ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



IBM、NPOが行う高齢者・障害者向けIT初心者研修のために5万5千ドルを寄付

−日本IBM、NPO法人イー・エルダーに対し−

2003/01/30(Thu.)

大人の青汁
 日本IBMは、NPO法人イー・エルダーに対し5万5千ドルの寄付を行ったことを発表した。

 イー・エルダーは、今回のIBMの寄付を、自身が推進する高齢者と障害者を対象とする初歩的なIT研修コースの実施に伴う初期開発費やインストラクター養成・講師派遣料などに活用する。

 具体的には、イー・エルダーでは入門コース、初心者コースならびに、インストラクター養成コースの3研修コースの開発、およびこれらの研修で使用する教材や副教本の開発を行なう。

 また、年間50コース(受講者約500名)の研修コース実施に必要なインストラクター/サブ・インストラクターの派遣、ならびに受講者の受講後の個人別フォローアップ・システムの運用に必要なサーバーのメインテナンス費用も寄付の対象となっている。

 さらに日本IBMはイー・エルダーに対し、研修の実施に必要な機材として、2万ドル相当のパソコンおよびソフトウェアを寄贈する予定。

 IBMの支援で、イー・エルダーが開催するコースは、関東地区で21コース、阪神地区で19コース、仙台地区で10コースの予定となっている。


日本アイ・ビー・エム株式会社概要
  • ホームページ:日本IBM
  • 所在地:東京都港区六本木3-2-12
  • 電話:03-3586-1111

関連記事

2008/07/10
ウェブ・アクセシビリティーを促進するコラボレーション・ソフトウエアを開発−日本IBM、「ソーシャル・アクセシビリティ・プロジェクト」−

2007/03/27
視覚障害者向けのWeb用アクセシビリティ・ツールを開発−IBMの東京基礎研究所、Web上のマルチメディア・コンテンツの利用を支援−

2006/12/19
障害者向け支援技術でソフトウェア・インターフェースを開発−米IBM、「IAccessible2」−

2006/05/10
高齢者や身障者などが見やすく作成しやすいホームページ管理ツールを提供−内田洋行と日本IBM、公共分野のアクセシビリティ推進で販売協力−

2004/12/14
情報のバリアフリー支援ソリューションを中堅中小市場向けに販売開始−日本アイ・ビー・エム、「らくらくウェブ散策」−

2004/10/21
バリアフリーに対応したホームページ作成ソフトを発売−日本IBM、「ホームページ・ビルダーV9」−

2004/07/20
視覚障害者のホームページの見え方などを確認できるチェック・ツールを無償提供−日本IBM、「aDesigner」−

2004/03/01
厚生労働省のホームページがインターネット閲覧支援ツールを採用−日本IBM「らくらくウェブ散策」、中央省庁としては初めて−

2003/07/07
高齢者などのネット閲覧支援ソフトを企業向けに販売−日本IBM、「らくらくウェブ散策」−

2003/02/17
視覚障害者の就労を支援するソフト「JAWS」のWindowsXP対応版を発売−日本IBM、「JAWS for Windows V4.5」−

2003/01/30
IBM、NPOが行う高齢者・障害者向けIT初心者研修のために5万5千ドルを寄付−日本IBM、NPO法人イー・エルダーに対し−

2002/12/25
在宅重度障害者へのIT教育を最新技術で実施−日本IBMと東京コロニー、「在宅重度障害者向けIT教育支援」−

2002/12/04
社会福祉・医療事業団の会員向け情報サービスをブロードバンド化して提供−日本IBM、高セキュリティのIP-VPNネットワークを提供−

2001/09/19
「ウェブページを見やすく、扱いやすく」新たな取組みを開始−日本IBM、ライコスジャパン「LYCOS/ITryプロジェクト」第2弾−

2001/07/13
最新・最大34万5千語収録の点訳英和辞典が完成、無償貸与開始−日本IBMと全国約120名の点訳ボランティア−

2001/06/25
JavaScript読み上げに対応など新機能が充実−日本IBM、音声読み上げインターネット・ブラウザ−

2001/04/12
視覚障害者向け「読み上げソフトウェア」日本語版を発表−日本IBM−

2001/03/13
インターネット閲覧をバリアフリーに−ライコスジャパンと日本IBMのLYCOS/ITryプロジェクト−

2001/03/07
漢字変換+意味の読み上げ−日本IBMが視覚障害者向け日本語文書作成支援ソフトを開発−

2000/06/29
介護を担う若者達から「元気」のプレゼント−IBMとヒューマンアカデミーの福祉コンピューティング活動−

2000/06/21
ノート型パソコンにバリアフリー設計を採用−日本IBM、「シンクパッド」シリーズ−

2000/02/18
在宅勤務で介護支援−日立製作所と日本IBM−

2000/01/31
日本IBMが介護抱える社員と和解


特定非営利活動法人イー・エルダー概要
関連記事

2005/08/10
ホームページのアクセシビリティ化に必要な資金助成と技術的な支援を実施−イー・エルダー、「NPOアクセシビリティ支援プログラム」−

2004/04/05
NPO法人イー・エルダーに社内使用済パソコンを無償譲渡−TIS、将来的には年間500台を寄贈−

2003/01/30
IBM、NPOが行う高齢者・障害者向けIT初心者研修のために5万5千ドルを寄付−日本IBM、NPO法人イー・エルダーに対し−


寄付・寄贈・募金関連記事

2007/01/22
全国都道府県に福祉車両100台を寄贈−ダイハツ工業、創立100周年記念事業として−

2006/11/21
「クリック募金」をブログで手軽に紹介できるブログパーツをリリース−ダビンチ、「イーココロ!ブログパーツ」−

2006/02/28
マイレージポイントをNPOなどへの寄付に利用できるサービスを開始−みずほFG、みずほマイレージクラブ新サービスの開始−

2005/10/13
関係する市や町へ市民福祉活動向けの車両を寄贈−アイシン精機、創立40周年を記念して−

2005/08/23
7月のチャリティーオークション落札額合計は929万2493円−ヤフー、「ロエベ」サッカーボールや「権利もの」が人気に−

2005/07/27
「介助犬の育成資金の募金」を全国介助犬協会に寄託−住友不動産販売、サマーステップコンサートにて募金活動を実施−

2005/06/08
「チャリティーオークション」売上を新潟県中越地震災害義援金として寄付−KDDI、沖縄セルラー、「auオークション」で実施−

2005/03/14
売り上げが義援金・介助犬育成支援として寄付されるチャリティアイテムの販売を開始−ライブドア、livedoorアバター「チャリT」−

2004/10/27
長野県の小学校やろう学校にノートPC等を寄贈−日本ヒューレット・パッカード、ノートPC78台など−

2004/09/08
15周年記念商品の売上額の5%をユニセフへ寄付−ユナイテッドアローズ、全10ブランド17アイテムの創業15周年記念商品を販売−

2004/08/17
社会貢献団体へ寄付ができる携帯電話向け販促コンテンツを開始−タイトー、「DiRECTコーズパック」−

2004/04/14
在宅福祉移送サービスカーを贈呈、過去累計106台−中外製薬、寄贈開始から今年で20年目−

2004/04/05
NPO法人イー・エルダーに社内使用済パソコンを無償譲渡−TIS、将来的には年間500台を寄贈−

2003/12/11
東京電力が銀座ショールームの展示家電を福祉施設に寄贈−東京都が児童福祉施設等15か所に配分−

2003/05/20
独自の制度を活用し、「イラク緊急募金」に協力−日興ビーンズ証券、「ビーンズ・ポイントによるイラク緊急募金」−

2003/01/30
IBM、NPOが行う高齢者・障害者向けIT初心者研修のために5万5千ドルを寄付−日本IBM、NPO法人イー・エルダーに対し−

2002/12/03
10年を超える募金活動にユニセフから感謝状−日本航空、航空会社の特性を活かした社会貢献に高い評価−

2002/10/31
オンライン募金サービスを開始−ジャパンネット銀行と中央共同募金会、「ネット募金赤い羽根」−

2002/09/12
チャリティーバナー募金が好調−サイト・プロモート、「Yes!JAPAN」−

2002/05/07
11月20日を「世界子どもの日」として募金活動を展開−マクドナルド、世界中の2万9000店が同時に活動−

2002/01/08
ソニーグループ、難民支援団体に対し組織運営費を支援−ジャパン・プラットフォームに寄付−

2001/12/03
「NHK歳末たすけあい」募金運動開始−日本放送協会、中央共同募金会、NHK厚生文化事業団−

2001/11/29
カンボジアの子供にジミー大西さんの絵本をプレゼントする募金活動を実施−イオン−

2001/11/15
携帯電話で環境保全に募金を−世界自然保護基金日本委員会−

2001/11/06
「米国救援活動」支援金を寄贈−イオンのグループ企業56社−

2001/09/19
米国同時多発テロ事件の影響によって発生した費用に募金の呼びかけ−日本骨髄バンク−

2001/05/16
オンライン募金サービスを開始−オイスカ、ぼきんやドットコムとジャパンネット銀行−

2001/04/23
売上の一部を「赤い羽根募金」へ寄付するカップ麺−カネボウフーズ、「家系総本山吉村家」−

2001/04/13
インターネットポイントプログラムによる寄付金の募集を開始−赤い羽根共同募金の新プログラム−

2000/10/03
赤い羽根の平成12年度共同募金運動が開始−赤い羽根共同募金、今回が54回目−

1999/08/24
福島県の社会福祉法人恵清会−「見せ金」発覚で解散命令

1999/07/04
「老人ホームに送って」−郵便ポストに現金600万円




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。