ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



車いす事業の事業主体を全面移管

−ヤマハ発動機、社内カンパニーであるIMカンパニーに−

2003/05/12(Mon.)

大人の青汁
 ヤマハ発動機は、これまで同社グループ内に分散していた車いす事業の開発・製造・販売・サービスの各機能を集約し、その事業主体を社内カンパニーである「IMカンパニー」に全面移管した。これに伴い、同社電装関連の開発・製造子会社であるモリックより開発と製造の機能、国内販売を統括するヤマハ発動機販売より販売とサービスの機能をIMカンパニーに移管した。

 移管により、これまで分散していた製造・販売・開発・サービスの機能が一体化することで、利用者の満足度をさらに向上させる自己完結型の事業を目指す。また、IMカンパニーが目指す「利用者とのジャストフィットソリューションNo.1」の方針を「人にやさしいインタラクションNo.1」として位置付けている車いす事業にも取り入れ、市場密着型の商品開発、販売、サービスを目指すほか、産業用ロボットの開発、製造で育ててきた制御技術と電動車いすでの開発技術を融合し、更なる技術開発力を向上させる。

 同社は、福祉分野への貢献や高齢化社会への対応の一環として、1995年より同社独自の制御技術や駆動技術などを応用して車いす事業に取組んでいる。

 現在の商品ラインナップは、手動車いすを電動化する電動ユニット「JW-1」、パワーアシストシステムを応用した電動補助ユニット「JW-2」と電動ハイブリッド介助用車いす「タウニィパス」の3種類があり、介護保険対象品および補装具認定品となっている。

 販売は、国内は福祉関連の販路を通し年間約3,500台、海外はユニットのOEM供給を年間約1,200台で、事業規模は年間約10億円。

 現在、車いす市場(手動・電動)は約330億円の規模だが、今後は高齢化社会の到来や福祉の質向上においてさらなる需要拡大が見込まれる。そこで同社は、この移管を機に、IMカンパニー内で車いす事業を再構築し、障害者の生活の質向上や高齢者の行動範囲拡大の一助として、障害者や高齢者の移動ニーズにあった製品開発と販売・サービスを提供していく方針。


ヤマハ発動機株式会社概要
関連記事

2007/03/15
新機能追加したハンドル型電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「マイメイト(YM-12)」−

2004/04/01
16インチホイールの軽量型電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「タウニィジョイ」−

2003/10/14
「第30回国際福祉機器展H.C.R.2003」に出展−ナムコ、ヤマハ発動機がブース概要を公表−

2003/05/12
車いす事業の事業主体を全面移管−ヤマハ発動機、社内カンパニーであるIMカンパニーに−

2003/04/30
ハンドル型電動車いす「マイメイト」に新色追加−ヤマハ発動機、「マイメイト四輪タイプオプションカラー」−

2003/03/11
ハンドル型電動車いすのヤマハ「マイメイト」に三輪タイプを追加−ヤマハ発動機、四輪タイプもマイナーチェンジし新色追加−

2001/10/19
高齢者向けハンドル型電動車いすを発売−ヤマハ発動機「マイメイト」−

2000/03/03
回転シートなどを装備した新電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「JW-III」−


新事業関連記事

2008/02/29
医科・歯科・介護の連携を目指し、介護事業に参入−デンタルサポート、高齢者専用賃貸住宅「ウェルライフガーデン取手」の事業を継承−

2004/09/28
「多機能型ケアセンター構想」の事業計画概要を発表−ニチイ学館、介護保険制度改正に対応−

2004/03/26
1都3県に約100か所の在宅介護事業拠点を展開−東京海上火災保険と日動火災海上保険、ミレアベターライフサービス−

2003/07/10
山武グループ会社、東京・神奈川に3つの福祉用具センターを設立−山武ケアネット、福祉用具レンタル事業を強化−

2003/05/12
車いす事業の事業主体を全面移管−ヤマハ発動機、社内カンパニーであるIMカンパニーに−

2003/03/07
介護用品事業を本格展開し、介護ショップ、ケアマネジャーを強力に支援−積水ライフテック、2005年度売上50億円を目指す−

2001/11/20
在宅介護サービスで大阪に新規出店−やさしい手−

2001/06/04
コムスンに170億円増資など−グッドウィル・グループ−

2001/05/30
介護・シニア商品を展開−ビックカメラグループのアイケアジャパン−

2001/05/23
「レブリス」改め「楽&楽計画」−TOTOが新ブランドで13点を新発売−

2000/11/17
介護・高齢者向け製品を統一ブランドで本格展開開始−クラボウ−

2000/08/02
経常利益が前年同期比97%減−ニチイ学館が各事業計画を修正−

2000/06/27
訪問介護事業計画−日本医療事務センターを発表−

2000/05/29
大手介護事業者、施設事業に注力−ニチイ学館、コムスン、ベネッセ−

2000/05/16
ケアセンターを1000拠点増設、3000人雇用−コムスン、年内実施を計画−

2000/03/17
介護関連専門の人材派遣事業に進出−日本医療事務センター、ホームヘルパーやケアマネジャー専門−

2000/03/15
2003年からオーストラリアで在宅介護事業を展開−ジャパンケアサービス−

2000/02/22
介護サービスのゴールドドリーム事業を開始−ホムコムネットと近畿日本ツーリストの業務提携−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。