ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



シニアのクルマへの意識と生活観を調査

−日本自動車工業会「2010年 シニアユーザーとクルマ」−

2001/08/23(Thu.)

大人の青汁
 日本自動車工業会は「2010年 シニアユーザーとクルマ」として、「2000年度乗用車市場動向調査」から、2010年頃のシニアユーザーとクルマ市場の姿をまとめた。レポートでは、「シニア=60歳以上、シニア予備軍=団塊世代を含む50歳代層」とした。

 現在の人口構成では、1945年〜50年の5年間に誕生した団塊世代が、全人口の約8%を占めている。この団塊世代が2000年〜10年にかけて60代を迎えることから、現在約3,000万人の60歳以上の人口は、2010年には3,800万人となる。

 団塊世代の加齢に伴い、2010年における60歳以上の普通免許保有者の比率は4分の1(24.5%)を占めると予測されている。男女別では、2010年における女性60歳以上の免許保有者の増加が顕著になる。

 現在の18歳以上の人口に対する普通免許保有者の割合は男性で84.0%、女性で53.7%であるが、これが2010年には男性87.3%、女性63.0%へと増加する。年齢別にみると、団塊層をさかいに保有率が大きく上昇しており、免許保有が急速に進んだことを示している。特に女性においては、団塊層をさかいに免許保有率が過半数となっており、免許保有者に占める女性の割合が着実に増加している。

 「クルマの使い方とクルマ志向」をみると、全体的な傾向では、高齢化は小さなクルマ・セダン化としている。

 使用車のタイプは、年齢層が高くなるほどワゴン・RV系の割合が低下。排気量は、若年層ほど高排気量車の保有が多く、年齢が高くなるほど1500ccクラスの割合が上昇する。

 ユーザー全体の平均購入価格(新・中古込み)は171.1万円。レジャーへの使用率は若年層ほど高い傾向。車への志向は男女差が大きく、男性が「贅沢なハイグレード」「居住性」「エンジン・走行性能」「スタイル・雰囲気」への志向が強いのに対し、女性は「小さい車」「内装・装備」への志向が強い。

 男性ユーザーは年齢が高まるほど「贅沢なハイグレード」「エンジン走行性能」「スタイル・雰囲気」志向が低下し、「小さい車」への志向が高まる。50代層では40代層の志向に近似しているのに対して、50代層と60歳以上層との志向差が大きい。

 子供が現在就学中の団塊世代が将来の生活に大きな不安を抱いているのに対し、子供が既に社会人となっている世帯や独立した世帯では、今後の生活に比較的明るいイメージを持っており、老後の生活を積極的に楽しもうとの意向が強い。なお今後、団塊世代での子供の独立が進展するに伴い、活発なシニア層が増加すると考えられる。

 趣味、レジャー、交際社交、家族、健康、仕事・社会参加、車保有など、将来の生活を構成する要素の中では、層を問わず、車保有のプライオリティが高く、車があることを前提とした生活がイメージされており、シニア予備軍に比べシニア層でより車保有へのこだわりが強い。

 将来への不安としては、「寝たきりになる」「物が見えにくくなる」「集中力がなくなる」など肉体的、精神的な衰えに関するものが上位を占めている。そして、年齢が高い層ほど不安に感じる傾向が強いが、層間の差はそれぼど大きいものではない。

 車の運転への不安も肉体的・精神的衰えを背景に強く感じられているが、シニア層よりは予備軍の方が不安に感じる度合いが強い。

 将来の望ましい生活イメージに関する分析では、各層共通して「自分で自由に使える車があること」、あるいは「自分のものでなくとも世帯に車があること」の効用値が他の属性水準に比べて高く、将来の生活を考える上で車を保有していることが必須の要件となっている。

 層別に効用値の傾向をみると、シニア予備軍に比べシニア層の方が「自分で自由に使える車」があることへのこだわりが強く、また「夫婦水いらずの時間」を重視した生活を望む傾向が強い。

 シニア層を現役、リタイア別に比較すると、現役層では「仕事や社会活動に積極的に参加」「子供や孫と過ごす時間を重視」「日常的にスポーツを楽しむ」など活動的な生活をイメージしているのに対し、リタイア層では、レジャーは「たまに楽しむ」「小人数の友人・知人と楽しむ」「仕事や社会活動から解放されたい」など相対的に静かで落ち着いた生活への志向が強くなっている。

 シニア予備軍においても、車保有をベースとした趣味・レジャーの楽しみ、健康への志向といった生活イメージに大差はないが、子供が社会人となっている層では趣味・レジャーを積極的に楽しもうとの意向が相対的に強く、また、「欲しいものは我慢しない」など購買態度の変化がみられ、子供の独立(就職等)を契機に、その後の生活をより積極的に楽しもうとの意向が強まる傾向がうかがえる。

 シニア層とその予備軍の将来の生活における車は、層を問わず日常の足であると同時に、趣味・レジャーの足としての期待が強い。

 車保有最大のメリットは「自分だけの時間・空間を持つことができる」こと、「自分の車があるという満足感」など、移動のための道具ではなく、生活のゆとり感や満足感・安心感など精神的なものであり、特にシニア層では「自分の車がある満足感」をメリットと感じる傾向が強い。

 最後に乗りたい車としては、男性シニア予備軍では、ゆったり感・ゆとり感のある運転しやすい車と同時に、スポーツセダン、冒険旅行、オフロード車など、楽しみのためや、自分らしさが発揮できる車、ステイタス性などへの志向がみられる。

 いっぽう、男性シニアでは、最後の車に対しては、予備軍と同様、ゆったり感・ゆとり感への志向がみられるが、ステイタス性よりは「運転しやすいこと」「乗って疲れないこと」へのこだわりが背景となっており、取り回しのしやすさを含め「ドライバーに優しい車」への志向がベースとなっている。

 年齢層別には、60代層では50代層と同様のレジャー志向や自分らしさの表現への志向がみられ、70代層との志向差が大きい。

 シニア層及びその予備軍が将来の車選択における機能・性能に対する優先度・プライオリティを効用値分析からみると、「排気量2000cc」「前後席に大人4人が快適に乗れる」「普通の車高で標準的な運転姿勢で運転できる」「最新モデル」「通勤・通学などの日常用途に適した車」などへのこだわりが強い。


高齢者の生活・高齢者世帯調査関連記事

2008/08/22
熟年夫婦「夫は一緒に取り組んでいるつもりでも、妻はそう思っていないことも」明治安田生活福祉研究所、「熟年夫婦の生活に関する意識調査」結果を発表

2008/07/25
お酒を飲む頻度、シニア男性では「ほぼ毎日」が1/3以上−ネットエイジア、「シニア世代におけるお酒の嗜好と実態」−

2008/05/02
シニア女性のテレビ視聴時間は、平日4.3時間、休日5時間−ネットエイジア、「シニア世代におけるテレビ視聴に関する実態調査」−

2008/04/25
シニア層の外食する頻度・内容等を調査「ランチの外食、女性で贅沢感」−ネットエイジア、「シニア世代における外食に関する実態調査」−

2008/03/21
「高齢者も社会の支え手・担い手の側にまわるべき」に88.5%の支持−内閣府、「高齢社会対策に関する特別世論調査」−

2008/02/22
高齢者の心配ごと、約35%が「自分が病気または介護を必要」をあげる−内閣府、「世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」−

2007/12/27
中高年者世代の健康・就業・社会活動についての調査結果を公表−厚生労働省、「第2回中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)」−

2007/12/14
児童・高齢者虐待の防止策は「身近な地域で見守る仕組みを作る」がトップ−東京都、2006年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」−

2007/05/30
日本の高齢者は1兆8,000億円超の経済貢献をしていることが明らかに−HSBCグループ、21か国の40〜79才を対象にした調査「退職後の生活」を発表−

2007/04/13
児童・高齢者虐待を見聞きした場合「公的機関に連絡する」と答えた人が80%−東京都、2006年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」の結果速報−

2007/04/02
日本・アメリカ・韓国・ドイツ・フランスの高齢者を対象とした生活意識調査の結果−内閣府、「第6回高齢者の生活と意識に関する国際比較調査結果」−

2007/02/26
シニア世代のインターネット利用はレジャー関連で増える見込み−日経リサーチ、「50〜60代のインターネット利用」に関する調査結果を発表−

2007/01/24
高齢者の心配ごとや、家計、健康と福祉などに関する実態・意識を調査−内閣府、「2005年度世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」−

2006/12/27
中高年者の生活に関する継続調査の結果を公表−厚生労働省、「第1回中高年者縦断調査」−

2006/11/22
最後のボーナスの使い道、団塊男性は「旅行」・団塊女性は「貯蓄」−ハートフォード生命、団塊世代を中心にセカンドライフに関する調査結果を発表−

2006/11/15
65歳以上人口は総人口の20%超、75歳以上人口は約10%、国際的にも最高水準に−総務省、「統計からみた国内の高齢者」−

2006/09/20
2007年団塊世代退職市場攻略に向けた調査レポートを発表−電通、「退職後のリアル・ライフII」−

2006/04/28
日本人の5人に3人が「老後の生活は政府に依存せず自助努力で」−HSBCグループ、世界20カ国・地域で実施した「退職後の生活」の意識調査結果を発表−

2006/03/16
団塊世代が重点をおきたい出費は「自分の楽しみや趣味のための出費」−凸版印刷、「団塊世代・シニア世代の情報コミュニケーションに関する調査」結果を発表−

2005/11/28
80%以上が「公的年金だけでは足りない」と不安−マニュライフ生命、「セカンドライフと年金に関する調査」結果を発表−

2005/09/20
シニアが選んだ“理想のシニア”1位は「小泉純一郎」−日本通信教育連盟、「2005年度シニア世代の意識調査」結果−

2005/03/07
中小企業経営者を対象に「退職後の暮らし」などのアンケート調査結果を発表−アクサ生命、「社長さん白書SpecialEdition」−

2004/12/01
50代の人が憧れる、上手に歳を重ねている著名人は「加山雄三」と「森光子」−楽天・インフォシーク、「老後」に関するアンケート調査結果を発表−

2004/09/02
「60歳以上の家出」全体の15.3%−警察庁、「2003年中における家出の概要」−

2004/07/28
ほとんど毎日出かける高齢者は51%−内閣府、「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査結果の概要」−

2004/07/23
高齢者世帯は全世帯の15.8%、65歳以上の人のいる世帯は37.7%−厚生労働省、「2003年国民生活基礎調査の概況」−

2003/10/15
最近の高齢者層の消費・貯蓄について発表−三菱総合研究所の経済研究チーム−

2003/08/08
高齢者の一人暮らし、50%が介護状態になることへの不安を持つ−内閣府、「一人暮らし高齢者に関する意識調査」−

2003/07/11
中高年のデジカメ購買ポイントは「重さ」と「大きさ」−マミオン、中高年のデジカメの購入・利用実態調査結果−

2003/06/02
「高齢者世帯」は全世帯の15.6%、718万2千世帯−厚生労働省、「2002年国民生活基礎調査」−

2002/12/11
妻の働きに評価、熟年夫婦の通信簿−シニアコミュニケーション、熟年世代の夫婦関係に関する調査−

2002/10/24
シニア世代に人気「ルーブル美術館・夏目漱石・ビートルズ」−シニアコミュニケーション、文化の日に関するアンケート調査−

2002/10/04
高齢者が使いやすいIT機器の基礎データを研究−経済産業省、「高齢者のIT利用特性データベース構築等基盤設備整備事業に関する調査研究」−

2002/09/11
高齢者世帯は665万4千世帯で全世帯の14.6%、著しい増加傾向−厚生労働省、2001年国民生活基礎調査の概況−

2002/07/05
中高年の商品購入のきっかけは「新聞」−ヒューマンエナジー研究所、「中高年の趣味や関心」−

2002/07/01
女性の単身高齢者、2020年には361万人に−内閣府、「2001年度男女共同参画社会の形成の状況に関する年次報告」−

2002/06/11
老後の生活や介護に必要な金額などをアンケート調査−東京海上火災保険と三井住友海上火災保険が共同実施−

2002/05/31
シニア層がスーパーや駅ビルに求めるもの−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2002/05/13
シニア層のモバイルや情報通信機器に関しての研究−マックス・ヴァルト研究所、アンケートデータ集「シニアとモバイル」−

2002/05/10
人口移動率、年齢とともに低下するが75歳以上では上昇傾向に−総務省、「2000年国勢調査人口移動」−

2002/04/18
全国で「60歳からの男の基本料理教室」を開催−ベターホーム協会、同時にシニア男性の料理に対する意識調査結果も公開−

2002/03/15
シニア世代の結婚生活への意識、配偶者は「不可欠」男性60%、女性30%−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2002/03/05
10年後のシニアは「デジタル化」「グローバル化」が進展−電通、「団塊の世代の特性分析と10年後の60代シニア像予測」を発表−

2002/01/11
シニアが「特別なとき」に飲むお酒はビール−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2001/12/07
高齢者の恋愛「いいことだと思う」80%−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2001/08/31
米、伊、独、典などの社会保障情勢をレポート−厚生労働省「2000〜2001年海外情勢報告」−

2001/08/28
高齢者生活の意識を国際比較、日、米、韓など−内閣府「高齢者の生活と意識に関する国際比較調査結果」−

2001/08/24
人気のプレゼントを調査「敬老の日の贈り物」−イーコール、贈り物専門サイトNetDearがアンケート実施−

2001/08/23
シニアのクルマへの意識と生活観を調査−日本自動車工業会「2010年 シニアユーザーとクルマ」−

2001/08/20
アクティブシニアの「ケータイ」所有率は41%−NTTドコモ「アクティブシニアにおける携帯電話調査」−

2001/06/08
高齢者は健康、「高齢者の生活実態」の結果速報−2000年度東京都社会福祉基礎調査−

2001/05/22
全世帯中約7%が独居老人世帯で、そのうち約8割が女性−2000年度国民生活基礎調査の概況−

2000/05/17
2015年の50歳以上の消費支出は127.2兆円に拡大−電通が「シニアマーケット規模将来推計」を発表−

1999/12/27
厚生省が介護サービス世帯調査

1999/07/18
65歳以上の高齢者3世帯に1世帯




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。