ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



「高齢者・障害者配慮設計指針」としてJIS原案3件を作成

−産業技術総合研究所、経済産業省に提案−

2003/04/10(Thu.)

大人の青汁
 独立行政法人産業技術総合研究所は、高齢者・障害者に配慮した「聞き取りやすい報知音を組み込んだ家電製品」や「見やすい視覚表示物(案内板等)」の普及促進に貢献することを目的とした「高齢者・障害者を配慮して設計するための指針(推奨事項)」を日本工業規格(JIS)として制定するため、3件のJIS原案を作成し、工業標準化法第12条の規定に基づき、経済産業大臣に対してJIS制定の申出を行った。今回、申出を行ったJIS原案は、日本工業標準調査会(JISC)の審議を経て、年内には経済産業大臣によって正式に日本工業規格(JIS)として制定される予定。

 これら3件のJIS原案は、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)と共同で実施した標準基盤研究の成果(高齢者人間感覚特性DB)を基に、NITEの全面的な協力を得て、高齢者・障害者を含む利害関係者で構成した「JIS原案作成委員会」で審議し、成案化したもの。

 また、現在、産業技術総合研究所では、昨年11月に策定した「産業技術総合研究所・工業標準化戦略」において、社会的ニーズや行政からの要請が大きく、産業技術総合研究所の研究ポテンシャルの高い分野の一つとして、「消費者保護/高齢者・障害者配慮分野」を選定し、組織をあげて工業標準化に取り組んでいるところで、今回のJIS原案作成もこの戦略に沿って実施していた。

 なお、ISO/COPOLCO(国際標準化機構/消費者政策委員会)へのの提案によって審議が開始されたISO/IECガイド71(規格作成における高齢者、障害者のニーズへの配慮ガイドライン)が2001年に制定され、高齢者・障害者に配慮した具体的な規格作りの推進が国際的に求められている中、現在ISO/TC159(国際標準化機構/人間工学専門委員会)に設置されたアドホック委員会において、高齢者・障害者配慮国際標準化の方策が検討されており、産業技術総合研究所としては、今回のJIS原案を基にISOへの国際規格提案を行うことを視野に入れている。

 JIS原案の名称は、高齢者・障害者配慮設計指針-消費生活製品の報知音-妨害音および聴覚の加齢変化を考慮した音圧レベル・視覚表示物-年代別相対輝度の求め方および光の評価方法・視覚表示物-日本語文字の最小可読文字サイズ推定方法の3つ。

「消費生活製品の報知音-妨害音および聴覚の加齢変化を考慮した音圧レベル」
 消費者は、電気・電子機器、情報通信機器、OA機器、燃焼機器、玩具、衛生設備機器、健康器具などにおいて、動作の終了や異常などを知らせるために報知音を使用した様々な消費生活製品に囲まれているが、これらの報知音は、使用者の加齢に伴う聴力低下および周囲の妨害音(生活環境音)の影響によって聞き取りにくくなることがあるため、生活環境音の有無にかかわらず適切に聞き取れる報知音を設計するための指針が安全性や使い易さの面から必要となっている。

 このため、このJIS原案は、視覚障害者、視力および聴力の衰えが見られる高齢者をはじめとする使用者が消費生活製品を使用する際、操作のフィードバック、製品の状態などの情報を得るために必要な報知音の音圧レベル(音量)に関して、妨害音および聴覚の加齢変化を考慮して設計するための指針について規定するもの。

 この原案がJISとして制定されることによって、使用者にとって聞き取りやすい適切な報知音を用いた製品の普及が期待できる。

「視覚表示物-年代別相対輝度の求め方および光の評価方法」
 高齢者人口の急激な増加にもかかわらず、高齢者にとって見にくい視覚表示物が増加しているため、その安全な生活と快適な生活のために必要な視環境の評価・設計の指針が必要となっている。例えば、高齢者は眼球レンズの透過率の加齢変化により青色が見えにくくなるにもかかわらず、青色を用いた公共のサインや標識などが少なくない。

 このため、このJIS原案は、若年者から高齢者までの年齢の対象者が光源および物体を見るときの種々の色光に対する光の視覚的明るさとそれに基づく視認性を、対象者の年齢を考慮した年代別相対輝度を用いて評価する方法について規定するもの。

 この原案がJISとして制定されることによって、光源や物体の明るさが計算でき、特に高齢者が安全で快適な生活を送るために必要な見やすい視覚表示物のコントラストなどの評価・設計に資することが期待できる。

「視覚表示物-日本語文字の最小可読文字サイズ推定方法」
 文字情報は、情報技術時代の社会生活にとって必要不可欠であるにもかかわらず、様々な形・サイズで表示・印刷されるため、特に年齢とともに視力の低下する高齢者にとって視覚表示物(印刷物、標識、表示ラベルなど)が読みづらい文字で表示されている場合が多く、日常生活においてすべての人に対して、読みやすく適切な文字を提供するために文字の最小可読サイズを定量的に推定・設計する指針が必要となっている。

 このため、このJIS原案は、平仮名、片仮名、アラビア数字、および漢字を日本語文字とし、若年者から高齢者までの年齢の対象者が、様々な環境下でそれらの1文字を読むことのできる最小の文字サイズの推定方法について規定するもの。

 この原案がJISとして制定されることによって、対象者の年齢や見る環境に応じた最適な文字サイズを設計するための指針が得られ、特に高齢者が安全で快適な生活を送るために必要な見やすい視覚表示物の文字サイズの評価・設計に資することが期待できる。


経済産業省概要
関連記事

2004/04/02
人にやさしいものづくりのための人材育成に関する実態調査結果−経済産業省と人間生活工学研究センター−

2004/02/20
福祉用具流通の業界基準等の標準化を多くの企業が希望−経済産業省「福祉用具産業の流通に関する商慣行改善調査」−

2004/02/19
予防医療、健康福祉、介護分野でのビジネスチャンス創出に向けたフェアを開催−経済産業省、新市場創出見本市「医療・健康福祉産業マッチングフェア2004」−

2003/12/04
「医療・健康福祉産業マッチングフェア2004」出展者募集、出展料無料−経済産業省中小企業庁、近畿経済産業局、中小企業総合事業団が主催−

2003/06/16
NPOや企業・市民等が連携した「環境コミュニテイ・ビジネス」の立ち上げを支援−経済産業省、企業・市民等連携環境配慮活動活性化モデル事業支援−

2003/04/10
「高齢者・障害者配慮設計指針」としてJIS原案3件を作成−産業技術総合研究所、経済産業省に提案−

2003/03/20
女性や高齢者の市民活動をベンチャー企業へと後押しする支援事業を実施−経済産業省、2003年度「市民活動活性化モデル事業」の公募−

2002/10/04
高齢者が使いやすいIT機器の基礎データを研究−経済産業省、「高齢者のIT利用特性データベース構築等基盤設備整備事業に関する調査研究」−

2002/06/12
産業構造審議会NPO部会が中間取りまとめを発表−経済産業省、NPOの効果を分析、課題と促進策を検討−

2002/05/02
2002年度障害者等向け情報システム開発事業の公募受け付けを開始−経済産業省、障害者がIT社会に積極的参画できるよう整備−

2002/03/26
2000年度福祉用具市場は対前年度比で初の0.3%マイナス、共用品は好調−経済産業省、2000年度福祉用具・共用品市場規模調査結果−

2001/04/20
障害者・高齢者等向けITシステム開発事業の公募を開始−経済産業省と財団法人ニューメディア開発協会−

2001/03/22
エネルギー使用合理化在宅福祉機器システム開発に助成金−経済産業省とNEDO−


ユニバーサルデザイン(行政)関連記事

2004/04/02
人にやさしいものづくりのための人材育成に関する実態調査結果−経済産業省と人間生活工学研究センター−

2003/04/10
「高齢者・障害者配慮設計指針」としてJIS原案3件を作成−産業技術総合研究所、経済産業省に提案−

2001/05/23
具体的製品事例をもとにした新「6つの配慮事項」−第2次ユニバーサルデザイン懇談会−

2001/01/24
ユニバーサルデザインを取り入れた紙パック−大手3乳業、関係団体、農林水産省の取り組み−

2000/08/02
電気通信機器のアクセシビリティーガイドライン−郵政省が制定−

2000/04/19
製品開発におけるユニバーサルデザインについて配慮事項−通産省のまとめ−

2000/04/03
バリアフリー製品認定マークの導入−通産省が検討開始−

1999/11/17
ユニバーサルデザイン懇談会発足--通産省

1999/09/07
ユニバーサルファッション普及へ−通産省やアパレルメーカー




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。