ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



車いす利用者の自立と生活を支援する世界初のハンドル駆動型三輪車いす

−フランスベッド、「リハビリ三輪車いすGF-01」−

2004/06/29(Tue.)

大人の青汁
 フランスベッド株式会社は、ハンドルを前後させて前輪を駆動する“FFドライブユニット”を搭載した、世界初のハンドル駆動型三輪車いす「リハビリ三輪車いすGF-01」を開発、発売した。現在、日本をはじめとする世界各地域で特許申請中。

 新製品は、洗練されたデザインとユニークな駆動方式を採用することで、車いす利用者の利便性・快適性の向上、自発的活動の促進と社会への積極的な参画を支援することを目的として開発した商品。

 走行の際にハンドルを前後させる動作は、運動不足の解消や全身の筋肉強化、さらには心肺機能の向上などの効果が期待できる。また、ハンドル操作やブレーキ操作により反射神経の衰えを防止することで、バランス感覚とスピード感覚が養われ、痴呆の予防にもつながることから、さまざまなリハビリ効果が期待できる。

 自転車のようにペダルを踏むことで後輪を駆動する方式ではなく、ハンドルを前後させて前輪を駆動する“FFドライブユニット”を搭載。脚の不自由な車いす利用者の人でも、両腕を利用したハンドル操作だけで走行が可能。

 車いすに不可欠な左右独立動作のアームレストおよびシートベルトに加え、体調などにより自分でハンドルを前後させられない場合を想定し、背もたれの裏側に介助ハンドルと介助ブレーキを装備。後車輪のハンドリムを操作することで自走用車いすとしても介助用車いすとしても利用可能となる。また、左右への進行方向の調整は前方のハンドルで行う。杖や傘を持参する人のために、背もたれの裏側に専用ホルダーを装備している。また、膝を曲げる事ができない車いす利用者の人は、左右のフットレスト部分にオプションのレッグサポートを装着して利用することが可能。

 利用者の腕力、緩やかな坂道などの走行条件にきめ細かく対応するため、右側ハンドルグリップ部分に3段階変速ギアシフトを搭載。両腕に掛かる負荷を調整できる。

 走行中のブレーキ操作は、ハンドル部分に備え付けたブレーキレバーで行う。右側のブレーキレバーを握ると前輪に、左側のブレーキレバーを握ると後輪にそれぞれブレーキが掛かる。また、右側のブレーキレバーに装備したロックボタンはパーキングブレーキになっており、停止時や駐車時、乗車や降車の際の安全性を高めている。

 “FFドライブユニット”は前進専用の動力伝達機構のため、後退(バック)の際には、膝元のクラッチレバーを操作し動力伝達を遮断した後、自走用車いすと同様に、左右後輪に装備されているハンドリム(操作用の握り部)を後ろ側に回転させることで後退させる。前進させる際には、レバーを戻すと自動的にクラッチ動作が解除され、ハンドル操作による走行が可能になる。

 特に車いす利用者の使用を考慮し、座面は上下4段階、前後4段階のサイズ調節が可能。また、操作の基本となるハンドル部分に関しても、腕の力が確実に伝わるように高さ(長さ)の調節が可能。

 夕方や夜間の走行を考慮し、前方部分には太陽光に近い明るい光を放つ高輝度LEDランプのヘッドライトを、後部にはテールランプとリフレクタ(反射板)を標準搭載している。ヘッドライト/テールランプともにボタンを押すだけで点灯し、さらにテールランプは点灯だけでなく点滅(3パターン)にも切り替えることが可能。

 市街地での走行に配慮したデザインに加え、フレームカラーには鮮やかなブルーを配色している。また、座席の裏側にはバスケット(かご)を標準装備している。

 同製品の初年度販売目標は2億円で、同社関連会社のフランスベッドメディカルサービス株式会社の直営店舗/各営業所を販路の主力に、病院・福祉施設、新規チャネルの開拓も視野に入れ積極的に展開していく方針。

 個人の利用者については、フランスベッドメディカルサービス株式会社の直営店舗/各営業所から購入・レンタルすることができる。価格は198,000円、オプションのレッグサポートは5,000円。


リハビリ三輪車いすGF-01
写真:リハビリ三輪車いすGF-01


写真:リハビリ三輪車いすGF-01


写真:リハビリ三輪車いすGF-01


フランスベッド株式会社概要
  • ホームページ:フランスベッド
  • 所在地:東京都渋谷区桜丘町31-15住友生命渋谷ビル
  • 電話:03-3463-1011

関連記事

2008/06/25
程好い温かさを提供する「ゆたんぽマットレス(ヒーター付き)」を発売−フランスベッド、冷房病などにも対応−

2007/04/18
家具インテリアや福祉用具など展示する「広島ショールーム」を開設−フランスベッドとフランスベッドメディカルサービス、グループ最大規模で家具インテリア、介護・福祉用具を展示−

2006/12/18
いびき軽減や床ずれを予防するうつぶせ寝専用ベッドや枕など9品を発売−フランスベッド、「健康うつぶせ寝専用ベッド」など−

2006/12/11
家庭用ベッドに簡単に取り付けられる「本格的手すりユニット」を発売−フランスベッド、介護用ベッドに抵抗がある人やレンタル利用が不可能な人に向け−

2005/01/26
背上げ・脚上げリクライニング搭載など4機種から選べるベッドを発売−フランスベッド、「エゼックス」シリーズ−

2004/09/09
体の不自由な人でも楽しく遊戯ができ、リハビリ効果が期待できる「リハビリ麻雀卓」を発売−フランスベッド、高齢者の老化予防や健康維持、障害のある人の機能回復をサポート−

2004/06/29
車いす利用者の自立と生活を支援する世界初のハンドル駆動型三輪車いす−フランスベッド、「リハビリ三輪車いすGF-01」−

2004/03/08
利用者の危険な状況をセンサーで感知し、徘徊行動なども予防可能な電動介護ベッドを発売−フランスベッド、「危険予防装置付き電動介護ベッド」−

2001/05/01
介護ベッドの設計・開発・製造にISO9001−フランスベッド三重工場が取得−

2000/08/25
新機構を搭載した電動介護ベッドを開発−フランスベッド、「ヒューマンケアベッドFBN-シリーズ」−

1999/10/27
フランスベッドが店舗にヘルパー窓口−やさしい手と提携


車いす・移動・入浴関連記事

2008/06/19
日本人の体形にあわせた「コンフォート型」車いすを発売−パラマウントベッド、「ハンディコンフォート」−

2007/10/02
立ち上がりを支援する座面電動昇降機能付き車いすを新発売−日進医療器とリョービが共同開発、「ハッピーメイト」−

2007/07/06
フレームなどを一新した電動車いすを発売−スズキ、「カインドチェア」を一部改良−

2007/06/11
車輪を6輪にして小回りと段差越えを容易にした、水まわり用車いすを発売−TOTO、「水まわり用車いす6輪タイプ」−

2007/03/22
空港や航空機内での移動に適した車いすを開発−松下電工、空港配備用の新型車いすをANA国内線全50空港に納入−

2006/10/10
最新の画像センシング技術を用いたインテリジェント電動車いすを開発−産業技術総合研究所、安心・安全な電動車いすを実現−

2006/01/11
環境に優しい自動車シートを使った介助式車いすを発表−ウィズ会宝、「トレジャーケア(介助式車いす)」−

2005/10/07
車いすに後付け可能な歩行器ユニットと新方式リクライニングの車いすを開発−カワムラサイクル、「車いす歩行器ユニットW&Wシリーズ」と「新方式リクライニング標準型KPFシリーズ」−

2004/11/01
小回りしやすいコンパクトサイズの室内専用車いす2品種を発売−松下電工、「ナショナル室内用車いすリラクターン」−

2004/10/14
市街地での使用に配慮した新型電動車いす「タウンカート」を開発−スズキ、試作電動車いす「アリシア」も同時に発表−

2004/06/29
車いす利用者の自立と生活を支援する世界初のハンドル駆動型三輪車いす−フランスベッド、「リハビリ三輪車いすGF-01」−

2004/05/31
2003年の電動車いすによる交通事故の発生件数は231件−警察庁、「電動車いすに係る交通事故情勢等」−

2004/05/26
新デザインの高齢者など向け電動車いすを開発−スズキ、コンセプトモデル「TM-30C」−

2004/04/01
16インチホイールの軽量型電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「タウニィジョイ」−

2003/11/21
部位サイズの調節がその場で可能で介助者の負担を軽減する車いすを発売−松下電工、「flexy(フレキシー)」−

2003/11/14
これまでの2倍の走行距離を実現した簡易電動車いすを発売−アイシン精機、「TAO-LightII(タオライトツー)」−

2003/10/16
ユーザーの走行をサポートする「マニュアルアシスト」機能搭載の車いすを発売−ジョンソン・エンド・ジョンソン、「INDEPENDENCE iGLIDE マニュアルアシスト車いす」−

2002/11/14
電動車いすの事故や利用実態を調査−警察庁、「高齢者の安全・快適なモビリティの確保に関する調査研究」−

2002/10/10
自走式手動車いすの走行耐久性、安全性などをテスト−国民生活センター、「自走用手動車いすの安全性を考える」−

2002/04/26
世界初、スヌーピー柄の子ども用車いす−丸石自転車、川村グループとの提携により実現−

2002/01/31
雪道走行ができる四輪駆動型電動車いすを開発、国内初、純北海道産で−北海道電力、北海道大学、クピド・フェアが共同研究−

2002/01/17
利用者に合わせて座面の高さなどが調節できる車いすを発売−パラマウントベッド、基本機能「座る・移乗・移動」を重視−

2002/01/16
車いすを利用していての事故情報を公開−国民生活センター−

2001/10/19
高齢者向けハンドル型電動車いすを発売−ヤマハ発動機「マイメイト」−

2001/07/04
折り畳むとスーツケース型の携帯用車いすを発売−化粧品のカネボウが車いす市場に参入−

2001/06/21
座面の上下動が簡単な室内用電動車いすを発売−ナショナル自転車の「リラクルチェア」−

2001/05/21
重量約7.5kgの軽量携帯車いす「夢キャリー2」−岡谷鋼機とフジワラ−

2001/04/10
シールドバッテリー搭載の電動車いす−スズキ−

2001/04/02
165度リクライニング式の車いす−丸石自転車「楽ちんくん」−

2001/03/22
リクライニングする低価格車いす−丸石自転車の「しなやかさん」−

2001/02/27
自転車メーカーのサスペンション付き車いす−ブリヂストンサイクル「ブリヂストンF-LINE」−

2000/12/19
「水まわり車いすシャワー用低座面タイプ」を発売−TOTO−

2000/10/20
乗せかえ装置付きの車いすを発売−いうら、「HS-300」−

2000/09/29
電動アシスト付き車いすを開発−ヤマハ、「ヤマハタウニィパス」−

2000/08/18
手元のスイッチでいすの高さを自由に変えられる「昇降式車いす」−テックイチ、バッテリー駆動で椅子部分を上下に調整−

2000/07/04
車いす、月産500台を目標に−メーコー工業九州事業所、福祉関連機器生産を拡充−

2000/06/07
「自走式移動機器」を開発−有薗製作所と九州工業大学情報工学部−

2000/06/06
格安フルオーダー車いすの販売を開始−カワムラサイクル、11万円前後で提供−

2000/05/22
昇降機機能をもつ車いすを開発−金藤工業、リクライニング式車いす「里美さん」−

2000/04/05
新しいタイプの電動車いすを開発−神奈川工科大、段差越えが可能−

2000/03/06
要介護者搬送システムを発売−タカノと米国のバートン・メディカル−

2000/03/03
回転シートなどを装備した新電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「JW-III」−

1999/10/19
日進医療器の電動車いす−1回の充電で21キロ走行可能

1999/08/01
車いすのクレジット販売開始 日進医療器-専業メーカー初




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。