ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



「介護型有料老人ホーム」事業領域を拡充

−パナホーム、かんでんジョイライフと業務提携−

2003/06/24(Tue.)

大人の青汁
 パナホーム株式会社と株式会社かんでんジョイライフは、「介護型有料老人ホーム」事業の展開にあたり、業務提携を締結した。

 「介護型有料老人ホーム」事業は、元気高齢者向け賃貸マンション「サンリスタ」事業をはじめとする高齢者向け事業をさらに発展させるため、入居者の身体状況の変化により介護が必要になった場合にもその状況に合致した暮らしの場を提供できるよう事業領域の拡充を図るもの。また、土地所有者へ向けての資産活用策として、提案の幅も広がることとなる。

 かんでんジョイライフは、関西電力のグループ会社で、すでに有料老人ホームで多数の運営実績を持ち、高い評価を得ている。パナホームが培ってきた賃貸住宅事業のノウハウとかんでんジョイライフの運営ノウハウにより、入居者本位の、新しいタイプの「有料老人ホーム」を提供していく。

 今回の「有料老人ホーム」では、「サンリスタ」との連携を図り、介護の必要な人だけではなくそのパートナーが入居する場合、夫婦での入居も可能としている。家賃・入居一時金なども、「サンリスタ」との連携を考慮し、比較的リーズナブルな費用設定とする。

 「有料老人ホーム」の経営は同社が行い、かんでんジョイライフは、介護保険の申請、看護・介護職員の採用・研修、介護サービスの提供・そのほか生活サービス提供等の運営を担当する。

 また、関西電力グループで運営する特別養護老人ホームでのノウハウや食事・セキュリティ緊急通報システム・高速通信システム・オール電化住宅等のインフラ面での連携を図る。

 さらに、入居者の悩みの種である自宅の管理・仲介・賃貸なども、パナホーム独自のネットワークとリフォーム体制で、一括サポートが可能。土地所有者にとっては、パナホームが「一括借上げシステム」にて対応することで、リスクの少ない資産活用が可能となる。

 パナホーム「介護型有料老人ホーム」のモデルイメージは、敷地面積400坪〜600坪、住戸数50戸〜70戸、一住戸面積18m2程度、入居一時金500万円〜700万円程度、家賃19.5万円(月額)程度(各種サービス・管理費・食事・光熱費含む 夫婦の場合、健常者については別途料金)となっている。

 建物の特長としては、各フロアごとに食堂を設け、ゆったりとした食事空間を提供するほか、風呂も各フロアごとに個室浴、機械浴を配置する。トイレはプライバシーの確保の観点から、各居室に設ける。

 介護サービスの特長としては、フロアユニットケアとして、軽介護フロア、重介護フロア、痴呆フロア等、フロアごとにユニットを区切ることにより、効率的な人員・設備配置を実現。介護の質を落とさず低価格化を目指す。

 食事は入居者の最も楽しみなサービスのひとつであることから、温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいまま、新鮮な状態で提供する。

 入浴は個人の尊厳を重視し、できるだけ機械浴を避け、個浴中心に行う。人員配置は、施設長、生活相談員の人選を重視し、できるだけ入居者の悩みを軽減するよう努める。

 事業範囲は、大阪〜神戸地区を中心に、有料老人ホーム(介護型、住宅型、健康型)とグループホームを展開することを基本とするが、さまざまなニーズに対応するために、「サンリスタ」や医院を併設する複合型もオリジナル類型として設定する予定。現在、北摂・大阪市内・神戸方面に、「介護型」「元気併用型」を含め、5ヶ所を予定。

 同社のエイジングライフ関連事業事業目標は、2003年度受注高120億円(対前年118%)とし、その内訳は、グループホーム関連70%、医院建築他20%、高齢者関連事業および運営等10%となっている。


「介護型有料老人ホーム」イメージパース
「介護型有料老人ホーム」イメージパース


パナホーム株式会社(旧:ナショナル住宅産業株式会社)概要
関連記事

2007/09/07
団塊世代向け、安全・快適なシニアライフを提案する平屋建て住宅を発売−パナホーム、「ふたりスタイル」−

2007/08/23
医療や介護サービスを備えた多機能型の高齢者専用賃貸住宅を発売−パナホーム、住宅業界初、「ケアビレッジ・リビング」−

2006/06/20
介護する人、受ける人の快適共存を実現する在宅介護対応住宅を発売−パナホーム、「パナホームエイジングホーム」−

2005/02/03
住宅業界初、設計・施工・自社運営による複合型介護保険施設を開設−パナホーム、「ケアビレッジ千里・古江台」−

2004/08/19
治療と介護の融合で安定経営を実現するドクター向け複合型医療・介護施設を発売−パナホーム、「ドクター・クアケア」−

2003/12/05
グループホーム等の介護関連施設向けファイナンスプログラム−パナホーム、「ナーシングホームローン」−

2003/10/23
介護保険施設事業者向け融資プログラムが利用可能な複合型介護保険施設を発売−パナホーム、「ケアビレッジ」−

2003/06/24
「介護型有料老人ホーム」事業領域を拡充−パナホーム、かんでんジョイライフと業務提携−

2003/03/17
グループホーム事業で培ったノウハウを盛り込んだ痴呆対応型共同生活用住宅を発売−パナホーム、「パナホームグランマ」−

2002/04/11
ホテル並みのサービスがついたシニア向賃貸住宅を展開−ナショナル住宅産業と松下電工の「サンリスタ」事業−

2000/05/25
施設設立を支援する事業を展開−ナショナル住宅産業が高齢者向け施設事業を強化−


団体提携関連記事

2008/02/04
コムスンの会社分割による事業承継に伴いコンプライアンス体制を強化−ジャパンケアサービス、クロス・ロードと業務提携−

2007/07/26
医療・介護用ベッドの日米トップメーカーが販売提携−パラマウントベッド、米国の医療・介護用ベッド大手「ヒルロム」と−

2007/04/04
施設介護事業強化でアントケアホールディングスに資本出資−ニチイ学館、在宅介護と施設介護とのサービスの相互補完を強化−

2007/02/01
アクティブシニア向けのサービスで提携−リロクラブとオージースポーツ、新サービス開発−

2006/11/20
介護サービスに関して包括的業務提携を締結−極楽湯とセントケア、温浴と介護を結ぶ事業を計画−

2006/10/02
介護現場の声を取り入れた生命保険商品の開発や利用者ニーズの共有などを実施−ワタミとソニー生命が介護事業で業務提携−

2006/07/04
有料老人ホーム・在宅介護事業を展開する日本シルバーサービスを買収−コムスン、高齢者住宅居室数でも最大手に−

2006/05/31
大人用紙おむつ事業の拡大を目指し業務・資本提携−花王とリブドゥコーポレーション、花王が株式17,000株を取得−

2006/05/24
「介護予防事業」を含む健康サービス事業分野で業務提携−デサントと大新東、ソフトやノウハウを連繋−

2006/04/10
介護事業ノウハウ提供等で資本・業務提携−寺島薬局と富士薬品、新たなドラッグ業態を構築−

2006/03/23
福祉・医療関連施設などの新築・新設整備事業で業務提携−ニチイ学館と大和ハウス工業、案件の紹介と受注活動の支援等も実施−

2006/02/24
介護人材ビジネス分野で資本・業務提携−ソネット・エムスリーとエス・エム・エス、人材ビジネスで協業−

2006/02/17
高齢者介護事業者間での資本業務提携に係るアドバイザリー業務とファイナンスを実施−東京スター銀行、トータルケアサポートとウェルフェアーシステムの資本業務提携で−

2006/02/06
ニチイ学館、日本相撲協会との提携によるサービス内容を拡充−施設利用者向け相撲雑誌の発行や、力士によるビデオレター・施設訪問を実施−

2006/01/31
市区町村向け介護予防事業分野で連携−ニチイ学館とコナミスポーツ、介護保険制度改定へ向け協力体制を構築−

2005/09/22
介護事業分野への新規参入と資本業務提携を発表−メディカル一光とグローバル総合研究所−

2005/08/04
メデカジャパン、日本アジアホールディングズと業務・資本提携−50億円の第三者割当増資をJAH社が全額引受け−

2005/03/30
有料老人ホーム販売事業で業務提携−セイクレストと日本ロングライフ−

2005/01/20
将来的な経営統合を見据えた業務提携を推進−セントケアとジャパンケアサービス、介護保険制度の見直しに対応−

2004/12/10
北九州病院グループと医療・介護分野で業務提携−ニチイ学館、アイリスケアサービス利用者への医療サービスを充実−

2004/08/04
医療関連サービス企業が介護事業部門強化策の一環で地域介護事業者と資本・業務提携−バイタルネットとコスモスケア−

2004/07/23
介護関連事業などで資本・業務提携−寺島薬局株式会社と三井物産株式会社、地域介護事業・介護用品レンタル事業を拡充−

2004/03/24
高齢者向け集合住宅供給で業務提携−メデカジャパン、モルガン・スタンレー、インデックスコンサルティングの2社と−

2003/06/24
「介護型有料老人ホーム」事業領域を拡充−パナホーム、かんでんジョイライフと業務提携−

2002/06/20
北海道ガスグループが松下電工子会社と提携して介護事業に参入−松下電工エイジフリーショップスと北東住設機器−

2002/02/21
ニチイ学館、ドイツ最大の福祉用具会社と業務提携−サニテーツハウス・アクトェルとの業務提携を発表−

2001/10/12
在宅介護ショップ展開でフランチャイズ契約−松下電工と三共生興の子会社同士が提携−

2001/08/22
医療情報システム分野で提携−三洋電機とNEC−

2001/05/24
電動福祉車両「セニアカー」をOEM供給−スズキとナショナル自転車工業の提携−

2001/02/28
マンション業界と介護業界大手の提携−大京グループのライオンズファミリーとニチイ学館−

2001/02/27
民間介護保険分野の提携−明治生命保険と日本火災海上保険−

2000/11/30
来春にも自立訓練ルーム販売−全共連と積水化学が提携−

2000/10/30
業務提携を活かした介護業務支援サービスを開始−エムテクノと日本信販−

2000/10/26
介護・高齢者向けサービス分野で優待サービス−大阪ガスの2子会社と住友生命保険が提携−

2000/09/06
共同で介護事業支援システムを開発−ニッセイ情報テクノロジーと富士通パーソナルズと提携−

2000/08/23
介護タクシーと通所介護のベストマッチング−第一交通産業とニチイ学館が業務提携−

2000/07/19
介護関連サービスで提携−住友生命保険と松下電工−

2000/07/13
携帯端末を含む介護事業支援システムを開発−キヤノン販売がケアセンターやわらぎと提携−

2000/07/05
保険契約者を対象にした介護サービスで提携−日動火災海上保険と関東医学研究所−

2000/06/12
介護・医療費の支払いに使えるクレジットカードの発行で提携−日本信販、関東医学研究所、日本メディケアサポート−

2000/05/15
衛星放送を利用し独自の教育システムを展開−ニチイ学館、通信衛星放送事業者スペース・ヨットと提携−

2000/04/18
高齢者向けの衣類など介護関連事業を提携により強化−カインドウェアが住友生命保険、ライフコミューンと提携−

2000/03/21
介護サービスで業務提携−さいたまコープと医療生協さいたま−

2000/03/14
バリアフリーコンピューティングを開発−日立エンジニアリングと法研が介護情報提供システムで提携−

2000/02/24
ケアマネジャー業務支援ソフト−安田生命保険、富国生命保険、日本医療事務センターの業務提携−

2000/02/24
介護用品を全国宅配−西濃運輸と大垣共立銀行−

2000/02/23
緊急通知サービス4月よりスタート−ニチイ学館、総警と提携−

2000/02/22
介護サービスのゴールドドリーム事業を開始−ホムコムネットと近畿日本ツーリストの業務提携−

2000/02/15
21世紀型医療を提供−スズケンとネットホスピタルの提携−

2000/02/07
TOTOとニチイ学館が高齢者向住宅改修で提携

2000/01/21
医療機器リース事業で ジョンソン・エンド・ジョンソンとダイヤモンドリース提携

1999/12/22
大和ハウスグループ3社と株式会社日本ケアサプライが業務提携

1999/11/10
名古屋の派遣会社と専門学校が 介護分野参入で提携

1999/11/02
ニチイ学館とシロヤパリガン 九州で業務提携

1999/10/28
パソナソフトバンクが 介護保険関連事務作業代行事業進出

1999/10/27
フランスベッドが店舗にヘルパー窓口 やさしい手と提携

1999/09/28
東京電力が介護事業進出

1999/08/01
車いすのクレジット販売開始 日進医療器-専業メーカー初




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。