ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



世界で初めて介助犬を生み出したボニー・バーゲン博士が来日

−日本聴導犬協会、講演会・介助犬トレーニングの実践セミナーを開催−

2003/03/14(Fri.)

大人の青汁
 NPO法人日本聴導犬協会は、世界で初めて介助犬を生み出した天才訓練士ボニー・バーゲン博士を招き、4月29日に「少年院での更正プログラムと介助犬育成の取り組みの可能性」をテーマとした講演会、また、5月の連休を利用し5日間に及ぶ介助犬トレーニングの実践セミナーを行う。

 バーゲン博士は、1985年に設立された世界76育成団体が加盟する国際アシスタンスドッグ協会(Assistance Dogs International,Inc ADI)の初代会長で、世界最大の介助犬育成団体CCIの創設者、世界初の学位(短大レベル)のとれる介助犬の育成者を育てるAssistance Dogs Instituteの学長として、世界中に後身を輩出している。

 また、ADI加盟団体のうち10団体以上が、犯罪者の更生プログラムに協力しており、犯罪の増加が極めて高い米国では、州からの委託を得て、補助犬の育成に刑務所や少年院等の更生プログラムを組み入れ、高い成果を上げている団体が多数存在し世界各国から注目を集めており、今回の講演会のテーマとした。

 いっぽう、日本での補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)の状況をみると、国や自治体が管理する施設・住宅や、電車、バスなどの公共交通機関での、補助犬を連れた障害者の受け入れを義務づけた「身体障害者補助犬法」が施行されて5ヶ月で、盲導犬875頭(米国1万頭)、聴導犬15頭(米国4500頭)、介助犬21頭(米国4000頭)が実働しているといわれている。

 今回のセミナーでは、ADIに加盟する介助犬育成団体のほとんどが、指導や影響を受けて来たといっても過言ではないバーゲン博士のアカデミカルな介助犬トレーニングの実践セミナーを催す。「トレーニングをできるかぎり実践してもらい、明日からの育成や訓練に活用してほしい」というバーゲン博士の強い希望により、愛犬と一緒に参加が可能となっている。

 開催日時は、講演会が4月29日13:00〜18:30、費用3000円、定員150〜200名。セミナーは5月1日〜5日10:00〜16:00、費用3万円(各種資料付き)、定員30〜50名、共に会場は学校法人ヤマザキ学園(東京都渋谷区松涛2-16-5)となっている。


問合せ先:NPO法人日本聴導犬協会 担当:矢澤
  • 所在地:長野県上伊那郡宮田村3200
  • TEL&FAX:0265-85-5290
  • E-mail:inf@hearingdog.or.jp


社会福祉法人日本聴導犬協会概要
関連記事

2007/04/16
聴導犬の総解説書を発行、送料のみで送付−日本聴導犬協会、「マンガと解説で知る『人生でもっとも幸せ』聴導犬と出会うために」−

2005/03/09
日本ではじめての補助犬に関するジャーナルを発行−日本聴導犬協会、「補助犬研究」−

2004/05/21
補助犬とともに生活する人々との交流フォーラムを開催−日本聴導犬協会とNHK厚生文化事業団「NHKハート・フォーラム ニッポンの子供たちと補助犬ユーザーとのあったか討論会」−

2003/03/14
世界で初めて介助犬を生み出したボニー・バーゲン博士が来日−日本聴導犬協会、講演会・介助犬トレーニングの実践セミナーを開催−

2003/03/04
日本聴導犬協会の活動をピーシーエー生命が支援−3月3日”耳の日”、発表セレモニーを開催−

2002/10/16
盲導犬・介助犬・聴導犬などの補助犬普及への取り組みについて講演−日本聴導犬協会、「国際アシスタンス・ドッグ協会前会長ロビン・ディクソン招日講演会」−

2002/04/30
「身体障害者補助犬法案」成立により、聴導犬育成団体の業務に影響−「NPO法人日本聴導犬協会を社会福祉法人に推進する会」が発足−


イベント(2003年1月〜3月)関連記事

2003/03/19
NGOの活動事例などを紹介「環境NGOと市民の集いin金沢」−環境事業団地球環境基金、「フォーラムいしかわの里山」−

2003/03/14
世界で初めて介助犬を生み出したボニー・バーゲン博士が来日−日本聴導犬協会、講演会・介助犬トレーニングの実践セミナーを開催−

2003/03/12
NGO・NPOや学校関係者、個人等を対象にネットワーク・ミーティングを開催−環境事業団と北海道環境財団、当別エコロジカルコミュニティーなど−

2003/03/11
歩行が困難な人や靴のトラブルで困っている人に向け「無料相談会」を開催−NPO法人カールハインツ・ショット足と靴の科学研究所「足と靴および歩行のお悩み無料相談会」−

2003/03/06
NGOやNPO等を対象に「持続可能な開発のための教育」ネットワーク・ミーティングを開催−環境事業団地球環境基金と岡山ユネスコ協会など、「NGO/NPOと市民の集いin岡山」−

2003/03/03
子ども向け体験エコ教室のボランティアを募集−北海道環境財団、環境サポートセンター−

2003/02/27
NGOに必要なキャパシティ・ビルディングを学ぶ−日米コミュニティ・エクスチェンジ、「NGOキャパシティ・ビルディング短期研修」の報告会を開催−

2003/02/25
NGO、NPOの活動とネットワークをひろげるセミナーを3回連続で開催−エコ・コミュニケーションセンター、「市民活動リーダーのための参加のデザインセミナー」−

2003/02/13
米国NPOやボランティアに関心がある人を対象としたプログラムの説明会を開催−日本太平洋資料ネットワーク、「サンフランシスコNPOボランティア体験プログラム」−

2003/02/10
英国NGOの取り組み事例に学ぶイベントを開催−日米コミュニティ・エクスチェンジ、「市民に支えられるNGOとは?〜英国の事例から」−

2003/02/06
シンポジウム「NPOと自治体”協働”の可能性−福祉サービスを利用する人たちをささえるために−」を開催−市民福祉サポートセンター、自治体のヒアリング結果などを共有−

2003/02/05
NGOなどを対象に「地球環境問題総合講座」と「国際協力講座」を開催−環境事業団地球環境基金、地球環境市民大学校−

2003/02/04
全国の文化ボランティア関係者が集まる交流会を開催−文化庁、「全国文化ボランティア交流会」−

2003/02/03
NPOやボランティアグループ向け、4つのテーマ別マネジメントセミナーを開催−さいたまNPOセンター、「事業計画作成・ミーティングファシリテーター入門・税務入門・広報」

2003/01/29
海外や中長期でのボランティアプログラムの説明会を開催−日本国際ワークキャンプセンター、国際ワークキャンプ説明会と中長期ボランティア説明会−

2003/01/27
プロジェクト型NPOのためのパワーアップ講座を開催−環境事業団地球環境基金、地球環境市民大学校「プロジェクト運営講座」−

2003/01/21
シンポジウム「NPOと行政の協働による市民参加のまちづくり」を開催−さいたまNPOセンターと埼玉県がNPO活動者、行政職員とともに−

2003/01/16
国際協力に貢献できる人材育成、環境NGOスタッフを対象に研修生を募集−環境事業団、地球環境市民大学校海外派遣研修マレーシア短期コース−

2003/01/15
家族・親子のつながりを活かした社会へ向けて、ボランティアアドバイザーを養成−日本青年奉仕協会、第2期「ファミリーボランティアアドバイザー養成講座」−

2003/01/07
企業やNPO、市民の連携に向けて−地球・人間環境フォーラム、「第6回環境レポート大賞表彰式および環境報告書シンポジウム」−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。