ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



福祉車両メーカーが第30回国際福祉機器展出展概要を発表

−三菱自動車工業、日産自動車とオーテックジャパン−

2003/10/14(Tue.)

大人の青汁
 三菱自動車工業株式会社は10月15日(水)から17日(金)まで東京ビックサイトで開催される第30回国際福祉機器展に出展する。

 同社ブースでは、三菱福祉車両ハーティーランシリーズの中から8台の車両を展示。会場では、使用場合を想定したデモンストレーションや映像で三菱福祉車両ハーティーランシリーズの機能装備を紹介する。

 出展車両は、グランディス 助手席ムービングシート仕様車、コルト 助手席回転シート仕様、ランサー セルフトランスポート仕様車、eKワゴン 助手席ムービングシート仕様車、ミニキャブバン 車いす仕様車(ニールダウン式)、タウンボックス 車いす仕様車(テールゲートリフト式)、電動四輪カート ハーティパル、ローザ チェアデッキバージョンで、電動四輪カートは三菱自動車エンジニアリング株式会社の車両、ローザは三菱ふそうトラックバス株式会社の車両となっている。

 グランディス助手席ムービングシート仕様車は、スムーズな電動回転と大きなスライドダウンにより、乗降性を大幅に向上した仕様車。スイッチ操作により、助手席が回転しながら背もたれがオートリクライニングし頭上スペースのゆとりを広げ、コンピューター制御することにより足元スペースにもゆとりをもたせている。さらに大きなスライドダウン量により乗り降りの負担を軽減した。シートは電動リクライニング、120mmの前後電動スライドができ、シート位置が最下の時でも2列シートの人の足元スペースが窮屈にならないように配慮している。乗員定員は7名。


グランディス助手席ムービングシート仕様車
写真:グランディス助手席ムービングシート仕様車


 ランサーセルフトランスポート仕様車は、車いす使用者が補助なしで運転できるようサポートした仕様車。運転席には乗り降りをサポートする可倒式サイドサポートを装備し、運転姿勢を保持させるバケットタイプのシートを設定。後席には車いすの折りたたみおよび後席スペースへの収納を全て自動で行う車いす収納装置を設定。サイドサポートを倒し、車いすからシートに乗り移り、後席のローダーに車いすを乗せるだけで車いすを折りたたみ、車内への収納がすべて電動で行える。乗車定員は2名。


ランサーセルフトランスポート仕様車
写真:ランサーセルフトランスポート仕様車


 いっぽう、日産自動車株式会社と株式会社オーテックジャパンは、参考出品車2台と市販車8台の計10台を出展する。

 展示ブースは、ブース内を移動する際に妨げになる柱を極力少なくしている他、配線を床下に隠しており、移動しやすく開放的なブースとなっている。また、展示車両は上記の3つのシリーズ毎にゾーンを分けて展示し、各車両の上には、3つのシリーズ区分が一目で分かるよう、アイコンを使った表示サインを設置しており、車いすで来場された利用者が見たい車両をすぐに見つけることができるよう配慮している。

 日産自動車は現在、コンパクトカーからミニバン、スポーツカーまで、23車種、58タイプに福祉車両を設定しており、今後も積極的にラインナップを拡充していく予定。

 今回出展する車両は、参考出品車では、セレナに電動式スライドステップ(左スライドドア下)、補助席つきベンチシート(セカンドシート)、乗降用ドア手すり(左スライドドア両側)を標準で装着したモデル、ライフケアビークル(LV)シリーズの「セレナユニバーサルアンシャンテ」をベースに、車いすの全自動リフター装着した「セレナマルチユースカー」と、高級セダンの「ティアナ」に乗降を補助するアシストグリップや後席スロープなどを装着した「ティアナ乗降アシストカー」を展示する。


セレナマルチユースカー
写真:セレナマルチユースカー


ティアナ乗降アシストカー
写真:ティアナ乗降アシストカー


 市販車では2列目左側席に、電動で昇降・回転するスライドアップシートを装着した「プレサージュアンシャンテセカンドシートタイプ」をはじめとするアンシャンテシリーズを3台、新型の車いす固定装置を特別装着した「キューブチェアキャブスロープタイプ」をはじめ、チェアキャブシリーズを3台、手動運転装置としてはじめてグッドデザイン賞を受賞した「オーテックドライブギアタイプe」を装着した「マーチドライビングヘルパー(オーテックドライブギアタイプe)」をはじめとしたドライビングヘルパーシリーズを2台展示する。


展示ブースレイアウト
写真:展示ブースレイアウト


三菱自動車工業株式会社概要
関連記事

2007/10/01
国際福祉機器展に福祉車両「デリカD:5サイドムービングシート仕様車」など計6台を出展−三菱自動車、第34回国際福祉機器展「H.C.R.2007」出展内容を発表−

2007/05/17
国際福祉健康産業展に助手席ムービングシート仕様車やセルフトランスポート仕様車などを出展−三菱自動車工業、福祉車両「ハーティーラン」シリーズから計4台−

2007/04/12
総合福祉展に「ランサーワゴンセルフトランスポート仕様車」など出展−三菱自動車、「バリアフリー2007」出展内容−

2006/09/21
新型「eKワゴン」の助手席ムービングシート仕様車や、運転補助装置付「トライトン(ラリー仕様)」を展示−三菱自動車、「第33回国際福祉機器展」への出展内容を発表−

2006/04/25
「助手席回転スライドシート仕様車」「セルフトランスポート仕様車」などを発表−三菱自動車、「i(アイ)」「ランサーワゴン」−

2005/09/22
「コルトプラスセルフトランスポート仕様車」などを出展−三菱自動車工業、第32回国際福祉機器展出展内容を発表−

2005/05/19
国際福祉健康産業展「ウェルフェア2005」の出展内容を発表−三菱自動車、「eKワゴン助手席ムービングシート仕様車」など計5台を出展−

2005/04/20
福祉車両「ハーティーラン」シリーズから計5台を出展−三菱自動車工業、総合福祉展「バリアフリー2005」の出展内容を発表−

2003/10/14
福祉車両メーカーが第30回国際福祉機器展出展概要を発表−三菱自動車工業、日産自動車とオーテックジャパン−

2002/11/20
中型車幅で大型ノンステップバス並みの乗車定員を確保したノンステップバスを発売−三菱自動車工業、「エアロミディMK」−

2002/09/06
福祉車両6台や運転補助装置付スポーツカーを出展−三菱自動車、「第29回国際福祉機器展」に−

2002/04/19
国内で初めての全幅2mクラス小型ノンステップバスを発売−三菱自動車工業、「エアロミディME」−

2001/08/29
「車いすセルフトランスポート仕様車」を設定し発売−三菱自動車「ランサーセディアワゴン・ディアマンテ」の2車種に−

2001/02/14
福祉車「車いす仕様車ニールダウン式」の納期短縮と価格の引き下げを実現−三菱自動車工業、トッポBJ−


日産自動車株式会社概要
関連記事

2006/08/10
「日本テレビ24時間テレビ」とのコラボレーションによる福祉車両展示イベントを開催−日産自動車、日産ギャラリー本社、銀座、札幌、名古屋、福岡にて−

2005/09/13
国際福祉機器展に10台の福祉車両を出展−日産自動車、新型セレナなど−

2005/04/21
福祉車両を「バリアフリー2005」に出展−日産自動車とオーテックジャパン、9台を展示−

2004/12/08
福祉車両を常備した認定店制度を開始−日産自動車、「LV認定店制度」−

2004/08/09
ユニバーサルデザインを採用したカーオーディオを発売−日産自動車、「シンプル&簡単オーディオ」−

2003/10/14
福祉車両メーカーが第30回国際福祉機器展出展概要を発表−三菱自動車工業、日産自動車とオーテックジャパン−

2002/04/10
NPOで仕事をすることを希望する学生に奨学金を支給−日産自動車、「日産NPOラーニング奨学金制度」の第5期募集−


株式会社オーテックジャパン概要
  • ホームページ:AUTECH JAPAN Homepage
  • 所在地:神奈川県茅ヶ崎市萩園824-2
  • 電話:0467-87-8013

関連記事

2008/06/10
期間限定車「プラスナビHDD SP」5車種に福祉車両を設定−オーテックジャパン、「アンシャンテ助手席スライドアップシート」を「ノート・マーチ・キューブ・キューブキュービック・ティーダ」に設定

2008/02/25
「ノート」のマイナーチェンジに合わせ、3タイプの福祉車両を継続設定−オーテックジャパン、ノート「昇降シート車・回転シート車・運転補助装置付車」−

2008/02/06
「ティーダ」「ティーダラティオ」の福祉車両をマイナーチェンジ−オーテックジャパン、助手席スライドアップシートなど、3タイプを継続設定−

2008/01/24
ウイングロードの一部改良に合わせ福祉車両「アンシャンテ」を新たに設定オーテックジャパン、ウイングロード「アンシャンテ助手席スライドアップシート15M authentic」

2007/12/20
ミニバン「セレナ」のマイナーチェンジに合わせた福祉車両シリーズを設定−オーテックジャパン、全7タイプを継続設定−

2007/07/24
キューブ・キューブキュービックの助手席スライドアップシート仕様を向上−オーテックジャパン、シートの操作・動作を向上−

2007/06/27
新型軽自動車「クリッパー リオ」に福祉車両「チェアキャブスロープタイプ」を設定−オーテックジャパン、手動式スロープと車いす固定装置を装備−

2007/06/15
ミニバン「プレサージュ」の一部改良に合わせた福祉車両を設定−オーテックジャパン、プレサージュ「セカンドスライドアップシート」と「助手席スライドアップシート」−

2007/06/05
外観・内装を一新したラフェスタに福祉車両を設定−オーテックジャパン、ラフェスタ「アンシャンテ助手席スライドアップシート」−

2005/09/05
新型セレナに車いすに座ったまま乗車できる車両を設定−オーテックジャパン、新型セレナ「チェアキャブスロープタイプ」−

2005/07/27
「OTTI」に、助手席が車両の外側に電動で回転・昇降する車両を設定−オーテックジャパン、「アンシャンテ助手席スライドアップシート」−

2005/06/14
福祉車両のラインアップに「オートステップ運転席タイプ」を追加−オーテックジャパン、セレナ「アンシャンテ」「チェアキャブ」シリーズ−

2005/04/21
福祉車両を「バリアフリー2005」に出展−日産自動車とオーテックジャパン、9台を展示−

2005/01/12
マーチ特別仕様車ボレロに助手席スライドアップシートと助手席回転シートを設定−オーテックジャパン、福祉車両「アンシャンテ」シリーズとして−

2004/12/27
「キューブ」「キューブキュービック」の特別仕様車の福祉車両を発売−オーテックジャパン、特別仕様車「SXMD/CDセレクション」に設定−

2004/11/30
ラティオをベースとした3タイプの福祉車両を発売−オーテックジャパン、ラティオ「アンシャンテ」2タイプと「ドライビングヘルパー」−

2004/07/08
マーチアンシャンテ「助手席スライドアップシート」を発売−オーテックジャパン、ベース車両のマイナーチェンジに伴い新発売−

2004/03/10
車いすのまま車内に乗り込める「チェアキャブ」シリーズを設定−オーテックジャパン、「クリッパー」−

2004/02/12
「モコ」に福祉車両を再設定−オーテックジャパン、モコ「アンシャンテ」−

2003/11/26
助手席の乗降を補助する機構や運転補助装置を装備した福祉車両6タイプを発売−オーテックジャパン、キューブキュービック「アンシャンテ」と「ドライビングヘルパー」シリーズ−

2003/10/29
回転時に背もたれ角度を自動調整する助手席電動回転シートを搭載−オーテックジャパン、「シーマ アンシャンテ」−

2003/10/14
福祉車両メーカーが第30回国際福祉機器展出展概要を発表−三菱自動車工業、日産自動車とオーテックジャパン−

2003/08/28
助手席が車両外側に回転・昇降する福祉車両を発売−オーテックジャパン、エルグランドアンシャンテ「助手席タイプ」−

2003/08/01
ベース車のマイナーチェンジに伴い5タイプの福祉車両を設定−オーテックジャパン、プリメーラセダン/ワゴン「アンシャンテ」「ドライビングヘルパー」−

2003/07/22
新型「プレサージュ」ベースの福祉車両2タイプを発売−オーテックジャパン、「プレサージュ・アンシャンテ」−

2003/07/04
マーチに手動運転補助装置を装着し発売−オーテックジャパン、「オーテックドライブギアタイプe」−

2003/02/04
運転補助装置を装着した福祉車両「ティアナドライビングヘルパー」を発売−オーテックジャパン、新型車「ティアナ」発売にあわせて−

2002/06/14
「マーチ」をベースとした福祉車両を発売−オーテックジャパン、「アンシャンテフラップシート(電動式)」−

2002/05/23
「エルグランド」の福祉車両「アンシャンテ」を発売−オーテックジャパン、3タイプを設定−

2001/07/06
手動運転装置搭載した10車種を追加発売−オーテックジャパン、ドライビングヘルパーシリーズ−


イベント(2003年10月〜12月)関連記事

2003/12/24
都有地を借り受け、グループホーム等を設置・運営する事業者を募集−東京都、「都有地活用による地域の福祉インフラ整備事業」−

2003/12/19
医療・介護・福祉専門職の人々との交流会を含めたイベントを開催−ケアタウン総合研究所、パワーミーティング2004「全国のケアマネ集まれ!元気の発信と充電の人脈づくりと出会いのコミュニケーション!」−

2003/12/18
「第52回東京都社会福祉大会」を開催、スワンベーカリーなどを表彰−東京都、東京都社会福祉協議会、東京都共同募金会、東京善意銀行など−

2003/12/12
介護サービス事業者の具体的コストカット手法・地域政策のポイントなどに焦点をあてたセミナーを開催−船井総合研究所、「介護サービス経営革新セミナー」−

2003/12/04
「医療・健康福祉産業マッチングフェア2004」出展者募集、出展料無料−経済産業省中小企業庁、近畿経済産業局、中小企業総合事業団が主催−

2003/12/02
障害者週間に関する取り組みを実施−東京都、障害者の人権110番やポスター、ホームページ、特集TV番組など展開−

2003/11/28
映画「障害者イズム」の上映会を開催−住まいるハート会とクリナップ−

2003/11/27
「NGO/NPO・企業環境政策提言フォーラム」を開催−環境省のNGO/NPO・企業環境政策提言推進委員会−

2003/11/18
病院・痴ほう性高齢者施設・医療福祉機器展示会等を巡るツアーを実施−ヒューマン・ヘルスケア・システム、「オーストラリア高齢者ケア特別研修ツアー」−

2003/11/13
障害者芸術・文化祭東京大会を開催−厚生労働省と東京都、日本チャリティ協会など−

2003/11/11
地域で暮らしを支える医療とケアを考える研究大会を開催−大阪地域医療ケア研究会、大阪国際会議場にて−

2003/11/06
各国政府とNGO・NPO等との高齢化社会対応パートナーシップについてのシンポジウムを開催−内閣府、「高齢社会に関するグローバル・パートナーシップ・シンポジウム」−

2003/10/24
高齢者が健全な食生活を実現するためのシンポジウムを開催−農林水産省、「高齢者もいきいき共食(きょうしょく)シンポジウム2003」−

2003/10/20
情報環境バリアフリーについて、海外・国内の専門家によるセミナーを開催−国立身体障害者リハビリテーションセンター、「高度情報社会環境下の共生社会の構築」−

2003/10/14
福祉車両メーカーが第30回国際福祉機器展出展概要を発表−三菱自動車工業、日産自動車とオーテックジャパン−

2003/10/14
「第30回国際福祉機器展H.C.R.2003」に出展−ナムコ、ヤマハ発動機がブース概要を公表−

2003/10/09
ユニバーサルデザインでのモノづくりアイデアを募集中−福井市、「ユニバーサルデザインアイデア募集」−

2003/10/08
インターネット福祉改革モニターを募集−東京都、一般公募で100名を募集−

2003/10/06
セミナー「第2ステージを迎えた介護市場と今後の企業戦略」を開催−デルフィス、「介護機器情報ホットライン」介護イベント2003−

2003/10/01
福祉機器関連の国内外600社以上が出展、H.C.R.2003開催−保健福祉広報協会、「第30回国際福祉機器展」−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。