ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



総額100万円の懸賞「介護の工夫」作文を募集

−TOTOが「楽&楽計画どっとこむ」としてウェブサイトを一新−

2001/06/15(Fri.)

大人の青汁
 TOTOは、福祉・介護に関する水まわりの情報サイト「レブリスネット」を、「楽&楽計画どっとこむ」として、トップページのデザインを一新。コンテンツをより充実した。

 同社では、1996年より「レブリス」として、高齢者が自立できる水まわりの生活環境づくりの活動をしてきたが、よりわかりやすい名称で、高齢者だけでなく障害者も含めた人々が自立した生活をおくるための支援活動として、6月より名称を「楽&楽計画」に改め、高齢者・障害者のニーズにあった商品開発のブランド総称として使用していく。

 新サイトでは、理学療法士の河添竜志朗氏による「手すりの基本編」や、展示会ウェルフェア2001の出店結果レポートをはじめ、同社ならではのトイレ・入浴・パブリックに重点を置いた福祉・介護関連商品カタログを掲載。

 そのほか、専門家が質問に答える「水まわりQ&A。」理学療法士、作業療法士、医療関係者など、介護に携わる人々や建築士、デザイナーへの「インタビューライブラリー」。また、同社の専門分野のひとつである「住宅改修のポイント」など様々なコンテンツを用意した。

 また、総額100万円の懸賞付きで「楽&楽計画大賞」を開催。介護の工夫や提案を作文で広く募集する。

 介護にかかわる人、介護された経験を持つ人、介護に関心の高い人から、高齢者や障害者の介護の工夫や提案を募集するもので、「自立支援につながったり、介護負担が軽減されるにはどうしたらよいか」や、「介護が生活の一部となっても楽しく快適な毎日を送るにはどうしたらよいか」など、応募者の「楽&楽計画」を作文で募集。

 募集テーマは、『私が考える「楽&楽計画」の介護の工夫』で、100文字以上400文字以内の作文にまとめる。インターネットからも、郵便でも応募が可能で、写真添付なども受け付ける。

 審査基準は、前向きな気持ちの具体的な介護の考え方や方法で「楽&楽計画」を語っていること。TOTO「楽&楽計画」審査委員会による厳選なる審査のうえ、発表は新聞広告紙上、楽&楽計画どっとこむホームページに掲載、また入賞者には連絡する。

 審査委員予定は、やさしい手代表取締役の香取眞恵子氏、熊本住まいづくり研究所代表取締役理学療法士の河添竜志郎氏、TOTO取締役の木瀬照雄。

 賞金は、「楽&楽計画」大賞1作品に30万円を、優秀賞5作品に10万円を、秀作20作品にも1万円とする。

 楽&楽計画のコンセプトは、「高齢者にやさしい生活は、みんなが楽しい生活だ」として、元気高齢者商品の開発による、ユニバーサル化の推進と、「介護される人も楽、介護する人も楽」という、福祉用具・障害配慮商品の開発による、バリアフリー化の充実。

 同コンセプトのもと、6月15日より、排泄補助具4点。入浴補助具4点。手すり3点。バリアフリー建材2点。計13点の新商品も発売する。


関連リンク
問い合わせ先
  • レブリス推進事業本部楽&楽コール
  • 0120-20-1790(土日祝日を除く、10時〜17時)


TOTO株式会社概要
関連記事

2008/05/21
デザインと使い勝手を両立した「新たなパブリックレストルーム空間」を提案TOTO、「RESTROOM ITEM 01」

2007/09/13
コンパクトサイズのパブリックトイレ向け「オストメイト対応トイレパック」を発売−TOTO、狭いトイレでもオストメイト配慮が対応可能に−

2007/06/11
車輪を6輪にして小回りと段差越えを容易にした、水まわり用車いすを発売−TOTO、「水まわり用車いす6輪タイプ」−

2004/10/15
戸建て住宅浴室用壁掛け後付けタイプの暖房機を発売−TOTO「三乾王浴室暖房機」、温度のバリアフリーを実現−

2002/10/31
高齢者施設の水まわり提案書を無料で配布−TOTO、「バリアフリーブック(高齢者施設の水まわり編)」−

2002/09/06
入浴や排泄の自立と介護を支援する商品、パブリックトイレや高齢者施設の水まわり器具などを展示−TOTO、「第29回国際福祉機器展」に出展−

2002/05/28
座ったままの姿勢で全身シャワー浴がおこなえる製品を発売−TOTO、「楽&楽シャワー」−

2001/12/12
手洗いから消毒までが1台で完了する非接触型の「自動消毒手洗器」−HACCPに対応、TOTOより発売−

2001/10/01
バリアフリーブック(パブリックトイレ編・住まいの水まわり編)を発行−TOTO、希望の人に無料で送付−

2001/08/02
オストメイトの人が使用するパウチやしびんが洗浄しやすい器具発売−TOTO、業界初、後付け可能なパブリック向け大便器設置用水栓器具−

2001/07/25
操作レバーの取り付け位置が選択可能な車いす使用者用洗面化粧台−TOTO、フェアリーシリーズ新発売−

2001/07/19
狭い和式トイレでも腰掛便器に改修、介護保険の住宅改修費支給対象商品−TOTO「コンパクトリモデル便器(コーナータイプ)」新発売−

2001/06/26
光エネルギーを使った脱臭機−TOTO、福祉施設・病院用の光触媒脱臭機を発売−

2001/06/01
ユニバーサルデザイン採用の集合住宅用ユニットバス−業界初、TOTOの「低床スリムシリーズ・ステップ付浴槽タイプ」−

2001/05/23
「レブリス」改め「楽&楽計画」−TOTOが新ブランドで13点を新発売−

2001/05/08
障害者トイレからだれでもトイレへ−TOTOがバリアフリートイレセミナーを開催−

2000/12/19
「水まわり車いすシャワー用低座面タイプ」を発売−TOTO−

2000/07/19
介護施設向けトイレを開発−TOTOと三健設備工業−

2000/03/23
新入浴システムを発売−TOTO−

2000/02/14
ニチイ学館が在宅介護大手を傘下に介護事業展開

2000/02/07
TOTOとニチイ学館が高齢者向住宅改修で提携

1999/12/14
車いす用洗面カウンター新発売 TOTO

1999/09/30
ベネッセやTOTOを表彰 介護や育児休業制度運用などで

1999/08/30
家庭用の尿糖検査機発売 TOTO-病院用と同等機能


ウェブページのオープン関連記事

2006/12/13
福祉作業所の合同ネットショッピングサイトをオープン−ビジネスコンピューターサービス、「福祉ショップFukusaku」−

2006/12/07
団塊・シニア世代向けのSNSサイトを開設−凸版印刷、「Re:log(リログ)SNS」−

2006/11/09
シニア向け動画配信サイトのサービスを開始−ファンダンゴ、「よしもと笑うシニア.com」−

2006/06/02
シニア向け映像配信事業の合弁会社を設立−インデックスとファンダンゴ、エム・ヴィ・ピーの3社、9月よりサービス開始−

2006/04/06
介護事業に必要となる情報をダウンロード販売−新会社「Care Biz Net有限責任事業組合」を設立−

2006/02/08
子ども向けブログコミュニティサイトに介助犬を応援するブログサイトを開設−NTTデータとサンリオ、「magnet(マグネット)」−

2005/07/04
中高年層のインターネット利用支援を目的としたコンテンツ連携を開始−楽天とニフティ、「楽天シニア市場」と「語ろ具」にて−

2005/07/01
高齢者の生活を支える便利用品・介護用品専門サイト「ふくチャン本舗」を開設ウイッツと福祉用具研究会、「なるほど便利な生活用品201選・介護用品・リハビリ・健康用品」などを販売

2005/06/24
「排泄」の悩みのポータルサイト「まるナビ」を開設−排泄総合サイト製作委員会、完成発表記念講演会も実施−

2004/07/15
介護事業ホームページで、顧客満足度調査結果などCS経営に向けた取組を公開−松下電工、介護知恵モール−

2004/06/23
シニア向けパソコン活用支援サイトを開設、アクティブエルダー会員制度を開始−ジャストシステム、「おとなのパソコンライフ」−

2004/06/04
らくらくおでかけネットの駅・ターミナル情報を拡充−国土交通省、駅ごと福祉輸送サービス情報を追加−

2004/04/13
家庭介護にたずさわる人々のコミュニティサイトを開設−日本医療企画、「かいごの学校」−

2003/12/15
トイレリフォームによる高齢者の身体負荷軽減度合をネットでシミュレーション−ホームプロ、「トイレ身体負荷シミュレータ」−

2003/09/26
ユニバーサルデザイン推進のための専用ホームページを開設−内田洋行、オフィス・学校・公共の場の三部構成でユニバーサルデザインを紹介−

2003/08/19
鉄腕アトムサイト「astroboy.jp」に手話サイトをオープン−日立製作所、手話アニメーションソフト「Mimehand II」を使用−

2003/05/30
大人用紙おむつ宅配ショップ「まごころサポート」のホームページをオープン−ハーベスト、無料サンプルや排泄ケアアドバイザーなどを用意−

2003/05/06
要介護者の住まいにおける「危険と対策」を疑似体験できるコンテンツを公開−松下電工、介護家族向けホームページ「介護知恵モール」−

2003/01/09
入所希望者のニーズにあった有料老人ホームを紹介−アイレップ、「日本有料老人ホーム紹介センター」を開設−

2002/12/04
社会福祉・医療事業団の会員向け情報サービスをブロードバンド化して提供−日本IBM、高セキュリティのIP-VPNネットワークを提供−

2002/11/01
視覚障害者向け総合美容情報ページがオープン−資生堂、「資生堂リスナーズカフェ」−

2002/08/22
「Yahoo!ショッピング」で「敬老の日」特集を公開−ヤフー、人気のいやしグッズや健康器具、温泉旅行ギフトなど−

2002/07/23
一週間で手話の基礎が学べるコンテンツをインターネット配信−アットネットホーム、「手話ウィークリーマスター」−

2002/07/19
介護サービスを支援するコミュニケーションサイトを開設−セキスイ・システム・センターが介護事業に参入−

2002/06/18
4000点の介護用品、インターネットで販売−デルフィスと豊田通商が提携、「オールライフプラス」−

2002/04/05
介護知恵モールが、在宅介護に取組む家族向けの機能を強化−松下電工が運営する介護支援ウェブページにて−

2002/03/20
視覚障害者向け音声ポータル実験サービスを開始「Voizi(ボイジー)」−日本テレコム、電話から音声で情報入手が可能−

2002/02/07
チャリティ活動・ボランティア支援のウェブサイトを開設−進和電機「WaiWai Media Inc.」−

2002/01/25
交通バリアフリー情報提供システム「らくらくおでかけネット」本格運用開始−国土交通省−

2001/11/22
「視覚障害者向インターフェース・ツール」を開発−メディアフュージョン、Webサイトのバリアフリーを実現−

2001/10/09
聴覚障害者専用国内宿泊オンライン予約サイトがオープン−日本旅行−

2001/10/04
新コンテンツ「車いすと介助のための水まわり」をリリース−松下電工「介護知恵モール」−

2001/09/19
「ウェブページを見やすく、扱いやすく」新たな取組みを開始−日本IBM、ライコスジャパン「LYCOS/ITryプロジェクト」第2弾−

2001/06/27
福祉介護のページが急増、ほとんどが低予算で運営−サンクスメディアシステム「ふくしチャンネル」のアンケート−

2001/06/15
総額100万円の懸賞「介護の工夫」作文を募集−TOTOが「楽&楽計画どっとこむ」としてウェブサイトを一新−

2001/03/13
インターネット閲覧をバリアフリーに−ライコスジャパンと日本IBMのLYCOS/ITryプロジェクト−

2001/03/06
障害者向けブロードバンドコンテンツ−総務省の実証実験がネットで開始−

2001/03/05
ホワイトデーに開設−NTT番号情報の介護タウンページ−

2000/12/13
「介護・福祉のホームページ無料作成サービス」の受付開始−サンクスメディアシステム、赤い羽根募金−

2000/10/13
民間による施設格付けサービスを開始−シナジーワーク・プランニングセンター、60項目の評価ポイントを設定−

2000/09/01
「介護リフォーム支援」をインターネットで紹介−松下電工の介護知恵モールが大幅リニューアル−

1999/12/17
松下電工の子会社が運営する老人施設で ホームページ立ち上げ




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。