ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



アクティブシニアの「ケータイ」所有率は41%

−NTTドコモ「アクティブシニアにおける携帯電話調査」−

2001/08/20(Mon.)

大人の青汁
 NTTドコモは、首都圏に生活する60代の男女300人にアンケートを実施し、アクティブシニアにおける携帯電話・PHSの利用実態を調査した。

 同調査から、趣味に仕事にと活発に行動し、何かと忙しい60代にとって、携帯電話・PHSが日常生活での有効なコミュニケーションツールとして位置付けられてきていることが明らかになっている。また、シニア世代が感ずる携帯電話への要望についても調査した。

 調査方法は、調査対象が60代男女で携帯電話・PHSのユーザー、調査エリアは首都圏30キロ以内で、2001年4月20日〜5月1日におこなった。

 今回の「アクティブシニアにおける携帯電話調査」実施にあたって、首都圏在住の60代男・女984人に「携帯電話・PHS(以下ケータイ)」の所有、未所有をアンケートしたところ、403人(41%)が所有。

 男性では446人のうち211人(47%)が、女性では538人のうち192人(36%)が所有しているとの結果となり、携帯電話がシニア世代の生活のなかに浸透しはじめていることがうかがえる。

 今回の調査に協力した300人の中でも最近使い始めた人が多く、「1年前」(25%)、「半年前」(10%)からの新しいユーザーが全体の35%を占め、「2年前」(17%)まで含めると、全体の過半数(52%)に達する。

 携帯電話が生活の中で必要になった理由は、「仕事関係」上というのが45%と、この年代でもまずはビジネスユースが中心で、「仕事、プライベート両方」の25%を合わせると、70%は仕事がらみということになる。

 しかし、見方を変えると、30%は純粋に「プライベート」のみ携帯電話を必要とする人で、日常生活の中での携帯電話の利用度の高さを表すもので、特に女性では、携帯電話の必要性の過半数(51%)は「プライベート」だった。

 携帯電話で話す主な相手のトップ3は、配偶者(70%)、子供(63%)、同性の友人(49%)の順。

 男性は「妻」と話す人が79%にものぼるが、女性の場合には1位が「子供」で75%。「夫」が2位ではあるものの60%にとどまっている。

 また、仕事を持っている男性の話し相手は「仕事関係の人」(80%)がトップで、次いで「配偶者」(78%)、「同性の友人」「子供」(いずれも42%)の順になり、女性の場合には仕事を持っていてもトップは「子供」(69%)が占め、次いで「同性の友人」(60%)で、「仕事関係の人」(57%)は3番目、「配偶者」(47%)は4番目の話し相手。

 携帯電話で1日に通話する回数は、2〜3回(28%)、1回程度(20%)、1回未満(20%)、4〜5回(16%)、6〜9回(10%)がトップ5。そのほか10〜19回(4%)、20回以上(1%)という人もいた。

 そして、一番多く話す人との通話回数は、週に「3回」(16%)が最も多いものの分散しており、平均すると6.6回。ほぼ1日1回ずつ話している。また、1週間の最高回数は80回。同じく通話時間は、1回あたり3分(32%)、1分(24%)、2分(23%)といったところで、平均通話時間は3分。最高20分、最低は1分。

 携帯電話を使ってメールを利用している人は、300人中50人(17%)。男性29人(19%)、女性21人(14%)で、1日あたり平均0.3通。

 メールの相手数は平均4.4人。具体的な相手(複数回答)は、子供(62%)、同性の友人(38%)、仕事関係の人(34%)などが多くなっている。

 男性の場合には1番が「仕事関係の人」とのメール(28%)で、「子供」とのメール(21%)は2番目。女性は「子供」とのメール(52%)が1番。

 1ヵ月の電話代は、「4,000円未満」が半数近い47%を占め、「4,000〜6,000円」(28%)、「6,000〜8,000円」(15%)と続き、平均すると5,100円。

 また男女別にみると、男性の平均は「仕事関係」が多く5,700円と平均を上回り、女性の平均は4,400円。

 携帯電話の役割のベスト5は、家族とのコミュニケーション手段(51%)、緊急連絡用のお守り(46%)、仕事上の連絡手段(37%)、友人知人とのコミュニケーション手段(28%)、仕事以外の連絡手段(17%)。

 男性は「仕事上の連絡手段」(53%)として、女性の場合は「緊急連絡用のお守り」(53%)というニュアンスが強くみられる。

 また、携帯電話の役割のひとつとして、人生をエンジョイするためのツールと考えている人は全体の68%にも達していた。

 携帯電話を使って便利だと感じる時は、「いつどこにいても受けられる」(78%)、「いつどこからでもかけられる」(74%)という時間・場所を問わない基本的な特長をあげる人が多く、さらに「急な事態に素早く対応できる」(78%)、どこにいても「家族に居場所を知らせられる」(72%)などの使い勝手も携帯電話の便利さとして強く意識されている。

 携帯電話を使うようになって、「安心して外出できる」とする人が71%にも達し、携帯電話はなによりもまず、心理的な支えとしてアクティブシニアの活動をサポートしていることがわかる。特に、女性では81%が外出時の安心感を感じている。

 「効率的に動ける」ようになったは、全体の44%。特に60代前半では、過半数の52%が携帯電話を持つことによる行動の効率的な効果をあげている。また、全体の75%の人が携帯電話による、「時間の有効活用」効果を指摘している。

 携帯電話の使用マナーで気になるのは、「周囲の人に気を使わず大声でケータイで話している人」(78%)、「電車やバスの車中でケータイを使っている人」(76%)、「病院の中でケータイを使っている人」(67%)、「車を運転しながらケータイを使っている人」(66%)が、気になるマナーの上位を占めている。

 携帯電話以外に持ち歩く携帯型ツールは、「携帯ラジオ」がトップで28%。以下、携帯カセットプレーヤー(16%)、ノートパソコン(13%)、デジタルカメラ(10%)など。

 日常生活で活動していることの中味の過半数は、「趣味」(57%)と「仕事」(56%)。その結果「とても忙しい」(14%)と「まあ忙しい」(54%)を合わせると68%の人たちがふだんの暮らしの中で忙しさを感じている。

 忙しさの原因のトップは「仕事」(67%)。そして、その暮らしが「とても充実」している人は15%、「まあ充実」が74%と、89%の人が“充実”を実感していた。充実感を感じるトップは「趣味」で67%。

 ますます多機能化する携帯電話に追いつけないシニア層の反応は、通話だけの単機能化を望む意見と、メールなどの付加的機能の操作性向上を望む意見とに分かれたが、全体に「もっと簡単で使いやすくして欲しい」との意見が大半を占めていた。

 60代前半では全体の36%と「メロディ着信音」利用の割合も高く、特に60代前半の女性は40%を占めている。

 また、アクティブシニアたちが選んだ「メロディ着信音」は、クラシック、映画やTVアニメのテーマ曲、マーチ、和製ポップスなどジャンルは幅広く、中でもサザンオールスターズの「TSUNAMI」やSMAPの「夜空ノムコウ」「らいおんはーと」などに人気があり、年齢を感じさせない選曲となっている。


株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ概要
  • ホームページ:NTT DoCoMo Net
  • 所在地:東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー
  • 電話:03-5156-1111

関連記事

2008/03/27
おサイフケータイなどに対応した「らくらくホンプレミアム」を開発−NTTドコモグループ、「音声入力メール」にも対応−

2007/11/29
ワイヤレスで利用することができる骨伝導レシーバマイクを開発−NTTドコモグループ、「サウンドリーフプラス」−

2007/08/17
らくらくホンシリーズにGPSを搭載したFOMA端末を発売−NTTドコモグループ、「らくらくホンIV」−

2007/05/14
介護事業での利用を考えた据え置き型のテレビ電話機を発売−NTTドコモ、「かんたんテレビ電話機」−

2007/03/08
「FOMAらくらくホンIII」に新色「レッド」を追加−NTTドコモグループ、緊急事態を知らせる「ワンタッチアラーム」を搭載−

2006/09/29
携帯電話向け骨伝導レシーバマイクを発売NTTドコモグループ、「Sound Leaf」

2006/08/23
電話のかけやすさ、聞き取りやすさ、文字の読みやすさなどを追求した携帯電話を発売−NTTドコモグループ、「FOMAらくらくホンIII」−

2006/04/10
「ゆっくりボイス」「はっきりボイス」などの機能を搭載した携帯電話を発売−NTTドコモグループ9社、「FOMAらくらくホンII」に新色「ミント」を追加−

2005/11/07
シニア・キッズ向け携帯電話料金割引サービスを12月から提供開始−NTTドコモグループ、「ファミ割ワイド」−

2005/09/30
「2画面ユニバーサルデザイン携帯電話試作機」を開発−NTTドコモ、三菱電機と共同で−

2005/08/17
「ゆっくりボイス」機能などを搭載したの携帯電話機を発売−NTTドコモグループ、「FOMAらくらくホンII」発売と「らくらくiメニュー」提供を開始−

2005/06/02
「ハーティ割引(ふれあい割引)」契約者の手数料無料対象を拡大−NTTドコモグループ、障害者の社会参加支援事業として−

2004/03/22
東京・丸の内にユニバーサルデザイン・ショップを開設−NTTドコモ、「ドコモ・ハーティプラザ」−

2003/05/16
障害者向け携帯電話料金割引サービスを提供−NTTドコモグループ、「ハーティ割引(ふれあい割引)」−

2001/08/29
シニア層にも使いやすい携帯電話発売−NTTドコモ、ムーバF671i「らくらくホンII」−

2001/08/20
アクティブシニアの「ケータイ」所有率は41%−NTTドコモ「アクティブシニアにおける携帯電話調査」−


高齢者の生活・高齢者世帯調査関連記事

2008/08/22
熟年夫婦「夫は一緒に取り組んでいるつもりでも、妻はそう思っていないことも」明治安田生活福祉研究所、「熟年夫婦の生活に関する意識調査」結果を発表

2008/07/25
お酒を飲む頻度、シニア男性では「ほぼ毎日」が1/3以上−ネットエイジア、「シニア世代におけるお酒の嗜好と実態」−

2008/05/02
シニア女性のテレビ視聴時間は、平日4.3時間、休日5時間−ネットエイジア、「シニア世代におけるテレビ視聴に関する実態調査」−

2008/04/25
シニア層の外食する頻度・内容等を調査「ランチの外食、女性で贅沢感」−ネットエイジア、「シニア世代における外食に関する実態調査」−

2008/03/21
「高齢者も社会の支え手・担い手の側にまわるべき」に88.5%の支持−内閣府、「高齢社会対策に関する特別世論調査」−

2008/02/22
高齢者の心配ごと、約35%が「自分が病気または介護を必要」をあげる−内閣府、「世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」−

2007/12/27
中高年者世代の健康・就業・社会活動についての調査結果を公表−厚生労働省、「第2回中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)」−

2007/12/14
児童・高齢者虐待の防止策は「身近な地域で見守る仕組みを作る」がトップ−東京都、2006年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」−

2007/05/30
日本の高齢者は1兆8,000億円超の経済貢献をしていることが明らかに−HSBCグループ、21か国の40〜79才を対象にした調査「退職後の生活」を発表−

2007/04/13
児童・高齢者虐待を見聞きした場合「公的機関に連絡する」と答えた人が80%−東京都、2006年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」の結果速報−

2007/04/02
日本・アメリカ・韓国・ドイツ・フランスの高齢者を対象とした生活意識調査の結果−内閣府、「第6回高齢者の生活と意識に関する国際比較調査結果」−

2007/02/26
シニア世代のインターネット利用はレジャー関連で増える見込み−日経リサーチ、「50〜60代のインターネット利用」に関する調査結果を発表−

2007/01/24
高齢者の心配ごとや、家計、健康と福祉などに関する実態・意識を調査−内閣府、「2005年度世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」−

2006/12/27
中高年者の生活に関する継続調査の結果を公表−厚生労働省、「第1回中高年者縦断調査」−

2006/11/22
最後のボーナスの使い道、団塊男性は「旅行」・団塊女性は「貯蓄」−ハートフォード生命、団塊世代を中心にセカンドライフに関する調査結果を発表−

2006/11/15
65歳以上人口は総人口の20%超、75歳以上人口は約10%、国際的にも最高水準に−総務省、「統計からみた国内の高齢者」−

2006/09/20
2007年団塊世代退職市場攻略に向けた調査レポートを発表−電通、「退職後のリアル・ライフII」−

2006/04/28
日本人の5人に3人が「老後の生活は政府に依存せず自助努力で」−HSBCグループ、世界20カ国・地域で実施した「退職後の生活」の意識調査結果を発表−

2006/03/16
団塊世代が重点をおきたい出費は「自分の楽しみや趣味のための出費」−凸版印刷、「団塊世代・シニア世代の情報コミュニケーションに関する調査」結果を発表−

2005/11/28
80%以上が「公的年金だけでは足りない」と不安−マニュライフ生命、「セカンドライフと年金に関する調査」結果を発表−

2005/09/20
シニアが選んだ“理想のシニア”1位は「小泉純一郎」−日本通信教育連盟、「2005年度シニア世代の意識調査」結果−

2005/03/07
中小企業経営者を対象に「退職後の暮らし」などのアンケート調査結果を発表−アクサ生命、「社長さん白書SpecialEdition」−

2004/12/01
50代の人が憧れる、上手に歳を重ねている著名人は「加山雄三」と「森光子」−楽天・インフォシーク、「老後」に関するアンケート調査結果を発表−

2004/09/02
「60歳以上の家出」全体の15.3%−警察庁、「2003年中における家出の概要」−

2004/07/28
ほとんど毎日出かける高齢者は51%−内閣府、「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査結果の概要」−

2004/07/23
高齢者世帯は全世帯の15.8%、65歳以上の人のいる世帯は37.7%−厚生労働省、「2003年国民生活基礎調査の概況」−

2003/10/15
最近の高齢者層の消費・貯蓄について発表−三菱総合研究所の経済研究チーム−

2003/08/08
高齢者の一人暮らし、50%が介護状態になることへの不安を持つ−内閣府、「一人暮らし高齢者に関する意識調査」−

2003/07/11
中高年のデジカメ購買ポイントは「重さ」と「大きさ」−マミオン、中高年のデジカメの購入・利用実態調査結果−

2003/06/02
「高齢者世帯」は全世帯の15.6%、718万2千世帯−厚生労働省、「2002年国民生活基礎調査」−

2002/12/11
妻の働きに評価、熟年夫婦の通信簿−シニアコミュニケーション、熟年世代の夫婦関係に関する調査−

2002/10/24
シニア世代に人気「ルーブル美術館・夏目漱石・ビートルズ」−シニアコミュニケーション、文化の日に関するアンケート調査−

2002/10/04
高齢者が使いやすいIT機器の基礎データを研究−経済産業省、「高齢者のIT利用特性データベース構築等基盤設備整備事業に関する調査研究」−

2002/09/11
高齢者世帯は665万4千世帯で全世帯の14.6%、著しい増加傾向−厚生労働省、2001年国民生活基礎調査の概況−

2002/07/05
中高年の商品購入のきっかけは「新聞」−ヒューマンエナジー研究所、「中高年の趣味や関心」−

2002/07/01
女性の単身高齢者、2020年には361万人に−内閣府、「2001年度男女共同参画社会の形成の状況に関する年次報告」−

2002/06/11
老後の生活や介護に必要な金額などをアンケート調査−東京海上火災保険と三井住友海上火災保険が共同実施−

2002/05/31
シニア層がスーパーや駅ビルに求めるもの−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2002/05/13
シニア層のモバイルや情報通信機器に関しての研究−マックス・ヴァルト研究所、アンケートデータ集「シニアとモバイル」−

2002/05/10
人口移動率、年齢とともに低下するが75歳以上では上昇傾向に−総務省、「2000年国勢調査人口移動」−

2002/04/18
全国で「60歳からの男の基本料理教室」を開催−ベターホーム協会、同時にシニア男性の料理に対する意識調査結果も公開−

2002/03/15
シニア世代の結婚生活への意識、配偶者は「不可欠」男性60%、女性30%−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2002/03/05
10年後のシニアは「デジタル化」「グローバル化」が進展−電通、「団塊の世代の特性分析と10年後の60代シニア像予測」を発表−

2002/01/11
シニアが「特別なとき」に飲むお酒はビール−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2001/12/07
高齢者の恋愛「いいことだと思う」80%−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2001/08/31
米、伊、独、典などの社会保障情勢をレポート−厚生労働省「2000〜2001年海外情勢報告」−

2001/08/28
高齢者生活の意識を国際比較、日、米、韓など−内閣府「高齢者の生活と意識に関する国際比較調査結果」−

2001/08/24
人気のプレゼントを調査「敬老の日の贈り物」−イーコール、贈り物専門サイトNetDearがアンケート実施−

2001/08/23
シニアのクルマへの意識と生活観を調査−日本自動車工業会「2010年 シニアユーザーとクルマ」−

2001/08/20
アクティブシニアの「ケータイ」所有率は41%−NTTドコモ「アクティブシニアにおける携帯電話調査」−

2001/06/08
高齢者は健康、「高齢者の生活実態」の結果速報−2000年度東京都社会福祉基礎調査−

2001/05/22
全世帯中約7%が独居老人世帯で、そのうち約8割が女性−2000年度国民生活基礎調査の概況−

2000/05/17
2015年の50歳以上の消費支出は127.2兆円に拡大−電通が「シニアマーケット規模将来推計」を発表−

1999/12/27
厚生省が介護サービス世帯調査

1999/07/18
65歳以上の高齢者3世帯に1世帯




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。