ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



介助者の腰痛を軽減させる簡易移乗介助具

−アマノ、「こまわり3」−

2002/10/22(Tue.)

大人の青汁
 アマノは、介助者の腰痛を予防・軽減し、介助される人をベッドから車いす等へ安全に移乗させることのできる簡易型の移乗介助具「トランスファーディスクこまわり3(さん)」を発売する。

 新製品は、ベッドから車いす等へ自力で移ることができない人、あるいは身体の向きを変えることが困難な人を介助する際に、介助者の負担を軽減し、介助される本人も安全で無理のない移乗ができる簡易移乗介助具。厚生労働大臣が定める福祉用具貸与に係る福祉用具「移動リフト」の種目に属する商品となる。

 これまでも、移乗・移動のための介助用品はスライディング・シート、スライデイング・ボード、ターンテーブルなど、いろいろな補助具が市販されているが、「こまわり3」は、介助者を抱えあげないで、介助される人の上半身を支持するクッション(体幹支持部)に乗せて、テコの原理で引き上げ、回転盤(ベース部がターンテーブルになっている)を回転させることにより、ベッドから車いす、ベッドから簡易トイレ、車いすからベッドなど簡単に移乗させることができるというもの。

 開発には専門家の意見を取り入れ、約1年半を掛けて、旧「簡易移乗機こまわりさん」に改良を重ねた。

 アマノは1997年に「保健特器商品事業部」を新設し、介護福祉分野に進出。主に福祉先進国北欧各国から「移動・移乗に関する介助補助具」等を輸入し・販売している。今回の「こまわり3」は、輸入品でなくアマノが最初に日本で開発した製品。価格は139,000円。


こまわり3
写真:こまわり3


こまわり3を使用した「ベッド→車いす」の移乗
画像:こまわり3を使用した「ベッド→車いす」の移乗


アマノ株式会社概要
関連記事

2007/07/09
ICカード読み込み機能搭載GPS対応携帯電話と時刻認証技術を組み合わせた「訪問介護時間管理システム」を開発−アマノ、コネクトテクノロジーズなどと共同で業界初のシステム−

2006/12/14
バリアフリーデザイン対応ICカード式システムタイムレコーダーを発売−アマノ、「AGX200」「AGX250」の2シリーズ−

2003/09/19
介助者の腰痛を軽減させる簡易移乗介助具を発売−アマノ、トランスファーディスク「こまわり3」−

2002/10/22
介助者の腰痛を軽減させる簡易移乗介助具−アマノ、「こまわり3」−


ベッド補助製品関連記事

2007/11/05
介護現場などで活用可能な睡眠状態測定システムを開発−パラマウントベッド、睡眠判定システム「眠りスキャン」(仮称)を開発−

2007/07/23
幅広座面で移乗がしやすいリクライニング昇降座いすを発売−アイシン精機「リク楽(りくらく)」−

2007/05/24
要介護者がベッドから離床する動作を感知するシステムを開発−中電工、離床検知システムケアセンサー「エコー・アイ」−

2006/12/11
家庭用ベッドに簡単に取り付けられる「本格的手すりユニット」を発売−フランスベッド、介護用ベッドに抵抗がある人やレンタル利用が不可能な人に向け−

2003/09/19
介助者の腰痛を軽減させる簡易移乗介助具を発売−アマノ、トランスファーディスク「こまわり3」−

2002/10/22
介助者の腰痛を軽減させる簡易移乗介助具−アマノ、「こまわり3」−

2001/06/06
介護体験ビデオを無償提供−ベッドメーカーのシーホネンス−

2000/09/21
世界初の介護用身体洗浄機−住友商事がベッド上で使える身体洗浄機を開発−

2000/08/10
ケアマネジャー向け無料CD-ROMカードを配布−ケプロジャパン、製品情報提供ツール−

2000/03/06
要介護者搬送システムを発売−タカノと米国のバートン・メディカル−

1999/11/12
ベッドからの移動を最小限の力で--タカノ




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。