ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



公共交通機関でのハンドル形電動車いすについての報告書を公表

−国土交通省の交通バリアフリー技術規格調査研究委員会が取りまとめ−

2003/09/05(Fri.)

大人の青汁
 国土交通省の交通バリアフリー技術規格調査研究委員会は、報告書「公共交通機関におけるハンドル形電動車いすの取扱いについて」を取りまとめた。

 「ハンドル形電動車いす」は、日本工業規格(JIS)上は、車いすの一つとして位置付けられており、「JIST9203自操用ハンドル形」で規定されている。一般的には、「シニアカー」、「電動スクーター」などの呼称で呼ばれている。補装具給付制度、介護保険制度においても「普通型電動車いす」と位置づけられるなど、福祉関連制度では車いすとして取り扱われている。

 2000年11月に施行された交通バリアフリー法では、高齢者、身体障害者等の自立した日常生活および社会生活を確保することの重要性が増大していることから、駅等の旅客施設・車両等の移動円滑化のための施設整備を行うことにより、高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の利便性・安全性の向上の促進を図ることとしている。

 ハンドル型電動車いすについては、こうした旅客施設や車両等の施設整備の進展に伴い、今後その利用へのニーズが高まっていくことが予想されるが、これまで、公共交通機関におけるハンドル形電動車いすの利用に関しては、機器の技術的制約に加え、利用実態、利用にあたっての課題等が十分に把握されていなかったこともあり、多くの駅で利用が困難で、また、事業者ごとに異なる対応がなされていた。

 このような背景から、同省では、有識者、ハンドル形電動車いすを使用している身体障害者、公共交通事業者、電動車いすメーカー、関係行政機関による研究会を設置して、議論を重ね、ハンドル形電動車いすの公共交通機関の利用に向けた技術的な課題の整理とその利用方針をとりまとめた。

 現在販売されているハンドル形電動車いすは、屋外利用を想定し、公共交通機関の利用を想定して設計されておらず、回転半径、重量等の制約から多くの鉄道駅では利用することが困難となっている。

 同方針では、ハンドル形電動車いすにより公共交通機関を円滑に利用するためには、移動円滑化基準や整備ガイドラインで想定する基本的寸法を満たす回転性能、小段差・溝の乗り越えのため介助者が持ち上げることを想定した取っ手、介助時や緊急時に介助者が手押しで誘導することができるよう操作しやすいクラッチ等が具備された機器開発が必要−−とした。

 また、今後の対応としては、鉄道事業者、電動車いすメーカー等の関係者は、報告書に記載された対応方針が関係者の間の共通の認識であることを踏まえ、これに沿った対応を行うことを望む−−とし、国としても、別途、鉄道事業者に対しこの対応方針を通知するとともに、説明会を開催すること等により広く関係者に周知・普及を図っていくうえに、ハンドル形電動車いす使用者の便宜を図るため、駅ごとのハンドル形電動車いすの対応の可否についての情報提供についても検討していく−−としている。


国土交通省概要
関連記事

2006/12/13
3,938駅のバリアフリー化の状況を公表−国土交通省、「らくらくおでかけ度一覧表」−

2005/11/15
交通バリアフリー法施行当時より、2.5〜12%のバリアフリー化実績が明らかに−国土交通省、「交通バリアフリー法に基づくバリアフリー化の進捗状況」−

2005/10/20
地区のバリアフリー化に関する「基本構想」を作成した市町村が70%に−国土交通省、「交通バリアフリー法に基づく基本構想作成(予定)調査」−

2005/08/02
電動車いすが利用できる駅数が13.5%増加−国土交通省、「ハンドル形電動車いすが利用できる駅数について」の報告書−

2004/12/15
旅客施設、歩道、建築物等の一体的なバリアフリー対応を推進−国土交通省、「移動円滑化の促進に関する基本方針」の変更について告知−

2004/07/29
子供向け交通バリアフリー学習教材を作成−国土交通省、「みんなで考える交通バリアフリー」−

2004/07/12
ボランティア活動に関わる写真コンテストを開催−国土交通省と財団法人道路保全技術センター、ボランティアサポートプログラム「写真コンテスト」2004−

2004/07/06
知的・精神障害者が公共交通を利用する際の課題・対応等についての調査を実施−国土交通省、調査をもとに交通事業従事者向けマニュアルを作成−

2004/06/04
らくらくおでかけネットの駅・ターミナル情報を拡充−国土交通省、駅ごと福祉輸送サービス情報を追加−

2004/02/09
標準仕様ノンステップバスの認定制度を創設−国土交通省、補助金も重点化して交付−

2004/01/29
身体障害者等のETC車載器購入に関する助成を実施国土交通省が発表、道路サービス機構等が実施主体として

2003/12/10
旅客施設の段差解消率39.4%、視覚障害者誘導用ブロック設置率72.0%−国土交通省、交通バリアフリー法に基づくバリアフリー化の進捗状況−

2003/10/28
国土交通省の「ボランティア・サポート・プログラム」に参加−スリーエフ、東京23区内の6店舗−

2003/10/08
国土交通省実施の「ボランティア・サポート・プログラム」に参加−ローソン、東京24店舗で−

2003/09/05
公共交通機関でのハンドル形電動車いすについての報告書を公表−国土交通省の交通バリアフリー技術規格調査研究委員会が取りまとめ−

2003/06/13
ノンステップバスの標準仕様についての報告書を公表−国土交通省、ノンステップバス標準仕様策定検討会−

2003/02/24
ノンステップバス導入に伴い、身体障害者や高齢者等の外出増−国土交通省、「ノンステップバス導入に見るバリアフリー施策の効果に関する調査」−


電動カー関連記事

2007/10/04
燃料電池性能を向上させたセニアカーを参考出品−スズキ、「MIO(ミオ)」−

2007/06/22
電動車両「セニアカー」シリーズを一部改良−スズキ、連続走行距離を伸ばすなどの改良を実施−

2007/05/02
「中国国際福祉博覧会」に福祉機器を参考出展−スズキ、セニアカーや電動車いすなどを−

2007/04/06
「シニアカー・電動カート」の安全性などについて検証−国民生活センター、モニターテスト「電動3・4輪車の安全性」−

2007/03/15
新機能追加したハンドル型電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「マイメイト(YM-12)」−

2006/09/28
燃料電池を搭載した電動車いすを開発、国際福祉機器展に参考出品−スズキ、「MIO(ミオ)」−

2006/06/05
電動車いす「セニアカー」の上級タイプ「ET4D」に2色の新色を設定して発売−スズキ、周囲からの被視認性を高める工夫も−

2006/05/25
国内初、車いすのまま介助者といっしょに利用できる電動乗用ビークルを発売−ワイズギア、「楽楽(らら)」−

2005/10/18
屋外走行にも適した身体障害者用電動車いすを開発−スズキ、「ジョイモービル」−

2003/09/05
公共交通機関でのハンドル形電動車いすについての報告書を公表−国土交通省の交通バリアフリー技術規格調査研究委員会が取りまとめ−

2003/05/28
電動車いすの安全利用に関するマニュアルを作成−警察庁、指導者用と利用者用の2種類を用意−

2003/04/30
ハンドル型電動車いす「マイメイト」に新色追加−ヤマハ発動機、「マイメイト四輪タイプオプションカラー」−

2003/03/11
ハンドル型電動車いすのヤマハ「マイメイト」に三輪タイプを追加−ヤマハ発動機、四輪タイプもマイナーチェンジし新色追加−

2003/03/03
シンプル装備、軽量、低価格の4輪セニアカーを発売−スズキ、電動車いす「セニアカー ET4E」−

2002/12/03
電動四輪車「エブリデー」をマイナーチェンジ−アラコ、多くの改良を実施し価格は据え置き−

2002/10/25
電動四輪車いす「モンパルML100」を一部改良、値下げ−ホンダ、「モンパルML100」−

2002/03/29
高齢者向け電動車両「セニアカー」の上級仕様「ET-4G」を発売−スズキ、累計12万台の人気シリーズに投入−

2001/10/18
電動四輪カートが、2001年度グッドデザイン賞を受賞−三菱自動車エンジニアリング「ハーティパル」−

2001/05/15
介助者が運転できる自走・介助兼用仕様の電動カート−三菱自動車エンジニアリングの電動四輪カート−

2000/10/02
電動カートで初めて四輪独立サスペンションを採用−松下電工、NAIS電動カートを発売−

2000/09/27
電動四輪車「エブリデータイプ4」を発売−アラコ、電動三輪車・四輪車としては3タイプ目−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。