ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



高齢者の人口2272万人、高い労働力人口比率、家計資産額6562万円

−総務省の発表「敬老の日」にちなんで−

2001/09/17(Mon.)

大人の青汁
 総務省は、「敬老の日」にちなんで、統計からみた高齢者の姿について取りまとめた。

 まとめによると、65歳以上人口は2272万人、人口、割合とも過去最高で、毎年0.5ポイント程度の割合で増加が続いている。欧米諸国と比較しても急速な人口の高齢化が進んでいることが明らかとなった。

 高齢者の就業状況では、高齢者の労働力人口比率が欧米諸国よりも高く、男性高齢者の労働力人口は70歳未満で2人に1人、70歳以上で4人に1人であることが明らかとなった。

 高齢者の暮らしをみると、高齢者のいる世帯では核家族世帯と1人暮らしの世帯の割合が拡大し、65歳以上の女性の5.6人に1人は1人暮らしだった。また、高齢無職世帯の収入の89%は社会保障給付で、高齢単身無職世帯の収入の不足分は12%だった。

 世帯主が60歳以上の2人以上の世帯では家計資産額は6562万円。また、世帯主が60歳以上の世帯の家計資産額は、地価の下落などにより5年間で22%減少し、そのうち63%が平均資産額以下となった。

 まとめの詳細をみると、2001年9月15日現在の65歳以上人口(推計)は2272万人で、総人口の17.9%を占めている。1年前の2000年9月15日と比べ、人口は82万人増加、割合は0.6ポイント上昇し、人口、割合ともに過去最高となった。また、75歳以上人口は945万人で、総人口に占める割合は7.4%となっている。

 65歳以上人口を男女別にみると、男性は951万人(男性の総人口の15.3%)、女性は1321万人(女性の総人口の20.3%)で、女性が男性より370万人多くなっている。なお、女性の65歳以上人口の割合は初めて20%を上回った。

 総人口に占める65歳以上人口の割合の推移をみると、第1回国勢調査が行われた1920年以降、1950年頃までは5%程度で推移していたが、その後は年を追って上昇し、1985年には総人口の10.3%と10%を超えて、総人口の10人に1人を占めるようになった。この割合は近年では毎年0.5ポイント程度上昇しており、2001年には17.9%となり、総人口の5.6人に1人の割合となっている。

 国立社会保障・人口問題研究所の推計(1997年1月推計)によると、65歳以上人口は今後も増加傾向が続き、2015年には3188万人(総人口に占める割合25.2%)となり、4人に1人が65歳以上になると見込まれている。

 15〜64歳人口に対する65歳以上人口の比率をみると、1950年の8.3から、1970年は10.3、1990年は17.3、1995年は20.9と次第に上昇し、2001年は前年を1.1ポイント上回って26.4となっている。

 諸外国の総人口に占める65歳以上人口の割合をみると、調査年次に相違はあるものの、イタリアが17.7%、スウェーデンが17.3%、ドイツが16.2%、フランスが15.8%、イギリスが15.6%などとなっており、我が国の65歳以上人口の割合(17.9%)は、主要国の中でも高い水準となっている。

 65歳以上人口の割合が7%から倍の14%に達した所要年数(倍化年数)をみると、スウェーデンでは85年、イギリスでは47年、フランスでは115年を要しているのに対し、日本の場合、1970年の7.1%から1994年には14.1%となり、所要年数はわずか24年となっている。国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、日本の65歳以上人口の割合は、今後も上昇を続け、国際的に見ても極めて急速な一層の高齢化が予測されている。

 2000年の65歳以上の高齢者の労働力人口(就業者と完全失業者の合計)は493万人、労働力人口比率は22.6%となっている。これを男女別にみると、男性が34.1%、女性が14.4%となっており、前年に比べ男性は1.4ポイント低下、女性は0.5ポイント低下し、男女計で0.8ポイント低下した。また、高齢者の労働力人口比率は欧米諸国に比べ高い水準にある。

 男性の65歳以上の労働力人口比率は、1993年以降緩やかな低下傾向にあるものの、2000年をみると、65〜69歳は51.1%、70歳以上は24.3%と、65〜69歳のほぼ2人に1人、70歳以上のほぼ4人に1人が労働力人口となっている。女性の65歳以上の労働力人口比率は、1993年以降緩やかに低下し、2000年には14.4%と、2年連続で15%を下回った。65歳以上のうち65〜69歳は25.4%、70歳以上は9.8%となっている。

 2000年における一般世帯数(4638万世帯)のうち、65歳以上の親族(高齢親族)のいる一般世帯数は1526万世帯で、1995年に比べて248万世帯(19.4%)増となっている。高齢親族のいる一般世帯の増加率は、高齢化の進行を反映して、一般世帯の増加率を大きく上回っており、一般世帯に占める割合も、1990年の26.4%から1995年には29.1%、2000年には32.9%と拡大し、一般世帯のほぼ3分の1に達している。

 高齢親族のいる一般世帯数を家族類型別にみると、核家族世帯が691万世帯(高齢親族のいる一般世帯数の45.3%)と最も多く、次いで65歳以上の者が子供夫婦や孫などと同居している「その他の親族世帯」が530万世帯(同34.7%)、単独世帯(1人暮らし)が303万世帯(同19.8%)となっている。なお、核家族世帯のうちでは、夫婦のみの世帯が403万世帯(同26.4%)と最も多くなっている。

 1990年以降について高齢親族のいる一般世帯の家族類型別割合の推移をみると、核家族世帯の割合は1990年の35.4%から1995年に40.4%、2000年には45.3%と急速に拡大しており、高齢親族のいる世帯では、核家族化が進行する一方、「その他の親族世帯」の割合は1990年の49.4%から1995年には42.3%、2000年には34.7%と急速に縮小している。また、単独世帯の割合も、1990年の15.1%から1995年には17.2%、2000年には19.8%と拡大している。

 高齢親族のいる核家族世帯のうち夫婦のみの世帯は403万世帯で、高齢親族のいる核家族世帯のほぼ6割は夫婦のみの世帯となっている。また、夫婦のみの世帯は、高齢親族のいる一般世帯数の26.4%となっており、1995年と比べ、2.6ポイント拡大している。この結果、高齢者のみで住んでいると見られる夫婦のみの世帯と単独世帯との合計が高齢親族のいる一般世帯の46.3%と半数近くになった。

 2000年における65歳以上の単独世帯(高齢単身世帯)は303万世帯で、1995年に比べて37.5%の増加となっている。また、高齢単身者が65歳以上人口に占める割合は13.6%と1995年(12.1%)に比べて拡大している。高齢単身者数を男女別にみると、男性が71万人、女性が232万人で、女性が男性の約3倍になっている。また、65歳以上人口に占める割合は、男性が7.6%、女性が17.8%となっており、65歳以上の女性の5.6人に1人は単独世帯となっている。これを年齢階級別に1995年と比べると、男女ともすべての年齢階級で割合が高くなっている。

 2人以上の世帯について、世帯主が65歳以上で無職の世帯(世帯主が65歳以上の世帯全体の64.3%,平均世帯人員2.35人、世帯主の平均年齢72.3歳)の2000年の実収入をみると、1世帯当たり1か月平均245,470円となっている。内訳をみると、公的年金などの社会保障給付(217,358円)が実収入の88.5%を占めている。消費支出は、243,168円で、可処分所得(222,943円)を20,225円上回っており、不足分は貯蓄の取り崩しなどで賄っている。

 単身世帯について、65歳以上で無職の世帯(65歳以上の単身世帯全体の85.2%,平均年齢74.1歳)の2000年の実収入をみると、1世帯当たり1か月平均一31,202円となっている。内訳をみると、公的年金などの社会保障給付(117,003円)が実収入の89.2%を占めている。消費支出は、140,825円で、可処分所得(122,388円)を18,437円上回っており、不足分は,実支出の12.3%を占めている。

 2人以上の世帯について、世帯主が60歳以上の世帯の1世帯当たり家計資産額(純資産額)をみると、1999年11月末日現在で6562万円となっている。これを資産の種類別にみると、宅地資産が3802万円(資産総額に占める割合57.9%)で最も多く、次いで貯蓄現在高から負債現在高を引いた金融資産が1966万円(同30.0%)、住宅資産が615万円(同9.4%)、耐久消費財資産(ゴルフ会員権等を含む。)が179万円(同2.7%)の順となっている。なお、住宅・宅地資産のうち、賃貸用やセカンドハウスなどの現住居以外の資産は957万円となっている。

 また、世帯主が60歳未満の世帯の家計資産額と比較すると、資産総額では60歳未満の世帯(3482万円)の1.9倍となっている。これを資産の種類別にみると、金融資産が60歳未満の世帯の4.4倍、宅地資産が1.7倍と多くなっているのに対し、住宅資産や耐久消費財資産は60歳未満の世帯よりも少なくなっている。

 2人以上の世帯について、世帯主が60歳以上の世帯の1999年11月末日現在における家計資産額を1994年と比較すると22.3%の減少となった。これを資産の種類別にみると、金融資産は7.2%増加したものの、宅地資産が33.1%の減少、耐久消費財資産が20.9%の減少、住宅資産が12.9%の減少となっている。

 2人以上の世帯について、世帯主が60歳以上の世帯の1999年11月末日現在における家計資産額階級別世帯分布をみると、63.0%の世帯が平均資産額を下回っている。また、世帯が最も多い家計資産額階級は「2000万円以上3000万円未満」で全体の12.3%を占めている。


少子高齢化問題関連記事

2008/08/08
男女の平均寿命、過去最高を更新し79.19歳と85.99歳に−厚生労働省、2007年簡易生命表−

2008/08/01
前期高齢者人口は2016年の1,744万人がピークに−内閣府、2008年版高齢社会白書−

2008/01/07
2007年の出生数は2006年の109万2674人より3000人減となる見通しに−厚生労働省、「2007年人口動態統計の年間推計」−

2007/12/18
東京都の2006年出生数が101,674人で1995年以降最多に−東京都、「2006年東京都人口動態統計年報(確定数)」−

2007/07/27
男女の平均寿命、前年を上回る−厚生労働省、「2006年簡易生命表」−

2007/06/08
2006年の出生数、前年の106万2530人より3万132人増加−厚生労働省、「2006年人口動態統計月報年計(概数)」を公表−

2007/03/28
少子化対策に向けた子供の生活状況調査結果を発表−厚生労働省、第5回21世紀出生児縦断調査結果の概況−

2007/03/23
保育所の利用や企業における子育て支援制度について調査を実施−内閣府、ホームページの意見募集に寄せられた意見の結果−

2007/02/22
2006年の出生数が前年比で2万3000人増加−厚生労働省、「2006年人口動態統計の年間推計」を公表−

2007/02/09
少子高齢化関連、出産・不妊治療についての意見募集結果を公表−内閣府、「出産育児一時金など、出産時の経済的負担について」「不妊治療について」−

2007/01/09
東京都の出生統計、35〜44歳の母の出産数増加で晩産化傾向−東京都、「2005年東京都人口動態統計年報」−

2006/10/13
女性有業率と合計特殊出生率から見た少子化構造を明らかに−内閣府、「少子化と男女共同参画に関する社会環境の国内分析報告書」−

2006/10/03
少子化が進む原因は「経済的な余裕が無い」「教育費・養育費が高い」−インターワイヤードのDIMSDRIVE、「少子化」に関する調査結果を発表−

2006/07/26
「未婚者の結婚を促進する施策を国が実施すべきである」日本と韓国のみが賛成−内閣府、「少子化社会に関する国際意識調査」−

2006/07/19
65歳以上人口は3.7%上昇し、総人口比21.0%に−総務省、「2005年国勢調査抽出速報集計結果の概要」−

2006/06/16
2005年の出生数は前年比4万8千人減少−厚生労働省、2005年「人口動態統計月報年計(概数)の概況」−

2006/04/07
「成年後見人になってみたい」約40%−東京都、インターネット福祉改革モニター「第6回アンケート結果」−

2006/01/10
2005年の出生数は106万7000人、前年比4万4000人減−厚生労働省、「2005年人口動態統計の年間推計」−

2005/10/12
2004年の出生数、前年比で1万2889人減少−厚生労働省、2004年人口動態統計(確定数)の概況−

2005/08/22
日本人の平均寿命、男は78.64年、女は85.59年−厚生労働省、「2004年簡易生命表」−

2005/02/28
「幼保一元化」待機児童数削減対策としては46%の人が効果を期待−野村総合研究所、「少子化対策と幼保一元化」に関するアンケート調査結果を発表−

2005/01/05
2004年の人口動態「出生減、死亡増、婚姻減」−厚生労働省、「2004年人口動態統計の年間推計」−

2004/12/10
1990年以来13年ぶりに離婚件数が減少−厚生労働省、2003年人口動態統計(確定数)の概況を公表−

2004/11/22
少子化に関する意識について物質面や価値観、精神的な満足感などを分析−厚生労働省、「少子化に関する意識調査研究」−

2004/06/14
出生数112万4千人で対前年3万人減少、死亡数101万5千人で戦後2度目の100万人超−厚生労働省、「2003年人口動態統計月報年計(概数)」−

2003/11/12
出生数、死亡数など、少子高齢化傾向明らかに−厚生労働省、「2002年人口動態統計の概況」−

2003/10/31
2025年の65歳以上世帯数は全体の3世帯に1世帯に−国立社会保障・人口問題研究所、「日本の世帯数の将来推計」−

2003/10/09
「超高齢社会に関心がある」85.6%、「介護保険制度を知っている」56.1%−内閣府、「高齢者介護に関する世論調査」−

2003/07/14
平均寿命、男性は78.32歳、女性は85.23歳−厚生労働省、「2002年簡易生命表」−

2003/04/11
外国人を含む日本における人口動態統計を公表−厚生労働省、「人口動態統計特殊報告」−

2003/01/17
未(ひつじ)年生まれは1001万人、うち72歳になる年男、年女は129万人−総務省、2003年1月1日現在の推計より−

2003/01/06
2002年の人口動態年間推計、出生率低く死亡率は増加傾向−厚生労働省、「2002年人口動態統計の年間推計」−

2002/12/19
都道府県別平均寿命、男は長野県が78.90年、女は沖縄県が86.01年が一位−厚生労働省、2000年都道府県別生命表の概況−

2002/09/04
平均寿命、男性78.07・女性84.93、前年比0.3年の伸び−厚生労働省、「2001年簡易生命表」−

2002/06/14
2001年人口動態統計月報年計(概数)の概況−厚生労働省、出生・自然増加・死産数は減少、死亡数は増加−

2002/03/22
少子化問題に取り組むため、若い世代で構成する懇談会を設置−厚生労働省、第1回「少子化社会を考える懇談会」を開催−

2002/02/19
寿命中位数、女性の20人に1人は100歳まで生存「第19回生命表」−厚生労働省、過去最高となった平均寿命、男性77.7歳、女性84.6歳−

2002/02/01
日本の人口、あと4年で増加はピークに、2050年には1億60万人まで減少−国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」−

2001/11/07
高齢夫婦世帯は5年で32.5%増加、高齢女性の5.6人に1人は単身者−総務省、2000年国勢調査第1次基本集計結果−

2001/10/12
100歳以上の長寿者のライフスタイルとは−健康・体力づくり事業財団、百寿者調査の結果−

2001/09/17
高齢者の人口2272万人、高い労働力人口比率、家計資産額6562万円−総務省の発表「敬老の日」にちなんで−

2001/08/03
平均寿命、女性は84.62歳、男性は77.64歳−厚生労働省、2000年簡易生命表−

2001/07/02
65歳以上人口と15歳未満人口が初めて逆転−総務省、国勢調査の抽出速報−

2001/05/11
少子化による若年層労働力減少に対応する人材育成戦略−日本経営者団体連盟−

2001/05/07
「こどもの日・こどもの数」27年連続の低下−総務省15歳未満人口推計−

2001/04/04
日本の社会保障システムには長期戦略が必要−国際通貨基金のレポート−

2000/12/08
自宅介護への意識を調査−総理府の「男女共同参画社会に関する世論調査」−

2000/11/20
「少子高齢化の進展と今後のわが国経済社会の展望」を発表−大蔵省の財務総合政策研究所のリポート−

2000/09/20
統計からみた高齢者の姿−総務庁統計局が発表−

2000/08/25
日本人の平均寿命、80.55歳で前年より下回る−厚生省、1999年簡易生命表−

2000/06/19
日本人の平均寿命、2050年には90歳超−米民間人口研究所のマウンテンビュー・リサーチ社−

2000/06/01
2000年版「高齢社会白書」−総務庁長官が閣議で報告−

2000/04/10
2人に1人は高齢者の町−山口県大島郡東和町で高齢化率50%突破−

2000/03/21
高齢者世帯の割合、2020年に30%超−厚生省の国立社会保障・人口問題研究所の推計−

1999/09/18
全国の100歳以上の高齢者−過去最高の1万1000人突破

1999/09/15
65歳以上、6人に1人--総務庁調査より

1999/03/25
65歳以上2000万人超す




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。