ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



社会福祉関係行政の実態を数量的に把握する報告を公表

−厚生労働省、「2001年度社会福祉行政業務報告の概要(福祉行政報告例)」−

2002/09/24(Tue.)

大人の青汁
 厚生労働省は、社会福祉関係諸法規の施行に伴う各都道府県、指定都市および中核市における行政の実態を数量的に把握する「2001年度社会福祉行政業務報告の概要(福祉行政報告例)」を公表した。

 身体障害者福祉関係では、2001年度末現在の身体障害者手帳交付台帳登載数は、4,373,295人で年々増加している。

 知的障害者福祉関係では、2001年度末現在の療育手帳交付台帳登載数は592,088人で、年々増加している。

 2001年度末現在の知的障害者援護施設の施設数は3,162施設で、前年度に比べ165施設(前年度比5.5%)増加している。

 生活保護関係では、2001年度の1か月平均の被保護世帯数は805,169世帯で前年度に比べ53,866世帯増加した。被保護世帯数を世帯類型別にみると、高齢者世帯が最も増加している。

 2001年度の1か月平均の被保護実人員は1,148,088人となっている。保護の種類別に扶助人員をみると、生活扶助が1,014,524人と最も多く、次いで医療扶助928,527人となっている。

 2001年9月中の保護開始世帯数は14,757世帯で、保護開始の主な理由を構成割合でみると、「傷病による」が42.5%と最も多くなっているが、全体に占める割合は年々減少している。

 老人福祉関係では、2001年度末現在の老人ホーム(有料老人ホームは除く。)の施設数は7,471施設で、前年度に比べ469施設(前年度比6.7%)増加している。

 前年度に比べ大きく増加したのは、特別養護老人ホーム333施設(同7.3%)、軽費老人ホーム(ケアハウス)135施設(同10.9%)となっている。

 2001年度末現在の老人クラブ数は133,219クラブ、会員数は8,708,772人となっており、それぞれ1997年度をピークに減少傾向にある。

 婦人保護関係では、2001年度中に婦人相談員および婦人相談所における他の職員が受付した家庭関係の破綻、生活の困窮等に関する相談の件数は186,294件で、年々増加している。

 民生委員関係では、2001年度末現在の民生委員の数は224,032人で、2001年度中に処理した相談・指導件数は12,581,560件だった。

 社会福祉関係では、2001年度末現在の社会福祉法人数は17,560法人で前年度に比べ558法人(前年度比3.3%)増加した。なかでも施設経営法人は561法人(同4.2%)増加した。

 児童福祉関係では、2002年3月1日現在の保育所数は22,243施設で、前年度に比べ32施設増加した。また、在籍人員は1,985,933人で1995年度以降増加している。

 2001年度中に児童相談所が処理した児童の福祉に関する相談件数は381,843件で増加傾向にある。相談の種類別にみると障害相談が最も多く、次いで育成相談、養護相談となっている。

 2001年度に児童相談所が処理した養護相談のうち虐待相談の処理件数は23,274件で増加が著しい。

 これを相談の種別に見ると、身体的虐待が10,828件(46.5%)と最も多く、次いで、保護の怠慢・拒否(ネグレクト)が8,804件(37.8%)となっている。また、被虐待者の年齢別に見ると就学前の乳幼児が全体の50%を占めている。

 戦傷病者特別援護関係では、2001年度末現在の戦傷病者手帳交付台帳登載数は66,912人で、年々減少している。


社会福祉施策・調査関連記事

2008/08/12
今年の厚生労働白書「生涯を通じた自立と支え合い」をテーマに−厚生労働省、2008年版厚生労働白書−

2008/02/01
2006年度の「虐待の事実が認められた事例」は49件−厚生労働省、「2006年度高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」の確定版−

2007/10/19
高齢者虐待に関する通報、施設から306件、家庭から18393件−厚生労働省、「2006年度高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査」−

2007/03/20
高齢者虐待防止・養護者支援法の施行を「知っている」60%超−東京都、インターネット福祉保健改革モニター2006年度第3回アンケート結果−

2005/12/08
老人ホームの施設数、前年比314施設増加−厚生労働省、「2004年度社会福祉行政業務報告結果の概況」−

2005/03/30
認知症高齢者、知的障害者、精神障害者のグループホームにおける消費者問題と権利擁護に関する調査研究を実施−国民生活センター、ホームを対象に行った調査から利用者保護を考察−

2004/04/21
「社会のために役立ちたいと思っている」59%−内閣府、「社会意識に関する世論調査」の結果を公表−

2003/12/19
「老後生活の不安は介護」約70%が回答−インターワイヤード、DIMSDRIVEの調査「福祉に関するアンケート」−

2003/12/03
2002年度の介護扶助人員数は前年度比25.5%増−厚生労働省、2002年度社会福祉行政業務報告−

2003/04/17
雇用慣行や医療保険などの社会制度に賛成「44.7%」−内閣府、「社会意識に関する世論調査」−

2002/09/24
社会福祉関係行政の実態を数量的に把握する報告を公表−厚生労働省、「2001年度社会福祉行政業務報告の概要(福祉行政報告例)」−

2002/08/12
日本の医療・福祉サービスにおける問題点を諸外国と比較し指摘−日本貿易振興会、2001年度「対日アクセス実態調査」−

2001/12/17
2000年度の社会福祉行政業務、増加傾向−厚生労働省、2000年度社会福祉行政業務報告を公表−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。