ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



高齢者世帯は665万4千世帯で全世帯の14.6%、著しい増加傾向

−厚生労働省、2001年国民生活基礎調査の概況−

2002/09/11(Wed.)

大人の青汁
 厚生労働省は、2001年国民生活基礎調査の概況を公表した。調査は、保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査したもので、1986年を初年として3年ごとに大規模な調査を実施し、中間の各年は小規模な調査を実施することとしており、2001年は、第6回目の大規模調査の実施年だった。

 調査の対象および客体は、全国の世帯および世帯員を対象とし、世帯票および健康票については、1995年国勢調査区から層化無作為抽出した5,240地区内のすべての世帯および世帯員を、介護票については、同地区から無作為に抽出した2,500地区内の要介護者・要支援者を、所得票および貯蓄票については、前記の5,240地区に設定された単位区から無作為に抽出した2,000単位区内のすべての世帯および世帯員を客体とした。

 「世帯数と世帯人員数の状況」の世帯構造および世帯類型の状況をみると、2001年6月7日現在における世帯総数は4566万4千世帯となっている。

 世帯構造別にみると、「夫婦と未婚の子のみの世帯」が1487万2千世帯(全世帯の32.6%)で最も多く、次いで「単独世帯」1101万7千世帯(同24.1%)、「夫婦のみの世帯」940万3千世帯(同20.6%)の順となっている。

 世帯類型別にみると、「高齢者世帯」は665万4千世帯(全世帯の14.6%)、「母子世帯」は58万7千世帯(同1.3%)となっている。年次推移をみると、「高齢者世帯」の増加が著しく、1975年と比較すると「総数」が約1.4倍であるのに対し、「高齢者世帯」は約6.1倍となっている。

 65歳以上の人のいる世帯の状況をみると、65歳以上の人のいる世帯は1636万7千世帯(全世帯の35.8%)となっている。

 世帯構造別にみると、「夫婦のみの世帯」が454万5千世帯(65歳以上の人のいる世帯の27.8%)で最も多く、次いで「三世代世帯」417万9千世帯(同25.5%)、「単独世帯」317万9千世帯(同19.4%)の順となっている。

 65歳以上の人のみの世帯は663万6千世帯で、65歳以上の人のいる世帯の40.5%となっている。「単独世帯」を性別にみると、男が72万8千世帯(22.9%)、女が245万1千世帯(77.1%)と女が圧倒的に多くなっている。

 65歳以上の人のみの世帯のうち、公的年金・恩給を受給している人のいる世帯は633万2千世帯(95.4%)となっている。

 世帯主の年齢階級別に1世帯当たりの平均所得金額をみると、「50〜59歳」が823万8千円で最も高く、次いで「40〜49歳」、「60〜69歳」の順となっており、最も低いのは「29歳以下」の333万円となっている。

 同様に世帯人員1人当たりの平均所得金額をみると、「50〜59歳」が261万5千円で最も高く、最も低いのは「29歳以下」の172万6千円となっている。

 特定世帯について、所得金額階級別に世帯数の分布をみると、「高齢者世帯」では「100〜150万円未満」が、「母子世帯」では「150〜200万円未満」が最も多くなっている。

 また、特定世帯の1世帯当たり平均所得金額をみると、「高齢者世帯」は319万3千円、「母子世帯」は252万7千円となっている。世帯人員1人当たりでみると、全世帯では212万1千円、「高齢者世帯」では203万4千円となっている。

 特定世帯の所得の種類別金額の構成割合をみると、全世帯では「稼働所得」が80.1%、「公的年金・恩給」が14.1%だが、高齢者世帯では「公的年金・恩給」が65.7%、「稼働所得」が20.5%となっている。

 公的年金・恩給を受給している高齢者世帯のなかで「公的年金・恩給の総所得に占める割合が100%の世帯」は59.5%となっている。

 「介護の状況」の介護保険法の要支援または要介護と認定された者(以下「要介護者等」という。)のいる世帯を世帯構造別にみると、「三世代世帯」が32.5%、次いで「核家族世帯」29.3%となっている。

 世帯構造別に要介護度の状況をみると、「単独世帯」では「要介護1」の人のいる世帯が40.9%と最も多く、次いで「要支援者のいる世帯」が27.7%となっている。いっぽう、「三世代世帯」でも、「要介護1」の人のいる世帯が最も多いが、「要介護5」のいる世帯も16.4%と多くなっている。

 要介護者等を年齢階級別にみると、「75〜79歳」「80〜84歳」「85〜89歳」がそれぞれ20%程度と多くなっている。性別にみると、男32.9%、女67.1%と女が多くなっている。

 要介護者等の介護が必要となった主な原因をみると、「脳血管疾患」が27.7%と最も多くなっている。性別にみると、男は「脳血管疾患」が42.9%と特に多く、女でも「脳血管疾患」が最も多いが、「高齢による衰弱」「骨折・転倒」も多くなっている。

 主な介護者の要介護者等との続柄をみると、要介護者等と同居している家族等介護者が71.1%、別居している家族等介護者が7.5%、事業者は9.3%となっている。

 同居している主な介護者の続柄をみると、「配偶者」25.9%、「子」19.9%、「子の配偶者」22.5%となっている。要介護者等と同居している主な介護者を性別にみると、男23.6%、女76.4%と女が多い。年齢階級別にみると、50歳代、60歳代、70歳代の順に多い。

 要介護者等と同居している主な介護者と要介護者等の組合せを年齢階級別にみると、「70〜79歳」の要介護者などでは、「70〜79歳」の人が介護している割合が多く、「80〜89歳」の要介護者などでは、「50〜59歳」の人が介護している割合が多くなっている。

 要介護者等と同居している主な介護者の介護時間をみると、「必要なときに手をかす程度」が37.9%と最も多く、次いで「ほとんど終日」となっている。要介護者等の要介護度別にみると、要支援者、要介護1、要介護2では「必要なときに手をかす程度」が最も多くなっている。いっぽう、要介護3以上では「ほとんど終日」が最も多くなっている。

 要介護者等が家族・親族等や訪問介護事業者から受けている16項目の介護内容について、介護者の組合せの状況をみると、「事業者のみ」の割合が最も多いのは「入浴介助」の45.6%で、次いで、「洗髪」45.0%、「身体の清拭」24.8%となっている。

 いっぽう、「主な家族等介護者のみ」による介護の割合は、「入浴介助」と「洗髪」を除いて他のすべての項目で最も多くなっている。また、「事業者と家族等(家族・親族)介護者」による介護は、「話し相手」「排せつ介助」「着替」が15%を超えている。

 要介護者等の5月中の居宅サービスの利用状況をみると、居宅サービスを1種類でも利用した者は75.6%で、世帯構造別にみると、単独世帯では86.8%が利用しているが、核家族世帯では69.2%、三世代世帯では75.2%となっている。

 居宅サービスの種類別にみると、単独世帯では、「訪問サービス」が71.0%と特に多く、「配食サービス」も16.4%と他の世帯構造に比べて多くなっている。また、三世代世帯では、「通所サービス」が55.4%と多くなっている。

 「世帯員の健康状況」の自覚症状等の状況をみると、自覚症状を持っている人(有訴者)は人口千人あたり322.5人(この割合を「有訴者率」という。)となっている。性別に有訴者率(人口千対)をみると、男284.8、女358.1で女が高くなっている。

 年齢階級別にみると、「15〜24歳」206.4が最も低く、年齢が高くなるに従って上昇し、「75〜84歳」以上では500を超えている。有訴者の症状をみると、男では「腰痛」が最も高く、「せきやたんが出る」「肩こり」が続き、女では「肩こり」が最も高く、「腰痛」「手足の関節が痛む」が続いている。

 通院者の状況をみると、傷病で通院している人(通院者)は人口千人あたり313.8人(この割合を「通院者率」という。)となっている。性別に通院者率(人口千対)をみると、男287.4、女338.6で女が高くなっている。

 年齢階級別にみると、「15〜24歳」125.1が最も低く、年齢が高くなるに従って上昇し、「75〜84歳」で674.7となっている。通院者の傷病をみると、男女とも「高血圧症」が最も高くなっている。

 健康診断や人間ドックの受診状況をみると、20歳以上の者(入院者は除く)について、過去1年間の健康診断や人間ドックの受診状況をみると、男は45〜54歳が72.0%と最も多く、女は65〜74歳が64.8%と最も多くなっている。


高齢者の生活・高齢者世帯調査関連記事

2008/08/22
熟年夫婦「夫は一緒に取り組んでいるつもりでも、妻はそう思っていないことも」明治安田生活福祉研究所、「熟年夫婦の生活に関する意識調査」結果を発表

2008/07/25
お酒を飲む頻度、シニア男性では「ほぼ毎日」が1/3以上−ネットエイジア、「シニア世代におけるお酒の嗜好と実態」−

2008/05/02
シニア女性のテレビ視聴時間は、平日4.3時間、休日5時間−ネットエイジア、「シニア世代におけるテレビ視聴に関する実態調査」−

2008/04/25
シニア層の外食する頻度・内容等を調査「ランチの外食、女性で贅沢感」−ネットエイジア、「シニア世代における外食に関する実態調査」−

2008/03/21
「高齢者も社会の支え手・担い手の側にまわるべき」に88.5%の支持−内閣府、「高齢社会対策に関する特別世論調査」−

2008/02/22
高齢者の心配ごと、約35%が「自分が病気または介護を必要」をあげる−内閣府、「世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」−

2007/12/27
中高年者世代の健康・就業・社会活動についての調査結果を公表−厚生労働省、「第2回中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)」−

2007/12/14
児童・高齢者虐待の防止策は「身近な地域で見守る仕組みを作る」がトップ−東京都、2006年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」−

2007/05/30
日本の高齢者は1兆8,000億円超の経済貢献をしていることが明らかに−HSBCグループ、21か国の40〜79才を対象にした調査「退職後の生活」を発表−

2007/04/13
児童・高齢者虐待を見聞きした場合「公的機関に連絡する」と答えた人が80%−東京都、2006年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」の結果速報−

2007/04/02
日本・アメリカ・韓国・ドイツ・フランスの高齢者を対象とした生活意識調査の結果−内閣府、「第6回高齢者の生活と意識に関する国際比較調査結果」−

2007/02/26
シニア世代のインターネット利用はレジャー関連で増える見込み−日経リサーチ、「50〜60代のインターネット利用」に関する調査結果を発表−

2007/01/24
高齢者の心配ごとや、家計、健康と福祉などに関する実態・意識を調査−内閣府、「2005年度世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」−

2006/12/27
中高年者の生活に関する継続調査の結果を公表−厚生労働省、「第1回中高年者縦断調査」−

2006/11/22
最後のボーナスの使い道、団塊男性は「旅行」・団塊女性は「貯蓄」−ハートフォード生命、団塊世代を中心にセカンドライフに関する調査結果を発表−

2006/11/15
65歳以上人口は総人口の20%超、75歳以上人口は約10%、国際的にも最高水準に−総務省、「統計からみた国内の高齢者」−

2006/09/20
2007年団塊世代退職市場攻略に向けた調査レポートを発表−電通、「退職後のリアル・ライフII」−

2006/04/28
日本人の5人に3人が「老後の生活は政府に依存せず自助努力で」−HSBCグループ、世界20カ国・地域で実施した「退職後の生活」の意識調査結果を発表−

2006/03/16
団塊世代が重点をおきたい出費は「自分の楽しみや趣味のための出費」−凸版印刷、「団塊世代・シニア世代の情報コミュニケーションに関する調査」結果を発表−

2005/11/28
80%以上が「公的年金だけでは足りない」と不安−マニュライフ生命、「セカンドライフと年金に関する調査」結果を発表−

2005/09/20
シニアが選んだ“理想のシニア”1位は「小泉純一郎」−日本通信教育連盟、「2005年度シニア世代の意識調査」結果−

2005/03/07
中小企業経営者を対象に「退職後の暮らし」などのアンケート調査結果を発表−アクサ生命、「社長さん白書SpecialEdition」−

2004/12/01
50代の人が憧れる、上手に歳を重ねている著名人は「加山雄三」と「森光子」−楽天・インフォシーク、「老後」に関するアンケート調査結果を発表−

2004/09/02
「60歳以上の家出」全体の15.3%−警察庁、「2003年中における家出の概要」−

2004/07/28
ほとんど毎日出かける高齢者は51%−内閣府、「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査結果の概要」−

2004/07/23
高齢者世帯は全世帯の15.8%、65歳以上の人のいる世帯は37.7%−厚生労働省、「2003年国民生活基礎調査の概況」−

2003/10/15
最近の高齢者層の消費・貯蓄について発表−三菱総合研究所の経済研究チーム−

2003/08/08
高齢者の一人暮らし、50%が介護状態になることへの不安を持つ−内閣府、「一人暮らし高齢者に関する意識調査」−

2003/07/11
中高年のデジカメ購買ポイントは「重さ」と「大きさ」−マミオン、中高年のデジカメの購入・利用実態調査結果−

2003/06/02
「高齢者世帯」は全世帯の15.6%、718万2千世帯−厚生労働省、「2002年国民生活基礎調査」−

2002/12/11
妻の働きに評価、熟年夫婦の通信簿−シニアコミュニケーション、熟年世代の夫婦関係に関する調査−

2002/10/24
シニア世代に人気「ルーブル美術館・夏目漱石・ビートルズ」−シニアコミュニケーション、文化の日に関するアンケート調査−

2002/10/04
高齢者が使いやすいIT機器の基礎データを研究−経済産業省、「高齢者のIT利用特性データベース構築等基盤設備整備事業に関する調査研究」−

2002/09/11
高齢者世帯は665万4千世帯で全世帯の14.6%、著しい増加傾向−厚生労働省、2001年国民生活基礎調査の概況−

2002/07/05
中高年の商品購入のきっかけは「新聞」−ヒューマンエナジー研究所、「中高年の趣味や関心」−

2002/07/01
女性の単身高齢者、2020年には361万人に−内閣府、「2001年度男女共同参画社会の形成の状況に関する年次報告」−

2002/06/11
老後の生活や介護に必要な金額などをアンケート調査−東京海上火災保険と三井住友海上火災保険が共同実施−

2002/05/31
シニア層がスーパーや駅ビルに求めるもの−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2002/05/13
シニア層のモバイルや情報通信機器に関しての研究−マックス・ヴァルト研究所、アンケートデータ集「シニアとモバイル」−

2002/05/10
人口移動率、年齢とともに低下するが75歳以上では上昇傾向に−総務省、「2000年国勢調査人口移動」−

2002/04/18
全国で「60歳からの男の基本料理教室」を開催−ベターホーム協会、同時にシニア男性の料理に対する意識調査結果も公開−

2002/03/15
シニア世代の結婚生活への意識、配偶者は「不可欠」男性60%、女性30%−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2002/03/05
10年後のシニアは「デジタル化」「グローバル化」が進展−電通、「団塊の世代の特性分析と10年後の60代シニア像予測」を発表−

2002/01/11
シニアが「特別なとき」に飲むお酒はビール−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2001/12/07
高齢者の恋愛「いいことだと思う」80%−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2001/08/31
米、伊、独、典などの社会保障情勢をレポート−厚生労働省「2000〜2001年海外情勢報告」−

2001/08/28
高齢者生活の意識を国際比較、日、米、韓など−内閣府「高齢者の生活と意識に関する国際比較調査結果」−

2001/08/24
人気のプレゼントを調査「敬老の日の贈り物」−イーコール、贈り物専門サイトNetDearがアンケート実施−

2001/08/23
シニアのクルマへの意識と生活観を調査−日本自動車工業会「2010年 シニアユーザーとクルマ」−

2001/08/20
アクティブシニアの「ケータイ」所有率は41%−NTTドコモ「アクティブシニアにおける携帯電話調査」−

2001/06/08
高齢者は健康、「高齢者の生活実態」の結果速報−2000年度東京都社会福祉基礎調査−

2001/05/22
全世帯中約7%が独居老人世帯で、そのうち約8割が女性−2000年度国民生活基礎調査の概況−

2000/05/17
2015年の50歳以上の消費支出は127.2兆円に拡大−電通が「シニアマーケット規模将来推計」を発表−

1999/12/27
厚生省が介護サービス世帯調査

1999/07/18
65歳以上の高齢者3世帯に1世帯




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。