ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



日本国内の非営利団体が行う国際交流活動をサポート

−国際交流基金アジアセンター、「アジア草の根交流助成」−

2003/01/22(Wed.)

大人の青汁
 国際交流基金アジアセンターは、日本とアジア諸国(アジアセンターの事業対象地域)との間の市民レベル・地域レベルの交流事業に対して実施経費の一部を助成することにより、日本とアジア諸国との間の相互理解を促進することを目的に「アジア草の根交流助成」事業をおこなう。

 申請資格は、国際交流活動を行っている日本国内の非営利団体やグループ(法人格を持たない任意団体を含む)で、地方公共団体、国の機関および国際機関は助成対象とはならない。

 助成対象となる事業は、日本とアジア諸国の一般市民同士の相互理解を深め、友好親善を促進することを目的に、日本国内または海外で実施される国際的な文化行事や会議等市民レベルの各種文化交流事業。日本からの参加者があれば、2か国間の交流事業でも、または多国間の交流事業でも対象となる。

 優先助成事業を設定しており、その対象は、日本とアジア諸国の参加者同士の交流の要素が強く認められるもの、事業のテーマや内容に先駆的要素やパイロット性のある斬新なもの、参加する日本とアジア諸国の団体・グループの間で関心や課題についての意識が十分に共有されており共通の課題の解決を目的に協力して行うもの、事業の達成目標が明確で、事業を実施した後に具体的な成果が期待できるもの、国際交流の基盤整備という観点から、地域における国際交流の担い手となる人材の育成や日本とアジア諸国間の市民同士のネットワーク構築につながるもの、将来、事業の発展が期待できるもの−−となっている。

 毎回同じ内容が繰り返される事業は、優先度が低くなり、日本語教育および自然科学分野の主題を専らとするものや、営利活動、宗教活動、政治活動、選挙活動などを含むものは助成対象とはならない。対象事業の実施期間は、2003年5月1日〜2004年3月31日まで。

 助成金は1件あたり100万円を上限とするが、アジアセンターが事業経費の全体を負担することはない。

 助成費目は、国際航空賃(「日本→海外」「海外→日本」双方とも対象)国内交通費、宿泊費(単価については国際交流基金の定める上限金額のある項目がある)、会場借料、通訳料、物品輸送費等、広報資料、配布資料、報告書等の作成費などで、経費の一部を助成する。申請団体の事務所運営経費(人件費、通信費等)は助成の対象とはならず、助成金の金額は、申請金額を下回ることがある。


独立行政法人国際交流基金概要
関連記事

2006/12/19
米国の非営利組織の運営方法を学ぶ機会を提供−国際交流基金、「日米センターNPOフェローシップ」第8期フェロー募集−

2004/11/26
非営利団体が行う日米間の研究・交流・教育活動などを助成−国際交流基金日米センター、一般公募助成−

2004/09/27
国際文化交流に貢献した非営利団体と個人を顕彰−国際交流基金、「2004年度第20回国際交流基金地域交流賞」−

2004/08/31
非営利法人が欧州で実施する事業を助成−国際交流基金、「日欧市民交流助成(派遣)」−

2004/08/24
アジア・中東での国際交流活動を行っている非営利団体を支援−国際交流基金アジアセンター、「アジア市民交流助成」と「中東市民青少年交流助成」−

2004/07/29
非営利団体が行うNPOセクターに関する招へい事業を支援−独立行政法人国際交流基金日米センター、「市民交流」助成プログラム「米国NPOを知ろう」−

2004/04/21
非営利団体等が行う国際交流活動を支援−国際交流基金アジアセンター、「アジア市民交流助成」−

2003/11/20
非営利組織が行う草の根レベルの交流プロジェクトなどを助成−独立行政法人国際交流基金日米センター、一般公募助成事業「市民交流プログラム」−

2003/06/26
非営利団体などが行う日本とアジア諸国間の交流事業を助成−国際交流基金、「アジア草の根交流助成」−

2003/01/22
日本国内の非営利団体が行う国際交流活動をサポート−国際交流基金アジアセンター、「アジア草の根交流助成」−

2001/11/28
米国NPOでのマネジメント実務研修の機会を提供−日米センターNPOフェローシップ−


助成、表彰(2003年1月〜3月)関連記事関連記事

2003/03/31
保健衛生や福祉に取り組むボランティア団体などを表彰−第一生命保険、「第55回保健文化賞」−

2003/03/27
障害者の自立と社会参加などに直結する事業を助成、申込みを募集−ヤマト福祉財団、「2003年度障害者福祉助成金」−

2003/03/26
郵便貯金の利子を原資とした寄附金をNGOに配分−郵政事業庁、「国際ボランティア貯金の寄附金配分」−

2003/03/24
高年齢者等3人以上が共同して創業する法人を助成−厚生労働省、「高年齢者等共同就業機会創出助成金」−

2003/03/20
女性や高齢者の市民活動をベンチャー企業へと後押しする支援事業を実施−経済産業省、2003年度「市民活動活性化モデル事業」の公募−

2003/03/18
「パートナーシップによるまちづくり」を行う市民団体を助成−まちづくり市民財団「まちづくり助成金」−

2003/03/10
個人やNPOなどのグループがおこなう「まちづくり企画」を支援−再開発コーディネーター協会、「藤田記念まちづくり企画支援事業」−

2003/03/05
具体的な環境活動を行う草の根活動グループを支援−パタゴニア、「自然環境保護支援プログラム」−

2003/02/24
ボランティア活動団体が行う自然を守る活動を助成−非木材紙普及協会、2003年度(第4回)環境ボランティア助成募集−

2003/02/19
民間非営利団体がおこなうコミュニティ活動を支援−日本国際交流センター、「リーバイ・ストラウス・コミュニティ活動推進基金」−

2003/02/18
共通の課題に取り組む日米NPO間の協働プロジェクトをサポート−日米コミュニティ・エクスチェンジ、日米NPOネクサス「協働プロジェクト助成プログラム」−

2003/02/17
アジア太平洋地域に貢献した個人またはNGOなどの団体を顕彰−アジア太平洋フォーラム・淡路会議、井植記念「アジア太平洋文化賞」−

2003/02/14
女性のための活動を続けているボランティアグループを応援するプログラム−エイボン・プロダクツ、「エイボングループサポート」−

2003/02/12
セブン-イレブン店頭に寄せられた募金をボランティア活動団体に助成−セブン-イレブンみどりの基金「環境市民ボランティア活動助成制度」−

2003/01/28
都内で活動する市民団体や、アジア地域で活動するNGOなどを助成−生活クラブ生活協同組合・東京、草の根市民基金「2003年度都内団体一般助成・アジア草の根助成」−

2003/01/23
沖縄県のやんばる地域で実施する「森林保全のための環境教育事業」を支援−リコー、環境NGOの日本野鳥の会やんばる支部に対し実施−

2003/01/22
日本国内の非営利団体が行う国際交流活動をサポート−国際交流基金アジアセンター、「アジア草の根交流助成」−

2003/01/20
個人や法人、NPO等が行ったまちづくりの取組みを表彰−日本都市計画家協会、「第1回日本都市計画家協会賞」−

2003/01/14
民間の研究者や、NPO団体の自主的研究活動を奨励・支援−消費生活研究所、2003年度「持続可能な社会と地球環境のための研究助成」−

2003/01/08
環境教育や地域の環境保全活動を実践しているNPOや個人を支援−日本環境協会、「藤本倫子環境保全活動助成基金」−

2003/01/06
環境NGOの環境保全活動に対する助成金交付要望募集を開始−環境事業団「環境事業団地球環境基金助成金」−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。