ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



2000年度福祉用具市場は対前年度比で初の0.3%マイナス、共用品は好調

−経済産業省、2000年度福祉用具・共用品市場規模調査結果−

2002/03/26(Tue.)

大人の青汁
 経済産業省は、「2000年度における福祉用具市場規模」の推計値を公表した。高齢者・障害者の生活の質を高め、自立・社会参加を支援する「福祉用具」や、何らかの身体的な障害や機能低下がある人も、ない人も共に使いやすくなっている製品である「共用品」に対する関心が高まっていることから、同省ではこれらの製品の市場動向を把握し、施策の実施につなげるため、市場規模調査を実施している。

 福祉用具市場規模調査結果をみると、1993年度の7,731億円から順調に拡大してきた福祉用具(狭義)の市場規模だが、2000年度は1兆1,389億円で対前年度比0.3%減と調査開始以来初めてのマイナスとなった。また、共用品も含めた広義の福祉用具市場規模は3兆2,421億円で対前年比13.6%増となった。(1部品目で重複があるため控除。)

 品目別には、介護保険制度の主力製品である、ベッド(533億円、前年度比5.7%減)、手動車いす(214億円、前年度比6.6%減)は、福祉用具レンタル事業者が1999年度で商品在庫を増やしたことも影響したと思われ前年度より減少している。また福祉用具市場を下支えしていた福祉車両(582億円、前年度比1.7%減)やホームエレベータ(131億円、前年度比1.5%減)といった一般商材に近い品目においても景気の低迷等の要因により拡大には至らなかった。

 一方で電動三(四)輪車(72億円、前年度比33.3%増)は金額では福祉用具(狭義)の中で大きな割合を占めるものではないが、要介護者だけではなく比較的健常な高齢者にも利用が拡がり市場が拡大しているものと思われる。また階段昇降機(53億円、前年度比23.3%増)も交通バリアフリー法の施行等により駅舎等のバリアフリー化が進み市場が拡大しているものと思われる。

 今後の市場動向としては、生産計画について金額、数量ベースともにほぼ80%以上の企業が増加と回答していることに加え、海外に生産拠点をおく企業も徐々に増えていく傾向にあることから、より一層の福祉用具の普及と価格競争が予想される。

 いっぽう、共用品市場規模調査結果をみると、今回で5回目の調査となるが、前回1999年度調査と同じ品目で調査した結果、2000年度の共用品の市場規模は、2兆2,549億円となり、調査開始以来初めて2兆円の大台を突破した。伸び率対前年度比22%増もとなっており、20%台の高成長を維持している。

 金額の大きな品目としては、操作ボタンを大きくしたり音声や光で操作方法等を知らせる配慮のある家庭電化機器(6,454億円、前年度比54%増)、缶に点字表示を施したビール・酒(5,251億円、前年度24%増)、段差解消や手すり等を設置した浴室ユニットなどの住宅設備機器(2,652億円、前年度10%増)などがあげられる(なお、ビール・酒、シャンプー、医薬品、家庭用ラップは容器包装部分のみの推計額。)

 国内全体の出荷金額との比較が可能な19品目については対象品目全体の出荷金額に占める共用品の割合(シェア)を推計しており、2000年度は7.4%となっている。調査開始時の品目ベースで比較すると、2.1%から8.1%にまで伸びており、時系列で見ても着実に共用化配慮が進展している点が見受けられる。


経済産業省概要
関連記事

2004/04/02
人にやさしいものづくりのための人材育成に関する実態調査結果−経済産業省と人間生活工学研究センター−

2004/02/20
福祉用具流通の業界基準等の標準化を多くの企業が希望−経済産業省「福祉用具産業の流通に関する商慣行改善調査」−

2004/02/19
予防医療、健康福祉、介護分野でのビジネスチャンス創出に向けたフェアを開催−経済産業省、新市場創出見本市「医療・健康福祉産業マッチングフェア2004」−

2003/12/04
「医療・健康福祉産業マッチングフェア2004」出展者募集、出展料無料−経済産業省中小企業庁、近畿経済産業局、中小企業総合事業団が主催−

2003/06/16
NPOや企業・市民等が連携した「環境コミュニテイ・ビジネス」の立ち上げを支援−経済産業省、企業・市民等連携環境配慮活動活性化モデル事業支援−

2003/04/10
「高齢者・障害者配慮設計指針」としてJIS原案3件を作成−産業技術総合研究所、経済産業省に提案−

2003/03/20
女性や高齢者の市民活動をベンチャー企業へと後押しする支援事業を実施−経済産業省、2003年度「市民活動活性化モデル事業」の公募−

2002/10/04
高齢者が使いやすいIT機器の基礎データを研究−経済産業省、「高齢者のIT利用特性データベース構築等基盤設備整備事業に関する調査研究」−

2002/06/12
産業構造審議会NPO部会が中間取りまとめを発表−経済産業省、NPOの効果を分析、課題と促進策を検討−

2002/05/02
2002年度障害者等向け情報システム開発事業の公募受け付けを開始−経済産業省、障害者がIT社会に積極的参画できるよう整備−

2002/03/26
2000年度福祉用具市場は対前年度比で初の0.3%マイナス、共用品は好調−経済産業省、2000年度福祉用具・共用品市場規模調査結果−

2001/04/20
障害者・高齢者等向けITシステム開発事業の公募を開始−経済産業省と財団法人ニューメディア開発協会−

2001/03/22
エネルギー使用合理化在宅福祉機器システム開発に助成金−経済産業省とNEDO−


福祉用具・共用品・福祉車両・福祉機器に関する調査・トピック関連記事

2005/11/15
福祉車両販売が19,727台で前年同期比2.0%の増加−日本自動車工業会、2005年度上半期福祉車両販売実績を発表−

2005/10/20
福祉車両市場規模、2008年に5万台、2016年に8万3千台−矢野経済研究所、「2005年版福祉車両・シニアカー市場の現状と展望」を発刊−

2005/05/10
福祉車両販売、前年度比2.9%の減少−社団法人日本自動車工業会、2004年度の福祉車両販売実績を発表−

2004/02/20
福祉用具流通の業界基準等の標準化を多くの企業が希望−経済産業省「福祉用具産業の流通に関する商慣行改善調査」−

2003/02/20
高齢者206名の個人別寸法データをCD-ROMで提供開始−人間生活工学研究センター、「高齢者人体寸法データ(ミレニアムエディション)」−

2002/10/29
福祉車両市場は堅調に伸び、前年同期比8.8%増−日本自動車工業会、「2002年度上期(4〜9月)福祉車両販売実績」−

2002/10/11
医療・福祉施設備品など約2,000点を収録した電子データ集を無償頒布−シーホネンス、「シーホネンスCD-ROMカタログ046」−

2002/03/26
2000年度福祉用具市場は対前年度比で初の0.3%マイナス、共用品は好調−経済産業省、2000年度福祉用具・共用品市場規模調査結果−

2001/10/18
福祉機器の発展に貢献したとしてデンマークより栄誉章−日本アビリティーズ−

2001/03/29
福祉車両市場は前年度比90%増の592億円に拡大−1999年度福祉用具・共用品市場規模調査の結果−

2000/12/21
高齢者対応産業の将来像−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第4回(最終回)−

2000/05/31
1998年度の福祉用具市場は約1兆800億円で前年度比3.6%増加−通産省が1998年度福祉用具市場規模を発表−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。