ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



介護予防事業に取り組む専門職をサポートする介護予防実務指南書を刊行

−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「指導者のための介護予防完全マニュアル」−

2004/01/21(Wed.)

大人の青汁
 財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団の東京都老人総合研究所は、「地域においてどのように介護予防事業を展開すればいいのかわからない」という全国からの要望を受け、長年の研究成果に裏づけされた実践的なノウハウをわかりやすく紹介した実務指南書「指導者のための介護予防完全マニュアル(包括的なプラン作成のために)」を刊行した。B5判215頁/本文2色刷りカバー4色で、定価3,150円。

 「介護予防」は、高齢者の寝たきりの原因になりやすい「衰弱」「骨折・転倒」などを予防し、長い高齢期を元気でいきいきと過ごすための取組みで、その重要性に対する認識が高まっている。

 書籍では、介護予防事業の一連のプロセスを網羅しており、加齢による身体の虚弱化、転倒、軽度の痴呆、尿失禁などの危険性について18項目の質問と3項目の身体測定から介護予防対象者を発見する「おたっしゃ21健診」を紹介。

 そのほか、高齢期になって始めても有効な転倒予防や痴呆予防、筋力向上トレーニングなどひとりひとりの状況に応じた介護予防の進め方を詳細に記述した。


財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団概要
関連記事

2007/02/05
高齢期特有の病気を予防するための食事や運動についての講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、特別公開講座「食生活とサクセスフルエイジング」−

2007/01/29
地域の住民による「認知症予防」を考える無料講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、第90回老年学公開講座「認知症に強いまちを作ろう!」−

2007/01/16
口腔機能、栄養状態、運動機能などに焦点をあてた介護予防講演会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「あきらめない老化予防最前線」−

2006/10/13
「散歩のための第一歩、無理せずできる老化予防」をテーマとした講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「東京都老人総合研究所第87回老年学公開講座」−

2006/07/31
約2,000人のシニアが参加するスポーツイベントを開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「第11回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」−

2006/02/13
最先端の介護予防についてのシンポジウムを銀座で開催−東京都老人総合研究所、「介護予防サミットin東京」−

2006/02/01
認知症にならないまちづくりを考える講演会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「認知症予防講演会」−

2006/01/27
「養老孟司氏に聞く、生きがいある高齢期の過ごし方」を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、東京都老人総合研究所特別公開講座−

2005/11/14
シニア世代向け都民講座「地域への軟着陸〜退職後も社会参加でイキイキと〜」を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「東京都老人総合研究所第83回老年学公開講座」−

2005/10/12
老化ゲノムについての都民向け講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「ゲノムで知る長寿の秘密」−

2005/09/07
口や足のケアなど、身近な介護予防をテーマとした3つの講演を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「東京都老人総合研究所第81回老年学公開講座」−

2005/07/20
「第10回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」の参加者を募集−東京都高齢者研究・福祉振興財団、約2,000人が参加見込み−

2004/07/27
高齢者を対象としたスポーツフェスティバルを開催、9種目を実施−東京都高齢者研究・福祉振興財団と東京都、「第9回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」−

2004/04/19
事業者のためのサービス評価学習会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団「2004年度東京都福祉サービス第三者評価」−

2004/03/02
福祉サービス事業者に向け、第三者評価を生かすためのセミナーを開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団と東京都、「第三者評価セミナー2004」−

2004/02/12
要介護状態にならないための都民向け講演会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「介護予防講演会 85歳現役への挑戦!〜今からでも遅くない介護予防の取り組み〜」−

2004/01/21
介護予防事業に取り組む専門職をサポートする介護予防実務指南書を刊行−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「指導者のための介護予防完全マニュアル」−

2003/08/29
高齢期を過ごすための秘訣等の講座を無料・申込み不要で開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「第73回老年学公開講座」−


書籍・電子書籍・DVD・ビデオ関連記事

2008/06/06
「読みやすさが普及の課題」シニア世代における電子書籍−ネットエイジア、「シニア世代の電子書籍に関する実態調査」−

2006/12/20
「障害のある方への接遇マニュアル」の改訂版(第2版)を発行−東京都心身障害者福祉センター、都民情報ルームにて販売−

2006/11/29
視覚障害者向けデジタル録音図書読書機の実用化へ向け実証実験を開始−シナノケンシと日本点字図書館、日本ライトハウスなどが共同で実施、「プレクストーク」−

2006/10/03
介護福祉士国家試験の筆記試験受験対策問題集を無料で毎週配布−ケアビズネット、ケアビズ流「介護福祉士試験問題集」−

2006/07/20
介護支援専門員試験対策標準問題集を携帯電子書籍サービスで提供−MCJグループ、学習教材配信サイト「スタディショップ」にて−

2006/05/31
福祉ビデオ「ホスピス」の貸し出しをスタート−NHK厚生文化事業団、一般から専門職の人までがホスピスケアについて学べる内容で制作−

2006/04/14
介護予防・老化防止に役立つDVD・ビデオを発売−グラファージ、「ボールトレーニング初級編」「ゴムバンドトレーニング初級編」−

2006/04/07
シニア層向け、大きな活字で目にやさしいタイトル136冊をすべて20〜30%値下げ−コンテンツワークス、「講談社オンデマンドブックス」−

2006/02/10
介護福祉職を目指す人、現職の人に向けたコラム本を発売−円水社、「ここがポイントヘルパー心得帳」−

2006/01/24
「ホスピス」「緩和ケア」について、わかりやすく解説したビデオを無料貸し出し−NHK厚生文化事業団、福祉ビデオ「ホスピス」−

2005/12/21
視覚に障害を持つ人も読むことができる「ライオン製品情報SPコード付大活字版」を発行−ライオン、「大きな活字」と「音声コード」を採用−

2005/11/22
大きな活字で目にやさしい、シニア層・弱視者向けサービスを「BookPark」で販売開始−コンテンツワークス、「講談社オンデマンドブックス」−

2005/11/18
シニア・主婦層向けインターネット副業支援テキストを発売パソナグループ、「ブログにはまってプチ稼ぎ」

2005/11/08
悪徳商法などの相談窓口も掲載した一般・福祉実務者等向けハンドブックを発行−東京都、2005年版「社会福祉の手引」−

2005/03/28
高齢者虐待が深刻化する前に防ぐ手立てとしてパンフレットを発行−東京都、「高齢者虐待防止」パンフレット−

2005/03/09
日本ではじめての補助犬に関するジャーナルを発行−日本聴導犬協会、「補助犬研究」−

2005/03/02
「中高年からの介護予防読本」を発行−東京都、高齢者層に無料配布、一般向け販売も−

2005/02/10
福祉系の就職を考える学生向け福祉読本を発刊−採用戦略、サイト登録者に無料配布−

2004/12/17
痴呆をテーマとした映画、2作品のDVDとVHSビデオ、同監督の著書を発売−エッセン・コミュニケーションズ、「折り梅」と「ユキエ」−

2004/10/29
ケアマネージャー等に向け介護給付費単位数サービスコード表を発売−タニシ企画印刷「ポケット判2003年改訂版 介護給付費単位数サービスコード表(合計単位数付)」−

2004/06/11
介護者に向けた介護のコミュニティ誌を創刊−ラ・ヴィータ、「ケアテイカー」−

2004/05/13
精神障害者ホームヘルパーの体験をもとにした初めての本を出版−全国精神障害者家族会連合会、「心にとどくホームヘルプ」−

2004/03/31
福祉施設向けリスクマネージメント実務書2冊を出版−インターリスク総研、「かんたん!福祉施設のおけるリスクマネジメント60のポイント」と「福祉施設における危険予知訓練(KYT)かんたんガイド」−

2004/03/15
障害年金など福祉制度を使いこなすための「てびき」を発行−全国精神障害者家族会連合会、「精神障害者が使える福祉制度のてびき2004」−

2004/02/24
在宅介護のための介護保険活用読本を発行−東京都、約45万人の介護保険利用者等に無料配布−

2004/01/21
介護予防事業に取り組む専門職をサポートする介護予防実務指南書を刊行−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「指導者のための介護予防完全マニュアル」−

2002/10/31
高齢者施設の水まわり提案書を無料で配布−TOTO、「バリアフリーブック(高齢者施設の水まわり編)」−

2002/10/25
中高年層向けカタログを発行開始−ファミリーマート、「リビン'マート」−

2002/06/25
アクティブシニアのための「生涯現役応援情報誌」を創刊−日経BP、「日経マスターズ」−

2002/04/19
福祉住環境にフォーカスした生活情報誌「すまいりんぐ」を創刊−リアライズ、介護福祉・建築・医療を横断的に結ぶメディアとして−

2001/10/01
バリアフリーブック(パブリックトイレ編・住まいの水まわり編)を発行−TOTO、希望の人に無料で送付−

2001/06/13
ドライバー向け障害理解の為の小冊子を作成、四輪販社に配布−ホンダの小冊子「トラフィック・バリアフリー」−

2001/06/12
オンライン書店bk1が「介護保険の本フェア」を実施−様々な角度から関連書籍を紹介−

2001/05/18
高位頚髄損傷者・脊髄損傷患者に関する小冊子を無料配布−特定非営利活動法人の日本せきずい基金−

2001/03/14
障害者アートバンク所属アーティストの絵本チャリティ販売−キヤノンが販売収益金の全額を国際教育支援団体に寄付−

2001/03/05
2つの介護関連調査資料を発売−シード・プランニング、情報システム関連分析など−

2001/02/28
バリアフリーガイドブックの出版記念フォーラム「PO・NPO・Nフォーラム2001」を開催−伊勢ばりふり団、「おでかけチェアウォーカー」が完成−

2001/01/22
日本オリンピック委員会のスポーツ情報誌を音訳−三菱地所の音訳ボランティアサークル−

2000/12/04
小倉昌男の福祉革命 〜障害者「月給1万円」からの脱出〜を出版−元ヤマト運輸会長小倉昌男氏のルポルタージュ作品を建野友保氏が執筆−

2000/11/22
車いす利用者のガイドブック発行に向けて展開−三重の伊勢ばりふり団−

2000/11/06
ウェブページ上から介護・福祉関連の本の検索・購入が可能に−ふくしチャンネルとオンラインブックストアbk1が提携−

2000/10/23
高齢者向けユニバーサルBOOKサービスを開始−ブッキングがオンデマンド出版で−

1999/10/26
「癒しの医療 いたわりの介護」を出版−広島市の医師が医療の現状と課題の本を出版−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。