ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



相手の声をクリアーな音声に変換する「聴取補助システム」を開発

−日本ビクター、クリアーで聞き取りやすい音声コミュニケーションを実現−

2002/03/28(Thu.)

大人の青汁
 日本ビクターは、ラジオなどの話し手の声をデジタル信号処理技術により、クリアーで聞き取りやすい音声に変換し、コミュニケーションの円滑化を実現する「聴取補助システム」を開発した。同社は今後、高齢者・障害者等向け民生用AV機器への同システムの搭載を検討していく。

 また、同システムは経済産業省の新規施策「ITバリアフリープロジェクト」の一環である「障害者・高齢者等向け情報システム開発事業」に選定されている。システムは、主に「話速変換技術・帯域分割音声圧縮技術・反復聴取技術」の3つの技術により構成され、将来的には1チップ化を目指し、各カテゴリーのAV機器への搭載を検討する。

 「話速変換技術」は、リアルタイム性を保持しつつ、聞き取りやすい情報伝達を可能にするもので、NHK放送技術研究所の協力を得て、人の声をリアルタイムに速度変換する信号処理を開発。

 ただ再生速度を遅くするのではなく、話し始めをゆっくり再生し、徐々に再生速度を上げていく処理をおこなう。これにより、“話す速度がゆっくりになった感覚”が得られるだけでなく、発話内容の理解度も向上し、話し手が意思を持ってゆっくり話しているような自然な話速変換を実現した。

 「帯域分割音声圧縮技術」は、高齢者の聴力特性に対応するもので、年齢を重ねるに伴い衰えてくる聴力特性に対応。

 小さな音は聞き取り難く、大きな音は不快に感じる“リクルートメント現象”を解決するために、音声帯域を3分割し、各帯域で小さな音は大きく、大きな音は小さくなるように信号処理をおこなう「帯域分割音声圧縮技術」を開発。さらに、ニュースなどアナウンス主体の音声処理と音楽再生主体の処理に分けることで、音源に合わせた聞き取りやすい再生音を実現した。

 「反復聴取技術」は、聞き逃した情報を繰り返し聞けるもので、一定量の入力信号を常時メモリーに蓄積することで、聞き逃した放送内容を聞き直したい時など、時間を逆のぼり繰り返し再生できる。また、通常の反復再生に加え、上記2つの聴取補助技術を併用した再生が可能。

 同社はこれまで高齢者・障害者等のAV機器利用支援をテーマに、ユニバーサルデザイン商品の開発に取り組んできたが、テレビ/ラジオ放送などでは健常者を基本とした音響特性、発話速度が規定されており、高齢者・障害者から「放送の音は聞こえるが、何を言っているのか解らない」という声を受け、「聴取補助システム」を企画。

 2000年度経済産業省委託「障害者・高齢者等向け情報システム開発事業」に応募し、選定され、開発を着手した。そして今回、言語意味理解速度の低下したユーザーの“理解力の補助”と、帯域分割音声圧縮技術による“聴取能力の補助”を実現する「聴取補助システム」の構築に成功したもの。同社は今後、同システムを民生用AV機器に幅広く展開して高齢者や障害者等の情報伝達の円滑化を図り、新たな市場創出を目指す。


日本ビクター株式会社概要
  • ホームページ:日本ビクター
  • 所在地:神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-12
  • 電話:045-450-1580

関連記事

2007/11/01
ユニバーサルデザインに配慮したテレビ用リモコンを発売−日本ビクター、リモートコントローラー「RM-A215」−

2005/08/31
ユニバーサルデザイン採用の地上デジタル対応テレビ用簡単リモコンを発売−日本ビクター、「RM-A210」−

2004/08/26
聴取補助システム「きき楽」搭載のオーディオシステム第2弾を発売−日本ビクター、TV/FM/AMラジオ「RA-BF3」とCDポータブルシステム「RC-BF10」−

2004/07/26
音声がはっきり聞こえる聴取補助システム搭載のBSフラットステレオテレビを発売−ビクター、「AV-29KB5」−

2003/09/16
ユニバーサルデザインに配慮したテレビ・ビデオ用リモコンなどを発売−日本ビクター、テレビ・ケーブルテレビ用簡単リモコン「RM-A503」とテレビ・ビデオ・ケーブルテレビ用簡単リモコン「RM-A603」−

2002/11/11
音声を聞き取りやすく変換する機能を搭載したラジオ−ビクター、TV/FM/AMラジオ「RA-BF1」−

2002/03/28
相手の声をクリアーな音声に変換する「聴取補助システム」を開発−日本ビクター、クリアーで聞き取りやすい音声コミュニケーションを実現−


バリアフリー教育・放送関連記事

2008/05/16
タッチパネルの機能を持った触覚ディスプレイを開発−NHK、「インタラクティブ触覚ディスプレイ」−

2008/03/05
Web上で学習できる「はじめての人の手話講座」のストリーミングを開始−NECシステムテクノロジー、映像配信システム「StreamGallery」の活用事例として−

2007/06/12
パソコン上でDVDに「聴覚障がい者用字幕」を表示するサービスを本格化−キュー・テック、「web-shake」−

2005/12/09
聴覚障害者向け緊急災害放送でIPテレビ電話を活用−ギンガネット、“聴覚障害者向け緊急災害放送の生中継”の実証実験を実施−

2005/06/16
障害福祉や学校教育を柱とした事業構築で連携−マイクロソフトと宮城県、「宮城UPプログラム」−

2004/10/15
名古屋駅ビルに聴覚障害者向けパソコンスクールを開校−かがやきパソコンスクール、現地説明会も実施−

2004/07/29
子供向け交通バリアフリー学習教材を作成−国土交通省、「みんなで考える交通バリアフリー」−

2003/11/28
目の不自由な人に“音で読む“メールマガジンを発行−ライオン、「ライオン製品&生活情報“音メール“」−

2003/06/24
聴覚障害者向けパソコンスキルアップ通信講座を開講−かがやきパソコンスクール、10%割引のオープニングサービスも実施−

2003/05/23
「音のボランティア」に新しい朗読CDを追加−早耳ネットのハヤミミCDストア、「蜘蛛の糸/酒虫(しゅちゅう)」−

2003/04/22
「がん」と「介護」の情報番組をインターネット配信−AII、医療福祉総合研究所、「医療福祉チャンネル774」−

2003/03/24
日本手話を使った旬の情報をリアルタイムでインターネット配信−エー・アイ・アイ、「DeafTV-Japan」−

2002/12/25
在宅重度障害者へのIT教育を最新技術で実施−日本IBMと東京コロニー、「在宅重度障害者向けIT教育支援」−

2002/12/12
花王社員がボランティアでCD-ROMを製作、全国の盲学校へ配布−花王、「からだのノート〜子どもからおとなへ」−

2002/09/27
難聴者・聴覚障害者に優しいパソコンスクールが開校−かがやきパソコンスクール、情報保障によるバリアフリーの実現を目指して−

2002/06/21
視覚障害者などに向け、長編文芸朗読をメールマガジンで無料配信−アイ文庫、「AudioBook」第一弾は夏目漱石作「坊っちゃん」−

2002/06/10
高音質の朗読CDを低価格で販売−早耳ネット、ボランティア活動の一環として−

2002/03/28
相手の声をクリアーな音声に変換する「聴取補助システム」を開発−日本ビクター、クリアーで聞き取りやすい音声コミュニケーションを実現−

2001/07/03
視聴覚障害者向け放送が増加−総務省調査「視聴覚障害者向け放送の現状」−

2001/03/06
障害者向けブロードバンドコンテンツ−総務省の実証実験がネットで開始−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。