ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



高齢者の家族に異常が起きたことを知らせる人型ロボット、留守番や見守りも可能

−三菱重工業、ホームユースロボットを開発、イメージモデル「ワカマル」を完成−

2003/02/07(Fri.)

大人の青汁
 三菱重工業は、家族と一緒に生活し、留守番や、家族に異常が起きたときはあらかじめ指定されたところに連絡をとるなどの機能を備えた人型のホームユースロボットの開発に着手した。すでに原型となるイメージモデルを完成、4月に横浜市のパシフィコ横浜で開かれるROBODEX2003(3日〜6日)で実演、一般に公開する。

 ロボットを利用する「オーナー」の対象として、まず一人暮らしの高齢者、潜在的な健康不安をもっている人を想定しており、通信ネットワークとの常時接続を活用して、「留守番」「見守り」「異常時の通報」「健康管理」の四つの機能をもたせる。

 「留守番」機能では、外出先から携帯電話やパソコンを操作して、家の中の画像を見ることができる。また、周辺での大きな物音や、移動する物体を検知した際、指定の連絡先にメールや電話で知らせる。

 「見守り」機能では、オーナーとのかかわりを遠隔地の家族にメールで知らせることで、遠隔地の家族はオーナーが元気なことをさりげなく確認できる。

 「異常時の通報」機能では、オーナーに変化や異常(記憶している生活スケジュールと大きく異なる、風呂から長時間出てこない、話しかけても反応がない等)が起きたと判断した場合、遠隔地の家族や指定の連絡先にメールや電話で知らせる。

 「健康管理」機能では、薬の服用時間などを管理し、オーナーに伝え、睡眠や食事など日常的な健康に関する質問をし、その情報を健康管理に役立てる。

 さらには、通信ネットワーク活用により、各種のサービス会社が、ロボットを介してオーナーにサービスを提供することができる。オーナーは受けたいサービスの種類を自由に増やしたり、組み合わせを替えたりすることが可能。サービスを提供する企業の参加を募り、機能を順次充実させていく。

 家族との生活で大切なコミュニケーションについては、生活に必要な言葉を認識、人に近づき顔を見て話し掛けるなど、身振りをまじえた会話ができる。インターネットの情報の照会・伝達機能もある。

 身長は1m。自分自身の生活リズムをもち、バッテリーが減ると自分で充電する。充電中もコミュニケーションでき、365日一緒に生活するロボット。愛称(開発ニックネーム)は「wakamaru」(ワカマル)。

 インターナショナルな活動で世界中から注目を集めるデザイナー喜多俊之氏が、デザインを担当。喜多氏は、“使う人にものが歩み寄る”そして“ロボットが「一人の独立した人格」としてオーナーに接する”というデザインコンセプトのもと、愛らしい表情とフォルムにすることで、親近感を与えるとともに、性能が高度になっていく可能性と存在感を演出した。

 同社は、ロボットと生活する新しいライフスタイルを提案、ホームユースロボットの普及をはかっていく。


ホームユースロボットイメージモデル機
写真:ホームユースロボットイメージモデル機


三菱重工株式会社概要
関連記事

2003/02/07
高齢者の家族に異常が起きたことを知らせる人型ロボット、留守番や見守りも可能−三菱重工業、ホームユースロボットを開発、イメージモデル「ワカマル」を完成−

2002/06/26
業界初、高齢者でも楽に始動できる農業・産業用4サイクルエンジン−三菱重工業、ミラクルスタートエンジン「GM82」−


ロボット関連記事

2007/12/06
人の活動をサポートする「トヨタ・パートナーロボット」の開発概要を発表−トヨタ、「モビリティロボット」「バイオリン演奏ロボット」−

2007/08/06
介護現場で“やさしく”働く「支援ロボット」の導入を目指し理研と企業が連携センターを開設−理化学研究所と東海ゴム工業、「理研−東海ゴム人間共存ロボット連携センター」−

2007/02/15
住宅や医療・介護施設などで応用できるロボット事業で業務提携−大和ハウスとCYBERDYNE、ロボットスーツ量産化なども目的に合意−

2006/02/15
ロボットとシニア層のビジネス戦略と展望について調査・分析した資料を販売−ネットアンドセキュリティ、「家庭用ロボットの需要調査とシニア層の市場開発に関する調査」−

2005/12/20
建物などから情報をセンサーで取得し自在に移動する「車いすロボット」を開発−清水建設、福岡市ロボット特区の公道で実証実験に成功−

2005/03/28
愛・地球博へ次世代インテリジェント車いすロボットを出展−アイシン精機、「TAO Aicle(タオアイクル)」−

2005/03/25
医療介護分野のリハビリ実習用下肢ロボットの実証実験を実施−大阪産業創造館のロボットラボラトリー、理学療法士を目指している学生を対象に−

2005/01/14
高齢者向けパートナーロボット「よりそいifbot」を発売−ビジネスデザイン研究所、ドリームサプライ、フタバ産業など3社が共同開発−

2004/10/13
重度身障者向けで国内初の本格的な自立支援リフト、来年度早々に販売開始−セコム、要介護者自立支援ロボット「セコムリフト」の試作機が完成−

2003/02/07
高齢者の家族に異常が起きたことを知らせる人型ロボット、留守番や見守りも可能−三菱重工業、ホームユースロボットを開発、イメージモデル「ワカマル」を完成−

2002/10/08
外出先から携帯電話で操作し、要介護者の状況を確認できるホームロボット−富士通研究所、「MARON-1」を開発−

2002/05/30
介護施設向けに会話ができるロボットを開発−山武、個人を認識し、その人の好きな話題でコミュニケーションが可能−

2002/05/01
日本初の食事支援ロボット「マイスプーン」の販売を開始−セコムとセコム医療システム−

2001/01/12
要介護者をベッドなどから抱きかかえれる「介護ロボットアーム」−コーナン電子が「多関節(オフセット回転関節)ロボット」を開発−

2000/08/22
コミニケーション機能搭載のロボットを開発−ATR知能映像通信研究所、「ロボビー」−

2000/05/08
福祉ロボットなどの大会−知能ロボット「パートナーロボット」の全国競技大会が開催−

1999/12/22
仙台で介護ロボットの協議会が産官学で発足




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。