ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



介護老人福祉施設は前年比188施設増加、介護老人保健施設は112施設増加

−厚生労働省、「2001年介護サービス施設・事業所調査の概況」−

2002/11/28(Thu.)

大人の青汁
 厚生労働省は、2001年10月1日に実施した全国の介護サービスの提供体制、提供内容等に関する調査「2001年介護サービス施設・事業所調査の概況」を公表した。

 調査の対象および客体は、全国の介護保険施設、居宅サービス事業所および居宅介護支援事業所を対象とし、これらの施設・事業所の全数を調査客体とした。

 また、介護保険施設利用者および訪問看護ステーション利用者は、全国の介護保険施設の入所者を対象とし、3,747施設について、2001年9月末の在所者の1/2(指定介護療養型医療施設である診療所については全数)および9月中の退所者の全数を客体とした。また、全国の訪問看護ステーションの利用者を対象とし、1,480事業所について、2001年9月中の利用者の1/2を客体とした。

 調査結果の「介護保険施設の状況」では、2001年10月1日午前零時現在活動中の介護保険施設は11,222施設となっている。また、介護老人福祉施設は4,651施設で、前年に比べ188施設増加しており、介護老人保健施設は2,779施設で、前年に比べ112施設増加している。

 開設主体別に施設数をみると、介護老人福祉施設は社会福祉法人が87.3%と最も多く、介護老人保健施設および介護療養型医療施設は医療法人が72.9%、71.9%と最も多くなっている。

 都道府県別に65歳以上人口10万対の介護保険施設定員(病床数)をみると、沖縄県が4,985人で最も多く、徳島県が4,848人、高知県が4,459人と多くなっている。

 施設の定員(病床数)規模別に施設数をみると、介護老人福祉施設では「50〜59人」が50.6%、介護老人保健施設では「100〜109人」が38.4%、介護療養型医療施設では「1〜9人」が37.1%と多くなっている。

 介護保険施設の常勤換算従事者数は、介護老人福祉施設が174,875人、介護老人保健施設が148,753人、介護療養型医療施設が96,872人となっている。

 主な職種をみると、「看護師」、「准看護師」は介護療養型医療施設が13,113人、22,906人、介護老人保健施設が10,671人、18,057人、介護老人福祉施設が6,301人、8,943人となっており、「介護職員」は介護老人福祉施設が109,313人、介護老人保健施設が81,117人、介護療養型医療施設が41,880人となっている。

 また、「看護・介護職員」について従事者1人当たりの在所者数をみると、介護老人福祉施設が2.5人、介護老人保健施設が2.0人となっている。

 介護保険施設の居室、療養室および病室(以下「居室」という。)の室数を室定員別にみると、各施設とも「4人室」が最も多くなっている。また、「個室」の割合をみると、介護老人福祉施設が30.7%で最も多くなっている。

 前年との増減率でみると、介護老人福祉施設では、主に「個室」が増加しているのに対して「5人以上室」が減少しており、介護療養型医療施設では、主に「4人室」が増加しているのに対して「5人以上室」が減少している。

 「介護保険施設の利用者の状況(調査対象期間中(2001年9月1日〜30日)に介護保険施設を利用した人の推計数)」では、2001年9月末の在所者について性別にみると「男」が22.8%、「女」が77.2%となっている。

 年齢階級別にみると介護老人福祉施設では「90歳以上」が25.2%と最も多く、次いで「85〜89歳」が25.1%、介護老人保健施設では「85〜89歳」が27.0%と最も多く、次いで「80〜84歳」が23.7%、介護療養型医療施設では「90歳以上」が24.3%と最も多く、次いで「85〜89歳」が24.2%となっている。

 また、第2号被保険者(65歳未満の者)は、介護療養型医療施設が4.1%となっている。

 要介護度別在所者数在所者を要介護度別にみると、「要介護5」はいずれの施設においても、前年に比べ増加している。

 在所者の要介護度を年齢階級別にみると、80歳未満の各年齢階級で「要介護5」が最も多くなっており、80歳以上の各年齢階級では「要介護4」が最も多くなっている。

 在所者の主な傷病をみると、各施設とも「循環器系の疾患」が最も多く、次いで「精神および行動の障害」が多くなっており、これら2傷病による在所者の割合は、各施設とも約70%となっている。

 在所者の痴呆性老人の日常生活自立度をみると、介護老人福祉施設は「ランクIII」が29.4%と最も多く、次いで「ランクIV」が27.9%、介護老人保健施設は「ランクIII」が35.7%と最も多く、次いで「ランクII」が25.2%、介護療養型医療施設では「ランクIV」が31.9%と最も多く、次いで「ランクIII」が26.6%となっている。

 また、痴呆と寝たきりの状況をみると「痴呆あり(介護を必要とするランクIII以上)で寝たきり者」は、介護療養型医療施設が66.5%と多くなっている。

 9月中に機能訓練を受けた人の割合をみると、ほとんどの機能訓練で介護老人保健施設が多く、運動療法が64.2%になっている。

 9月中に機能訓練を受けた平均日数をみると、「日常生活動作訓練」では介護老人福祉施設が多く、他の機能訓練については、介護療養型医療施設が多くなっている。

 在所者の在所期間をみると、介護老人福祉施設では、「5年以上」が28.2%、介護老人保健施設および介護療養型医療施設では、「1〜2年未満」がそれぞれ23.3%、35.6%と多くなっている。

 累積百分率をみると、介護老人保健施設および介護療養型医療施設では、「1〜2年未満」で約80%に達しているのに対し、介護老人福祉施設では40%に達していない。

 9月中の退所者における、入所前の場所についてみると、介護老人福祉施設では、「家庭」が28.7%と最も多く、次いで「医療機関」28.2%、同様に、介護老人保健施設では「家庭」46.9%、「医療機関」43.6%、介護療養型医療施設では「医療機関」69.9%、「家庭」20.6%となっている。

 また、退所後の行き先をみると、介護老人福祉施設では「死亡」が65.5%と最も多く、次いで「医療機関」28.9%、同様に、介護老人保健施設では「家庭」40.5%、「医療機関」39.3%、介護療養型医療施設では「医療機関」34.1%、「死亡」28.6%となっている。

 在所者の9月中における1人当たり平均利用料をみると、介護老人福祉施設で33,954円、介護老人保健施設で62,141円、介護療養型医療施設で67,346円となっている。

 利用料の内訳をみると、各施設とも介護サービス費自己負担分と食費(標準負担分)の合計が、利用料全体の70%を超えている。

 「居宅サービス事業所の状況」では、集計対象となった事業所をとりまとめた。居宅サービス事業所を開設(経営)主体別にみると、訪問介護、訪問入浴介護、通所介護、短期入所生活介護事業所では「社会福祉法人」が多く、訪問看護ステーション、通所リハビリテーション、短期入所療養介護事業所では「医療法人」が多くなっている。

 また、訪問介護、訪問入浴介護、痴呆対応型共同生活介護事業所については、「営利法人(会社)」の割合が他の居宅サービス事業所に比べ多くなっている。

 居宅サービス事業所を2001年9月中の利用人員階級別にみると、訪問系サービスでは、訪問介護、訪問看護ステーションは「50人以上」が多く、訪問入浴介護事業所は「29人以下」が約70%を占めている。

 通所系サービスでは、各事業所とも「50人以上」が多くなっている。9月中の1事業所当たり利用者数をみると、ほとんどの事業所において、前年に比べ増加している。

 要介護度別利用者数をみると、訪問系サービスでは、訪問介護事業所は「要介護2」以下が約70%を占めているが、訪問入浴介護、訪問看護ステーションは「要介護5」、「要介護4」が多くなっている。

 通所系サービスでは、各事業所とも「要介護1」、「要介護2」が多くなっている。9月中の利用者1人当たり利用回(日)数をみると、訪問介護事業所は11.8回、訪問看護ステーションは5.2回、通所介護事業所は5.6回となっている。

 居宅サービス事業所の常勤換算従事者数は、訪問系サービスでは、訪問介護事業所は104,019人、訪問入浴介護事業所は10,890人、訪問看護ステーションは21,534人、通所系サービスでは、通所介護事業所は83,092人となっている。

 1事業所当たり常勤換算看護・介護職員数をみると、訪問系サービスでは、訪問介護事業所は8.6人、訪問看護ステーションは4.0人、通所系サービスでは、通所介護事業所は6.4人となっている。

 9月中の看護・介護職員1人当たり利用者延数は、訪問介護事業所が74.9人、訪問看護ステーションが57.4人、通所介護事業所が67.1人となっている。

 「訪問看護ステーションの利用者の状況調査対象期間中(2001年9月1日〜30日)に訪問看護ステーションを利用した人の推計数」では、2001年9月中の訪問看護ステーションの推計利用者数は221,005人で、介護保険法の利用者は、81.8%となっている。

 性別でみると、「男」は86,938人(39.3%)、「女」は134,067人(60.7%)となっており、年齢階級別にみると、介護保険法では「80〜89歳」が39.5%、健康保険法などでは「40〜64歳」が30.9%と多くなっている。

 要介護度別に訪問回数をみると、要介護度が高くなるほど5回以上の割合が多くなり、また、滞在時間をみると、同一単位(時間)のみの利用者は70%以上がほとんどとなっている。

 利用者の主な傷病をみると、介護保険法では「循環器系の疾患」が49.8%で最も多く、健康保険法などでは「I神経系の疾患」が23.7%で最も多くなっている。

 介護保険法による痴呆性老人の日常生活自立度の状況をみると、痴呆ありは、加齢とともに増えているが、80歳以上では、3人に1人が「ランクIII以上」となっている。


介護サービス事業者に関する調査関連記事

2008/07/04
利用者・登録者が少なく、事業所の約3分の2が赤字経営−東京都、小規模多機能型居宅介護事業所の調査結果−

2007/12/07
介護福祉施設で「認知症ありで寝たきり者」の割合が前回調査より増加−厚生労働省、「2006年介護サービス施設・事業所調査」−

2007/06/01
全国の介護保険施設や介護保険サービス提供事業所の提供体制等を調査−厚生労働省、「2006年介護サービス施設・事業所調査」結果速報−

2007/01/19
高齢者関連事業の市場規模などを予測−富士経済、「特殊ルートによる物販の調査結果」−

2006/05/15
介護保険制度改正での介護事業者の経営戦略・事業拡大戦略に関する市場研究レポートを発刊−シード・プランニング、「2006年版介護事業者経営戦略分析総合調査」−

2005/07/22
介護サービス市場は2005年度に6兆7875億円へ−ミック経済研究所、介護サービス市場の現状と展望に関する調査報告書を発売−

2004/06/03
ケアマネジャー業務、2人に1人がヘルパーなどと掛け持ち−東京都、都内のケアマネジャー等の実態調査結果を公表−

2004/04/07
訪問看護ステーションの経営実態とサービス提供の状況−日本看護協会、2003年「訪問看護ステーションおよび併設居宅介護支援事業所に関する実態調査」−

2003/04/18
シニア向け事業のビジネスモデルなどのデータを収録した白書を発売−日本ビジネス開発、「シニア・シルバービジネス白書2003年版」−

2002/11/28
介護老人福祉施設は前年比188施設増加、介護老人保健施設は112施設増加−厚生労働省、「2001年介護サービス施設・事業所調査の概況」−

2002/11/06
介護関連ビジネスの市場状況と今後のアプローチ戦略などを盛り込んだ調査書を発行−富士経済、「要支援・要介護関連市場の最新動向と今後の方向性」−

2002/10/03
経済分析の観点から介護サービス市場を評価−内閣府、「介護サービス価格に関する研究会」報告書−

2002/07/19
介護サービス関連の苦情を基に、事業者と保険者などに対し提言−東京都国民健康保険団体連合会、「介護サービスの充実に関する提言」−

2002/03/12
次代を担うシニア・シルバービジネスコンセプトなどを提起−日本ビジネス開発、シニア・シルバービジネス白書2002年版を発刊−

2001/11/09
訪問介護事業「利用者やヘルパーの確保、経営は厳しいが、事業拡大を展望」−日本労働研究機構、訪問介護サービス事業状況調査−

2001/05/21
2001年度、事業者の半数が「良くなる」と予測−シルバーサービス振興会の調査−

2001/03/02
介護保険事業分析シリーズ第2回−シナジーワーク・プランニングセンター「訪問介護事業の事業分析手法の概要」−

2001/01/22
在宅介護事業者の参入状況−旧厚生省調査−

2000/12/26
在宅介護サービス事業者、約半年間で急増−厚生省が参入状況を公表−

2000/12/22
介護保険事業分析シリーズ第1回−シナジーワーク・プランニングセンター「訪問介護事業の事業分析手法の概要」−

2000/12/21
高齢者対応産業の将来像−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第4回(最終回)−

2000/12/15
高齢者対応の製品・サービス関連企業の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第3回−

2000/12/07
介護保険居宅サービス事業者・訪問看護サービス事業者の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第2回−

2000/11/28
自治体の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第1回−

2000/06/20
都道府県に対し有料老人ホームの「二重取り問題」を実態調査−厚生省が通知−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。