ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



住民活動団体、「2001年度の予算総額は30万円未満」が60%

住民活動団体、「2001年度の予算総額は30万円未満」が60%

2002/08/01(Thu.)

大人の青汁
 滋賀県野洲町は、内閣府より受託した調査として、「野洲町における住民活動促進のための課題と展望について」をおこなった。

 調査の目的は、住民・企業・行政をはじめとするさまざまな人々の参画とパートナーシップによる地域づくりを進めるため、住民活動の促進方策を検討し、住民と行政の協働のあり方を示していくとともに、住民活動の拠点となる「(仮称)ほほえみ情報交流センター」の利用法等を研究する−−というもの。

 調査方法は、町内で住民活動をしている住民20名により「住民活動モデル調査検討委員会」を設置し、野洲町内で活動する住民活動団体および区・自治会に対してそれぞれヒアリング調査およびアンケート調査を行い、課題やその解決方法等の検討を行った。

 住民活動団体は、ヒアリング調査は80団体に対して行い、アンケート調査はヒアリング調査対象外の198団体に送付し、129団体から回答を得た。

 区・自治会は、ヒアリング調査は8団体に対して行い、アンケート調査はヒアリング調査対象外の59団体に送付し、47団体から回答を得た。

 調査結果をみると、住民活動団体では、主な活動分野(複数回答)は「文化や芸術」が80団体(40.0%)で最も多く、次いで、「教育や生涯学習」75団体(37.5%)、「青少年の健全育成」が41団体(20.5%)となっている。

 2001年度の予算総額は30万円未満の団体が60%を超えている。活動上の課題については、「会員の固定化」が114団体(57.0%)、次いで「事業や活動資金の不足」90団体(45.0%)、「リーダーや後継者が育たない」82団体(41.0%)となっている。

 行政に期待することは、「会合などで自由に利用できる場所や機材の提供」、「住民の理解と参加を促すための活動情報のPRや発信」、「金銭的な支援」が多い。

 いっぽう、区・自治会では、主な活動分野(複数回答)は「運動会などのレクリエーション」52団体(94.5%)が最も多く、次いで「人権学習」、「河川や道路などの美化活動」47団体(74.5%)となっている。

 2001年度の予算額は200万円以上の団体が約60%を超えている。活動上の課題(複数回答)としては、「リーダーの負担が重い」38団体(69.1%)が最も多く、次いで、「活動内容のマンネリ化」31団体(56.4%)、「若年層の参加が少ない」30団体(54.5%)となっている。

 行政に期待すること(複数回答)は、「施設整備などに対する経費の援助」、「自治会と行政がともにまちづくりに取り組めるような機会を増やす」、「専門家による助言」が多い。


非営利団体調査関連記事

2007/02/02
全国の民間非営利団体の収入は前年度比3.3%減、経費は前年度比3.9%増−内閣府、「2005年度民間非営利団体実態調査」−

2006/02/22
民間で非営利事業を行う団体の収入は前年度比4.4%増−内閣府、「2004年度民間非営利団体実態調査」−

2005/04/18
外国籍住民と協働したまちづくりを推進するための調査−内閣府と群馬県大泉町、2004年度市民活動モデル調査−

2004/11/08
NPO法人とボランティア団体に対し、自治体等との協働について調査−内閣府、「コミュニティ再興に向けた協働のあり方に関する調査」−

2003/06/23
オンラインショッピングや広告のクリックで寄付ができる方式に高評価−バガボンド、国際協力NGOとEボランティアに関する調査結果−

2003/04/22
民間非営利団体の収入と消費支出は依然減少傾向−内閣府、2001年度民間非営利団体実態調査−

2002/08/06
ボランティア活動の種類は「福祉、介助」が32.7%で最多−舞鶴市、「ボランティア活動基礎調査」−

2002/08/01
住民活動団体、「2001年度の予算総額は30万円未満」が60%−滋賀県野洲町の調査、「住民活動促進のための課題と展望について」−

2002/07/25
NGOの認知度、2年前より36.5ポイント増で90%超える−国際NGOのフォスター・プランが首都圏で調査−

2002/07/11
市民活動調査結果、「ボランティア活動で重視することは継続性」−新居浜市、「市民と行政の協働によるまちづくりのための現状」−

2002/07/04
ボランティア活動、「必要である」96.1%−飯塚市、「ボランティア意識調査」−

2002/06/25
市民活動団体設立のきっかけは「知人の縁」が約40%−八戸市、市民活動団体について調査−

2002/06/12
産業構造審議会NPO部会が中間取りまとめを発表−経済産業省、NPOの効果を分析、課題と促進策を検討−

2002/01/16
NGO活動におけるインターネット活用の動向アンケート調査結果−日本総合研究所創発戦略センター−

2001/12/26
民間非営利団体の収入3年連続の減少、合計は25兆3,966億円−内閣府、2000年度民間非営利団体実態調査−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。