ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



補聴器の耳あか詰まり問題を解消する新製品

−オムロンイヤメイト「AK-04」補聴器−

2001/06/08(Fri.)

大人の青汁
 オムロン・ヘルスケアビジネスカンパニーは、新機構の「フィルター付イヤチップ」の採用により、補聴器に詰まった耳あかを簡単に取り除くことを可能にした、軽度難聴者向け耳あな型補聴器、オムロンイヤメイト「AK-04」を6月15日から発売する。

 同社の調査によると、補聴器の市場は2000年度で約230億円、台数にして49万台。また、富士経済社、矢野経済社の調査によると、補聴器が必要とされている65歳以上の人口のうち、実際に補聴器を利用している人の割合は、現在5人に1人と大変低く、高齢者の増加と相まって今後ますます伸びる市場と考えられる。

 新製品「AK-04」の主な特長である、新機構「フィルター付イヤチップ」は、従来品では、音質調節機能を持ち、27ミクロンという非常に細かい布目構造をしているフィルターに、粘性の高い耳あかが詰まると補聴器の聞こえが悪くなり、その都度修理に出す必要があった。

 修理には、購入店やメーカーへ商品を送り、返却されるまでの間は補聴器を使用できないなど、不便な状況が起きていたが、「AK-04」では、フィルターをイヤチップにつけることにより、使用者自身でフィルターの交換をおこなう事ができるようになったことから、補聴器の故障原因の8割にあたる耳あか詰まりの問題を、ユーザー自身で解決することができるようになった。

 外観でも、目立たないように補聴器を使用したいという顧客の声に応え、より肌の色に近い新カラーを採用。また、左右どちらの耳にも対応する設計となっており、両耳装着時にも便利。

 設計面では、調整の必要がなく、買ったその日からすぐに使える簡単操作の補聴器で、突然大きな音が発生しても耳を痛めないよう最大出力音圧を一定値以下に抑え、かつひずみ感の少ない出力音にする出力制限装置を内蔵。初めてでも安全・快適に使用でき、耳への負担を軽減する安心設計。

 新機構の採用で故障の軽減を図りながらも、従来品と同じ25,000円という低価格を実現。補聴器を使用したことがない初めての人でも、気軽に購入できる。初年度販売目標は90,000台とした。

 補聴器には、耳の中に収めて使用する「耳あな型」、耳の後ろにかける「耳かけ型」、本体をポケットに入れてイヤホンをつなぐ「ポケット型」、メガネのツルに内蔵「メガネ型」の4タイプがある。

 同社では、1992年より「買ったその日からすぐ使える簡単操作・安全設計」をコンセプトにした、耳あな型・ポケット型のイヤメイトシリーズを販売しており、特に1996年に発売した耳あな型の「AK-03」は、単品では5年連続で業界No.1の数量売上実績を上げ、好評を得ている。


オムロン株式会社概要
  • ホームページ:OMRON GLOBAL SITE
  • 所在地:京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-5
  • 電話:075-344-7070

関連記事

2005/03/18
使いやすさを追求したユニバーサルデザイン採用の上腕式血圧計を発売−オムロンヘルスケア、「オムロンデジタル自動血圧計HEM-7000」−

2004/10/26
使いやすさを追求したユニバーサルデザインの電子体温計を発売−オムロンヘルスケア、オムロン電子体温計「けんおんくん」・MC-670−

2001/06/08
補聴器の耳あか詰まり問題を解消する新製品−オムロンイヤメイト「AK-04」補聴器−

2000/01/17
オムロンの顧問に堀田力氏


補聴器関連記事

2008/05/20
聴こえやすいコンパクトなイヤホンタイプとシンプルなハンディタイプの補聴器を発売−シナノケンシ、プレクスター「美聴だんらん」「美聴ハンディ」−

2008/05/01
ノイズを抑えたデジタル補聴器23機種を発売−パナソニック四国エレクトロニクスなど、デジタル補聴器「ONWA(おんわ)」−

2008/03/19
ボリューム調整に「リモコン」採用の補聴器最上位機種を発売−リオン、「リオネットルーク」−

2007/09/11
補聴器はフィッティングを受けて購入するべき−国民生活センター、「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果」−

2007/05/15
高度・重度難聴の人々に向け、スーパーパワー耳かけ形補聴器を発売−リオン、リオネット耳かけ形補聴器「HB-G4PE」−

2007/04/10
音のこもりやひびき感を軽減した耳あな形オーダーメイド補聴器を発売−リオン、「デジタリアンLシリーズ」−

2007/03/02
「隠す」補聴器から「魅せる」補聴器への変革−リオン、耳かけ形補聴器「リオネットロコ」を発売−

2006/10/30
日本初となるメガネ形骨導補聴器を発売−スターキージャパン、「F229Dデジタル骨導補聴器」−

2006/09/06
機能性やデザイン性向上を行ったデジタル式耳あな形オーダーメイド補聴器3機種を発売−リオン、リオネット補聴器デジタリアンシリーズの主力機種−

2006/08/21
高度・重度難聴向けに高出力の補聴器を発売−リオン、リオネット耳かけ形補聴器HB-G4P−

2006/06/07
世界初の防水型デジタルオーダーメイド補聴器の後継機種を発売−リオン、「HI-G4WU」−

2006/04/26
32バンドデジタル信号処理搭載のデジタルオーダーメイドの耳あな型補聴器を発売−松下電器産業、「AYA PASSION」6機種−

2006/02/14
周辺の音環境に対応し、自動的に常に聴きやすい音を提供する補聴器3機種を発売−リオン、リオネットデジタル補聴器「デジタリアンAシリーズ」−

2006/01/18
「初めて使う・気軽に使うデジタル補聴器」を開発コンセプトとした補聴器を発売−松下電器産業、デジタルレディメイド耳あな型補聴器「こみみ」−

2005/05/20
水に濡れても大丈夫なデジタルオーダーメイド補聴器を発売−リオン、世界初の防水型デジタルオーダーメイド補聴器「HI-G4WE」−

2004/12/09
32バンドディジタル信号処理搭載、オーダーメイドディジタル耳あな形補聴器を発売−松下電器産業ヘルスケア社など、「AYAPROシリーズ」6機種−

2004/11/24
駅や人込みの中の騒音を抑えた快適な会話に配慮した補聴器を発売−リオン、耳かけ形デジタル補聴器「HB-D7シリーズ」から2機種をラインアップ−

2004/10/05
オーダーメイド補聴器、カナールエイド、耳かけ形補聴器の3機種を発売−リオン、「デジタリアンSシリーズ」−

2004/08/06
より自然な聴こえを実現するデジタル補聴器3機種を発売−リオン、「NEWジョイトーン」−

2004/06/10
東京・御茶ノ水に「パナソニック補聴器プラザ」を開設−パナソニック補聴器が神尾記念病院と業務提携−

2004/06/01
難聴者が気軽にミュージカルを観劇できる赤外線補聴システム−ジャトー、宝塚大劇場に納入−

2004/01/09
オーダーメイド補聴器のシェル自動生産システムを開発、春より生産開始−リオン、「リオネット夢耳工房」−

2003/11/04
世界初の補聴器のブランド契約締結−ベネトンジャパンとワイデックス、「Bravo(ブラボー)」シリーズ−

2002/11/13
軽度から中等度の老人性難聴者向け高性能ポケット型補聴器を発売−昭栄、「美聴(びちょう)」(ASH-2000)−

2002/09/25
耳あな形のフルデジタル補聴器を6種類発売−松下通信工業、「クリオネデジタル補聴器シリーズ」−

2002/08/28
低価格・超小型サイズを実現したデジタル補聴器を発売−リオン、「JOYTON HI-D8E」−

2002/08/08
超小型・高出力のオーダーメイドフルデジタル補聴器4機種を発売−リオン、新「デジタリアンVシリーズ」−

2002/04/08
ミニチュアコンピュータが人の声を自動認識する補聴器を発売−「世界6大補聴器メーカー」の日本法人オーティコン−

2002/03/22
初心者向け耳あな形補聴器「HI-70」を発売−リオン、小型で手軽な仕様を実現−

2002/01/29
快適でクリアな聞こえのデジタル補聴器「ジョイトーン」3機種を発売−リオン−

2001/09/12
従来困難だった日常生活に即した聴き取り能力測定法を開発−NTTと東北大学−

2001/08/16
中等度から重度難聴向けフルデジタル補聴器発売−リオン、デジタリアンVシリーズ−

2001/06/08
補聴器の耳あか詰まり問題を解消する新製品−オムロンイヤメイト「AK-04」補聴器−

2000/04/20
デジタル補聴器2機種を同時発売−ニコン・エシロール、イズムND-C1とND-C2−

2000/04/11
「補聴器の日」を制定−全国補聴器販売協会と全国補聴器メーカー協議会−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。