ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



50代〜70代の「エルダー層の食生活に関する調査」結果

−キユーピー「第15回食生活総合調査」−

2004/06/28(Mon.)

大人の青汁
 キユーピーは「食生活に関する意識と実態」の調査を1989年から開始し、年ごとに主婦、単身者などを対象に定期的な意識調査を行っている。今回は15回目の調査として、今後注目される50代〜70代の「エルダー層の食生活に関する調査」を実施した。

 1997年には主婦年齢65歳以上を対象に行ったが、高齢世帯の増加傾向を考慮し、その特徴的な問題を析出するために、主婦年齢40〜64歳中高年齢層も調査対象とし、世代間の対比分析を行った。40代を比較対照に50代、60代、70代以上と各世代を比較してみると各世代の特徴、食生活の傾向が見える。

 調査対象は首都圏1都3県(30km圏)の40歳以上の有配偶女性700人。うちわけは40代101人、50代203人、60代199人、70代以上197人で、調査は2003年11月に行った。

 普段の献立を考える際にはどのようなことを重視しているのかを見るため、朝昼夕の場面別に「家族と一緒の食事」の場合と「自分一人の食事」の場合とで、献立の重視点を比較したところ、朝食で最も重視されたのは、“短時間でできること”で、エルダー層の60%以上が相当する。これは、家族が一緒でも自分一人だけでも変わらない。忙しい朝の料理は特に時間との戦いで、その中であっても、家族が一緒の時は“栄養バランスが取れていること”がほとんど同じ程度に重視されている。短時間で栄養バランスの良い献立を作り、家族を送り出す主婦像が浮かぶ。しかし、自分一人となると“調理が簡単にできること”“買い置きしている材料で作れる”などが重視され、栄養バランス面の配慮は家族と一緒の時の半分近くにまで大幅に減少する。家族あっての栄養バランス意識といえる。

 昼食では朝食と異なり、“買い置き材料”を活用して、“短時間”に“簡単”なものを作るといった側面が強い。自分一人の時は、“自分の好きなもの”を“短時間”で、“簡単”に“買い置き材料”で作ることが重視され、上位の項目は家族が一緒であっても、自分一人であっても大差がない。また、昼食では家族が一緒であっても“自分が好きなものを作る”が4番目にあげられているのが興味深い。

 夕食では“野菜を多く取ること”“栄養バランスが取れていること”“手作り料理であること”がそれぞれエルダー層の80%以上で重視されている。夕食で特有な献立の重視点としては、ほかに“毎日の献立に変化をつけること”“旬の素材を生かせること”“品数を増やすようにすること”“夫の好きなもの”などのように、朝食や昼食では下位に位置する項目が上位にあげられている。一日の中でも夕食では、手間をかけても家族の喜ぶ料理を作るために、野菜を多く取る、栄養バランスを取る、毎日の献立に変化をつける、旬の素材を使う、品数を増やすなどさまざまな配慮がみられる。

 今回の調査では、面倒なことを代替する食品や食品の提供形態が増えている中で、それらの食品の利用で面倒なこと自体をやらなくなっているのか、という観点を加えた。

 「5年前」の自分と比べて、調理などの実施状況に変化があるか聞いた中から抽出した6項目についてみると、「煮干しやかつおぶしからだしを取る」は、40代は30%の人が“前からやっていない”と答え、“やらなくなった、少なくなった”も40%に達している。50代、60代も4〜50%の人が“やらなくなった、少なくなった”と答えている。だし類の新商品が多く発売されたことに影響がうかがわれる。

 「揚げ物を作る」、「挽肉をこねてハンバーグを作る」ということについては、“前からやっていない”という人は少ないが、加齢とともにやらなくなった人が増えている。時代変化というよりは加齢の変化と、例えば子供が自立して夫婦のみ世帯になったなどの、食卓環境の変化も影響している。

 家族類型の影響ついて、「揚げ物」を例に具体的に見てみると、子供のいる世帯では皿数も多く、調理への姿勢も違う。各世代とも“夫婦のみ”の世帯の人が“そのほか”の世帯よりも、揚げ物を“やらなくなった、少なくなった”という人がかなり多い。特に、50〜64歳の主婦は、子供が結婚や就職で自立する割合も多いこともあり、“揚げ物ばなれ”がめだっている。

 面倒な調理の代わりに、市販惣菜は便利であるし、おいしいという評価をする主婦も増えている。市販惣菜についての回答で一番多かったのが“品数を増やしたい時に便利(46%)”、次いで“たまにしか食べないメニューを買う(43%)”、“おいしく作れないものを買う(31%)”などの順で、その便利さが評価されている。

 おいしさや割安感も過半の人に抱かれているが、それにもかかわらず“惣菜は添加物が多いので体に良くないと思う”“惣菜は手抜きしているようで後ろめたさがある”といった、心理的な抵抗感を圧倒的に多くの人が持っているのも事実。

 ポジティブヘルス(食べて健康)とネガティブヘルス(避ける、治す)という視点からみると、ポジティブヘルスへの志向がおおかたの人に共通している。最も肯定割合が少ない“加工食品でも有機野菜を使っているものがあれば少々高くてもそちらを買う”と、健康に良いなら多少の出費は構わないという姿勢がエルダーの60%に見られる。栄養バランスを取る、緑黄色野菜を食べる、カルシウムを取る、といった“食べて健康”は40代よりも50代、そしてさらに60代が多い。

 エルダーの意識的に取る食品で年代が加齢するほど摂取意向が高くなる食品として「牛乳」「卵」「豆」「果物」が見られた。キユーピーと関連の深い「卵」は、コレステロールのイメージからか女性の特に若い世代ほど取り過ぎに注意している(前回単身者調査、前々回一般主婦調査より)。

 エルダー層についてはむしろ積極的に取る食品としての姿勢が見られる。50代以降になると「卵」(や牛乳、乳製品等)の栄養価成分(必須アミノ酸を含んだ良質のタンパク質、カルシウム、リン等)への期待度が高くなるためと思われる。

 現在利用している・していないにかかわらず、今後利用したい宅配・配達サービスとして一番多かったのが米屋、牛乳屋、酒屋などの一般小売店の宅配。利用したい食品のトップは“米などの穀類やパン類”で以下の上位品目をみると、重いもの、日々調達しなければならないもの、など。利用したい理由としては“荷物が重いので”が一番多い。“品質への信頼感があるので”という理由も次いで多かった。品質面での宅配志向は、生協利用意向の多かった40代よりも50代の人が多いのが注目される。


キユーピー株式会社概要
  • ホームページ:キユーピー
  • 所在地:東京都渋谷区渋谷1-4-13
  • 電話:03-3486-3331

関連記事

2008/05/15
より溶けやすくした、とろみ調整粉末を発売−キユーピー、やさしい献立「とろみファイン」−

2008/02/26
アクティブシニア向け、植物性ステロールや玄麦黒酢を配合したドレッシングを発売−キユーピー、「キラキラ元気&」シリーズ−

2008/01/18
ドレッシングの200mlガラス瓶に「点字瓶」を採用−キユーピー、国産ドレッシング発売50周年容器・表示をユニバーサルデザイン化−

2007/09/05
とろみ調整粉末「とろみファイン」の大袋タイプを発売−キユーピー、「やさしい献立」シリーズに追加−

2007/08/03
アクティブシニア向けにヒアルロン酸配合ドレッシングとお酢ドリンクを発売−キユーピー、「キラキラ元気&」シリーズに3品を追加−

2007/02/20
歯ぐきでつぶせるレベルのユニバーサルデザインフードを拡充−キユーピー、「やさしい献立」シリーズの「区分2」商品13品を発売−

2007/01/23
アクティブシニア向けにジャム、ドレッシング、パスタソースなど4種11品を発売−キユーピー、「キラキラ元気&」シリーズ−

2006/07/21
介護食「やさしい献立シリーズ」で4品を新発売、3品をリニューアル−キユーピー、「区分1容易にかめる」レベルの商品を強化−

2006/05/08
飲み込む力の低下した人の水分補給に適した2製品をリニューアル−キユーピー、「とろみファイン」「かんたんゼリーの素」−

2006/01/26
高齢者向け介護食、やさしい献立シリーズに新製品2種を追加−キユーピー、「かんたん葛湯のもとしょうが風味」「かんたん葛湯のもとおしるこ風味」−

2005/01/31
ユニバーサルデザインの熟年夫婦2人世帯向けマヨネーズを発売−キユーピー、「キユーピーマヨネーズ200g」−

2005/01/21
ユニバーサルデザインフード「区分1容易にかめる」1品、「区分4かまなくてよい」3品を発売−キユーピー、「やさしい献立シリーズ」を拡充−

2004/11/05
ユニバーサルデザインフード区分1の商品を拡充−キユーピー、やさしい献立容易にかめるシリーズ「煮込みハンバーグ」「さわらの煮つけ」−

2004/09/27
床ずれ対応のヒアルロン酸配合流動食を発売−キユーピー、ジャネフヒアロケア「ラーメン風味」「みそ汁風味」「フルーツミックス風味」−

2004/09/07
粉末タイプの高栄養・嚥下(えんげ)困難対応食品と粉末タイプの水分補給補助食品を発売−キユーピー、「ジャネフ ムースゼリーパウダー」「ジャネフ トロミファイン」−

2004/07/13
高齢者でも中身を出しやすい容器を採用した飲料2種を発売−キユーピー、「五穀黒酢飲料」と「梅酢飲料」−

2004/06/28
50代〜70代の「エルダー層の食生活に関する調査」結果−キユーピー「第15回食生活総合調査」−

2004/01/23
高齢者向け水分補給補助商品を発売−キユーピー、ユニバーサルデザインフード「やさしい献立とろみ飲料の素緑茶」−

2002/08/23
具材感を残しながらやわらかく煮た介護食3品を発売−キユーピー、やさしい献立“容易にかめる“シリーズを充実−

2002/02/12
高齢者対象の介護食に"容易にかめる"シリーズやデザートなどを追加−キユーピー、咀嚼嚥下能力に応じた4段階の品揃えを充実−

2001/07/05
「やわらか表示」つき介護食に9品を追加発売−キユーピー、やさしい献立シリーズ−

2001/05/10
やさしい献立シリーズに「ゼリー飲料」を追加−キユーピーの人気介護食シリーズ−

2001/04/24
うらごし野菜スープでカルシウム−キユーピーの人気シリーズ「やさしい献立」−

2001/02/19
「やさしい献立」の次は「やわらか煮」−キユーピーが介護食に新シリーズ−

2000/07/31
介護食分野70%UPを目指して新商品を展開−キユーピー−


健康に関する調査関連記事

2008/06/27
シニアの健康意識、健康状態に60%が不安−ネットエイジア、男女50歳〜79歳対象の「シニアの健康意識調査」−

2008/03/14
シニア女性を対象に冷凍食品に関する意識調査を実施−ネットエイジア、71.2%が「購入する頻度が減った」−

2007/09/26
団塊世代向け「緑内障・NTG(正常眼圧緑内障)」に関する調査結果を発売−ファイザー、11.3%が正常に見えなかったと回答−

2004/06/28
50代〜70代の「エルダー層の食生活に関する調査」結果−キユーピー「第15回食生活総合調査」−

2003/10/07
高齢者の家庭内事故4,176件を分析−国民生活センター、「危害情報からみた高齢者の家庭内事故」−

2003/06/20
高齢者の健康づくりの場として森林を活用するための提案等を作成−林野庁、「高齢社会における森林空間の利用に関する調査」−

2003/06/18
「ホームヘルパーに介護を頼みたい」6.6%増加−内閣府、高齢者の健康に関する意識調査結果の概要−

2001/06/22
高齢者が危ないと思いつつ使用している商品は石油ストーブ、きゃたつ、浴室、自転車−東京都の高齢者の危害危険情報調査報告書−

2001/04/17
ストレスについての調査「男性は仕事、女性は健康・介護」−2000年保健福祉動向調査−

2001/03/16
高血圧、高血糖は高年齢階層ほど高率−1999年国民栄養調査結果−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。