ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



雇用慣行や医療保険などの社会制度に賛成「44.7%」

−内閣府、「社会意識に関する世論調査」−

2003/04/17(Thu.)

大人の青汁
 内閣府は、「社会意識に関する世論調査」の結果を公表した。同調査は、社会や国に対する国民の基本的意識の動向や、少子高齢社会等の社会の在り方に関する国民の意識についての世論を調査したもの。調査対象は20歳以上の者で、10,000人を客体とした。

 雇用などの慣行や医療保険などの社会制度において、様々な高齢者を年齢の基準だけで一律に現役世代と別に取り扱うことについてどのように思うか聞いたところ、「賛成」とする人の割合が44.7%(「賛成」16.9%+「どちらかというと賛成」27.7%)、「反対」とする人の割合が38.9%(「どちらかというと反対」26.8%+「反対」12.1%)となっている。なお、「わからない」と答えた人の割合が16.4%となっている。

 都市規模別に見ると、「賛成」とする人の割合は大都市、町村で、「反対」とする人の割合は中都市で、それぞれ高くなっている。性別に見ると、「賛成」とする人の割合は男性で高くなっている。性・年齢別に見ると、「賛成」とする人の割合は男性の60歳代、70歳以上で、「反対」とする人の割合は男性の40歳代と女性の30歳代から50歳代で、それぞれ高くなっている。

 高齢期の生活の支えについて、主となるべきものは何だと思うか聞いたところ、「自分自身での支え」と答えた人の割合が32.6%、「家族の支え」と答えた人の割合が38.4%、「社会全体での支え」と答えた人の割合が25.9%となっている。

 都市規模別に見ると、「自分自身での支え」と答えた人の割合は大都市で、「家族の支え」と答えた人の割合は町村で、それぞれ高くなっている。性別に見ると、「自分自身での支え」を挙げた人の割合は男性で、「家族の支え」、「社会全体での支え」を挙げた人の割合は女性で、それぞれ高くなっている。

 今現在、信頼できる人はいるか聞いたところ「いる」と答えた人の割合が93.5%、「いない」と答えた人の割合が6.5%となっている。性別に見ると、「いる」と答えた人の割合は女性で高くなっている。性・年齢別に見ると、「いる」と答えた人の割合は女性の20歳代から50歳代で高くなっている。

 信頼できる人が「いる」と答えた者(6,358人)に、信頼できる人のうち、最も信頼できる人はだれか聞いたところ、「配偶者」と答えた人の割合が65.2%と最も高く、以下、「子供」(10.7%)などの順となっている。

 都市規模別に見ると、「配偶者」と答えた人の割合は小都市で、「子供」と答えた人の割合は町村で、それぞれ高くなっている。性別に見ると、「配偶者」と答えた人の割合は男性で、「子供」と答えた人の割合は女性で、それぞれ高くなっている。性・年齢別に見ると、「配偶者」と答えた人の割合は男性の40歳代から70歳以上と女性の30歳代から50歳代で、「子供」と答えた人の割合は男性の70歳以上と女性の60歳代、70歳以上で、それぞれ高くなっている。

 家族に係る意見として、「家族は経済観念や物質的なつながりより精神的なつながりが大切である」という意見についてどのように思うか聞いたところ、「そう思う」とする人の割合が91.4%(「そう思う」68.6%+「どちらかというとそう思う」22.8%)、「そう思わない」とする人の割合が3.7%(「どちらかというとそう思わない」2.3%+「そう思わない」1.4%)となっている。

 都市規模別に見ると、「そう思う」とする人の割合は中都市で高くなっている。性・年齢別に見ると、「そう思う」とする人の割合は女性の30歳代、40歳代で高くなっている。

 「家族との時間よりも友人など家族以外の人との時間が大切である」という意見についてどのように思うか聞いたところ、「そう思う」とする人の割合が25.8%(「そう思う」7.8%+「どちらかというとそう思う」18.0%)、「そう思わない」とする人の割合が62.1%(「どちらかというとそう思わない」29.9%+「そう思わない」32.2%)となっている。なお、「どちらともいえない」と答えた人の割合が10.1%となっている。

 性別に見ると、「そう思う」とする人の割合は男性で高くなっている。性・年齢別に見ると、「そう思う」とする人の割合は男女共に20歳代で、「そう思わない」とする人の割合は男性の40歳代、50歳代と女性の30歳代、40歳代で、それぞれ高くなっている。

 「遺産相続などの社会慣習や社会保障制度などは家族とは別に個人単位として考えることが大切である」という意見についてどのように思うか聞いたところ、「そう思う」とする人の割合が44.4%(「そう思う」20.1%+「どちらかというとそう思う」24.3%)、「そう思わない」とする人の割合が30.1%(「どちらかというとそう思わない」15.8%+「そう思わない」14.3%)となっている。なお、「どちらともいえない」と答えた人の割合が10.0%、「わからない」と答えた人の割合が15.6%となっている。

 性別に見ると、「そう思わない」とする人の割合は男性で高くなっている。性・年齢別に見ると、「そう思う」とする人の割合は女性の30歳代から50歳代で、「そう思わない」とする人の割合は男性の30歳代、60歳代と女性の20歳代で、それぞれ高くなっている。

 社会への貢献意識として、日頃、社会の一員として、何か社会のために役立ちたいと思っているか聞いたところ、「思っている」と答えた人の割合が58.9%、「あまり考えていない」と答えた人の割合が37.5%となっている。前回の調査結果と比較してみると、「思っている」(60.7%→58.9%)と答えた人の割合が低下している。

 都市規模別に見ると、「思っている」と答えた人の割合は中都市で、「思っていない」と答えた人の割合は大都市、町村で、それぞれ高くなっている。性別に見ると、「思っている」と答えた人の割合は男性で高くなっている。性・年齢別に見ると、「思っている」と答えた人の割合は男性の40歳代から60歳代と女性の40歳代、50歳代で、「あまり考えていない」と答えた人の割合は男女共に20歳代、70歳以上で、それぞれ高くなっている。

 何か社会のために役立ちたいと「思っている」と答えた者(4,002人)に何か社会のために役立ちたいと思っているのはどのようなことか聞いたところ、「町内会などの地域活動(お祝い事や不幸などの手伝い、町内会や自治会などの役員、防犯や防火活動など)」を挙げた人の割合が36.2%と最も高く、以下、「社会福祉に関する活動(老人や障害者などに対する介護、身の回りの世話、給食、保育など)」(33.4%)、「自然・環境保護に関する活動(環境美化、リサイクル活動、牛乳パックの回収など)」(32.3%)、「自分の職業を通して」(21.7%)などの順となっている。

 前回の調査結果と比較してみると、「自然・環境保護に関する活動(環境美化、リサイクル活動、牛乳パックの回収など)」(36.3%→32.3%)を挙げた人の割合が低下している。

 都市規模別に見ると、「町内会などの地域活動(お祝い事や不幸などの手伝い、町内会や自治会などの役員、防犯や防火活動など)」を挙げた人の割合は小都市、町村で、「自分の職業を通して」を挙げた人の割合は大都市で、それぞれ高くなっている。

 性別に見ると、「町内会などの地域活動(お祝い事や不幸などの手伝い、町内会や自治会などの役員、防犯や防火活動など)」、「自分の職業を通して」を挙げた人の割合は男性で、「社会福祉に関する活動(老人や障害者などに対する介護、身の回りの世話、給食、保育など)」、「自然・環境保護に関する活動(環境美化、リサイクル活動、牛乳パックの回収など)」を挙げた人の割合は女性で、それぞれ高くなっている。

 性・年齢別に見ると、「町内会などの地域活動(お祝い事や不幸などの手伝い、町内会や自治会などの役員、防犯や防火活動など)」を挙げた人の割合は男性の50歳代から70歳以上と女性の60歳代、70歳以上で、「社会福祉に関する活動(老人や障害者などに対する介護、身の回りの世話、給食、保育など)」を挙げた人の割合は女性の40歳代から60歳代で、「自然・環境保護に関する活動(環境美化、リサイクル活動、牛乳パックの回収など)」を挙げた人の割合は女性の20歳代、40歳代、50歳代で、「自分の職業を通して」を挙げた人の割合は男性の20歳代から50歳代で、それぞれ高くなっている。

 社会の在り方等に対する意識として、理想として、自分自身に何人くらいの子供がいるのが良いと思うか聞いたところ、「0人」と答えた人の割合が0.6%、「1人」と答えた人の割合が2.3%、「2人」と答えた人の割合が38.5%、「3人」と答えた人の割合が45.2%、「4人」と答えた人の割合が5.0%、「5人」と答えた人の割合が1.8%、「6人以上」と答えた人の割合が0.3%、「わからない」と答えた人の割合が6.3%、「わからない」と答えた人を除く回答人数の平均は2.62人となっている。

 都市規模別に見ると、「2人」と答えた人の割合は大都市、中都市で、「3人」と答えた人の割合は町村で、それぞれ高くなっている。性別に見ると、「2人」と答えた人の割合は男性で、「3人」と答えた人の割合は女性で、それぞれ高くなっている。性・年齢別に見ると、「2人」と答えた人の割合は男性の20歳代、30歳代と女性の20歳代で、「3人」と答えた人の割合は男性の60歳代、70歳以上と女性の40歳代から60歳代で、それぞれ高くなっている。

 実際には何人の子供を持てる、あるいは持てたと思うか聞いたところ、「0人」と答えた人の割合が1.8%、「1人」と答えた人の割合が7.2%、「2人」と答えた人の割合が45.5%、「3人」と答えた人の割合が26.5%、「4人」と答えた人の割合が3.0%、「5人」と答えた人の割合が1.3%、「6人以上」と答えた人の割合が0.3%、「わからない」と答えた人の割合が14.5%、「わからない」と答えた人を除く回答人数の平均は2.31人となっている。

 都市規模別に見ると、「2人」と答えた人の割合は大都市、中都市で、「3人」と答えた人の割合は町村で、それぞれ高くなっている。性・年齢別に見ると、「2人」と答えた人の割合は男性の30歳代と女性の30歳代から50歳代で、「3人」と答えた人の割合は男性の50歳代から70歳以上と女性の40歳代、60歳代、70歳以上で、それぞれ高くなっている。

 自分にとって子育てを楽しいと感じることが多いか、それとも辛いと感じることが多いか聞いたところ、「楽しいと感じることの人が多い」と答えた人の割合が51.1%、「楽しいと感じることと辛いと感じることが同じくらい」と答えた人の割合が32.4%、「辛いと感じることの人が多い」と答えた人の割合が5.9%となっている。なお、「わからない」と答えた人の割合が10.2%となっている。

 都市規模別に見ると、「楽しいと感じることの人が多い」と答えた人の割合は小都市で、「楽しいと感じることと辛いと感じることが同じくらい」と答えた人の割合は町村で、それぞれ高くなっている。性別に見ると、「楽しいと感じることと辛いと感じることが同じくらい」と答えた人の割合は女性で高くなっている。

 性・年齢別に見ると、「楽しいと感じることの人が多い」と答えた人の割合は男性の30歳代で、「楽しいと感じることと辛いと感じることが同じくらい」と答えた人の割合は女性の30歳代から50歳代で、それぞれ高くなっている。

 子育てについて「楽しいと感じることと辛いと感じることが同じくらい」、「辛いと感じることの人が多い」と答えた者(2,601人)に自分にとって子育ての辛さとはどんなことだと思うか聞いたところ、「子どもの将来の教育にお金がかかること」を挙げた人の割合が51.6%と最も高く、以下、「自分の自由な時間がなくなること」(29.8%)、「子どもの相手は体力や根気がいること」(28.8%)、「子どもが小さいときの子育てにお金がかかること」(24.8%)などの順となっている。

 都市規模別に見ると、「子どもの相手は体力や根気がいること」を挙げた人の割合は中都市で、「子どもが小さいときの子育てにお金がかかること」を挙げた人の割合は大都市で、それぞれ高くなっている。

 性別に見ると、「子どもの将来の教育にお金がかかること」、「子どもが小さいときの子育てにお金がかかること」を挙げた人の割合は男性で、「自分の自由な時間がなくなること」、「子どもの相手は体力や根気がいること」、を挙げた人の割合は女性で、それぞれ高くなっている。

 性別に見ると、「子どもの将来の教育にお金がかかること」を挙げた人の割合は男性の40歳代、50歳代と女性の40歳代で、「自分の自由な時間がなくなること」を挙げた人の割合は男性の20歳代、30歳代と女性の20歳代、30歳代、50歳代で、「子どもの相手は体力や根気がいること」を挙げた人の割合は女性の20歳代、30歳代で、「子どもが小さいときの子育てにお金がかかること」を挙げた人の割合は男女共に20歳代で、それぞれ高くなっている。

 子供を育てることについて、今以上に大きな役割を担うべきものは何だと思うか聞いたところ、「親や家族」と答えた人の割合が48.6%と最も高く、以下、「子育てのための施設」(11.2%)などの順となっている。

 都市規模別に見ると、「親や家族」を挙げた人の割合は小都市で高くなっている。性別に見ると、「子育てのための施設」を挙げた人の割合は女性で高くなっている。性・年齢別に見ると、「親や家族」を挙げた人の割合は男性の60歳代と女性の60歳代、70歳以上で、「子育てのための施設」を挙げた人の割合は女性の20歳代、30歳代で、それぞれ高くなっている。

 青少年の成長や自立に必要なこととして、「親、そのほかの人の世話や介護をする」という機会は青少年の成長や自立のために必要だと思うか聞いたところ、「必要だと思う」とする人の割合が85.5%(「必要だと思う」52.5%+「どちらかというと必要だと思う」33.0%)、「必要だと思わない」とする人の割合が7.1%(「どちらかというと必要だと思わない」5.1%+「必要だと思わない」2.0%)となっている。

 性別に見ると、「必要だと思う」とする人の割合は女性で高くなっている。性・年齢別に見ると、「必要だと思う」とする人の割合は女性の50歳代、60歳代で、それぞれ高くなっている。


内閣府概要
関連記事

2008/08/01
前期高齢者人口は2016年の1,744万人がピークに−内閣府、2008年版高齢社会白書−

2008/03/21
「高齢者も社会の支え手・担い手の側にまわるべき」に88.5%の支持−内閣府、「高齢社会対策に関する特別世論調査」−

2008/02/22
高齢者の心配ごと、約35%が「自分が病気または介護を必要」をあげる−内閣府、「世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」−

2008/02/15
40%超の高齢者が住宅で「困っていることがある」−内閣府、「2005年度高齢者の住宅と生活環境に関する意識調査」−

2007/04/02
日本・アメリカ・韓国・ドイツ・フランスの高齢者を対象とした生活意識調査の結果−内閣府、「第6回高齢者の生活と意識に関する国際比較調査結果」−

2007/03/23
保育所の利用や企業における子育て支援制度について調査を実施−内閣府、ホームページの意見募集に寄せられた意見の結果−

2007/02/28
少子化の流れを反転させることに成功した2国に学ぶシンポジウムを開催−内閣府、「少子化対策を考える国際シンポジウム」−

2007/02/09
少子高齢化関連、出産・不妊治療についての意見募集結果を公表−内閣府、「出産育児一時金など、出産時の経済的負担について」「不妊治療について」−

2007/02/02
全国の民間非営利団体の収入は前年度比3.3%減、経費は前年度比3.9%増−内閣府、「2005年度民間非営利団体実態調査」−

2007/01/24
高齢者の心配ごとや、家計、健康と福祉などに関する実態・意識を調査−内閣府、「2005年度世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」−

2006/12/05
「障害者週間の集い」や「みんなでつくる共生社会パネル展」などのイベントを開催−内閣府、2006年度「障害者週間」行事について−

2006/11/24
2006年度「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」の入賞作品を決定−内閣府、「障害者週間の集い」で内閣総理大臣賞の表彰を実施−

2006/11/22
少子化に関する意見を募集−内閣府、ホームページ上で募集を実施−

2006/10/13
女性有業率と合計特殊出生率から見た少子化構造を明らかに−内閣府、「少子化と男女共同参画に関する社会環境の国内分析報告書」−

2006/09/06
少子化の流れを変えるための企業や地域における子育て支援に関するシンポジウムを開催−内閣府と財団法人社会経済生産性本部「官民連携子育て支援推進フォーラム・全国リレーシンポジウム」−

2006/08/25
NPO法人の基盤強化に関する研修会を全国15箇所で開催−内閣府、「NPO法人の活動基盤強化に関する研修会」−

2006/08/03
NPOを対象とした人材育成事業・ネットワーク形成促進事業の第2次募集を実施−内閣府、「2006年度市民活動団体等支援総合事業」−

2006/07/26
「未婚者の結婚を促進する施策を国が実施すべきである」日本と韓国のみが賛成−内閣府、「少子化社会に関する国際意識調査」−

2006/07/05
「NPO法人の活動基盤強化に関する研修会」の運営協力団体を募集−内閣府、全国12箇所で開催−

2006/06/30
「2006年度高齢社会研究セミナー」を開催−内閣府と高齢社会NGO連携協議会、「社会参加に取り組むシニア」をテーマに−

2006/06/15
「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」を募集−内閣府、2006年度障害者週間に向けて−

2006/03/17
高齢期における生活の参考となる事例を募集−内閣府、「2006年度エイジレス・ライフ実践者と社会参加活動事例の募集」−

2006/03/01
人材育成事業・ネットワーク形成促進事業を推進するための募集を実施−内閣府、「2006年度市民活動団体等支援総合事業」−

2006/02/22
民間で非営利事業を行う団体の収入は前年度比4.4%増−内閣府、「2004年度民間非営利団体実態調査」−

2006/01/25
「少子化を考える国民の集い」を開催−内閣府と三重県、次世代育成をテーマに−

2005/11/24
2005年度「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」の入賞作品が決定−内閣府、障害者週間に活用−

2005/11/17
2005年度障害者週間の行事について公表−内閣府、障害者基本法の改正を踏まえた新しい行事を予定−

2005/08/11
「2005年度エイジレス・ライフ実践者と社会参加活動事例」の選考結果を発表−内閣府、個人43件、グループ27件を選考−

2005/07/14
2005年度「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」の募集を開始−内閣府、障害について感じたことや、障害への理解促進に繋がる作品を募集−

2005/06/27
肢体不自由と内部障害、うつ病関係が増加−内閣府、「2005年版 障害者白書」−

2005/04/18
外国籍住民と協働したまちづくりを推進するための調査−内閣府と群馬県大泉町、2004年度市民活動モデル調査−

2005/03/23
いきいきと生活する高齢者、高齢者グループの活動事例を募集−内閣府、2005年度「エイジレス・ライフ実践者と社会参加活動事例」−

2005/02/04
障害者に係る企業の取組事例を募集−内閣府、「障害者に係る企業の取組事例集」に掲載−

2004/12/02
障害者週間関連事業の表彰と、シンポジウム「共生社会における企業と障害者」を開催−内閣府、「障害者週間の集い」−

2004/11/30
「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」の入賞作品を決定−内閣府、最優秀賞である南里一成さんの作品を「障害者週間のポスター」に−

2004/11/12
各国から高齢化社会の対応対策に関係する実務家・専門家を招待したシンポジウムを開催−内閣府、「高齢社会に関するグローバル・パートナーシップ・シンポジウム」−

2004/11/08
NPO法人とボランティア団体に対し、自治体等との協働について調査−内閣府、「コミュニティ再興に向けた協働のあり方に関する調査」−

2004/10/18
「心豊かな長寿社会を考える国民の集い」を開催−内閣府など、エイジレス・ライフ実践者・社会参加活動事例等を紹介−

2004/09/08
高齢者が行う自身の活動や社会参加活動事例を紹介−内閣府、2004年度「エイジレス・ライフ実践者」と「社会参加活動事例」選考結果を公表−

2004/09/01
「障害について知っておきたいこと・知ってほしいこと」の意見を募集−内閣府、障害に係る具体的な啓発内容の検討の参考に−

2004/07/28
ほとんど毎日出かける高齢者は51%−内閣府、「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査結果の概要」−

2004/07/07
「心の輪を広げる体験作文」「障害者週間のポスター」を募集−内閣府、12月の障害者週間に向け−

2004/06/16
高齢者交通安全対策として、バリアフリーな道路交通環境と、交通安全教育に関するボランティア活動等を推進−内閣府、「本格的な高齢社会への移行に向けた総合的な高齢者交通安全対策」の推進状況−

2004/04/21
「社会のために役立ちたいと思っている」59%−内閣府、「社会意識に関する世論調査」の結果を公表−

2004/04/12
高齢者交通安全対策の推進状況−内閣府、各省庁の状況を公表−

2004/03/29
特定非営利活動法人に係る電子申請・届出、縦覧・閲覧システム等を運用開始−内閣府、「電子縦覧・閲覧システム」−

2004/03/23
7か年の計画期間を完了した障害者プラン、主要事項をおおむね達成−内閣府、2002年度末の障害者プランの進捗状況を公開−

2004/03/03
年齢にとらわれず自由で生き生きとした生活を送る高齢者を募集−内閣府、「2004年度エイジレス・ライフ実践者および社会参加活動事例の募集」−

2004/02/04
障害者施策計画の策定率は約91%−内閣府、「障害者施策に関する計画の策定等の状況」−

2004/01/13
2003年度「防災とボランティアのつどい」を開催−内閣府、「防災とボランティアの日」と「防災とボランティア週間」を中心として−

2004/01/08
NPO法人認証申請者やNPO法人に対し市民への説明要請と説明内容公開を実施−内閣府、特定非営利活動促進法(NPO法)の運用方針の改定−

2004/01/05
ボランティア、NPOなどを対象とした様々なセミナー・分科会を開催−内閣府と板橋区、「ボランティア・市民活動コーディネートセミナー」−

2003/11/06
各国政府とNGO・NPO等との高齢化社会対応パートナーシップについてのシンポジウムを開催−内閣府、「高齢社会に関するグローバル・パートナーシップ・シンポジウム」−

2003/10/09
「超高齢社会に関心がある」85.6%、「介護保険制度を知っている」56.1%−内閣府、「高齢者介護に関する世論調査」−

2003/09/25
高齢者の交通事故を防ぐには?−内閣府、「交通安全に関する世論調査」−

2003/08/08
高齢者の一人暮らし、50%が介護状態になることへの不安を持つ−内閣府、「一人暮らし高齢者に関する意識調査」−

2003/08/04
2003年度「心の輪を広げる体験作文」「障害者の日のポスター」の募集−内閣府、障害のある人とない人の心のふれあいの体験について−

2003/07/15
市民活動の好循環は豊かな人間関係を育成−内閣府の調査、「ソーシャル・キャピタル」−

2003/07/03
老後生活設計の中で「ほぼ全面的に公的年金に頼る」人の割合は約30%−内閣府、「公的年金制度に関する世論調査」−

2003/06/18
「ホームヘルパーに介護を頼みたい」6.6%増加−内閣府、高齢者の健康に関する意識調査結果の概要−

2003/06/12
セミナー「中高年の社会参加を促進するためには」を開催−内閣府と高齢社会NGO連携協議会、2003年度高齢社会研究セミナーとして−

2003/04/22
民間非営利団体の収入と消費支出は依然減少傾向−内閣府、2001年度民間非営利団体実態調査−

2003/04/17
雇用慣行や医療保険などの社会制度に賛成「44.7%」−内閣府、「社会意識に関する世論調査」−

2003/03/17
エイジレス・ライフを実践している高齢者、社会参加活動を行っている高齢者グループを募集−内閣府、「2003年度エイジレス・ライフ実践者および社会参加活動事例の募集」−

2003/01/27
高齢者等の通行妨害となる放置自転車の実態、台数は2年前より4%減−内閣府、2001年「駅周辺における放置自転車等の実態調査の集計結果」−


社会福祉施策・調査関連記事

2008/08/12
今年の厚生労働白書「生涯を通じた自立と支え合い」をテーマに−厚生労働省、2008年版厚生労働白書−

2008/02/01
2006年度の「虐待の事実が認められた事例」は49件−厚生労働省、「2006年度高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」の確定版−

2007/10/19
高齢者虐待に関する通報、施設から306件、家庭から18393件−厚生労働省、「2006年度高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査」−

2007/03/20
高齢者虐待防止・養護者支援法の施行を「知っている」60%超−東京都、インターネット福祉保健改革モニター2006年度第3回アンケート結果−

2005/12/08
老人ホームの施設数、前年比314施設増加−厚生労働省、「2004年度社会福祉行政業務報告結果の概況」−

2005/03/30
認知症高齢者、知的障害者、精神障害者のグループホームにおける消費者問題と権利擁護に関する調査研究を実施−国民生活センター、ホームを対象に行った調査から利用者保護を考察−

2004/04/21
「社会のために役立ちたいと思っている」59%−内閣府、「社会意識に関する世論調査」の結果を公表−

2003/12/19
「老後生活の不安は介護」約70%が回答−インターワイヤード、DIMSDRIVEの調査「福祉に関するアンケート」−

2003/12/03
2002年度の介護扶助人員数は前年度比25.5%増−厚生労働省、2002年度社会福祉行政業務報告−

2003/04/17
雇用慣行や医療保険などの社会制度に賛成「44.7%」−内閣府、「社会意識に関する世論調査」−

2002/09/24
社会福祉関係行政の実態を数量的に把握する報告を公表−厚生労働省、「2001年度社会福祉行政業務報告の概要(福祉行政報告例)」−

2002/08/12
日本の医療・福祉サービスにおける問題点を諸外国と比較し指摘−日本貿易振興会、2001年度「対日アクセス実態調査」−

2001/12/17
2000年度の社会福祉行政業務、増加傾向−厚生労働省、2000年度社会福祉行政業務報告を公表−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。