ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



日本初の食事支援ロボット「マイスプーン」の販売を開始

−セコムとセコム医療システム−

2002/05/01(Wed.)

大人の青汁
 セコムとセコム医療システムは、生まれながらの身体的障害、または事故や病気、後天的な理由によって手の自由がきかず、自力で食事をすることができなくなった人を対象に、わずかなジョイスティック操作等をするだけで、自分のペースで食事ができるようにサポートする食事支援ロボット「マイスプーン」の商品化に日本で初めて成功し、5月1日から販売を開始する。

 セコムのセコムIS(インテリジェント・システムズ)研究所では、研究テーマの1つとして、医療福祉分野におけるロボットの研究を1991年からおこなってきた。

 食事支援をおこなうロボットは、日本では例がなく、ロボットの構造や機能、使用法など、試行錯誤で研究開発をおこなってきた。その間、利用対象者となる障害者の人の協力を受け、安全性、機能性、操作性等の向上に努めてきたほか、2000〜2001年度には、厚生労働省の認可法人である財団法人テクノエイド協会の福祉用具研究開発助成事業の助成を受け、障害者を含む専門家とのプロジェクト体制をとりながら、食事自立装置としての研究開発、フィールドテストを実施。あわせて、新たなセキュリティシステムや安全商品などを生み出しているセコム開発センターが商品化に取り組んできた。

 食事支援ロボット「マイスプーン」は、これまでヘルパーの介助がなければ食事ができなかった人の「自分で好きなものを食べたい」「家族・友人と一緒に食事をもっと楽しみたい」という願いを実現するもの。

 自分のペースで食事が可能で、手の不自由な人が身体の一部を使って操作装置を動かし、簡単な操作で食物を口元まで運んで自分のペースで食事することが可能。

 操作装置の選択ができるように配慮し、あごなどで操作ができる軽いタッチの操作棒「標準ジョイスティック」や、身体に震えがくる等の人向けの操作棒で、手元でしっかり握って操作する「強化ジョイスティック」、ジョイスティック操作ができない人向けのスイッチの自動モード操作でのみ使用する「自動モード用ボタン」などを用意した。また、利用者の身体の状況にあわせて、ジョイスティックの感度を「低」「中」「高」の3段階に切り替えることが可能となっている。

 専用のフォークとスプーンを使用して、通常の箸で食べられるご飯やおかず、お菓子など、ほとんどすべての食品を食べることが可能となり、多様な食材に対応した。さらに、日本初の福祉ロボットとして、低出力モータ採用による衝突力の低減や誤動作をした際の自動停止機能など、利用者の安全性に十分配慮した設計となった。

 「マイスプーン」を実際に使用するときは、食べ物は必ず1口サイズに切って専用食事トレイに盛り付ける。利用者にあわせて「手動モード」「半自動モード」「自動モード」のいずれかを選択する。

 「手動モード」は、専用食事トレイの中の区画の選択、区画内の食物の選択、食物をつかむといった一連の操作を、ジョイスティック(標準ジョイスティック、強化ジョイスティックとも可)操作でおこなう。自分の意志で食べたいものを選択することができるモード。

 「半自動モード」は、専用トレイの中の区画の選択のみジョイスティック(標準ジョイスティック、強化ジョイスティックとも可)操作でおこなうもの。以降の操作は自動で動く。トレイの中のどのグループを食べたいかを選択できる。

 「自動モード」は、ボタン操作をするだけで、トレイに盛られた食事を自動的に口元まで運ぶモード。但し決められた順番で区画を回るので、複数の食物のうち好きなものを選択するといったことはできない。「自動モード用ボタン」(Cセット及びフルセットに含まれる)で操作する。

 身体障害者個人向けには、販売方式にレンタル方式を採用。レンタル期間は5年とし、「短期的に病状の回復が見込める人」や、反対に「進行性の病状から長期的な使用ができなくなる不安を抱えた人」にも手軽に利用できるように、1年契約の短期契約も用意した。

個人向けレンタル方式一覧
  通常の契約 短期契約
契約期間 5年
以降1年ごとの自動更新
1年
以降1カ月ごとの自動更新
保証金 20,000円 20,000円
月額料金(税別) Aセット 6,100円/月
Bセット 6,600円/月
Cセット 6,300円/月
Aセット 22,600円/月
Bセット 24,900円/月
Cセット 23,400円/月


 いっぽう社会福祉施設向けには、売却方式を採用。安全商品として売却方式をとり、販売価格はセット販売を基本として4種類のセットを設定した。

社会福祉施設向け売却方式一覧
セット種別 販売価格(税別)
基本 マイスプーンAセット 380,000円/セット
マイスプーンBセット 408,100円/セット
マイスプーンCセット 386,900円/セット
マイスプーンフルセット 436,000円/セット


セコム株式会社概要
  • ホームページ:SECOM Web site
  • 所在地:東京都渋谷区神宮前1-5-1
  • 電話:03-5775-8100

関連記事

2004/10/13
重度身障者向けで国内初の本格的な自立支援リフト、来年度早々に販売開始−セコム、要介護者自立支援ロボット「セコムリフト」の試作機が完成−

2002/05/01
日本初の食事支援ロボット「マイスプーン」の販売を開始−セコムとセコム医療システム−

2001/12/05
日本初の携帯電話用救急通報サービスを開始−セコムとKDDI−


ロボット関連記事

2007/12/06
人の活動をサポートする「トヨタ・パートナーロボット」の開発概要を発表−トヨタ、「モビリティロボット」「バイオリン演奏ロボット」−

2007/08/06
介護現場で“やさしく”働く「支援ロボット」の導入を目指し理研と企業が連携センターを開設−理化学研究所と東海ゴム工業、「理研−東海ゴム人間共存ロボット連携センター」−

2007/02/15
住宅や医療・介護施設などで応用できるロボット事業で業務提携−大和ハウスとCYBERDYNE、ロボットスーツ量産化なども目的に合意−

2006/02/15
ロボットとシニア層のビジネス戦略と展望について調査・分析した資料を販売−ネットアンドセキュリティ、「家庭用ロボットの需要調査とシニア層の市場開発に関する調査」−

2005/12/20
建物などから情報をセンサーで取得し自在に移動する「車いすロボット」を開発−清水建設、福岡市ロボット特区の公道で実証実験に成功−

2005/03/28
愛・地球博へ次世代インテリジェント車いすロボットを出展−アイシン精機、「TAO Aicle(タオアイクル)」−

2005/03/25
医療介護分野のリハビリ実習用下肢ロボットの実証実験を実施−大阪産業創造館のロボットラボラトリー、理学療法士を目指している学生を対象に−

2005/01/14
高齢者向けパートナーロボット「よりそいifbot」を発売−ビジネスデザイン研究所、ドリームサプライ、フタバ産業など3社が共同開発−

2004/10/13
重度身障者向けで国内初の本格的な自立支援リフト、来年度早々に販売開始−セコム、要介護者自立支援ロボット「セコムリフト」の試作機が完成−

2003/02/07
高齢者の家族に異常が起きたことを知らせる人型ロボット、留守番や見守りも可能−三菱重工業、ホームユースロボットを開発、イメージモデル「ワカマル」を完成−

2002/10/08
外出先から携帯電話で操作し、要介護者の状況を確認できるホームロボット−富士通研究所、「MARON-1」を開発−

2002/05/30
介護施設向けに会話ができるロボットを開発−山武、個人を認識し、その人の好きな話題でコミュニケーションが可能−

2002/05/01
日本初の食事支援ロボット「マイスプーン」の販売を開始−セコムとセコム医療システム−

2001/01/12
要介護者をベッドなどから抱きかかえれる「介護ロボットアーム」−コーナン電子が「多関節(オフセット回転関節)ロボット」を開発−

2000/08/22
コミニケーション機能搭載のロボットを開発−ATR知能映像通信研究所、「ロボビー」−

2000/05/08
福祉ロボットなどの大会−知能ロボット「パートナーロボット」の全国競技大会が開催−

1999/12/22
仙台で介護ロボットの協議会が産官学で発足




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。