される 9.1
優秀な人材が確保できない・訪問看護婦の質が向上しない 7.3
新規事業を立ち上げたいが需要がどの程度見込めるかわからない 5.5
適当な提携先が見つからない 1.8
新たな事業を手がけるための資金調達方法がわからない 1.8
利用者とのトラブル 1.8
新規参入事業所に顧客を奪われている 1.8
その他 7.3
無回答 3.6


5.介護保険居宅サービス事業者のサービスの質向上や担保、及び業務の標準化への方策として、4割以上が「CS経営」(42.7%)を掲げた。また、4人に1人の割合で「TQM」(25.2%)や「QCサークル」(25.2%)が指摘された。

サービスの質向上や担保及び業務の標準化への方策(介護保険居宅サービス)
  (%)
CS経営(お客様満足という指導に基づく経営改善) 42.7
総合的品質管理(TQM) 25.2
業務改善・品質向上等のための小集団活動(QCサークル) 25.2
リスクマネジメント 18.3
ISO9000s(品質保証体制に関する規格) 18.3
ES経営(従業員満足という指標に基づく経営改善) 16.8
ISO14000s(環境マネジメントに関する規格) 13.7
その他 1.5
無回答 18.3


6.訪問看護サービス事業者では、居宅サービス事業者と同様に「CS経営」を掲げる回答者が5割(50.0%)と最も多かった。しかしその業務内容から「リスクマネジメント」を掲げる回答者も4割近く(36.4%)あり、次いで「TQM」(21.2%)、「QCサークル」(21.2%)となった。

サービスの質向上や担保及び業務の標準化への方策(訪問介護サービス)
  (%)
CS経営(お客様満足という指導に基づく経営改善) 50.0
リスクマネジメント 36.4
総合的品質管理(TQM) 21.2
業務改善・品質向上等のための小集団活動(QCサークル) 21.2
ES経営(従業員満足という指標に基づく経営改善) 16.7
ISO9000s(品質保証体制に関する規格) 12.1
ISO14000s(環境マネジメントに関する規格) 9.1
その他 1.5
無回答 28.8


社団法人日本能率協会概要
関連記事

2004/05/13
住環境とヘルスケアが融合した展示会と講演会、セミナーを開催−日本能率協会、「住環境&ヘルスケア西日本2004」−

2000/12/21
高齢者対応産業の将来像−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第4回(最終回)−

2000/12/15
高齢者対応の製品・サービス関連企業の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第3回−

2000/12/07
介護保険居宅サービス事業者・訪問看護サービス事業者の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第2回−

2000/11/28
自治体の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第1回−


介護サービス事業者に関する調査関連記事

2008/07/04
利用者・登録者が少なく、事業所の約3分の2が赤字経営−東京都、小規模多機能型居宅介護事業所の調査結果−

2007/12/07
介護福祉施設で「認知症ありで寝たきり者」の割合が前回調査より増加−厚生労働省、「2006年介護サービス施設・事業所調査」−

2007/06/01
全国の介護保険施設や介護保険サービス提供事業所の提供体制等を調査−厚生労働省、「2006年介護サービス施設・事業所調査」結果速報−

2007/01/19
高齢者関連事業の市場規模などを予測−富士経済、「特殊ルートによる物販の調査結果」−

2006/05/15
介護保険制度改正での介護事業者の経営戦略・事業拡大戦略に関する市場研究レポートを発刊−シード・プランニング、「2006年版介護事業者経営戦略分析総合調査」−

2005/07/22
介護サービス市場は2005年度に6兆7875億円へ−ミック経済研究所、介護サービス市場の現状と展望に関する調査報告書を発売−

2004/06/03
ケアマネジャー業務、2人に1人がヘルパーなどと掛け持ち−東京都、都内のケアマネジャー等の実態調査結果を公表−

2004/04/07
訪問看護ステーションの経営実態とサービス提供の状況−日本看護協会、2003年「訪問看護ステーションおよび併設居宅介護支援事業所に関する実態調査」−

2003/04/18
シニア向け事業のビジネスモデルなどのデータを収録した白書を発売−日本ビジネス開発、「シニア・シルバービジネス白書2003年版」−

2002/11/28
介護老人福祉施設は前年比188施設増加、介護老人保健施設は112施設増加−厚生労働省、「2001年介護サービス施設・事業所調査の概況」−

2002/11/06
介護関連ビジネスの市場状況と今後のアプローチ戦略などを盛り込んだ調査書を発行−富士経済、「要支援・要介護関連市場の最新動向と今後の方向性」−

2002/10/03
経済分析の観点から介護サービス市場を評価−内閣府、「介護サービス価格に関する研究会」報告書−

2002/07/19
介護サービス関連の苦情を基に、事業者と保険者などに対し提言−東京都国民健康保険団体連合会、「介護サービスの充実に関する提言」−

2002/03/12
次代を担うシニア・シルバービジネスコンセプトなどを提起−日本ビジネス開発、シニア・シルバービジネス白書2002年版を発刊−

2001/11/09
訪問介護事業「利用者やヘルパーの確保、経営は厳しいが、事業拡大を展望」−日本労働研究機構、訪問介護サービス事業状況調査−

2001/05/21
2001年度、事業者の半数が「良くなる」と予測−シルバーサービス振興会の調査−

2001/03/02
介護保険事業分析シリーズ第2回−シナジーワーク・プランニングセンター「訪問介護事業の事業分析手法の概要」−

2001/01/22
在宅介護事業者の参入状況−旧厚生省調査−

2000/12/26
在宅介護サービス事業者、約半年間で急増−厚生省が参入状況を公表−

2000/12/22
介護保険事業分析シリーズ第1回−シナジーワーク・プランニングセンター「訪問介護事業の事業分析手法の概要」−

2000/12/21
高齢者対応産業の将来像−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第4回(最終回)−

2000/12/15
高齢者対応の製品・サービス関連企業の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第3回−

2000/12/07
介護保険居宅サービス事業者・訪問看護サービス事業者の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第2回−

2000/11/28
自治体の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第1回−

2000/06/20
都道府県に対し有料老人ホームの「二重取り問題」を実態調査−厚生省が通知−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。