ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



社会福祉士資格を取得した人の70%以上が社会福祉関係に勤務

−日本社会福祉士会「社会福祉士現況調査」−

2001/10/05(Fri.)

大人の青汁
 日本社会福祉士会では、社会福祉士資格を取得した人のその後の活躍を調査する「社会福祉士現況調査」を実施した。

 調査は、社会福祉振興・試験センターの助成を受けて実施したもので、日本社会福祉士会が実施したものとしては3回目となる。調査は、第11回までの国家試験合格登録者全員約2万人を対象とした。郵送による調査をおこなったところ回答者数は42.1%にあたる7,831人だった。

 調査項目は、「あなたご自身について」が12問、「研修等について」が5問、「社会福祉士について」が10問、「日本社会福祉士会について」が4問の4事項31問とした。また、自由記述項も設けた。

 調査結果の概要では、「あなた自身について」をみると、性別、年齢、現住所、学歴、職歴等の基本的な属性の他、社会福祉士以外の資格・免許について質問したところ、女性が全体の約3分の2を占めており、そのほとんどが4年制の大学において社会福祉を専攻した人で、比較的若い世代が多くなっている。勤務状況では、70%を超える者が社会福祉関係に所属している。

 「研修等について」をみると、前回調査は生涯研修に関する設問が主であったが、前回との整合性を考慮しつつ、研修参加回数、研修内容、学習形態の他、希望研修テーマや研修情報入手ルート等について質問したところ、4分の1に近い者が最近1年間に1度も研修を受けていない実態が明らかになった。

 なお、女性は出産や育児、就労のための配慮が不十分なため受けたくても受けられないことが想定されることから、今後この対策が重要となると思われる。受講した研修内容と、これから受けたい研修内容は、権利擁護やケアマネジメントが最も多かった。

 研修情報の収集については、職場や所属団体から得ている数値が高く、団体等に所属することで情報が入手し易くなることに繋がっている。また、日本社会福祉士会の生涯研修については分かりにくいという声があったほか、通信教育の希望がみられた。

 「社会福祉士について」をみると、社会福祉士合格時期、資格取得の動機の他、資格取得後の勤務の変化など、特に、今後、社会福祉士にとって最も密接な関係が形成されている介護保険制度、成年後見制度、地域福祉権利擁護事業との関わり等について質問したところ、社会福祉士の資格取得の動機は、「福祉専門職の基礎資格として」が80%を占めている。

 社会福祉士の資格取得が「採用の条件に入っている」とした者は20%未満と低かった。また、社会福祉士の資格取得で「資格手当がついた」などの収入の増加につながった者も20%未満とごくわずかであった。

 「社会福祉士として専門性を生かした業務(活動)内容となっているか」については、「どちらとも言えない」が約40%を占め、「専門性が生かされている」は約3分の1にとどまった。

 「主な業務以外に、社会福祉士としてどのような活動に積極的に参加しているか」については、半数近い者が各種の講師、ボランティア、専門職能団体、各種相談員等に積極的に活動しており、さらなる活動の広がりが期待される。

 「日本社会福祉士会について」をみると、日本社会福祉士会に加入しない理由や、日本社会福祉士会が、社会福祉士の専門性を高めたり、活動を活発化させるために取り組む必要があると思われること等について質問したところ、日本社会福祉士会への加入状況については、年齢層が高くなるほど入会率が高くなっており、40歳代以上では加入率が4分の3を超えている。逆に20歳代の入会率が低く、その組織化が緊急の課題であることが分かった。

 また、未加入の理由としては、会費の負担が大きいことが最も高い理由として挙げられており、今後この対応が必要とされる。

 社会福祉士の専門性を高めるために、社会福祉士会が重点的に取り組む課題としては、専門情報の提供と社会福祉士の地位向上及び生涯研修制度への取り組みが多かった。

 また、社会福祉士会活動の活発化のため重点的に取り組む課題としては、関係専門職団体との連携とする者が約半数を占めている。次いで、職域の拡大、待遇改善、権利擁護活動の推進、政策提言が多かった。

 「自由記述」をみると、社会福祉士及び日本社会福祉士会並びに社会福祉振興・試験センターに関連して、希望や気付いたきのことなど、自由記述してもらったところ、回答者の4分の1以上が何らかの記述をしており、予想以上に多くの人から意見が寄せられたが、その中でも長文の記述者が目立った。

 なお、文面の長短で記述内容に大きな差は見られなかったことから、短文の記述のみに限って分析をした。回答は、「社会福祉士の身分に関する意見」「国家試験制度に関する意見」「研修制度に関する意見」など大きく6つの意見に集約されている。

 内容としては、社会福祉士の資質向上、組織的活動の活性化等積極的な提言が多く見られた。このことは、同調査に対する関心の高さと調査結果への期待の表れといえる。


社団法人日本社会福祉士会概要
関連記事

2004/01/26
全国5カ所で「社会福祉実習担当者養成セミナー」を開催−日本社会福祉士会と日本社会福祉士養成校協会−

2003/11/26
ハンセン病元患者の宿泊拒否に関する抗議声明を発信−社会福祉専門職団体協議会「ハンセン病元患者の宿泊拒否について」−

2003/07/31
社会福祉士に共通して必要な知識や技術を学ぶ研修を全国8会場で開催−日本社会福祉士会、「2003年度社会福祉士全国統一研修」−

2001/10/05
社会福祉士資格を取得した人の70%以上が社会福祉関係に勤務−日本社会福祉士会「社会福祉士現況調査」−

2001/07/12
社会福祉士の80%が「基礎資格」と認識−日本社会福祉士会、現況調査−


雇用・就職関連記事

2008/08/27
楽天子会社が「特例子会社」認可を取得−楽天、昨年12月に設立した楽天ソシオビジネスが取得−

2008/07/03
障がい者の雇用を促進するための新会社を設立−東京電力、東電ハミングワーク株式会社を設立−

2008/03/31
在日フィリピン人介護士育成・紹介・派遣事業を東海地区で本格稼動−アイ・ピー・エス、関東地区の実績を活かし展開−

2008/02/28
障がい者雇用促進で7月目処に新会社を設立−東京電力、障がい者雇用20名程度、2013年度には85名を目指す−

2008/01/25
2006年に就業中の障害者は82万6千人−厚生労働省、「身体障害者、知的障害者と精神障害者就業実態調査」−

2008/01/21
「シニア世代仕事選びの基準」に関する調査結果を発表−インテリジェンス、シゴト情報「an」調べ−

2007/12/12
就労継続支援A型(雇用型)の活用をサポートするサービスを開始−CSRコミュニケーションズ、企業とNPO(社会福祉)法人との提携仲介サービス−

2007/11/15
障害者の在宅就労向け多地点音声コミュニケーションシステムを開発−OKI子会社、「ワークウェルコミュニケータ」−

2007/10/26
高年齢者雇用確保措置は着実に進展、今後は70歳まで働ける時代へ−厚生労働省、「高年齢者雇用確保措置の実施状況」−

2007/05/31
障害者雇用の拡大を目的とした新工場を建設−ホンダ、子会社のホンダ太陽が日出工場敷地内に−

2007/05/18
中高年労働者の労働力に関する調査結果を発表−マンパワー・ジャパン、「マンパワー雇用予測調査」−

2007/05/07
「アスリートプロジェクト」で障害者の就労を支援、在宅ワークシステムも同時スタート−テンプスタッフフロンティアと日本パラリンピック支援機構、ウェブソーシングが連携−

2007/04/25
入会申込書のデータ入力業務委託で障害者の在宅就業を支援−三井住友カードとジェイス、在宅就業支援団体e-ワークスネットと協力−

2007/02/21
障害者雇用支援分野で提携−ひろしまジンザイサポートとアドバンテッジリスクマネジメント、中国地方の障害者の就労機会を拡大−

2007/02/01
育児や介護などのライフイベントに対応しやすい人事制度を導入−サイボウズ、ワーク・ライフ・バランス支援制度を改定−

2007/01/18
65歳まで働ける新人事制度を導入、契約社員雇用年齢も拡大−イオン、全従業員約12万人を対象に−

2006/06/27
育児・介護施策の見直しと仕事と家庭の両立支援策などを実施−丸紅、ワーク・ライフバランスの推進−

2006/06/22
障がい者就労支援プロジェクトを開始−アニミ、「LABORI(ラボリ)」−

2006/05/18
障害者の就職件数が大幅に伸長−厚生労働省、2005年度における障害者の職業紹介状況−

2006/04/21
定年を65歳に延長、定年制廃止に向け雇用制度の充実に着手−アスクル、契約社員制から就業形態選択権付正社員制採用へ−

2006/04/12
雇用確保措置導入見込み企業は300人以上規模で98%−厚生労働省、「改正高齢法の施行に向けた企業の取組状況」−

2006/04/11
セカンドライフに必要なのは、「健康」と「生きがい」と「家族・仲間」−パソナ、“セカンドライフ“と“セカンドキャリア“に関する意識調査−

2006/03/14
シニア技術者の派遣事業会社を設立−メイテック、「メイテックエクスパーツ」−

2006/02/15
医療・福祉分野と壮年・熟年専門職に向けた2つの求人情報サイト−キャンディデイト、「キャンディデイト・ヘルスケア」と「キャンディデイト・プロフェッショナル」−

2006/01/19
来年4月から高齢者雇用制度を充実−JR東海、「契約満了報労金」なども新設−

2006/01/17
改正高年齢者雇用安定法の施行に向けた企業の取組状況を調査−厚生労働省、雇用確保措置導入見込み企業は約90%−

2005/11/30
障害者雇用状況報告書の副本の紛失について発表−厚生労働省、省内にて一時保管していた間、または委託業者先にて紛失−

2005/11/24
介護労働者のストレスは「夜勤時の不安や賃金の低さ」−介護労働安定センター、「介護労働者のストレスに関する調査」−

2005/10/04
介護・福祉関連業務に特化した人材派遣事業をスタート−マザアス、自社運営施設と人材派遣事業を連携−

2005/09/02
「障害者就職・転職、人材紹介サービス」事業を核とした大阪支店開設−アドバンテッジリスクマネジメント、企業の障害者雇用と障害者の社会進出を支援−

2005/08/01
高年齢者の就業率、男性が71.5%、女性が45.6%−厚生労働省、「2004高年齢者就業実態調査」の結果概況−

2005/06/20
医療・福祉人材コンサルティング会社を設立−ヒューマントラスト、株式会社メディカルクリエイションを100パーセント出資で−

2005/05/19
聴覚障害者のスキルアップと就職を支援するPC講座を開講−ジョイコンサルティングとかがやきパソコンスクール、パソコンスキルアップとキャリアカウンセリングなどの就職サポートを実施−

2005/04/05
定年退職者を対象に65歳までの再雇用制度を導入−レンゴー、技術・技能継承や企業活力の維持、厚生年金受給年齢の引上げに対応−

2005/03/22
障害者の経済的自立支援で施設清掃会社を設立−京成電鉄、「京成ハーモニー株式会社」−

2005/03/03
医薬・福祉・介護分野の人材開発・派遣などの事業に参入−ヒューマントラスト、人材募集・顧客営業を開始−

2005/02/16
三重県内の障害者による光ブロードバンドを活用した在宅テレワークを開始−NTTネオメイト、「デジタル地図バーチャルファクトリ」−

2005/02/14
障害者雇用促進法に基づく特例子会社を設立−住友ゴム、「SRIウィズ」−

2004/12/24
海外からの派遣看護師・介護士教育に参入−三井物産、ヒューマンホールディングス、東京リーガルマインド、メディカルアソシア、内閣府へ四社共同要望書提出−

2004/12/13
障害者雇用促進を目的とした清掃業務や事務作業を行う新会社を設立−京王電鉄、「京王シンシアスタッフ」−

2004/11/16
ITスキル習得による障害者自立支援プログラムを開始−マイクロソフトなど、徳島県が後援−

2004/08/18
専門ノウハウを活用して障害者の転職・就職を支援−アドバンテッジリスクマネジメント、障害者人材紹介に参入−

2004/08/10
知的障害を持つ人々の雇用の場を創出することを目的に特例子会社を設立−ブリヂストン、「ブリヂストンチャレンジド株式会社」−

2004/08/03
障害者の雇用促進を目的とした新会社を設立−NTT、「NTTクラルティ株式会社」−

2004/06/02
鉄道施設の清掃等を行う、障害者の雇用促進を目的とした新会社−東京急行電鉄株式会社、新会社「株式会社東急ウィル」を設立−

2004/04/27
高齢化雇用に取り組む企業に対し、最適な賃金シミュレーションを提供−SMBCコンサルティング、「高齢者賃金設計サービス」などの取り扱い開始−

2004/04/14
「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づく特例子会社の認定取得−曙ブレーキ工業のグループ会社「あけぼの123株式会社」−

2004/03/25
重度障害者の在宅勤務など障害者雇用専門の新会社を設立−沖電気工業、「株式会社沖ワークウェル」を設立−

2004/03/18
障害者と企業を円滑に結ぶ人材紹介会社を設立−ゼネラルパートナーズ、障害者雇用促進に向け−

2004/02/18
障害者の雇用状況、民間企業の実雇用率は1.48%−厚生労働省の集計、「身体障害者および知的障害者の雇用状況」−

2004/01/20
障害者就労支援組織にパソコン研修用ソフトを無償提供−マンパワー・ジャパン、日本ヒューレット・パッカードの「シードセンター」に−

2003/09/18
障害者雇用を促進するための子会社を設立、印刷・製本など事務作業を受託請負−コクヨ、「コクヨKハート株式会社」−

2003/07/01
中高年層の再就職支援で人材ブリッジバンク事業の新会社を設立−パソナ、「関東雇用創出機構」−

2003/06/06
障害者雇用対策基本方針を告示−厚生労働省、精神障害者の就業環境整備等を盛り込む−

2003/05/07
医療・介護福祉に特化したキャリアチェンジ支援事業を首都圏展開−らいふ、6月開講予定−

2003/04/03
障害者の就業形態、職種等の調査結果−厚生労働省、「身体および知的障害者就業実態調査」−

2003/03/10
障害者の雇用状況、民間企業の実雇用率は1.47%−厚生労働省、「身体障害者および知的障害者の雇用状況」を発表−

2002/11/12
シニア世代の就労に関する意欲や意向について調査−シニアコミュニケーション、「勤労感謝の日に関するアンケート調査」−

2002/07/15
65歳までの雇用確保、今後10年程度で確かなものに−厚生労働省、「年齢にかかわりなく働ける社会に関する有識者会議」の中間とりまとめを公表−

2002/03/15
133億円の未支給助成金など、高齢者雇用対策のムダや不要な制度を指摘−総務省が厚生労働省に勧告「高齢者雇用対策に関する行政評価・監視結果」−

2002/01/23
65歳継続雇用に向けての高齢者の働きやすい職場づくりの事例を募集−厚生労働省「高年齢者雇用開発コンテスト」−

2002/01/08
障害者の雇用状況、民間企業の実雇用率は不況下でも前年と同率の1.49%−厚生労働省、身体障害者及び知的障害者の雇用状況−

2001/12/25
高年齢就業希望者の不就業理由「適当な仕事がみつからなかった」−厚生労働省、2000年高年齢者就業実態調査結果速報−

2001/11/02
首都圏を中心とした求人情報サイトに中高齢者向け検索機能を提供−ユメックス−

2001/10/05
社会福祉士資格を取得した人の70%以上が社会福祉関係に勤務−日本社会福祉士会「社会福祉士現況調査」−

2001/08/03
平均給与、ホームヘルパー12〜19万円、ケアマネージャー28万円−介護労働安定センター、介護労働実態調査−

2001/07/05
経験豊富な「シニアスペシャリスト」を募集−パソナ「シニア災害調査員」登録説明会を開催−

2001/02/08
介護職に外国人労働者を−内閣府の外国人労働者問題世論調査−

2000/12/01
身体障害者及び知的障害者の雇用状況、半数以上の民間企業が未達成−労働省の調査−

2000/08/08
シニア人材の新派遣事業を開始−人材サービス大手のパソナ−

2000/05/16
ケアセンターを1000拠点増設、3000人雇用−コムスン、年内実施を計画−

2000/04/26
介護福祉関連人材派遣事業を拡充−パソナフォスター、老人ホームなど福祉施設に向け−

2000/03/17
介護関連専門の人材派遣事業に進出−日本医療事務センター、ホームヘルパーやケアマネジャー専門−

2000/02/28
介護事業支援の新事業を開始−医療健康関連サービス会社のケアテンプ−

2000/01/27
高齢者創業へ助成制度

2000/01/18
障害者の将来の不安、増大

2000/01/14
社協が4億円かけて介護職の就職説明会実施−人材不足を補うため−

1999/12/21
障害者雇用未達で 日航社長を株主が訴訟

1999/12/01
障害者の解雇上半期で1220人

1999/11/10
名古屋の派遣会社と専門学校が介護分野参入で提携

1999/09/21
埼玉県が中高年の雇用対策として 福祉関連企業への支援来年から

1999/08/26
「介護」で雇用を創造 労働省が積極的助成展開




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。