ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



電動車いすの安全利用に関するマニュアルを作成

−警察庁、指導者用と利用者用の2種類を用意−

2003/05/28(Wed.)

大人の青汁
 警察庁は、2001年度に、「高齢者の安全・快適なモビリティの確保に関する調査研究」を実施し、電動車いすの利用実態について調査したところ、電動車いすの安全利用のための教育は、指導内容、取組姿勢ともにばらつきがあり、また、「車いすのルールの教本が欲しい」等、電動車いすに特化した教本や教育に係る要望が多い実態が明らかになった。このことを受け、同庁では、財団法人日本交通管理技術協会に委託して、「電動車いすの安全利用に関するマニュアル」を作成した。

 マニュアルは、有識者の意見、実際の交通事故事例等に基づき、電動車いす利用者や他の交通参加者の安全を確保するために必要となる事項やマナー等をまとめたもので、電動車いすに係る交通安全教育の指導者用と、電動車いすの利用者用の二つとなっている。

 指導者用マニュアルには、「法的位置付けと通行方法」「電動車いすの交通事故」「事故事例」「安全通行基本編」「安全通行応用編」「安全点検・整備」項が、また、利用者用マニュアルには、電動車いす利用者は」「電動車いすの交通事故」「事故事例紹介」「安全通行基本編」「安全通行応用編」「安全点検整備」項がある。

 電動車いす(身体障害者用の車いすで道路交通法施行規則で定める基準に該当する原動機を用いるもの)は、身体障害者はもとより、最近は歩行が困難な高齢者の社会参加手段として普及してきており、その普及に伴って電動車いすの交通事故が多数発生している。

 車いす(電動および手動の車いす)の交通事故発生状況をみると、最近では70%以上が電動車いすに係る事故となっており、最近6年間(1997年〜2002年)の推移をみると、電動車いすの交通事故は、増加傾向となっている。2002年の電動車いすの交通事故件数は1997年と比較すると約1.6倍。

 電動車いす利用者は、道路交通法では、歩行者として扱われるため、利用者の単独事故、電動車いす同士の事故または歩行者との衝突事故は、交通事故統計には含まれていない。現時点で把握されている交通事故統計に計上されていない事故により、2001年には47人が、2002年には12人が死傷している。

 電動車いすに係る交通事故の時間帯別死傷者数をみると、朝8時から夕方6時までの時間帯に多発している。類型別死傷者数をみると、道路横断中に最も多く発生しており、特に、死者のうち60%以上の人が道路横断中の事故により死亡している。通行目的別死傷者数をみると、「買い物」「訪問」「通院」等を目的にして、電動車いすを利用する際に死傷する利用者が多くなっている。

 また、年齢別死傷者数をみると、死者、負傷者とも、65才以上の高齢者が高い率を占めており、死者ではそのほとんどが高齢者で、また、負傷者では70%近くを高齢者が占めている。相手当事者別死傷者数をみると、死者、負傷者とも、相手方は自動車で、その割合は90%以上となっている。


警察庁概要
関連記事

2005/04/28
高齢者の交通、安全意識は強いが、実際の行動との間にズレがあることが明らかに−警察庁、「高齢者の交通モード別の安全行動等に関する調査研究」の結果−

2004/09/02
「60歳以上の家出」全体の15.3%−警察庁、「2003年中における家出の概要」−

2004/05/31
2003年の電動車いすによる交通事故の発生件数は231件−警察庁、「電動車いすに係る交通事故情勢等」−

2004/03/23
高齢者等を狙う「オレオレ詐欺」事案の認知・検挙状況−警察庁、2003年1月〜12月認知・検挙状況を公表−

2004/02/10
道路横断用の音響装置、統一へ−警察庁、視覚障害者用付加装置に関する設置・運用指針を制定−

2003/05/28
電動車いすの安全利用に関するマニュアルを作成−警察庁、指導者用と利用者用の2種類を用意−

2002/11/14
電動車いすの事故や利用実態を調査−警察庁、「高齢者の安全・快適なモビリティの確保に関する調査研究」−

2002/05/17
身体障害者標識を制定−警察庁、「改正道路交通法」により−

2001/10/26
「運転免許の処分基準等の見直し素案」の精神障害者に関わる事項に対する意見−日本精神保健福祉士協会が警察庁に−


電動カー関連記事

2007/10/04
燃料電池性能を向上させたセニアカーを参考出品−スズキ、「MIO(ミオ)」−

2007/06/22
電動車両「セニアカー」シリーズを一部改良−スズキ、連続走行距離を伸ばすなどの改良を実施−

2007/05/02
「中国国際福祉博覧会」に福祉機器を参考出展−スズキ、セニアカーや電動車いすなどを−

2007/04/06
「シニアカー・電動カート」の安全性などについて検証−国民生活センター、モニターテスト「電動3・4輪車の安全性」−

2007/03/15
新機能追加したハンドル型電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「マイメイト(YM-12)」−

2006/09/28
燃料電池を搭載した電動車いすを開発、国際福祉機器展に参考出品−スズキ、「MIO(ミオ)」−

2006/06/05
電動車いす「セニアカー」の上級タイプ「ET4D」に2色の新色を設定して発売−スズキ、周囲からの被視認性を高める工夫も−

2006/05/25
国内初、車いすのまま介助者といっしょに利用できる電動乗用ビークルを発売−ワイズギア、「楽楽(らら)」−

2005/10/18
屋外走行にも適した身体障害者用電動車いすを開発−スズキ、「ジョイモービル」−

2003/09/05
公共交通機関でのハンドル形電動車いすについての報告書を公表−国土交通省の交通バリアフリー技術規格調査研究委員会が取りまとめ−

2003/05/28
電動車いすの安全利用に関するマニュアルを作成−警察庁、指導者用と利用者用の2種類を用意−

2003/04/30
ハンドル型電動車いす「マイメイト」に新色追加−ヤマハ発動機、「マイメイト四輪タイプオプションカラー」−

2003/03/11
ハンドル型電動車いすのヤマハ「マイメイト」に三輪タイプを追加−ヤマハ発動機、四輪タイプもマイナーチェンジし新色追加−

2003/03/03
シンプル装備、軽量、低価格の4輪セニアカーを発売−スズキ、電動車いす「セニアカー ET4E」−

2002/12/03
電動四輪車「エブリデー」をマイナーチェンジ−アラコ、多くの改良を実施し価格は据え置き−

2002/10/25
電動四輪車いす「モンパルML100」を一部改良、値下げ−ホンダ、「モンパルML100」−

2002/03/29
高齢者向け電動車両「セニアカー」の上級仕様「ET-4G」を発売−スズキ、累計12万台の人気シリーズに投入−

2001/10/18
電動四輪カートが、2001年度グッドデザイン賞を受賞−三菱自動車エンジニアリング「ハーティパル」−

2001/05/15
介助者が運転できる自走・介助兼用仕様の電動カート−三菱自動車エンジニアリングの電動四輪カート−

2000/10/02
電動カートで初めて四輪独立サスペンションを採用−松下電工、NAIS電動カートを発売−

2000/09/27
電動四輪車「エブリデータイプ4」を発売−アラコ、電動三輪車・四輪車としては3タイプ目−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。