ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



中小・中堅企業向け確定拠出年金運営プランを発売

−第一生命保険、「第一生命DCスマートプラン」−

2003/04/28(Mon.)

大人の青汁
 第一生命保険相互会社は、一つの規約に基づき、多数の企業により、確定拠出年金(DC)企業型制度を運営する「第一生命DCスマートプラン」の販売を開始した。

 同スキームは、一つの規約で制度を運営することで、受託機関側の管理コストを効率化し、高品質なサービスをリーズナブルな手数料で実現した。従業員数が百名以上から数百名程度の中小・中堅企業を主な対象とする。

 これまで確定拠出年金制度の導入を希望する中小・中堅企業にとっては、単独での制度設立・運営には、「手数料の割高感」、「制度設立に係る事務負荷」、「従業員への教育方法」等が問題となってた。「第一生命DCスマートプラン」を採用することにより、制度設立・運営に要するコスト、および各種事務手続きが軽減され、より簡単にDC制度を導入することが可能となる。

 運営管理機関の費用は、一般的に、加入する従業員が多いほど割安となり、単独で設立する場合、従業員規模の小さい中小・中堅企業は、不利な状況にある。第一生命DCスマートプランでは、制度をパターン化し、制度管理を集約することで規模のメリットを享受することにより、制度運営費用を低減し、既存の制度において単独で設立するのに比べて低コストで制度導入が可能となる。従業員規模により異なるが、同社において単独で設立する場合と比較して、ランニング費用は30%〜60%程度安くなる。

 第一生命DCスマートプランの規約は、主な制度内容について企業毎に設定可能なスキームとなっており、企業毎の制度の自由度が確保されている。例えば、企業毎に「年金給付の支給期間」を設定することができるので、企業の考えるDC制度の位置づけ(例:公的年金までの繋ぎ年金としての位置づけなど)に応じた「年金給付の支給期間」の選択が可能となる。

 運用商品は、バラエティーに富んだ12商品を用意。元本確保型商品では保険と預金の2商品を、投資信託は10商品を用意している。

 従業員教育においては、企業の様々なニーズに応じて選択が可能な複数のパターンを用意。「第一生命DCスマートプラン」専用のビデオ教育ツールや、DC専門講師によるセミナーをベースに、複数の従業員教育パターンを用意した。

 また、第一生命では、従来から、企業の複利厚生制度運営支援や従業員の自助努力支援をパソコンを通じて行うシステム(SELFS)を要望により無償で提供しており、メニューの一つに「DC」を加え、他の自助努力制度や社会保険制度等とあわせた情報提供を行い、従業員のライフスタイルの多様化に沿ったコンサルティングサービスを行っている。加入資格に選択制を定める企業が多いなか、DC未加入者に対して生涯設計シミュレーションを活用できるSELFSは、企業内の従業員教育に関する格差を解消する上で有効となっている。

 DCの導入・設立に係る各種手続き、制度の運営においては、第一生命が一元的な窓口となり、企業年金の受託機関として長年培った制度設立・運営ノウハウを持つ、同社ならではのサポートを実施することで、企業の制度設立・運営事務手続きを簡素化し負担感を軽減した。

 規約の申請および規約承認に必要な書類一式の取りまとめは第一生命が行う。また、導入当初の各種業務・事務手続について企業担当者の負担を軽減する同社独自の支援ツールを無償で提供する。これらのサポートを実施する結果、申し込みから、最短のケースでは、約3ヶ月で制度を導入することができるようになった。

 第一生命DCスマートプランでは、資本関係・業種・地域に係わらず、不特定多数の企業が参加可能。また、グループ企業がそれぞれ参加することができるので、グループ各社間で人事交流がある場合でも積立金を現金化して移換する必要はない。


第一生命保険相互会社概要
関連記事

2005/04/13
保健医療・生活環境・老人保健福祉・障害者保健福祉などの向上や研究・発見に対し助成−第一生命保険相互会社、「第57回保健文化賞」−

2004/03/25
要介護状態などをサポートする5年ごと利差配当付終身医療保険を発売−第一生命保険、「医療の王道」−

2003/04/28
中小・中堅企業向け確定拠出年金運営プランを発売−第一生命保険、「第一生命DCスマートプラン」−

2003/03/31
保健衛生や福祉に取り組むボランティア団体などを表彰−第一生命保険、「第55回保健文化賞」−

2003/03/12
特別勘定運用実績に応じて積立金や年金額が変動する変額年金保険を発売−第一生命保険、「第一生命投資型年金α」−

2000/03/16
訪問介護関連サービスの提供を開始−第一生命保険、各専門事業者と提携−


個人年金保険関連記事

2008/08/20
ステップアップ型の変額個人年金保険を発売−明治安田生命、「MYパレットVA」−

2008/07/24
ステップアップ機能を強化した変額年金保険を販売開始−アイエヌジー生命、「アイエヌジースマートデザイン55」−

2008/05/13
リタイアメント・ソリューション提供など新事業戦略を策定−ハートフォード生命、変額終身保険など新規商品を開発、教育啓蒙活動を強化−

2008/03/03
将来の年金への不安を感じる割合は90%−マイボイスコム、「個人年金」に関する調査結果を発表−

2008/02/19
市場金利の上昇に対応した一時払個人年金保険を発売−あいおい生命、「新積立利率変動型一時払個人年金保険(無配当)」−

2008/01/23
5年ごと利差配当付一時払変額個人年金保険(超過給付金型)を販売−明治安田生命、「年金果実」−

2007/12/25
米国ドル建年金支払型特殊養老保険を発売−ジブラルタ生命保険、「米国ドル建リタイアメント・インカム」−

2007/11/26
変額個人年金保険に「加算年金1年更新特則」を付加−三井住友海上メットライフ生命、「Sweet&SweetSTB(スィート&スィートSTB)LGシリーズ」に−

2007/07/30
今後加入したい個人年金、トップは郵便局、民間ではアフラック−マイボイスコム、「個人年金」に関する調査結果を発表−

2007/07/13
フランスの金融グループが変額個人年金保険商品で日本市場に進出−クレディ・アグリコル生命、生命保険業免許を取得し生保市場に今秋から新規参入−

2007/06/25
運用成果を確保できる、分かり易く先進的な投資型年金保険を発売−マニュライフ生命、「びっくり箱」−

2007/06/06
目標値到達で運用成果を確定でき、元本相当額も最低保証する変額個人年金保険を販売−日興コーディアル証券、「ハートフォードNK TARGET」−

2007/05/28
横浜市福祉事業経営者会と総合型確定拠出年金制度を立ち上げ−あいおい損保、「横浜社会福祉法人総合型DC」−

2007/04/24
「マニュライフ投資型年金(年金額5年ラチェット型)」に新機能を追加−マニュライフ生命保険、特別勘定を増やすなど、商品力を強化−

2007/04/11
ハートフォード生命の変額個人年金保険「ダイワアダージオV3」を販売−大和証券、変額個人年金保険業界最大手と提携−

2007/03/30
運用実績に応じて最低保証額がステップアップする変額年金保険を販売−アイエヌジー生命保険、「アイエヌジースマートデザイン123」−

2007/02/14
運用成果確保と元本保証の機能を組み合わせたユニークな変額年金を発売−ハートフォード生命、変額個人年金保険「アダージオ3WIN」−

2007/01/31
年金原資額を「円」で元本保証する外貨建定額年金保険−AIGエジソン生命、「AIGエジソンの3つの約束」−

2006/07/28
5年ごと利差配当付き新一時払個人年金保険など発売−朝日生命、「ネンキンのそなえ」と「ダブルのそなえ」−

2005/07/19
「個人年金保険の銀行窓口販売」70歳以上の高齢者とのトラブルが増加−国民生活センター、「高齢者に多い個人年金保険の銀行窓口販売に関するトラブル」−

2005/04/01
日経平均株価指数連動型年金保険「Upside」を発売−アクサ生命、西日本シティ銀行と販売提携−

2005/01/07
新変額個人年金保険「リズナブール」を発売−クレディ・スイス生命保険、但馬銀行と業務提携−

2004/06/21
変額・定額融合型の変額個人年金保険を発売−みずほ銀行、「年金工房M」−

2004/03/30
積立型外貨建て個人年金を金融機関窓口で発売−AIGスター生命、「オリオン」−

2003/07/18
「年金原資保証」や「遺族年金支払制度」を採用した変額個人年金保険を発売−三井住友海上シティインシュアランス生命保険、「Reliable」「PREVALENT」「夢咲かせ」の3商品−

2003/07/08
総合型確定拠出年金における最低水準の料金体系を実現したプランを発売−日本興亜損害保険、「日本興亜DCエコノミープラン」−

2003/06/30
確定拠出年金事業強化で主要拠点に推進者40名〜50名を配置−損害保険ジャパン、確定拠出年金推進者の設置と総合型確定拠出年金の販売開始−

2003/06/03
キャッシュバランス型の年金制度を運営する企業年金基金を設立−コーセー、新企業年金制度を導入−

2003/05/22
高齢顧客層に好評価、「90歳開始年金原資保証特約」を持つ変額年金保険−ハートフォード生命保険、「アダージオ」販売会社が28社に−

2003/05/13
受取れる年金年額が契約時に確定する一時払個人年金保険−チューリッヒ生命、「ゆったりFA」を住友信託銀行で発売−

2003/04/28
中小・中堅企業向け確定拠出年金運営プランを発売−第一生命保険、「第一生命DCスマートプラン」−

2003/04/25
中小企業向「総合型401kプラン」の低コスト・簡単導入サービスを開始−ヒューマン・プライム、「総合型401k倶楽部企業型年金規約」−

2003/03/12
特別勘定運用実績に応じて積立金や年金額が変動する変額年金保険を発売−第一生命保険、「第一生命投資型年金α」−

2003/02/19
中堅・中小企業向け確定拠出年金制度で業務提携、邦銀で初めて−りそな信託銀行と大阪商工会議所、「大商401kプラン」−

2003/01/29
長生きするほど多く受け取れる変額生存年金保険を発売−アリコジャパン、「リタイアメントライフ」−

2003/01/17
介護保障のついた変額個人年金保険を発売−三井住友海上シティインシュアランス生命保険と大和証券、「生涯快晴」−

2002/03/01
90%の人が将来の年金受取りに対して不安−マイボイスコム、確定拠出年金に関するアンケート調査結果を発表−

2001/06/13
確定拠出年金施行は10月−衆議院本会議で可決、今国会成立は確実−

2001/06/05
グループ企業の約3千人の社員を対象に確定拠出年金を導入−ソフトバンク、関連法案の成立・施行後スタート−

2000/11/14
確定拠出年金が再度国会へ−政府が閣議で決定−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。