ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



訪問看護ステーションの経営実態とサービス提供の状況

−日本看護協会、2003年「訪問看護ステーションおよび併設居宅介護支援事業所に関する実態調査」−

2004/04/07(Wed.)

大人の青汁
 社団法人日本看護協会は、会員の勤務する訪問看護ステーションと、併設居宅介護支援事業所(訪問看護ステーション等)を対象に、2003年「訪問看護ステーションおよび併設居宅介護支援事業所に関する実態調査」を実施した。

 調査時期は2003年10月で、郵送回収による回収状況は、訪問看護ステーション926ヵ所および併設居宅介護支援事業所597ヵ所だった。平均職員数は、1ステーションあたり常勤換算で7.7人、うち看護職員5.8人。回答事業所の規模は、看護職員5人未満のステーション44.5%、5人以上10人未満が47.2%と10人未満の事業所が90%を占める。いっぽう、併設居宅介護支援事業所の平均従事者数は、1事業所あたり常勤換算で4.1人、うち看護職員3.4人。

 訪問看護ステーションの調査結果では、2002年9月と2003年9月の月平均収支の差で比較すると、前年度よりも減益146ヵ所(57.0%)、増益110ヵ所(43.0%)で、全体平均で148,069円の減少となった。介護報酬改定後、ステーションの経営が厳しいことがわかる。

 平均利用者実数と訪問延件数について2002年9月と2003年9月を比較すると、1ステーションあたりの1ヵ月の平均利用者実数は「医療保険」が-0.9%とやや減少しているものの、「介護保険」10.1%増、「そのほか」18.7%増と全体の増減で8.3%増となった。また、訪問延件数は医療・介護保険ともに微増傾向にあり、事業所の努力が伺われる。

 看護職員の勤務状況は、1ステーションあたりの「平均所定労働時間」38.7時間/週、「平均超過勤務時間」14.3時間/週となっており、所定労働時間は病棟の看護職員(同会が実施した「1999年病院看護基礎調査」結果)と同程度だが、超過勤務時間は病院の2倍強となった。また、離職率を比較すると、病院よりも高く、一般女子労働者と同程度となっている。

 要介護認定を受けている利用者は、1ステーションあたりの平均で51.6人。医療処置を必要としている利用者は、8〜90%のステーションが「いる」と回答。医療処置の種類は、「バイタルサインの測定」「軟膏・湿布塗布」「リハビリテーションの実施」「投薬・服用介助」「浣腸の実施」「褥瘡の処置」「留置膀胱カテーテル装着・導尿」「吸引の実施」「点眼の実施」「酸素療法(気管切開以外)の管理」など。また、高度な医療処置を行っている利用者については、「酸素療法(気管切開)の管理」が57.6%、「人工呼吸器装着の管理」が39.1%、「中心静脈栄養の管理」が33.4%のステーションでそれぞれ「いる」と回答しており、在宅療養者の重度化が伺われる。

 なんらかの感染症を持つ利用者が「いる」と回答したステーションは564ヵ所(61.0%)で、「いない」と回答したステーションは236ヵ所(25.5%)となった。また、「いる」と回答した564のステーションについて、その感染症の内訳をみると「MRSA」88.1%、「疥癬」10.5%であることがわかった。

 居宅介護支援事業所の調査結果では、2002年9月と2003年9月の月平均収支の差で比較すると、前年度よりも減益57ヵ所(28.6%)、増益142ヵ所(71.4%)となり、全体平均で25,529円の減少。介護報酬改定がプラスであったにもかかわらず、減益していることがわかった。

 利用者の状況については、要介護認定を受けている利用者は1事業所あたりの平均で84.8人、そのうち訪問看護をケアプランに盛り込んでいる利用者は31.5人だった。4種以上の加算を算定している人は9.1人で、利用者合計に対する割合は10.2%、そのうち訪問看護をケアプランに盛り込んでいる利用者は7.6人だった。


社団法人日本看護協会概要
  • WEBSITE:日本看護協会
  • 所在地:東京都千代田区一ツ橋2-4-3光文恒産ビル
  • TEL:03-5275-5871

関連記事

2005/10/31
地域包括支援センター・地域支援事業・介護予防事業への取組みを考える−日本看護協会、2005年介護予防緊急フォーラム−

2004/04/07
訪問看護ステーションの経営実態とサービス提供の状況−日本看護協会、2003年「訪問看護ステーションおよび併設居宅介護支援事業所に関する実態調査」−

2001/04/12
5月12日は「看護の日」−日本看護協会−

1999/08/25
療養型病床群−1施設に5.1人のケアマネジャー−


介護サービス事業者に関する調査関連記事

2008/07/04
利用者・登録者が少なく、事業所の約3分の2が赤字経営−東京都、小規模多機能型居宅介護事業所の調査結果−

2007/12/07
介護福祉施設で「認知症ありで寝たきり者」の割合が前回調査より増加−厚生労働省、「2006年介護サービス施設・事業所調査」−

2007/06/01
全国の介護保険施設や介護保険サービス提供事業所の提供体制等を調査−厚生労働省、「2006年介護サービス施設・事業所調査」結果速報−

2007/01/19
高齢者関連事業の市場規模などを予測−富士経済、「特殊ルートによる物販の調査結果」−

2006/05/15
介護保険制度改正での介護事業者の経営戦略・事業拡大戦略に関する市場研究レポートを発刊−シード・プランニング、「2006年版介護事業者経営戦略分析総合調査」−

2005/07/22
介護サービス市場は2005年度に6兆7875億円へ−ミック経済研究所、介護サービス市場の現状と展望に関する調査報告書を発売−

2004/06/03
ケアマネジャー業務、2人に1人がヘルパーなどと掛け持ち−東京都、都内のケアマネジャー等の実態調査結果を公表−

2004/04/07
訪問看護ステーションの経営実態とサービス提供の状況−日本看護協会、2003年「訪問看護ステーションおよび併設居宅介護支援事業所に関する実態調査」−

2003/04/18
シニア向け事業のビジネスモデルなどのデータを収録した白書を発売−日本ビジネス開発、「シニア・シルバービジネス白書2003年版」−

2002/11/28
介護老人福祉施設は前年比188施設増加、介護老人保健施設は112施設増加−厚生労働省、「2001年介護サービス施設・事業所調査の概況」−

2002/11/06
介護関連ビジネスの市場状況と今後のアプローチ戦略などを盛り込んだ調査書を発行−富士経済、「要支援・要介護関連市場の最新動向と今後の方向性」−

2002/10/03
経済分析の観点から介護サービス市場を評価−内閣府、「介護サービス価格に関する研究会」報告書−

2002/07/19
介護サービス関連の苦情を基に、事業者と保険者などに対し提言−東京都国民健康保険団体連合会、「介護サービスの充実に関する提言」−

2002/03/12
次代を担うシニア・シルバービジネスコンセプトなどを提起−日本ビジネス開発、シニア・シルバービジネス白書2002年版を発刊−

2001/11/09
訪問介護事業「利用者やヘルパーの確保、経営は厳しいが、事業拡大を展望」−日本労働研究機構、訪問介護サービス事業状況調査−

2001/05/21
2001年度、事業者の半数が「良くなる」と予測−シルバーサービス振興会の調査−

2001/03/02
介護保険事業分析シリーズ第2回−シナジーワーク・プランニングセンター「訪問介護事業の事業分析手法の概要」−

2001/01/22
在宅介護事業者の参入状況−旧厚生省調査−

2000/12/26
在宅介護サービス事業者、約半年間で急増−厚生省が参入状況を公表−

2000/12/22
介護保険事業分析シリーズ第1回−シナジーワーク・プランニングセンター「訪問介護事業の事業分析手法の概要」−

2000/12/21
高齢者対応産業の将来像−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第4回(最終回)−

2000/12/15
高齢者対応の製品・サービス関連企業の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第3回−

2000/12/07
介護保険居宅サービス事業者・訪問看護サービス事業者の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第2回−

2000/11/28
自治体の現状−日本能率協会の「高齢者対応実態調査」シリーズ第1回−

2000/06/20
都道府県に対し有料老人ホームの「二重取り問題」を実態調査−厚生省が通知−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。