ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



グループホーム等の介護関連施設向けファイナンスプログラム

−パナホーム、「ナーシングホームローン」−

2003/12/05(Fri.)

大人の青汁
 パナホーム株式会社は、クレディアグリコルインドスエズ銀行と連携し、グループホーム等の介護関連施設への融資に特化した介護事業者向けローン「ナーシングホームローン」を新たに開設、あわせて証券化により市場からの資金調達を図っていく業界でも初のファイナンスプログラムをスタートした。これにより、グループホーム等介護関連施設の経営を計画している事業者にとって、安定的な資金調達のための選択肢が広がるとともに、関連施設の建設促進が図られることとなる。

 介護事業者向け「ナーシングホームローン」は、証券化による資本市場からの資金の調達を裏付けとして、介護保険制度の下での指定居宅介護サービス(痴呆対応型共同生活介護)を提供する痴呆性高齢者グループホーム等の建築費に特化したファイナンスプログラム。

 パナホームでグループホーム等を建築する事業者(土地所有者または運営事業者)に対して、CAI銀行がSPC(特定目的会社)を通じて融資を実行する。SPCは融資残高が一定の条件に達した段階で「ナーシングホームローン」を担保に資産担保証券(ABS)を発行し投資家に販売するとともに、ブリッジローンを返済する。融資条件は、借入期間15年または20年で、利率は6ケ月円LIBORを基準とした変動利率。

 「ナーシングホームローン」の特徴は、従来の土地担保評価だけによるのではなく、キャッシュフローに基づいた価値評価方法により、対象物件の収益性に応じた借入条件が設定される。連帯保証人も原則不要。

 融資はノンリコースローン(責任財産限定特約付き貸付)のため、原則として、融資対象物件とそれに付随する資産以外には担保を求められない。

 グループホーム等の入居率悪化や運営事業者に倒産等の事由が発生した場合にも、パナホームがマネジメントサポートを提供する会社や代替運営事業者の斡旋を行うことで、事業運営の継続性の保全が可能となる。

 全国のグループホーム等の建築費に対する多数の融資をプールし、そのローンプールを担保として資産担保証券(ABS)を発行することで、物件個別のリスクを平準化する。

 パナホームでは、「エイジングライフ」関連事業の目標として、2003年度受注高120億円、対前年比118%を設定。内訳はグループホーム関連70%、医院建築他20%、高齢者関連事業および運営等10%としている。2002年度のグループホーム受注棟数は77棟だった。


介護事業者向け「ナーシングホームローン」の事業スキーム
画像:介護事業者向け「ナーシングホームローン」の事業スキーム


パナホーム株式会社(旧:ナショナル住宅産業株式会社)概要
関連記事

2007/09/07
団塊世代向け、安全・快適なシニアライフを提案する平屋建て住宅を発売−パナホーム、「ふたりスタイル」−

2007/08/23
医療や介護サービスを備えた多機能型の高齢者専用賃貸住宅を発売−パナホーム、住宅業界初、「ケアビレッジ・リビング」−

2006/06/20
介護する人、受ける人の快適共存を実現する在宅介護対応住宅を発売−パナホーム、「パナホームエイジングホーム」−

2005/02/03
住宅業界初、設計・施工・自社運営による複合型介護保険施設を開設−パナホーム、「ケアビレッジ千里・古江台」−

2004/08/19
治療と介護の融合で安定経営を実現するドクター向け複合型医療・介護施設を発売−パナホーム、「ドクター・クアケア」−

2003/12/05
グループホーム等の介護関連施設向けファイナンスプログラム−パナホーム、「ナーシングホームローン」−

2003/10/23
介護保険施設事業者向け融資プログラムが利用可能な複合型介護保険施設を発売−パナホーム、「ケアビレッジ」−

2003/06/24
「介護型有料老人ホーム」事業領域を拡充−パナホーム、かんでんジョイライフと業務提携−

2003/03/17
グループホーム事業で培ったノウハウを盛り込んだ痴呆対応型共同生活用住宅を発売−パナホーム、「パナホームグランマ」−

2002/04/11
ホテル並みのサービスがついたシニア向賃貸住宅を展開−ナショナル住宅産業と松下電工の「サンリスタ」事業−

2000/05/25
施設設立を支援する事業を展開−ナショナル住宅産業が高齢者向け施設事業を強化−


金融関連記事

2008/03/11
シニア世代の会員限定で金利優遇プランなど提供−千葉銀行、「ひまわり倶楽部」−

2008/02/08
「高齢期の生活資金準備と金融商品」の調査結果を公表−国民生活センター、第38回国民生活動向調査−

2008/01/28
「ちばぎんバリアフリー・リフォームローン」を取り扱い開始−千葉銀行、「ちばぎんハートフルプロジェクト」に関連して金利優遇を実施−

2007/11/16
中高年層を対象とした「5カ国退職後意識調査」結果を発表−米ハートフォード、各国とも資産形成への「自信のなさ」が浮き彫りに−

2007/07/19
分譲型高齢者向けマンションに開発型ノンリコースローンを組成−東京スター銀行、シニアビジネスに対する取組みをさらに強化−

2007/04/09
高齢者施設を投資対象とする不動産ファンド事業に参画−三井物産、120億円規模でファンドを設立−

2007/02/19
医療・介護経営支援のヘルスケアファンドを設立−三菱商事と日本政策投資銀行が共同で−

2007/01/11
北九州市と障害者居住サポート事業に関する協定を締結−リプラス、滞納家賃保証システムを提供−

2006/08/30
シニア世代の沖縄移住支援で営業協力−東京スター銀行とおきしん保証サービス、新型リバースモーゲージ「充実人生」−

2006/05/11
介護仕様車の「マイカーローン」金利優遇を開始−トマト銀行、通常金利より0.3%優遇−

2006/03/05
有料老人ホームなどの建築資金ローンを取り扱い開始−中央三井信託銀行とメッセージが業務提携し実現−

2006/02/23
シニア層対象の資産活用ローン「充実人生」の機能を向上−東京スター銀行、リロケーション・ジャパンと提携しシニア世代の都心回帰をサポート−

2006/02/02
年金を受給している人々を対象としたローンの取扱いを開始−東日本銀行、「シニアエイジ」−

2005/09/16
社会福祉事業施設への協調融資で覚書締結−武蔵野銀行と福祉医療機構−

2005/08/05
自宅建替えを計画するシニアをターゲットにオーナー居住型賃貸住宅を発売−積水化学、「レトアJX」−

2005/07/13
「福祉介護車両」のマイカーローン金利優遇の取扱いを開始−横浜信用金庫、年1.60%で実施−

2005/04/25
高齢者向け住宅を投資対象とした私募型不動産ファンドの運用開始−三井不動産、「ホスピタリティ・レジデンスファンド」−

2005/03/09
社会福祉事業施設に対する協調融資に係る覚書を締結−トマト銀行と福祉医療機構、2005年度の融資率引き下げに対応−

2004/03/05
NPO法人向け融資制度の金利引き下げと、つなぎ融資特別金利を新設中央労働金庫、「NPO事業サポートローン」

2003/12/05
グループホーム等の介護関連施設向けファイナンスプログラム−パナホーム、「ナーシングホームローン」−

2003/02/12
業界初、住宅改修が必要な高齢者を持つ親族を対象としたクレジット商品−オリコ、介護保険セットプラン商品「バリアフリーローン」−

2001/02/01
年金住宅融資貸付金利を引き下げ−年金福祉事業団、保険者住宅資金の貸付金利−

2000/12/20
福祉・医療貸付金金利を0.1%引き下げ−社会福祉・医療事業団−

2000/12/15
「日本新生のための新発展政策」の効果により改定−年金福祉事業団、被保険者住宅資金の貸付金利−

2000/08/22
新しい返済方式の年金担保融資制度を導入−年金福祉事業団−

2000/04/07
グループホーム建設資金用の新型ローンを取り扱い開始−あさひ銀行、最高で3億円を融資−

2000/03/22
社会福祉・医療事業団の融資対象にグループホーム運営組織を追加−事業費の70%を上限に−

2000/03/15
介護事業者と利用者向けのローン・決済サービスを開始−琉球銀行、「介護保険ワイドネットサービス・りゅうぎん介護ビジネスローン・りゅうぎん介護福祉ローン」−

1999/11/16
バリアフリー住宅融資の金利値下げ0.07〜0.12% --年金福祉事業団

1999/11/10
低所得者対象に介護費用を無利子融資




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。