ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



非営利法人向け財務会計システムを発売

−PCA、「PCA NPO会計」−

2002/07/16(Tue.)

大人の青汁
 業務用パッケージソフトウェアメーカー大手の、ピーシーエー(PCA)は、NPO法人に向けて財務会計システム「PCA NPO会計」の発売を開始する。

 「PCA NPO会計」は、最新の「特定非営利活動法人の会計の手引き」に基づいたNPO法人専用システム。NPO法人会計は一般企業と違い、予算とその執行状況に重点を置いた会計。「PCA NPO会計」は、きめ細かい予算管理と豊富な管理資料により、NPO法人が必要とする経理業務をすべてカバーする。

 出力系では収支計算書・貸借対照表・財産目録・財務管理帳票・予算管理帳票等の作成ができ、これらの帳票では、用途に合わせて出力科目階層を、大科目・中科目・小科目に合わせた設定が可能。予算管理においては、当初予算から予算流用・補正予算・次年度予算が管理でき、予算管理月報で予算の執行率・予算残額が把握でき的確な予算管理を実現する。

 PCAは1986年に「公益法人会計」を発売して以来、「宗教法人会計」「社会福祉法人会計」と次々と非営利法人向け会計ソフトを開発してきた。これらの製品群は発売以来15年にわたり数多くの利用者の声を反映して数々のバージョンアップを重ね、ロングセラー製品群の地位を獲得した。

 現状ではNPO法人数は時代の要請により認定されているだけで全国7,000を超えると言われ、非認定法人をあわせると約10万法人とも言われている。経済産業省の調査によると、非営利組織(NPO)の国内総生産額は6,940億円に相当し、「パルプ」(6,210億円)や「オートバイ」(6,870億円)の業界を上回っているため、本格的な支援策が検討されている。

 同システムは「非営利法人会計基準」の権威である公認会計士・斎藤力夫先生の監修を受け、マーケットでは最も信頼性の高いシステムとして評価されている。そのような背景や市場のニーズから、今年度の販売目標は、年間2,000システムの販売を見込んでいる。これによりPC対応の非営利法人会計システムではNo.1の地位を不動のものとし、引き続きトップシェアを確保していく方針。

 主な機能・特長は、「特定非営利活動法人の会計の手引き」に準拠し、パソコンがはじめての人でもキーボードとマウスの簡単な操作で、特定非営利活動法人の標準様式を基礎にした計算書類(収支計算書・貸借対照表・財産目録、帳簿類、財務管理帳票、予算管理帳票など)が作成できる財務会計システム。

 幅広く活用できる余裕のスペックをもっており、一般会計のほか特別会計を最大1000会計の設定ができ、会計別の管理資料が作成できる。主科目・補助科目・中科目・小科目と必要に応じて勘定科目設定ができ、さまざまな法人に対応できる。

 特定非営利活動法人で重要な予算管理には多くの機能を搭載した。当初・補正・流用・次年度のそれぞれの予算管理はもちろん、予算の執行状況がひと目で把握できる「予算管理月報」や「収支計算書」など的確な予算管理を実現する。

 日常のデータ入力は、利用者のレベルや処理方法などに合わせて、振替伝票入力・現金出納帳入力・預金通帳入力を用意した。また、「自動仕訳機能」や「連想摘要機能」「フセン機能」などPCA財務会計シリーズで好評をいただいている各種機能が、入力業務を強力にサポートする。

 合計残高試算表・補助科目残高一覧表・予算管理月報・現預金管理表の照会画面から集計データを直接EXCELに書き出し、簡単にEXCELで加工することが可能な「EXCELインテグレーション機能」を搭載している。

 大切な財務情報を守る堅固なセキュリティ機能を搭載した。システムユーザーごとに処理領域や処理機能を設定できるので、きめ細かいセキュリティ設定が可能。価格は98,000円。


ピー・シー・エー株式会社概要
関連記事

2006/03/09
簡単に経理業務ができる、社会福祉法人向け財務会計ソフトを発売PCA、「PCA社会福祉法人会計V.3」

2004/11/10
社会福祉法人向け会計システムを発売−PCA、「PCA社会福祉法人会計V.2」−

2004/08/11
NPO法人向け会計システムを発売−ピーシーエー、「PCA NPO会計 IT化支援パック」−

2002/07/16
非営利法人向け財務会計システムを発売−PCA、「PCA NPO会計」−


活動支援関連記事

2007/11/12
新世代シニア層向け新施策「アクティブシニア推進計画」を発表−マイクロソフト、様々なパートナーとの協業により情報通信技術の利活用を推進−

2007/05/22
IT活用支援の新施策「NPOと支援者間の協働推進ITツール」を開発−マイクロソフト、NPOと支援者のウェブ活用によるコラボレーションを実現−

2006/12/08
NPOのIT活用支援で新施策「NPO・IT推進協議会」を発足−マイクロソフト、企業・NPO支援団体・IT技術者コミュニティ支援団体との連携を強化−

2006/10/18
ボランティア情報サービスでネット広告スペースを無料提供−ヤフー、「Yahoo!ボランティア」−

2006/05/09
NPOの情報格差解消に向けた支援策を開始−マイクロソフト、「NPO-J」−

2006/01/23
ITスキル向上の「NPOのためのUPプログラム」を実施−日本NPOセンターとマイクロソフト、青森、名古屋、福岡の3つのNPO支援センターが共同で−

2004/08/11
NPO法人向け会計システムを発売−ピーシーエー、「PCA NPO会計 IT化支援パック」−

2002/08/12
経験豊かなNGO団体が助言を行う制度の委嘱団体を募集−外務省、2002年度「NGO相談員制度」−

2002/08/09
企業の経費節減と社会貢献を実現し、同時にNPOや障害者団体の資金調達支援を行うプログラムを開始−全国福祉情報推進協議会、「福祉ファンドレイジングプログラム4」−

2002/07/16
非営利法人向け財務会計システムを発売−PCA、「PCA NPO会計」−

2002/02/13
ボランティア団体などへの贈呈式を実施−イオン、「夢のある未来」各賞から−

2001/11/27
NPO活動を資金面で支援「ぎふしんNPO法人支援ローン」−岐阜信用金庫−

2001/10/30
NGOにプロジェクト実行資金を寄付−エヌ・ティ・ティ エックス「環境goo大賞2001」を実施−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。