ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



介護関連ビジネスの市場状況と今後のアプローチ戦略などを盛り込んだ調査書を発行

−富士経済、「要支援・要介護関連市場の最新動向と今後の方向性」−

2002/11/06(Wed.)

大人の青汁
 総合マーケティングビジネスの富士経済は、「要支援・要介護関連市場の最新動向と今後の方向性」調査を発行した。

 同調査では、国内のバリアフリー製品・サービス・システムの市場概況や、バリアフリーデザインプロセス、開発ポイントを明確にすると共に、参考資料として海外の福祉動向(米、英、仏、独、スエーデンなど)を解説。

 さらに、介護関連企業のサービス展開動向を把握することで、今後の事業拡大を達成するためのマーケティングファクターを導く情報を提供する目的でこの調査を実施した。

 調査は機器/システム系市場の25品目と、メーカー10社、サービス事業者8社を対象とした。

 国内の高齢者人口は、2015年には人口全体の約25%を占めると予想されており、先進諸国に例を見ないスピードによる超高齢化社会が到来することから、国や業界でも、法制化やJIS化によるバリアフリーの基準作りへの動きが顕著となってきている。

 2000年度の高齢者数は2,247万人で全人口の17.2%、2022年には3,334万人(全人口の25.5%)、2001年5月の統計では、要介護認定人口は約262万人(高齢者に占める割合は11.7%)となっている。

 同調査では、こうした状況のなかで、注目される個別成長市場は、「在宅介護の“新しい形態”であるメディカル・ヘルスケア型マンション」であるとした。

 最近の傾向としては施設介護を希望する人が多く、ますます顕著になってきている。しかし特別養護老人ホームや老人保健施設などは入所待ちで溢れ返っており公的介護保険で定義されている介護施設に入所するのは非常に困難になっている。

 そこで最近登場してきたのが「メディカルへルスケア型マンション」。クリニック(内科や循環器科中心)が入居して、居住者全員に医療サービスを提供するのが特徴。

 クリニック、病院と連携することで安定した医療サービスを提供するのみならず、介護予防関連サービス、予報医学関連サービスなどの展開も視野に入れている。

 在宅介護の“新しい形態”であるメディカル・ヘルスケア型マンション市場が本格的に立ち上がる気配を見せており、関連各社とも当該市場にフォーカスした事業戦略にシフトしてきている。

 また、注目される個別品目市場として「福祉自動車(2010年市場規模予測1,560億円、対2001年伸長率210.8%)」「高齢者安否確認システム(2010年市場規模予測17億円、対2001年伸長率1093.8%)」「高齢者緊急通報システム(2010年市場規模予測43億円、対2001年伸長率149.8%)」の3つを挙げている。

 「福祉自動車」は、車いすなどを利用している障害者の行動範囲を飛躍的に高めたという点で、大いに評価されているものだが、同時に新たなニーズも増大してきている。

 例えば、福祉自動車を利用して遠出をしても、車いすで行く事ができるトイレや宿泊しやすいホテルや旅館に関する情報が不足しており、こうした情報をカーナビを利用して提供するサービスを販売する情報ベンダーの重要性が再認識されている。

 「高齢者安否確認システム」は、居宅内の各所にさまざまなセンサーを設置して状況を推測して安否を確認するシステムで100%本人の身体状況が把握できるわけではないが、給湯ポットなどの利用状況を通じて、遠隔地にいる家族が緩やかに見守るサービスモデルもすでに市場投入されている。

 「高齢者緊急通報システム」は、近年バージョンアップが求められてきており、居宅内、屋外をシームレスにサポートできる機能が求められる。さらに屋外での利用を想定すると位置認識機能などを搭載する必要もある。脈拍、心電などのバイタルデータから身体状況も同時に把握する研究を進めている企業も現れている。

 同資料「要支援・要介護関連市場の最新動向と今後の方向性」は、A4判182ページで価格は100,000円。


株式会社富士経済概要
  • ホームページ:株式会社富士経済
  • 所在地:東京都中央区日本橋小伝馬町2-5F・Kビル
  • 電話:03-3664-5811

関連記事

2007/01/19
高齢者関連事業の市場規模などを予測−富士経済、「特殊ルートによる物販の調査結果」−

2005/07/25
大人用紙おむつ市場は2004年が598億円、2006年予測が631億円−富士経済、調査報告書「トイレタリーグッヅマーケティング要覧2005」を発刊−

2002/11/06
介護関連ビジネスの市場状況と今後のアプローチ戦略などを盛り込んだ調査書を発行−富士経済、「要支援・要介護関連市場の最新動向と今後の方向性」−


介護サービス事業者に関する調査関連記事

2008/07/04
利用者・登録者が少なく、事業所の約3分の2が赤字経営−東京都、小規模多機能型居宅介護事業所の調査結果−

2007/12/07
介護福祉施設で「認知症ありで寝たきり者」の割合が前回調査より増加−厚生労働省、「2006年介護サービス施設・事業所調査」−

2007/06/01
全国の介護保険施設や介護保険サービス提供事業所の提供体制等を調査−厚生労働省、「2006年介護サービス施設・事業所調査」結果速報−

2007/01/19
高齢者関連事業の市場規模などを予測−富士経済、「特殊ルートによる物販の調査結果」−

2006/05/15
介護保険制度改正での介護事業者の経営戦略・事業拡大戦略に関する市場研究レポートを発刊−シード・プランニング、「2006年版介護事業者経営戦略分析総合調査」−

2005/07/22
介護サービス市場は2005年度に6兆7875億円へ−ミック経済研究所、介護サービス市場の現状と展望に関する調査報告書を発売−

2004/06/03
ケアマネジャー業務、2人に1人がヘルパーなどと掛け持ち−東京都、都内のケアマネジャー等の実態調査結果を公表−

2004/04/07
訪問看護ステーションの経営実態とサービス提供の状況−日本看護協会、2003年「訪問看護ステーションおよび併設居宅介護支援事業所に関する実態調査」−

2003/04/18
シニア向け事業のビジネスモデルなどのデータを収録した白書を発売−日本ビジネス開発、「シニア・シルバービジネス白書2003年版」−

2002/11/28
介護老人福祉施設は前年比188施設増加、介護老人保健施設は112施設増加−厚生労働省、「2001年介護サービス施設・事業所調査の概況」−

2002/11/06
介護関連ビジネスの市場状況と今後のアプローチ戦略などを盛り込んだ調査書を発行−富士経済、「要支援・要介護関連市場の最新動向と今後の方向性」−

2002/10/03
経済分析の観点から介護サービス市場を評価−内閣府、「介護サービス価格に関する研究会」報告書−

2002/07/19
介護サービス関連の苦情を基に、事業者と保険者などに対し提言−東京都国民健康保険団体連合会、「介護サービスの充実に関する提言」−

2002/03/12
次代を担うシニア・シルバービジネスコンセプトなどを提起−日本ビジネス開発、シニア・シルバービジネス白書2002年版を発刊−

2001/11/09
訪問介護事業「利用者やヘルパーの確保、経営は厳しいが、事業拡大を展望」−日本労働研究機構、訪問介護サービス事業状況調査−

2001/05/21
2001年度、事業者の半数が「良くなる」と予測−シルバーサービス振興会の調査−

2001/03/02
介護保険事業分析シリーズ第2回−シナジーワーク・プランニングセンター「訪問介護事業の事業分析手法の概要」−

2001/01/22
在宅介護事業者の参入状況−旧厚生省調査−

2000/12/26
在宅介護サービス事業者、約半年間で急増−厚生省が参入状況を公表−

2000/12/22
介護保険事業分析シリーズ第1回−シナジーワーク・プランニングセンター「訪問介護事業の事業分析手法の概要」−

2000/12/21
高齢者対応産業の将来像−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第4回(最終回)−

2000/12/15
高齢者対応の製品・サービス関連企業の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第3回−

2000/12/07
介護保険居宅サービス事業者・訪問看護サービス事業者の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第2回−

2000/11/28
自治体の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第1回−

2000/06/20
都道府県に対し有料老人ホームの「二重取り問題」を実態調査−厚生省が通知−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。