ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



介護・健康・医療サービスの新会社「ウェルネスケア・ネットワーク」を共同設立

−明治生命保険、NTTデータ、日本興亜損害保険、松下電器産業、ディーシーカード−

2002/03/18(Mon.)

大人の青汁
 明治生命保険など5社は、介護・健康・医療分野における共同事業会社「ウェルネスケア・ネットワーク」を設立し4月より営業を開始する。

 資本金は3億4,200万円で、出資は、明治生命保険が17,100万円(出資比率50.00%)、NTTデータが9,100万円(同26.61%)、日本興亜損害保険が3,300万円(同9.65%)、松下電器産業が3,000万円(同8.77%)、ディーシーカードが1,700万円(同4.97%)となっている。

 これまで、明治生命フィナンシュアランス研究所(介護事業部)が提供してきた介護関連サービスを新会社に全面的に移管し、ITを活用した介護関連サービスの提供を進めるとともに、介護分野だけでなく、健康・医療分野においても、サービスメニューと事業領域の拡大をおこなっていく。

 設立にあたっては、5社が各分野で保有する豊富なノウハウを持ち寄り、介護・健康・医療分野における総合コンサルティング・サービスを実現していく。また、2,500団体を超える介護事業者、医療機関、自治体などが加盟する「介護ネットワーク研究会」を明治生命フィナンシュアランス研究所から継承するとともに、福祉用具・介護リフォームの取り扱いをする、松下電器産業の地域電気専門店約4,000店(福祉用具専門相談員資格取得店)が加わる。これにより全国規模での地域の生活密着型のサービス・ネットワークを構築していくことが可能となる。

 新会社は全国17拠点で、各都道府県から居宅介護支援事業所の指定を取得した介護コーナーを運営し、居宅介護支援事業を専門に実施する介護事業者として、介護の必要な高齢者に対し、ケアマネジメント・サービスを提供していく。この17拠点の介護コーナーが中心になり、「介護ネットワーク研究会」のネットワークを活用して介護サービス事業者のサービスを組み合わせる。

 明治生命グループは介護ネットワーク研究会を通じて、独自開発したケアマネジャー支援ソフト「ケアマネくん」を、松下電器産業と協力して提供・サポートしてきた。「ケアマネくん」はイラストを用いた分かりやすさとその機能性が高い評価を受けており、居宅介護支援事業者向けソフト分野でもトップレベルのシェアを誇っている。

 同ソフトに、システム会社各社の介護サービス事業者用業務管理ソフトとのデータ連携が可能なのは、NTTデータが開発したASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)サービス「かがやきぷらんライト」など、14社にものぼっており、「ケアマネくん」は介護分野における共通言語として、幅広く普及している。

 いっぽう、「かがやきぷらんライト」は、そのシステム特性を活かし、安価かつ簡単に介護報酬請求データを作成できるだけでなく、請求データを1元管理することで、全国の国民健康保険団体連合会(国保連)に対し、オンラインで請求をおこなうことが可能。介護サービス事業者向けのソフトとして、既に「ケアマネくん」利用事業者を中心に広く普及している。

 さらに、ディーシーカードが開発した「介護用ICカードシステム」をディーシーカードを通じて提供する。「介護用ICカードシステム」は、「ケアマネくん」と連動することで介護サービス利用データをICカードに記録・管理することができ、サービスの1元管理や利用代金の請求業務簡素化により、介護サービス事業者の事務処理負担軽減を図ることが可能。

 今後、松下電器産業が実施する「疾病管理サービス」などについても、新会社での連携を視野においた検討を進めていく。


明治生命保険相互会社概要
  • ホームページ:明治生命保険
  • 所在地:東京都千代田区丸の内2-1-1
  • 電話:03-3283-8111

関連記事

2003/10/29
介護サービス分野におけるビジネスモデル特許を取得−明治生命、「ケア・マネジメントシステム、ケアプラン作成方法、およびケアプラン作成プログラムを記録した記録媒体」−

2003/05/21
食事サービス活動を行うボランティア団体などに助成−明治生命保険、「愛の声かけ配食運動」−

2002/03/18
介護・健康・医療サービスの新会社「ウェルネスケア・ネットワーク」を共同設立−明治生命保険、NTTデータ、日本興亜損害保険、松下電器産業、ディーシーカード−

2001/07/24
健康保険組合向け支援サービスを本格展開−明治生命保険、財政改善策を支援−

2001/06/11
地方銀行や信用組合向けに介護代行事業を提供−明治生命保険と日本興亜損害保険−

2001/02/27
民間介護保険分野の提携−明治生命保険と日本火災海上保険−

2000/05/26
介護事業向け、ICカードシステムを共同開発−ディーシーカード、明治生命保険、松下電器産業、三菱電機−

2000/03/13
介護保険導入に向けて介護事業を強化−明治生命保険、全国16箇所で展開−

1999/12/24
明治生命と松下電器産業の連携


新会社設立・子会社関連記事

2006/08/04
シニアマーケットに特化した広告・PR業務を行う合弁会社を設立−日本ロングライフ、朝日広告社、CDGなど3社−

2006/05/22
シニアライフをトータルコーディネートする合弁会社を設立−シニアコミュニケーションとテレウェイヴ、「株式会社シニアエージェント」設立−

2006/04/12
介護用品等の製造販売を行う「コンビウェルネス」をコナミに譲渡−コンビ、ベビー関連事業へ経営資源を集中−

2006/02/28
抗加齢事業の合弁会社を設立−アイロムとLTTバイオファーマ、「I&L Anti‐Aging Management」−

2006/02/22
積水化学、松下電工に介護用品製造・販売事業を譲渡−4月1日付けで実施、社名は松下電工エイジフリー・ライフテックに−

2006/01/27
高齢者の生活支援を行う新会社「東電パートナーズ」を設立−東京電力、東京リビングサービスの介護事業を継承−

2005/05/30
50歳以上を対象に生活支援サービスを展開する新会社「NARP」を設立−パソナとベネフィット・ワン、東京電力の3社−

2005/05/18
10月予定の経営統合を見送り−セントケアとジャパンケアサービス−

2005/03/17
介護保険制度改正を見据えた経営統合により親会社となる持株会社を設立−セントケアとジャパンケアサービス、セントケアサービス・グループを設立−

2005/02/09
共同出資で介護事業の企画・開設・運営を行う新会社を設立−メデカジャパンとジョインライフ−

2005/01/13
介護運営会社「アズパートナーズ」を設立−タカラレーベン、2つの介護付有料老人ホームを展開−

2004/12/21
高齢者に向けた機能回復運動プログラムの提供を目的とした新会社を設立−リバイタライズ アソシエーション、プログラムの提供を開始−

2004/09/13
高齢者介護サービスの新会社を設立し地域密着型の訪問介護事業を開始−テンプスタッフ、「あいびー・ケアステーション」−

2004/05/28
医療・福祉分野向けシステムの子会社を設立−フォーカスシステムズ、株式会社ITM−

2003/09/19
ヘルスケア事業の京浜ライフサービスを完全子会社化−ニチイ学館、株式交換により実施−

2003/06/26
障害者の自立を支援する会社を設立、炭焼きから販売までを一貫して行う事業を展開−ヤマト運輸、「株式会社スワン製炭」−

2003/06/16
介護・生活支援事業を展開する新事業会社を設立−近畿日本ツーリスト、新会社「クラブツーリズム・ライフケアサービス」−

2003/06/09
重度障害者向け生活支援機器の開発販売会社「ファンコム株式会社」を設立−松下電器産業、パナソニック・スピンアップ・ファンドによる会社設立−

2003/03/28
有料老人ホーム、デイサービス、居宅サービス事業を行う新会社を設立−中国電力と中国企業、「エネルギア介護サービス」−

2003/03/05
介護施設とシニア住宅の経営・運営等を目的とした新会社を設立−東急不動産と三菱商事、シニア向け住宅・介護施設事業で提携−

2002/06/03
スイスのヒアリング・システムメーカーPhonak社が東京事務所を開設−Phonak社東京事務所、理研産業と協力し−

2002/03/18
介護・健康・医療サービスの新会社「ウェルネスケア・ネットワーク」を共同設立−明治生命保険、NTTデータ、日本興亜損害保険、松下電器産業、ディーシーカード−

2001/07/23
健康・介護分野の情報・サービス会社「ライフケアパートナーズ」設立−ニッセイグループとニチイ学館グループなど10社−

2000/08/07
介護用品のレンタル事業者向けの支援事業を開始−近鉄スマイルとアズウェルが新会社を設立−

2000/07/27
ホームエレベーターの合弁会社を設立−三菱電機と日立製作所−

2000/06/15
介護事業支援サービスを開始−三菱商事の新会社−

2000/02/29
新会社セブン・ミールサービスを設立−セブンイレブン・ジャパン、ニチイ学館、三井物産、NEC−

1999/09/10
日本ケアサービスとジャパンケアサービス ヘルパー学校開設で6000人養成




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。