ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



福祉サービス事業者に向け、第三者評価を生かすためのセミナーを開催

−東京都高齢者研究・福祉振興財団と東京都、「第三者評価セミナー2004」−

2004/03/02(Tue.)

大人の青汁
 財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団と東京都は、3月17日(水)13時30分〜17時に東京都社会福祉保健医療研修センター講堂(東京都文京区小日向4-1-6)にて「第三者評価セミナー2004」を開催する。

 都では、福祉サービス第三者評価事業を2003年4月から実施しており、これまでに多くの福祉サービス事業者が評価を受け、評価結果をサービスの改善等につなげている。しかし、事業者の間からは「評価を受けることによりどのような成果を得られるのか、具体的イメージがわかない」といった声も聞かれることから、第三者評価の結果をサービスの向上や経営の改善に的確につなげるための有効な取組みや、第三者評価事業の今後のあり方等について、講演とパネルディスカッションを交えて紹介する。

 テーマは「第三者評価をどう活かすか!〜利用者本位の福祉サービスの実現に向けて」で、「第三者評価の現状と今後の可能性」として栃本一三郎氏(上智大学教授、評価・研究委員会委員長)が講演を行う。

 パネルディスカッションでは、コーディネーターに、赤塚光子氏(立教大学教授、評価・研究委員会副委員長)を、パネリストに、特別養護老人ホームの立場から日の出紫苑施設長櫻井眞里氏、公立保育園所管課の立場から目黒区保育課長白鳥千恵子氏、身体障害者通所授産施設の立場から足立あかしあ園施設長横内康行氏、ケアマネジャーの立場からフランスベッド・メディカルサービス株式会社堀尾隆氏、評価機関の立場から株式会社地域計画連合喜多素子氏を迎える。

 参加対象者は、福祉サービス事業者等で、定員300人を予定。参加費は資料代の2,000円のみ。


財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団概要
関連記事

2007/02/05
高齢期特有の病気を予防するための食事や運動についての講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、特別公開講座「食生活とサクセスフルエイジング」−

2007/01/29
地域の住民による「認知症予防」を考える無料講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、第90回老年学公開講座「認知症に強いまちを作ろう!」−

2007/01/16
口腔機能、栄養状態、運動機能などに焦点をあてた介護予防講演会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「あきらめない老化予防最前線」−

2006/10/13
「散歩のための第一歩、無理せずできる老化予防」をテーマとした講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「東京都老人総合研究所第87回老年学公開講座」−

2006/07/31
約2,000人のシニアが参加するスポーツイベントを開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「第11回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」−

2006/02/13
最先端の介護予防についてのシンポジウムを銀座で開催−東京都老人総合研究所、「介護予防サミットin東京」−

2006/02/01
認知症にならないまちづくりを考える講演会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「認知症予防講演会」−

2006/01/27
「養老孟司氏に聞く、生きがいある高齢期の過ごし方」を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、東京都老人総合研究所特別公開講座−

2005/11/14
シニア世代向け都民講座「地域への軟着陸〜退職後も社会参加でイキイキと〜」を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「東京都老人総合研究所第83回老年学公開講座」−

2005/10/12
老化ゲノムについての都民向け講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「ゲノムで知る長寿の秘密」−

2005/09/07
口や足のケアなど、身近な介護予防をテーマとした3つの講演を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「東京都老人総合研究所第81回老年学公開講座」−

2005/07/20
「第10回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」の参加者を募集−東京都高齢者研究・福祉振興財団、約2,000人が参加見込み−

2004/07/27
高齢者を対象としたスポーツフェスティバルを開催、9種目を実施−東京都高齢者研究・福祉振興財団と東京都、「第9回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」−

2004/04/19
事業者のためのサービス評価学習会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団「2004年度東京都福祉サービス第三者評価」−

2004/03/02
福祉サービス事業者に向け、第三者評価を生かすためのセミナーを開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団と東京都、「第三者評価セミナー2004」−

2004/02/12
要介護状態にならないための都民向け講演会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「介護予防講演会 85歳現役への挑戦!〜今からでも遅くない介護予防の取り組み〜」−

2004/01/21
介護予防事業に取り組む専門職をサポートする介護予防実務指南書を刊行−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「指導者のための介護予防完全マニュアル」−

2003/08/29
高齢期を過ごすための秘訣等の講座を無料・申込み不要で開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「第73回老年学公開講座」−


イベント(2004年1月〜3月)関連記事

2004/03/30
高齢化を描いた文芸作品を募集−NHK厚生文化事業団、「銀の雫文芸賞」−

2004/03/29
アクティブシニア向け、デジカメ教室付き宿泊プランを発売−キャピトル東急ホテル、「プロから学ぶデジタルカメラ教室宿泊プラン」−

2004/03/22
高齢者・障害者の快適な生活を提案する国際総合福祉機器展を開催−大阪府社会福祉協議会とテレビ大阪、「バリアフリー2004」−

2004/03/08
第26回障害者作品展、情報通信機器展2004ユニバーサル生活展、文化芸術展などを開催−大阪府、「第1回共に生きる障害者展」−

2004/03/04
市民による福祉分野の研究発表会を開催−横浜市社会福祉協議会、「第6回よこはま福祉保健研究発表大会」−

2004/03/03
年齢にとらわれず自由で生き生きとした生活を送る高齢者を募集−内閣府、「2004年度エイジレス・ライフ実践者および社会参加活動事例の募集」−

2004/03/02
福祉サービス事業者に向け、第三者評価を生かすためのセミナーを開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団と東京都、「第三者評価セミナー2004」−

2004/03/01
家庭内での転倒や浴室での溺死など、家庭内事故に関する番組を放送−NHK、「サイエンスZERO 家庭内事故を防げ〜“安全住宅”開発最前線〜」−

2004/02/27
「高齢者の暮らしと生活空間」を提案する展示会を実施−三井ホームと多摩美術大学、霞が関で展示会−

2004/02/26
シニアマーケット情報が集結する国内最大級の展示会を開催−シルバーサービス振興会、「第14回シルバーサービス展」−

2004/02/19
予防医療、健康福祉、介護分野でのビジネスチャンス創出に向けたフェアを開催−経済産業省、新市場創出見本市「医療・健康福祉産業マッチングフェア2004」−

2004/02/17
視覚障害者のパソコンサポートをテーマとしたフォーラムを開催−視覚障害者パソコンアシストネットワーク、「未来へつなげ!虹のかけ橋 視覚障害者PCサポートフォーラム2004」−

2004/02/12
要介護状態にならないための都民向け講演会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「介護予防講演会 85歳現役への挑戦!〜今からでも遅くない介護予防の取り組み〜」−

2004/02/06
アメリカ西海岸で情報バリアフリーを体験する会議ツアー−ユーディット、「2004CSUN テクノロジーと障害者」会議ツアー−

2004/02/04
聴覚障害者を対象としたデジカメ撮影・編集講座を開催−かがやきパソコンスクール、「デジカメ撮影・編集講座」−

2004/02/03
視覚障害者の移動介護(ガイドヘルプ)の研修受講者を募集−東京都、「視覚障害者移動介護従業者養成研修(第3回)」−

2004/01/30
「バリアフリーからユニバーサルデザインへ」福祉のあり方を考える−東京都、第3回「東京の新しい福祉を考えるセミナー」−

2004/01/28
高齢者と園児、施設、ボランティア、企業によるイベント−ナムコ、高齢者施設でのバリアフリーエンターテインメントイベントに協力−

2004/01/26
全国5カ所で「社会福祉実習担当者養成セミナー」を開催−日本社会福祉士会と日本社会福祉士養成校協会−

2004/01/23
福祉職場への就職を希望する求職者と社会福祉施設等の求人者をマッチングするフェアを開催−東京都など、「ふくしワーク就職フェアTOKYO2004」−

2004/01/20
シニア層に向けたパソコンボランティア講座とシンポジウムを開催−ドリームナビゲーター横浜とNEC、「シニアパソボラ養成講座」−

2004/01/19
障害者福祉施設・NPOの職員対象の経営セミナーを開催−福祉ベンチャーパートナーズ、「スーパー営業職員養成講座1」−

2004/01/16
「第2回知的に障害をもつ子供達の書道習作展」を開催−障害者書道クラブ「上尾つくしの会、伊奈ゆいの会」−

2004/01/08
国際シンポジウム「アジア太平洋地域の情報アクセシビリティ」を開催−国際大学グローバル・コミュニケーション・センターと、財団法人C&C振興財団−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。