ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



特別養護老人ホーム完全個室化へ向け要望書を提出

−介護施設の個室化を進めるネットワーク−

2001/06/07(Thu.)

大人の青汁
 「介護施設の個室化を進めるネットワーク」は、「ひとりで居られる空間と時間をー特養(特別養護老人ホーム)の完全個室化を私たちは望む」シンポジウムを開催。

 終了時に『「特養の完全個室化」を私たちは望む』とした要望書を、小泉純一郎総理大臣、坂口力厚生労働大臣宛に提出した。

 シンポジウムは、東京・永田町星陵会館で開催し、参加者は、400名強。シンポジウム終了時に、「特養の完全個室化」へ向けての要望に参加者からの賛同を得た。

 その後、枡屋敬悟厚生労働副大臣と会談し、小泉純一郎総理大臣、坂口力厚生労働大臣や、国会議員、関係各所にも要望書を提出。

 世話人は、樋口恵子(高齢社会をよくする女性の会)、フィリップ・グロード(「旭ヶ岡の家」園長)、外山義(京都大学教授)、堀田力(さわやか福祉財団理事長)の4名。

 要望書の内容をみると、「私たちはここに、21世紀日本の高齢者介護施設は、個室が当然であることを宣言し、あらゆる関係機関が完全個室化を推進することを要望する。」と強くアピール。

 人生経験を積み重ねた高齢者こそ、より個性に富む存在であり、守るべきプライバシーを多分に持つ存在であるとし、現状の介護施設の「4人部屋」を問題とし、「居どころ」を持つことの重要性を説明。

 負担の問題については、「貧富にかかわらず個室が当然」を前提として、負担能力のある人は負担し、できない人は負担を軽減するようなシステムをつくることを議論すべき。−−とした。

 今後、「特養をはじめとする介護施設は、個室を基本とすること」を、政府、各政党に要望した内容となった。


要望書・声明関連記事

2003/11/26
ハンセン病元患者の宿泊拒否に関する抗議声明を発信−社会福祉専門職団体協議会「ハンセン病元患者の宿泊拒否について」−

2002/07/16
「痴呆性高齢者認定の基準を明確に」など、介護保険に関する要望を提出−全国市長会、第72回全国市長会議決定−

2002/05/20
介護報酬や介護基盤の整備について厚生労働省に要望−全国町村会、「介護保険制度に関する緊急要望」−

2001/06/14
介護保険の負担軽減など求める要望書を提出−呆け老人をかかえる家族の会が坂口厚生労働相に−

2001/06/07
特別養護老人ホーム完全個室化へ向け要望書を提出−介護施設の個室化を進めるネットワーク−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。