ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



オンラインショッピングや広告のクリックで寄付ができる方式に高評価

−バガボンド、国際協力NGOとEボランティアに関する調査結果−

2003/06/23(Mon.)

大人の青汁
 インターネットコンテンツの企画・運営を行う株式会社バガボンドとアイブリッジ株式会社は、国際協力NGOと“Eボランティア”に対する関心度についてネットユーザー800名(男性:507名/女性:293名)を対象に調査を行った。

 同調査は、アイブリッジ株式会社が運営するリサーチサービス「リサーチプラス」にて実施したもので、その結果、国際協力NGOへインターネット上のサービスを利用して寄付をした経験があるネットユーザーは1.9%にとどまっており、現時点では浸透するには至っていないことが分かった。

 いっぽう、ネットショッピングの際、商品購入時に(追加的な支払いなく)自動的に寄付ができる仕組みを「利用したい」という声が60.4%、広告をクリックすることで寄付ができるケースで「クリックしてもよい」という声が46.1%にのぼった。

 国際協力NGOの活動への関心の有無については、「どちらとも言えない」が46.4%で全体の半数近くを占め、「関心がある」は29.6%、「関心がない」は24.0%となった。「関心がある」という回答では、男性が32.3%だったのに対し女性が24.9%と、差が開いた。

 次に「関心がある」と回答したネットユーザーに向けて、国際協力NGOに対して具体的に何らかのアクションを起こしたかどうかについて、「過去1年間に国際協力NGOに寄付行為やボランティアをした経験があるか」と尋ねたところ、13.0%が「ある」と回答した。

 その内容としては「金銭の寄付」が86.1%で最も多く、次いで「物品(衣類・不要品など)の寄付」と「ボランティア」が12.7%で並び、金銭面での協力が最も多いことが分かった。きっかけとして43.0%が「募金箱」と回答、「テレビや新聞」の27.8%、「友人・知人」の15.2%を上回る結果となっている。「街頭」という回答が8.9%にとどまったことを考えると、コンビニやスーパー、飲食店などに常設されている募金箱が最も身近なきっかけとなっていることがわかった。

 いっぽう、寄付やボランティア経験がない理由は、不況を反映してか「自分(家族)の生活で精一杯」(42.2%)という声が最も多く、「金銭面で余裕がない」も28.4%となった。

 インターネット上のサービスを利用した寄付を経験したことがあるネットユーザーは1.9%で、98.1%が未経験であることが分かった。未経験者に、どのように寄付できれば利用してもよいか尋ねたところ、「バナー広告をクリック」「アンケート回答」「メール受信」など、手軽に利用できるものに回答が集まった。

 調査では、国際協力NGOへの寄付等の新たな枠組みとして、ネットユーザーがスムーズにアクションを起こすことができる2つのモデルケースを想定、それぞれの反応を調べた。

 まず、ネットで欲しい本やCDなどの商品を通常販売価格(他店と同じ価格)で購入すると、その際に自分の支援したいNGOに自動的に寄付できる仕組みを利用したいか尋ねたところ「はい」が60.4%で、「いいえ」の15.5%を大きく引き離す結果となった。

 いっぽう、バナーやメール本文中のURL(リンク先はスポンサー企業のホームページ)をクリックすることで寄付が可能になる仕組みに対して、クリックしてもよいと思うか尋ねたところ「はい」が46.1%で、「いいえ」の22.0%の2倍の回答が集まった。

 いずれのケースも、アクションを起こすまでの敷居が低く、かつユーザー側にとって負担感の少ないモデルになっていることが高評価につながった。

 寄付やボランティアが一般的に普及していない大きな要因として、国際協力NGO側が寄付・ボランティアをどのような活動に利用しているのか見えにくい点があげられた。「情報発信が十分されていると思いますか」という設問に対して、「はい」は2.6%で、「いいえ」は59.9%、「どちらとも言えない」が37.5%となった。

 選択理由を自由記述方式で回答してもらったところ、テレビや新聞などのメディアでたまに耳にする程度で、漠然とした関心・意識しかないのが現状。また、メディアへの露出を期待する声が多く、活動報告を得る形態として「テレビ広告」に20.9%、「新聞広告」に20.6%の回答が集まった。「ホームページ」も、20.1%の回答が集まったが、メディアに対する期待は高い。

 知りたいと思う情報の内容を複数選択式で回答してもらったところ、「寄付金の使われ方」が72.4%で最も多く、「日本のNGO職員・ボランティアの仕事の内容」(59.5%)、「NGO活動現場のレポート全般」(56.9%)の計3項目はそれぞれ50%以上のネットユーザーが知りたいと回答した。

 「国際協力NGOを国・企業・個人が何らかのかたちで支援すべきと思いますか」という設問には、56.0%のネットユーザーが「はい」と回答している。


株式会社バガボンド概要
  • ホームページ:株式会社バガボンド
  • 所在地:東京都渋谷区道玄坂2-10-12道玄坂スヤマ3F
  • 電話:03-3464-2911

関連記事

2003/06/23
オンラインショッピングや広告のクリックで寄付ができる方式に高評価−バガボンド、国際協力NGOとEボランティアに関する調査結果−


非営利団体調査関連記事

2007/02/02
全国の民間非営利団体の収入は前年度比3.3%減、経費は前年度比3.9%増−内閣府、「2005年度民間非営利団体実態調査」−

2006/02/22
民間で非営利事業を行う団体の収入は前年度比4.4%増−内閣府、「2004年度民間非営利団体実態調査」−

2005/04/18
外国籍住民と協働したまちづくりを推進するための調査−内閣府と群馬県大泉町、2004年度市民活動モデル調査−

2004/11/08
NPO法人とボランティア団体に対し、自治体等との協働について調査−内閣府、「コミュニティ再興に向けた協働のあり方に関する調査」−

2003/06/23
オンラインショッピングや広告のクリックで寄付ができる方式に高評価−バガボンド、国際協力NGOとEボランティアに関する調査結果−

2003/04/22
民間非営利団体の収入と消費支出は依然減少傾向−内閣府、2001年度民間非営利団体実態調査−

2002/08/06
ボランティア活動の種類は「福祉、介助」が32.7%で最多−舞鶴市、「ボランティア活動基礎調査」−

2002/08/01
住民活動団体、「2001年度の予算総額は30万円未満」が60%−滋賀県野洲町の調査、「住民活動促進のための課題と展望について」−

2002/07/25
NGOの認知度、2年前より36.5ポイント増で90%超える−国際NGOのフォスター・プランが首都圏で調査−

2002/07/11
市民活動調査結果、「ボランティア活動で重視することは継続性」−新居浜市、「市民と行政の協働によるまちづくりのための現状」−

2002/07/04
ボランティア活動、「必要である」96.1%−飯塚市、「ボランティア意識調査」−

2002/06/25
市民活動団体設立のきっかけは「知人の縁」が約40%−八戸市、市民活動団体について調査−

2002/06/12
産業構造審議会NPO部会が中間取りまとめを発表−経済産業省、NPOの効果を分析、課題と促進策を検討−

2002/01/16
NGO活動におけるインターネット活用の動向アンケート調査結果−日本総合研究所創発戦略センター−

2001/12/26
民間非営利団体の収入3年連続の減少、合計は25兆3,966億円−内閣府、2000年度民間非営利団体実態調査−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。