ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



「身体障害者補助犬法案」成立により、聴導犬育成団体の業務に影響

−「NPO法人日本聴導犬協会を社会福祉法人に推進する会」が発足−

2002/04/30(Tue.)

大人の青汁
 聴導犬育成で唯一の特定非営利活動法人である日本聴導犬協会は、今後、「身体障害者補助犬法案」が成立することで、訓練した聴導犬に対して公的な場所に入るための「認定資格」を与えられなくなる見通しとなった。これは、法案の成立により、認定業務が厚生労働省の認可を受けた財団・社団・社会福祉法人のみに許可されることとなるため。

 この問題を受け、日本聴導犬協会を「厚生労働省認定の社会福祉法人」とするために、準備金が必要となることとなったが、特定非営利活動法人では、「社会福祉法人化のために事業をおこなう」ことは法律で認められていないため、「NPO法人日本聴導犬協会を社会福祉法人に推進する会」を発足し、準備金を集めることとなった。

 本来、厚生労働省が認可する社会福祉法人には、資産1億円という高いハードルが課せられているが、現在、それほどの資産を有する聴導犬育成団体はなく、厚生労働省から、規定の資産高を低くする譲歩案が出されることになる見通し。

 現在、日本聴導犬協会の育成資金を含む預金は約700万円ほど。準備金への募金は1人1口1000円から受け付ける。また、「感謝の辞を、永久に表したい」ということから、100口以上の大口募金寄付者には、英米の慈善団体にならった形で、和文または英文で名前などを、ステンレスプレートに刻印し「社会福祉法人化・ご支援者プレート」として、施設の壁に展示する。

 募金の送金方法は郵便振込みで、口座番号は00550-8-75891、口座名は社会福祉法人準備金口となっている。


社会福祉法人日本聴導犬協会概要
関連記事

2007/04/16
聴導犬の総解説書を発行、送料のみで送付−日本聴導犬協会、「マンガと解説で知る『人生でもっとも幸せ』聴導犬と出会うために」−

2005/03/09
日本ではじめての補助犬に関するジャーナルを発行−日本聴導犬協会、「補助犬研究」−

2004/05/21
補助犬とともに生活する人々との交流フォーラムを開催−日本聴導犬協会とNHK厚生文化事業団「NHKハート・フォーラム ニッポンの子供たちと補助犬ユーザーとのあったか討論会」−

2003/03/14
世界で初めて介助犬を生み出したボニー・バーゲン博士が来日−日本聴導犬協会、講演会・介助犬トレーニングの実践セミナーを開催−

2003/03/04
日本聴導犬協会の活動をピーシーエー生命が支援−3月3日”耳の日”、発表セレモニーを開催−

2002/10/16
盲導犬・介助犬・聴導犬などの補助犬普及への取り組みについて講演−日本聴導犬協会、「国際アシスタンス・ドッグ協会前会長ロビン・ディクソン招日講演会」−

2002/04/30
「身体障害者補助犬法案」成立により、聴導犬育成団体の業務に影響−「NPO法人日本聴導犬協会を社会福祉法人に推進する会」が発足−


補助犬・介助犬・CAPP犬・聴導犬・盲導犬関連記事

2007/11/13
補助犬専用トイレ施設をホテル敷地内に設置−京王プラザホテル、利用者の声に応えホテル業界初の取り組みを実施−

2007/04/16
聴導犬の総解説書を発行、送料のみで送付−日本聴導犬協会、「マンガと解説で知る『人生でもっとも幸せ』聴導犬と出会うために」−

2006/11/01
日本補助犬協会への協賛活動で、補助犬の育成に貢献−東陽レックス、継続契約を締結−

2004/01/14
盲導犬育成支援のオンライン募金サイトを開設−エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ、「JOLLY'S magazine盲導犬の育成をみんなで支えよう」−

2003/03/04
日本聴導犬協会の活動をピーシーエー生命が支援−3月3日”耳の日”、発表セレモニーを開催−

2002/12/02
盲導犬のほかに介助犬・聴導犬同伴でも買物が可能に−イオン、「身体障害者補助犬法」による義務付け実施に先駆けて−

2002/04/30
「身体障害者補助犬法案」成立により、聴導犬育成団体の業務に影響−「NPO法人日本聴導犬協会を社会福祉法人に推進する会」が発足−

2001/07/16
日本盲導犬協会へ動物用医薬品を無償提供−ファイザー製薬、盲導犬支援−

2001/06/18
捨て犬を介助犬に、全国初の取り組み−介助犬をそだてる会−

2000/06/29
介助犬を推進する議員の会と日本介助犬アカデミーが介助犬の定義・基準を発表−介助犬の公的認知に関する検討会の初会合も開催−

2000/05/29
飛行機の客室にCAPP犬、聴導犬の搭乗を許可−日本エアシステム、国内の航空会社では初めて−

1999/09/15
阪急百貨店全店で介助犬受け入れ




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。