ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



バリアフリーに配慮しエレベーターをモデルチェンジ

−日立製作所、「ビル総合サービス事業」の一環として−

2002/05/15(Wed.)

大人の青汁
 日立製作所ビルシステムグループは、「ビル総合サービス事業」を開始、同事業を支える昇降機について、製品競争力の強化を図るため、ユニバーサルデザインを採用するなどしたモデルチェンジをおこない発売した。

 今回開始する「ビル総合サービス事業」は、ビルの資産価値や居住者の安全性、利便性の向上、ビル管理業務の省力化、効率化などの利用客のニーズに応えて、同社や日立ビルシステムなど関連会社が培ってきた幅広い知識、経験、技術などの資源を最適に融合・活用し、提供していく日立グループの強みを活かしたトータルソリューションサービス。

 昇降機全機種をフルモデルチェンジし、同時に、日立ビルシステムは、業界で初めて、監視設備機器の全てのデータをコンピュータで分析、活用することで、それぞれの昇降機の状況を常に把握し、リアルタイムに改善をおこない、適切な保全サービスを提供する「新保全サービス」を開始する。

 標準型エレベーターは、業界に先駆けてユニバーサルデザインを採用した「日立機械室レス標準型エレベーター「アーバンエース」」の思想を継承しつつ、敷居間ギャップと敷居溝幅をさらに小さくするなど使いやすさをさらに進化させた「日立標準型エレベーター「NEWアーバンエース」」を発売する。機構面においても、永久磁石式薄型ドアマシンやエレベーター専用LSI(ツインSHマイコン)などの開発により、機器のさらなる小型化・省スペース化を実現した。

 標準型エスカレーターは、業界最小の設置幅を実現した「日立省スペース型エスカレーター「1200EXスリムタイプ」」の構造を継承し、エスカレーターの設置幅は従来型ながら、ステップ幅を広げることによりゆったり乗ることができる一人乗り用エスカレーター「S800FX」(ステップ幅800mm)と、二人乗り用エスカレーター「S1100FX」(ステップ幅1,100mm)を追加ラインアップする。

 また、オーダー型エレベーターとして、省スペース型オーダーエレベーター(120m〜240m/min)の新機種を今夏から発売する。新機種は、永久磁石式同期電動機、小型IGBT主回路ユニットの開発により、駆動巻き上げ機、および制御盤の小型化を実現し、機械室の省スペース化を実現した。

 「新保全サービス」は、日立と日立ビルシステムが持つ知的財産、管制センター、サービスネットワークを最大限に活用した保全サービス。昇降機設備の稼働状況や、診断結果などのフィールドデータをもとに、リアルタイムに部品寿命予測機能や予兆診断精度などを判断、エレベーターのスムーズな運行と省力化を実現する。

 日立機械室レス標準型エレベーター「NEWアーバンエース」は、ビル総合管理に対応するための「ビルケアマネージメントサービス」用インターフェイスを装備した。

 また、ユニバーサルデザインのさらなる進化として、上肢が不自由な車いす使用の人でも肘で押しやすいように、乗り場ボタンを38×43mmの四角ボタンから直径50mmの大型ボタンとした。

 敷居間ギャップの縮小化としては、車いす使用の人や視覚障害の人の乗り降り時の不安をやわらげるように、敷居間ギャップ30mmを10mmに(有償付加仕様)、敷居溝幅14mmを10mmまで小さくした(基本仕様)。

 非常時に聴覚障害の人でも応答状態が確認できるように、インターホンの呼出中や応答中を知らせる応答状態表示機能を用意した。従来は、非常時にインターホンボタンを操作しても、聴覚障害の人には応答状態の確認が困難だが、インターホンの呼出中/応答中をボタンの点灯点滅と、文字点灯にて表示することにより、状態が把握でき、不安感が軽減する。

 押し間違いを減らすための開閉ボタンとして、かご内開閉ボタンに、分かりやすく押間違いを減らすため、「開」のボタンを一回り大きなサイズとし、さらにひらがな表記を加えた。


株式会社日立製作所概要
関連記事

2008/04/17
医療機関と連携した要支援・要介護高齢者向け住宅型有料老人ホームを営業開始−日立博愛ヒューマンサポート、「フィランソレイユ笹丘」−

2007/09/25
重度障害者用意思伝達装置「伝の心」バージョンVを発売−日立製作所、Windows Vistaに対応しソフトウェアを全面改訂−

2007/09/20
人の動きや脈拍などのデータを24時間連続して測定・記録可能な腕時計型センサネット端末を試作−日立製作所、「ライフ顕微鏡」を提案−

2007/05/01
介護施設などでの排泄介護向け「自動採尿システム」を共同開発−日立とユニチャーム、1日あたり5〜7回のおむつ交換を1〜2回程度に減らしデータを記録−

2007/01/11
医療機関と融合した要支援・要介護高齢者向け生活サポートサービスを提供−日立と博愛会、住宅型有料老人ホーム事業を開始−

2006/11/06
身体を動かして機器を操作するのが困難な人々を支援する新技術の原理実験に成功−日立、光トポグラフィを用いたブレイン・マシン・インタフェース−

2006/05/24
脳機能障害による運動機能障害回復度合いの定量的測定に成功−日立製作所、大阪大学、国立循環器病センターが共同で、パーキンソン病、ラクナ梗塞等に向け−

2005/11/09
パソコンのモデルチェンジとソフトウェア改良を行った身体障害者向け意志伝達装置を発売−日立、「伝の心」−

2005/09/28
「日立ユビキタススクエア横浜」で「手話案内サービス」を開始−日立製作所、ショールームをバリアフリー化−

2005/04/22
身体障害者向け意志伝達装置「伝の心」改良版を発売−日立製作所、DVDドライブとセキュリティ対策ソフトウェア試用版を標準搭載−

2005/04/15
ALS患者向け意志伝達装置「伝の心」貸出機の設置を支援−日立グループ3社がボランティアで支援−

2005/03/16
ユニバーサルデザインエレベーターの新モデルを発売−日立製作所、「アーバンエース」−

2004/06/11
ユニバーサルデザインの昇降路一体型エレベーターを発売−日立製作所、「ステーションエースU」−

2004/05/21
ユビキタス情報社会を体感できる広場をオープン−日立製作所、「ユビキタススクエア横浜」−

2003/11/06
音声読み上げガイド機能を強化した身体障害者向け意志伝達装置を発売−日立製作所、「伝の心」−

2003/09/01
シニア、初心者向けパソコン操作支援ソフトをリニューアル−日立製作所、「心友」−

2003/08/19
鉄腕アトムサイト「astroboy.jp」に手話サイトをオープン−日立製作所、手話アニメーションソフト「Mimehand II」を使用−

2003/04/02
手話と文字の表示により胃部X線検査の受診を容易に−日立製作所、胃部X線検査用の聴覚障害者向け情報提供システムを開発−

2002/05/15
バリアフリーに配慮しエレベーターをモデルチェンジ−日立製作所、「ビル総合サービス事業」の一環として−

2001/09/27
手の動きと頭の動きを利用した「手話−日本語翻訳技術」を開発−日立製作所−

2001/07/18
業界初、電動介護用ベッドのSGマークを取得−日立製作所ホームベッド「元気でいて寝」−

2000/10/17
車いすに座ったままで歩行訓練ができるリハビリ機器を発売−日立製作所、「座位式訓練機PW-3」−

2000/07/27
ホームエレベーターの合弁会社を設立−三菱電機と日立製作所−

2000/06/22
7000店の販売店網を活用し介護サービス事業に参入−日立製作所、系列販売店を活性化−

2000/05/24
電動式ホームベッドを発売−日立製作所、「元気でいて寝」−

2000/02/18
在宅勤務で介護支援−日立製作所と日本IBM−

1999/12/24
日立製作所、電動ベッドを発売

1999/07/06
日立が介護分野のSIに本腰


リフト・昇降機・段差解消機・昇降機能付き機器・エレベーター関連記事

2005/03/16
ユニバーサルデザインエレベーターの新モデルを発売−日立製作所、「アーバンエース」−

2004/10/08
介護保険対象電動リフトアップチェアを発売−パラマウントベッド、「SELENE(セレネ)」−

2004/09/14
介護用車いす対応の油圧式ホームエレベーターを発売−松下電工、「楽昇家族」−

2004/06/11
ユニバーサルデザインの昇降路一体型エレベーターを発売−日立製作所、「ステーションエースU」−

2002/05/15
バリアフリーに配慮しエレベーターをモデルチェンジ−日立製作所、「ビル総合サービス事業」の一環として−

2001/12/19
日本初、車いす用の「階段斜降スライダーシステム」を共同開発−竹中工務店と明電舎、明電ホイストシステム−

2001/10/17
段差解消機「お多助リフトTDK100シリーズ」発売−椿本チエイン「つばきヘルスケア商品」−

2001/10/10
小型電動リフトとリクライニングチェアを発売−アイシン精機、高齢者の自立をシステムで支援−

2000/10/04
玄関先車いす用電動昇降機を発売−いうら、「玄関先車いす用電動昇降機 UD-400」−

2000/09/26
立ち上がり歩行器を発売−メカテック、「助っ人4」−

2000/09/14
階段昇降用簡易エスカレーターを本格発売−長谷川工業、「グッドらくエスカー」−

2000/08/18
手元のスイッチでいすの高さを自由に変えられる「昇降式車いす」−テックイチ、バッテリー駆動で椅子部分を上下に調整−

2000/07/06
床走行式移動用電動リフト「チェアリフト」の大量受注に成功−江藤製作所の床走行式移動用電動リフト販売が月200台ペース−

2000/05/31
介護用リフトが無料−メカテック社が介護リフトを大幅値下げ−

2000/05/22
昇降機機能をもつ車いすを開発−金藤工業、リクライニング式車いす「里美さん」−

2000/04/03
段差解消機「お出かけスムーズ」を発売−トヨタ車体−

2000/02/25
介護ベッド2種を発売−アイシン精機、「ベルグランド」−

2000/02/23
段差解消機を低価格で実現

1999/12/20
ベッドと車いすが合体−多機能介護ベッド--村田機械

1999/12/09
安価で工事不要な組み立て式入浴用リフト--メカテック




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。