ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



業界初、電動介護用ベッドのSGマークを取得

−日立製作所ホームベッド「元気でいて寝」−

2001/07/18(Wed.)

大人の青汁
 日立製作所家電グループが昨年4月より製造・販売しているホームベッド「元気でいて寝」が、業界で初めて電動介護用ベッドの「SGマーク」を取得した。

 同社では、同製品の開発にあたって、国際規格のIECと、欧州規格のENを参考にした社内の製品規格を作成し、安全を配慮した製品づくりを進めていた。

 今年6月より、製品安全協会が定める製品の安全規格である「SGマーク」の認定対象製品に電動介護用ベッドが加えられ、同社は業界に先駆けての認可取得となった。

 SGマークを取得した機種は、2モーターで背上げ・高さ調節ができるWL-TB102(265,000円)と、3モーターで背上げ・高さ調節・膝上げができるWL-TB103L(313,000円)の2機種。

 製品安全協会は、「消費生活製品安全法」に基づき、通商産業省(現経済産業省)所管の特別認可法人として設立された。同会のSGマークは、SafetyGoods(安全な製品)の略号で、製品安全協会が定めたもの。

 構造・材質・使い方などからみて、生命または身体に対して危害を与えるおそれのある製品について、安全な製品として必要なことなどを決めた基準を製品安全協会が定め、この基準に適合した製品にのみ表示される。

 福祉用具製品では、簡易便器や、簡易腰掛け便座、歩行補助車、棒状つえ、手動車いす、歩行車(ロレータ・ウォーキングテーブル)が認定対象製品で、今回、電動介護用ベッドが追加された。

 電動介護用ベッドは、上半身を適切な角度に起こしたり、膝関節を屈曲した状態に保持できる、介護を目的としたベッド。

 基準の作成は、国際規格のIEC及び欧州規格のENが作成される中で、日本の製品はこれらの要件を満たしているものがほとんどなく、今後、日本では高齢化や介護保険の導入などで福祉用具を使用する機会が増える中で、日本でも海外と同等の安全性を確保する必要があることから、適切な安全性を有した電動介護用ベッドの流通・使用のために、使用者の安全の確保を図る観点から。

 作成には、1998年度から2ヵ年にわたって通商産業省からの委託調査として「福祉用具(電動介護用ベッド)の安全基準作成調査委員会」がおこなった。これを受け、2000年度に福祉用具の有識者による意見の聴取・検討を踏まえ認定基準の作成をおこない、安全管理委員会での議決を経て、通商産業大臣申請の承認を得た。

 SGマークの認定基準に関係した製品安全面での製品特長は、認定基準による「ベッド外端から190mm以内に8mm以上25mm未満の挟まれ危険部分がない」構造にするため、樹脂性の5分割ボトムにし、ボトム間寸法に安全面の配慮をした「5分割樹脂製ボトム」。

 「ベッド外端から120mm以内の足元に足を挟み込む危険部分がない」構造にするため、ボトムの下部がベッド(ボトム)外端より内側になる「インサイドフレーム」。

 「高さ調節機構を有するものでは、最も悪い条件の位置にあって、ベッドの片側に試験荷重をかけても、脚部の浮きが無い」構造にするため、低重心で剛性が高く、偏荷重にも強い、垂直に上昇下降する機構を採用した「垂直ハイロー機構」。

 「3千回の繰り返し昇降性を確保」するため、摺動部分には、背上げ機構部のローラースライド、ヒンジ部のメタル軸受けなどの耐久性向上設計を採用。

 「質量75kgの重りを用いたたわみ試験で、たわみ量40mm以下、力を除去した後のたわみ量10mm以下」を確保する構造として、剛性が高いブロー成形樹脂構造にし、かつ、裏側は補強パイプを取り付けた。

 更なる安全性の確保のため、背ボトムの下での挟まれ防止のため、跳ね上げ機構を採用。万一、背ボトムの下降時に挟まれても、力がかかれば逃げてくれる構造とした。


株式会社日立製作所概要
関連記事

2008/04/17
医療機関と連携した要支援・要介護高齢者向け住宅型有料老人ホームを営業開始−日立博愛ヒューマンサポート、「フィランソレイユ笹丘」−

2007/09/25
重度障害者用意思伝達装置「伝の心」バージョンVを発売−日立製作所、Windows Vistaに対応しソフトウェアを全面改訂−

2007/09/20
人の動きや脈拍などのデータを24時間連続して測定・記録可能な腕時計型センサネット端末を試作−日立製作所、「ライフ顕微鏡」を提案−

2007/05/01
介護施設などでの排泄介護向け「自動採尿システム」を共同開発−日立とユニチャーム、1日あたり5〜7回のおむつ交換を1〜2回程度に減らしデータを記録−

2007/01/11
医療機関と融合した要支援・要介護高齢者向け生活サポートサービスを提供−日立と博愛会、住宅型有料老人ホーム事業を開始−

2006/11/06
身体を動かして機器を操作するのが困難な人々を支援する新技術の原理実験に成功−日立、光トポグラフィを用いたブレイン・マシン・インタフェース−

2006/05/24
脳機能障害による運動機能障害回復度合いの定量的測定に成功−日立製作所、大阪大学、国立循環器病センターが共同で、パーキンソン病、ラクナ梗塞等に向け−

2005/11/09
パソコンのモデルチェンジとソフトウェア改良を行った身体障害者向け意志伝達装置を発売−日立、「伝の心」−

2005/09/28
「日立ユビキタススクエア横浜」で「手話案内サービス」を開始−日立製作所、ショールームをバリアフリー化−

2005/04/22
身体障害者向け意志伝達装置「伝の心」改良版を発売−日立製作所、DVDドライブとセキュリティ対策ソフトウェア試用版を標準搭載−

2005/04/15
ALS患者向け意志伝達装置「伝の心」貸出機の設置を支援−日立グループ3社がボランティアで支援−

2005/03/16
ユニバーサルデザインエレベーターの新モデルを発売−日立製作所、「アーバンエース」−

2004/06/11
ユニバーサルデザインの昇降路一体型エレベーターを発売−日立製作所、「ステーションエースU」−

2004/05/21
ユビキタス情報社会を体感できる広場をオープン−日立製作所、「ユビキタススクエア横浜」−

2003/11/06
音声読み上げガイド機能を強化した身体障害者向け意志伝達装置を発売−日立製作所、「伝の心」−

2003/09/01
シニア、初心者向けパソコン操作支援ソフトをリニューアル−日立製作所、「心友」−

2003/08/19
鉄腕アトムサイト「astroboy.jp」に手話サイトをオープン−日立製作所、手話アニメーションソフト「Mimehand II」を使用−

2003/04/02
手話と文字の表示により胃部X線検査の受診を容易に−日立製作所、胃部X線検査用の聴覚障害者向け情報提供システムを開発−

2002/05/15
バリアフリーに配慮しエレベーターをモデルチェンジ−日立製作所、「ビル総合サービス事業」の一環として−

2001/09/27
手の動きと頭の動きを利用した「手話−日本語翻訳技術」を開発−日立製作所−

2001/07/18
業界初、電動介護用ベッドのSGマークを取得−日立製作所ホームベッド「元気でいて寝」−

2000/10/17
車いすに座ったままで歩行訓練ができるリハビリ機器を発売−日立製作所、「座位式訓練機PW-3」−

2000/07/27
ホームエレベーターの合弁会社を設立−三菱電機と日立製作所−

2000/06/22
7000店の販売店網を活用し介護サービス事業に参入−日立製作所、系列販売店を活性化−

2000/05/24
電動式ホームベッドを発売−日立製作所、「元気でいて寝」−

2000/02/18
在宅勤務で介護支援−日立製作所と日本IBM−

1999/12/24
日立製作所、電動ベッドを発売

1999/07/06
日立が介護分野のSIに本腰


ベッド関連記事

2008/07/02
医療施設向けベッドの主力機種をモデルチェンジ−パラマウントベッド、「メーティスシリーズ」−

2008/04/18
看護・介護職員の90%が「腰痛経験あり」−パラマウントベッド、「腰痛の発生と予防の実態に関するアンケート」−

2008/02/14
電動リクライニングベッドに挟まれて幼児が窒息死した事故について調査−国民生活センター、低価格・高価格の電動リクライニングベッドの安全性を検証−

2007/11/07
簡単操作で3モーターベッドの様な動きができるレンタル用2モーターベッドを発売−プラッツ、「ミオレット」−

2007/09/27
介護用ベッドのリサイクル・レンタル事業を開始−パラマウントベッド、「PRBパラマウント・リサイクルベッド」−

2007/05/16
業界最低床クラスを実現した高齢者施設向け電動ケアベッドを発売−松下電工、「ナショナル施設向け電動ケアベッド サンセルフィー」−

2007/04/18
家具インテリアや福祉用具など展示する「広島ショールーム」を開設−フランスベッドとフランスベッドメディカルサービス、グループ最大規模で家具インテリア、介護・福祉用具を展示−

2006/12/18
いびき軽減や床ずれを予防するうつぶせ寝専用ベッドや枕など9品を発売−フランスベッド、「健康うつぶせ寝専用ベッド」など−

2006/11/02
くつろぎと安心を提供する家庭向け電動リモコンベッドを発売−パラマウントベッド、「ファーマシリーズベッド」−

2006/10/19
使い勝手や安全性が向上した1モータータイプのアウラ電動ベッドを発売−パラマウントベッド、「アウラ電動ベッド(KQ-1131、KQ-1132)」−

2006/04/19
介護ベッドとポータブルトイレの新シリーズを発売−アイシン精機、「ジャストベルグランド」と「ベルレット」シリーズ−

2006/04/17
廉価版の在宅向け3モーター電動ベッドを発売−ネットケア、「ネセスケア電動3モーターベッド」−

2006/03/31
介護保険制度改正に伴い保険の対象外になる人が、購入しやすい商品と販売システムを開発−フランスベッドメディカルサービス、介護ベッド「生活応援ベッドDSX-01」−

2006/02/01
「起きあがり」と「立ちあがり」をアシストし、自立を維持するためのベッドを発売−シーホネンス、自立アシストシリーズ「ケプロコア810/811」−

2005/10/06
自立促進を目的とした軽度の介護者向けベッドを発売−パラマウントベッド、「楽匠〜自立促進シリーズ」−

2005/02/07
自社製介護用ベッドの再生・再販事業を開始−パラマウントベッド、資源の有効活用を目指す「循環型事業」として−

2005/01/26
背上げ・脚上げリクライニング搭載など4機種から選べるベッドを発売−フランスベッド、「エゼックス」シリーズ−

2004/12/16
業界最低床クラス、設置場所を確保しやすい垂直昇降方式の電動ケアベッドの販売・レンタルを開始−松下電工、ナショナル電動ケアベッド「Soi-ne」−

2004/12/08
介在宅ケアベッド「楽匠(らくしょう)」が「グッドデザイン賞」を受賞−パラマウントベッド、ユニバーサルデザインが評価され−

2004/03/08
利用者の危険な状況をセンサーで感知し、徘徊行動なども予防可能な電動介護ベッドを発売−フランスベッド、「危険予防装置付き電動介護ベッド」−

2003/11/27
寝返り、起上がりがラクな幅広サイズの電動ケアベッドとマットレスを発売−松下電工、「NAIS電動ケアベッドRR-Wide」「NAIS快眠マットレスラクマット」−

2003/11/17
ずり落ちにくい在宅ケアベッドを発売−パラマウントベッド、「楽匠」−

2003/11/13
ベッドからの転落事故やサイドレールへ身体を挟み込む危険をなくすケアベッドを発売シーホネンス、病院用・介護施設用「フォレシー・シリーズ」

2003/02/28
医療・福祉施設向けベッドや介護用品を提案するスペースをオープン−シーホネンス、「プレゼンテーションホール」−

2003/01/16
長期使用に備える個人購入向け「生活支援ベッド」を発売−シーホネンス「ケプロコア850シリーズ」38種類をラインアップ−

2002/10/09
上質な眠りを提供する体位変換介護ベッド−三洋電機バイオメディカ、「hist」−

2002/09/12
在宅・介護施設向けにコンパクトな介護ベッドを発売−アイシン精機、「BELLGRAND(ベルグランド)SX」−

2001/12/11
在宅ケアベッド「ワイドアウラベッド」をフルモデルチェンジ−パラマウントベッド−

2001/11/19
ヒューマンケアベッドFBNシリーズがSGマーク取得−フランスベッドメディカルサービス−

2001/09/03
在宅介護用ベッド「NAIS電動ケアベッドRR」がSGマーク取得−松下電工、工場登録・型式確認で業界初−

2001/07/18
業界初、電動介護用ベッドのSGマークを取得−日立製作所ホームベッド「元気でいて寝」−

2001/06/20
電動介護ベッドと電動快適ベッドを同時発売−ナショナル自転車工業が介護ベッド市場に本格参入−

2000/09/28
介護者ひとりでも殆どの介護作業を可能に−ケアーライフジャパンが自動介護ベッドシステムを開発−

2000/08/25
新機構を搭載した電動介護ベッドを開発−フランスベッド、「ヒューマンケアベッドFBN-シリーズ」−

2000/05/24
電動式ホームベッドを発売−日立製作所、「元気でいて寝」−

2000/05/08
乗り降りが楽な高さに調節可能な介護用ベッドを発売−シロキ工業、「ひまわりベッド」−

2000/02/25
介護ベッド2種を発売−アイシン精機、「ベルグランド」−

1999/12/28
リラクゼーションを追求したベッド−松下精工

1999/12/24
日立製作所、電動ベッドを発売

1999/12/10
ベッドと車いすが合体−多機能介護ベッド--村田機械




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。