ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



高齢者の生活パターン変化を携帯電話などのメールで確認できるサービス

−松下電工、「みまもりネット」−

2002/09/13(Fri.)

大人の青汁
 松下電工は、ひとり暮らし高齢者の生活パターンをセンサにより感知し、Eメールによって文字情報として確認できる「みまもりネット」サービスを、2002年12月より開始する。

 サービス内容は、ひとり暮らし高齢者の在室状況をセンサで感知、その情報を文字情報に変換し、Eメールによって、離れて暮らす家族へ送信。生活パターンとその変化が把握できるというもの。

 社会の高齢化が進むに伴い、ひとり暮らしの高齢者(65歳以上)数は約330万人いるといわれており、離れて暮らす高齢の親とのコミュニケーション不足のために、「親が元気ですごしているか」「親の体調の変化はないか」など心配をしている、家族が増えてきている。

 ところが、心配だからといって、用事もないのに毎日電話を掛ける行為も、次第にお互いの負担となりるので、元気でいるかどうか簡単に確認できるシステムが望まれていることから、手軽に親の毎日の生活パターンをさりげなく見守ることができるシステムを開発した。

 同サービスにより、1日1回(指定時間)Eメール(最大8アドレスまで設定可能)によって送信される在室状況で、1日の生活パターンを文字情報で確認できる。

 「昼間でも寝込みがち」、「夜間のトイレ回数が多い」など、いつもの生活パターンとの違いがメールで把握できる。

 センサは、住宅内の複数の部屋や廊下、玄関などに、最大8台まで設置することができ、感知した各部屋の在室状況により、詳しく生活パターンの把握が可能となる。

 センサには同社が独自に開発した世界最小ひとセンサ「NaPiOn(ナピオン)」を搭載、ワイヤレス化により、小型、高信頼、省配線を実現している。

 また、Eメール送信によるリクエストで、いつでも最新の在室状況を確認することができる。リクエストは月100回まで可能。

 センサの送受信機に設置してある連絡ボタンを押すと、家族にEメールを送信できるので、高齢者側から連絡することが可能。家族が、忙しくて電話に出ることができないときにも、気兼ねすることなく連絡することができる。

 今後、同サービスによって確認した高齢者の様子が心配な場合に、高齢者宅まで代行訪問するサービスを検討する予定。

 構成機器は、センサ(2〜8台)と送受信機。サービス料金(機器レンタル料含む)は、基本サービス料が月に3,000円(センサ2台、送受信機)、増設センサ利用料が月に300円(1台あたり)、契約料が15,000円(初回のみ)となっている。販売目標は、2003年に2億円、顧客数1万人。2005年に6億円、顧客数3万人。


みまもりネット
写真:みまもりネット


みまもりネットのしくみ
画像:みまもりネットのしくみ


松下電工株式会社概要
関連記事

2007/12/21
寝心地よく水洗いができて清潔な介護ベッド用マットレスを発売−松下電工、「ナショナル快眠マットレス ラクマットエアー」−

2007/10/05
狭い浴室で場所を取らないコンパクトなスツールタイプのシャワーチェアーを発売−松下電工、「シャワーチェアーコンパクトスツールおりたたみタイプ」−

2007/05/16
業界最低床クラスを実現した高齢者施設向け電動ケアベッドを発売−松下電工、「ナショナル施設向け電動ケアベッド サンセルフィー」−

2007/04/05
温水洗浄便座搭載の家具調ポータブルトイレを発売−松下電工子会社、「座楽 シャワポットLS」−

2007/03/22
空港や航空機内での移動に適した車いすを開発−松下電工、空港配備用の新型車いすをANA国内線全50空港に納入−

2007/01/30
ユニバーサルデザイン対応を強化したシステムキッチンを発売−松下電工、「フィットアイ」と「オーメイドエクシモ」−

2006/12/22
やさしい光で階段を照らして高齢者の夜間の安全性を向上−松下電工、戸建住宅用木質階段にLED「ほたるライト」を標準装備−

2006/11/10
洗面化粧台「ラシス」のユニバーサルデザイン対応部材2種を新発売−松下電工、「スツールワゴン」と「ステップストッカー」−

2006/11/01
高齢者の外出をサポートする「ステッキ・歩行車いす・車いす」を発売−松下電工、「ナショナルおでかけシリーズ」−

2006/09/22
コンパクトな家具調ポータブルトイレを発売−松下電工子会社、「座楽」KEX型シリーズ−

2006/04/24
業界初、高齢者・弱視者などの夜間歩行を支援する「LED歩道境界表示灯」を発売−松下電工、東京都練馬区や岐阜県高山市での実証実験を経て実用化−

2006/02/22
積水化学、松下電工に介護用品製造・販売事業を譲渡−4月1日付けで実施、社名は松下電工エイジフリー・ライフテックに−

2005/12/14
硬すぎず柔らかすぎず快適な寝心地の高齢者施設向け介護ベッド用マットレスを発売−松下電工、「RM-I」−

2005/10/31
軽量・背折れ機能付で、持ち運び・自動車への積み込みが楽な車いすを発売−松下電工、「ナショナル軽量車いすカルディ」−

2005/09/08
「福祉住環境改善展」を開催−松下電工エイジフリーショップス、パナソニックセンター東京にて−

2005/07/21
ユニバーサルデザインを採用し、座って全身シャワーができるタイプを発売−松下電工、「イーユ」シリーズに「ゲンキ浴シャワー」を追加−

2005/07/15
車いすの使用が可能な床材を発売−松下電工、「NEWオーマイティフロアー」−

2005/03/29
作業しやすくユニバーサルデザインも追求したシステムキッチンを受注開始−松下電工、システムキッチン「フィットアイ」シリーズ−

2004/12/16
業界最低床クラス、設置場所を確保しやすい垂直昇降方式の電動ケアベッドの販売・レンタルを開始−松下電工、ナショナル電動ケアベッド「Soi-ne」−

2004/11/01
小回りしやすいコンパクトサイズの室内専用車いす2品種を発売−松下電工、「ナショナル室内用車いすリラクターン」−

2004/09/14
介護用車いす対応の油圧式ホームエレベーターを発売−松下電工、「楽昇家族」−

2004/08/30
握りやすいディンプル加工を採用した屋外用歩行補助手すりを発売−松下電工、「ハンドれーるD-navi(ディーナビ)」−

2004/07/15
介護事業ホームページで、顧客満足度調査結果などCS経営に向けた取組を公開−松下電工、介護知恵モール−

2004/03/05
在宅介護用の家具調ポータブルトイレを発売−松下電工、「ウィンポット」−

2004/01/21
腕を入れるだけで測れる家庭向けユニバーサルデザイン上腕血圧計を発売−松下電工、「アームドック」−

2003/11/27
寝返り、起上がりがラクな幅広サイズの電動ケアベッドとマットレスを発売−松下電工、「NAIS電動ケアベッドRR-Wide」「NAIS快眠マットレスラクマット」−

2003/11/21
部位サイズの調節がその場で可能で介助者の負担を軽減する車いすを発売−松下電工、「flexy(フレキシー)」−

2003/09/24
足への負担を約60%軽減、腰への負担を約20%軽減できる水洗便器用アームレストを発売−松下電工、「アームレスト(肘掛け)付き水洗便器」−

2003/05/06
要介護者の住まいにおける「危険と対策」を疑似体験できるコンテンツを公開−松下電工、介護家族向けホームページ「介護知恵モール」−

2003/05/01
京都市内に通所介護施設2カ所を開設−松下電工、「松下電工エイジフリー・いわくらデイセンター/うずまさデイセンター」−

2003/01/20
硬すぎず、柔らかすぎず、快適な寝心地の介護ベッド用マットレスを発売−松下電工、NAIS快眠マットレス「ラクマット」−

2002/11/27
ユニバーサルデザイン発想のシステムキッチンを発売−松下電工、「NAISキッチンオーメイドID」−

2002/09/13
高齢者の生活パターン変化を携帯電話などのメールで確認できるサービス−松下電工、「みまもりネット」−

2002/07/09
患者に配慮した病院・高齢者福祉施設向け照明器具3品種を発売−松下電工、「間接壁付ブラケット・アーム式ベッドライト・壁付型ベッドライト」−

2002/06/20
北海道ガスグループが松下電工子会社と提携して介護事業に参入−松下電工エイジフリーショップスと北東住設機器−

2002/05/24
岐阜県瑞浪市に在宅介護を総合的に支援するショップを開店−松下電工、「松下電工エイジフリー介護チェーン瑞浪」−

2002/04/17
在宅介護用ポータブルトイレに、高機能タイプ温水洗浄便座を搭載−松下電工と積水ライフテックが共同開発−

2002/04/11
ホテル並みのサービスがついたシニア向賃貸住宅を展開−ナショナル住宅産業と松下電工の「サンリスタ」事業−

2002/04/05
介護知恵モールが、在宅介護に取組む家族向けの機能を強化−松下電工が運営する介護支援ウェブページにて−

2002/04/02
装飾性に加え、収納やバリアフリー機能を持たせた住宅造作部材を発売−松下電工「壁付ベンチ・腰壁収納ユニット・肘掛手すり」−

2002/03/04
車いすと介助のための在宅介護向けバリアフリー水まわりユニットを発売−松下電工、トイレとシャワーを畳1.5枚分にスペースにレイアウト−

2001/11/16
高齢者向けのメンズシェーバー発売−松下電工−

2001/11/01
業界初、スチームで洗浄・除菌する車いす車輪洗浄機を開発−松下電工−

2001/10/12
在宅介護ショップ展開でフランチャイズ契約−松下電工と三共生興の子会社同士が提携−

2001/10/04
新コンテンツ「車いすと介助のための水まわり」をリリース−松下電工「介護知恵モール」−

2001/09/03
在宅介護用ベッド「NAIS電動ケアベッドRR」がSGマーク取得−松下電工、工場登録・型式確認で業界初−

2000/11/09
トイレ設置の緊急通知装置を発売−松下電工「トイレセンサー」−

2000/10/16
乗馬療法を手軽に実現−松下電工「ジョーバEU6401」−

2000/10/02
電動カートで初めて四輪独立サスペンションを採用−松下電工、NAIS電動カートを発売−

2000/09/01
「介護リフォーム支援」をインターネットで紹介−松下電工の介護知恵モールが大幅リニューアル−

2000/07/19
介護関連サービスで提携−住友生命保険と松下電工−

2000/03/03
施設で生活する高齢者の異常や徘徊癖を察知する遠隔監視管理システムを開発−松下電工、高齢者のプライバシーも考慮−

1999/12/28
リラクゼーションを追求したベッド−松下精工

1999/09/29
松下電工が介護支援ショップ−FC展開


安否確認・緊急通報システム関連記事

2008/02/07
緊急連絡/安否確認システムの最新ASPサービスを提供−イメージシティ、「エマージェンシーコール」−

2007/10/22
水道・ガスメーターの使用量による高齢者見守りシステムを開発−名古屋市上下水道局と東邦ガス、NTT、実証実験を2008年1月から開始−

2007/09/20
人の動きや脈拍などのデータを24時間連続して測定・記録可能な腕時計型センサネット端末を試作−日立製作所、「ライフ顕微鏡」を提案−

2007/08/27
無線ICタグ装着者の動向など把握する安全支援システムを発売−横河電機、「ASTREA(アストレア)PM100」−

2007/02/08
離れて暮らす高齢者宅などをさりげなく見守るシステムを開発−NTTコムウェア、「Tangibleリモートケア」−

2006/06/08
在宅高齢者向けオンライン執事サービスを開始−セバスチャン、「生活執事サービス」と「電話執事サービス」を提供−

2005/11/10
インターネット回線を利用した高齢者向け健康管理ネットワークシステムを発売−シンクレイヤ、「在宅ヘルスケア・安否確認・施設内健康管理」の3システムで構成−

2005/07/12
無線ICタグを利用した福祉施設向け運営支援システムを発売−NTTマーケティングアクトなど4社、「ACTOSキットタグdeおまもりメニュー」−

2005/05/31
ITを活用した「安否確認(見守り)機能付き緊急通報システム」を発売−大阪ガスセキュリティサービス、全国では初めて敦賀市が採用・導入へ−

2005/04/01
ブロードバンドを活用した高齢者向け福祉サービスのトライアルを開始−NTT西日本など、「見守りコミュニケーション支援サービス」−

2005/03/15
高齢者を対象にした安否確認システム事業を受託−鷹山、埼玉県和光市より50台−

2005/01/31
高齢者や子供のための安全確認位置情報ASPサービスをau公式コンテンツとしてサービス開始−ナビッピドットコム、「ここっP゜(ここっぴ)」−

2005/01/12
Webカメラで外出先から自宅をチェック、監視・見守りなどに活用−アットネットホーム、ケーブルインターネットでホームモニタリングサービス開始−

2004/08/12
高齢者みまもりサービスを開始−エヌ・ティ・ティマーケティングアクト、「ACTOSみまもりeye」−

2004/07/15
介護予防や疾病予防ができる高齢者向けサービスを名古屋大学と共同開発−安全センター、「すこやか生活」−

2004/05/10
安否確認機能が付いた災害情報通知サービスを提供−プロミス、LifeMail−

2004/03/11
カメラとセンサーマットでベッドからの転落時にオンライン通報するシステム−デポウ、病院・老人介護施設向け「ベッド・サイドケアシステム」−

2003/11/05
ホームセキュリティ契約者等に向けた訪問健診紹介サービスを開始−綜合警備保障、医療機関と提携−

2003/08/27
山形県長井市と白鷹町で、緊急通報システムの合同開始式、山口県岩国市でも発信式−安全センター、「緊急通報サービス」−

2003/05/16
簡易型緊急通報装置とワイヤレス通報装置を発売−NTT東日本とNTT西日本、「シルバーホンあんしんSIII」など−

2003/03/26
一人暮らしの高齢者や在宅療養者等が外部と簡単に連絡がとれる緊急通報装置−大興電機製作所「SHA-202 福祉あんぜん電話」−

2003/03/13
福祉コミュニケーションシステムと緊急通報装置を販売開始−NTT東日本とNTT西日本、「SR10-VI」と「SL-8号」−

2002/09/13
高齢者の生活パターン変化を携帯電話などのメールで確認できるサービス−松下電工、「みまもりネット」−

2002/08/27
業界初、聴覚障害者向けにロードサービスを提供−翼システム、「アイドラネットロードサービス」−

2002/05/22
au携帯電話サービス「GPSケータイ」を利用した緊急通報サービスを開始−日本緊急通報サービスとKDDI、「HELPNETケータイ」−

2002/04/09
高齢者を対象とした健康支援型の救急通報サービスを開始−東芝、東芝ロケーションインフォ、綜合警備保障−

2002/01/25
業界初、声も伝えるワイヤレス呼出装置を発売−アイホン「ワイヤレスホームコール」−

2001/12/05
日本初の携帯電話用救急通報サービスを開始−セコムとKDDI−

2001/03/01
腕時計で緊急事態を知らせる−リコーエレメックスの緊急通報システム用端末装置「RTS-K30」−

2001/01/11
聴覚・言語障害者からの通報を受ける電子メール110番が開設−滋賀県警と山形県警に次いで、大阪府警と香川県警−

2000/11/09
トイレ設置の緊急通知装置を発売−松下電工「トイレセンサー」−

2000/09/27
安否確認テレビ電話システムを発売開始−朝日物産、テレビ電話システム「TV-500」−

2000/09/06
独り暮らしの高齢者などに向けた安否確認システムを発売−アートデータ「iモード対応生活情報通知ユニット」−

2000/08/03
入浴中の高齢者の異常を知らせるシステムを開発−アートデータ、iモードを利用−

2000/04/17
浴室の異常を自動通報するシステムを国内で初めて実用化−ノーリツ「浴室安全システム」−

2000/02/23
緊急通知サービス4月よりスタート−ニチイ学館、総警と提携−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。